マクロビオティック家庭料理教室わくわくキッチンのキラキラ日記

食を変えたら、子どもが6人にも増えて、人生も変わった
楽しく感謝に満ちた日々を綴っていこうと思います

NEW !
テーマ:

昨日は、中2の娘sの吹奏楽部の定期演奏会があった。

 

1年生から3年生までが揃って演奏する最大のイベント。

会場は、区の公会堂。

 

母は、演奏会が始まって3曲が終わるまで、防災係をすることになっていた。

 

詳しい説明を受けると、

 

・ドアは外扉と内扉があり、演奏中、内側に立っている

 

・もし非常事態が起きた場合、観客を誘導する

 

・演奏中の出入りがないようにする

 

・演奏は聴ける

 

とのことだった。

 

あら、重要な任務。しっかり励まなきゃ!!

 

と、外扉と内扉の間の暗くて狭いスペースに立ち、任務に励む。

 

公会堂には、何度も来たことがあるけど、こんな所で立つ仕事があったなんて、知らなかったな~

 

それにしても、見ることができず、聴くだけでは、持て余しちゃう。

目立たぬように、キレイな姿勢をキープし、肩甲骨のストレッチをしながら、時間が過ぎるのを待った。

 

交代時間だ!!

次の方が、なかなか来ないな~と思っていたら、

 

「こんな所にいたんですか!?

いらっしゃらなくって、おかしいと思っていたんですよー」

 

と、内扉の内側、演奏が見える場所に立てば良かったと教えられた―

 

えーっ!? そうだったのー!?

大きな勘違いー!?

 

そう、大きな勘違いをしていただけなんだけど、サボっていたのと同じかも・・・・

あぁ、反省!!

 

でも、何を反省したらいい!?

 

あぁ、本当だったら、演奏しているsの姿が見られたのにー

あぁ・・・・・

 

自分の愚かさに、がっかりしてしまったんだ~

ふうう

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ひとり言」 の記事

テーマ:

お陰様で、身体のリセットが完了し、元気になりました~

 

昨日は、7歳のaちゃんの幼稚園の時のお友達がやってきた。

ふたりで仲良く遊ぶ脇で、母、新学期の準備。

 

子ども達の児童調査書やフェイスシートなどを記入する。

 

我が家の 永遠の天使は26歳だから、福祉施設のフェイスシートに毎年記入するようになって、もう9回目だ。

 

最初の頃は、親の希望という欄に、想いをたっぷり書いていた。

 

今年は、

 

「笑顔で元気に過ごして欲しいです」

 

とだけ、記入した。

 

“生きてるだけでみっけもん”

“いてくれるだけでハッピー”

 

そう思えちゃったから。

 

さて、児童調査書やフェイスシートで、毎年、困るのが、家族構成を記入する欄が少ないこと。

我が家8人家族なのに、多くても6人までしか欄がないのだ。

 

それが、永遠の天使のフェイスシートには、子ども6人分の欄があったのには、驚いた―

絶対に我が家のために欄を増やしてくれたと思ったら、嬉しかった―

そして、大いに笑っちゃったー

 

欄を増やすことに気づいてくれた人、ありがとうございました!!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

♪おいらは へっちゃら 野菜に海苔巻けば・・・・

 

もうすぐ中学生の息子kが、りんごの木というを幼児施設を卒業する時に、保育者からもらった歌のプレゼントの歌詞の一部が上記。

 

kは、味というより食感で食べ物の好き嫌いがある人で、幼い頃は、好きな野菜が本当に少なかった。

 

段々、嫌いな野菜が減ってきたとはいえ、いまだに、苦手なものは海苔を巻いて食べている。

 

当然!? 妹の小1aちゃんも、苦手なものは海苔で巻く。

 

なのに、わたしとしたことが、最後の一袋になるまで、海苔のストックがないことに気づいていなかった!!

 

kに告げると、

 

「いいよ、オレが買ってくるから」とのこと。

 

な~んだ、もうすぐ中学生になる今でも、大丈夫とは言ってくれないんだ~

 

先日、久しぶりに、kと りんごの木で一緒だった女の子のママにあった。

ママが女の子に、kのことを覚えているかを尋ねたら、

 

「野菜に海苔巻けばのkでしょ?」

と答えたんだってー

 

kが海苔から卒業するのは、いつかな?

楽しみだ~

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

風邪は、身体の小さなリセット

風邪をひいて、小さなリセットを繰り返す人は、大きな病気になりにくい

 

わかってはいるけど、子供を産んでからのわたし、風邪などひいている暇はなかった。

いえ、正確に言うと、風邪をひくことを、自分に許していなかった。

 

だって、風邪でダウンしたら、我が家が回らないよ~

わくわくキッチンを休むことだってできないよ~

 

春休みに入り、子ども達はそれぞれの予定に忙しく、家の中に、7歳のaちゃんとふたりで取り残されていた。

家事以外、特に予定もない。

 

来月からの わくわくキッチンは、皆さんからのリクエストレッスンを2ヶ月で、10回近くやることになっている。

初めての大きな挑戦。

 

怒涛の わくわくキッチンに備える為もあったのか、いいタイミングで、自分に風邪をひくことを許したようで、ここ数日、体調が悪い。

咳と鼻水が続くと思ったら、昨日は、だるくなり、頭痛も起きて、寝てばかりいた。

 

やっと、身体のリセットができた―

嬉しいな~

 

と思えたのは、最初の頃だけ。

やっぱり、具合が悪いと、気分も良くないんだね。

あはは、具合の悪い人の気持ちが、よくわかった。

 

気分は良くないけど、いい時間を過ごしているんだろうな~

 

うふふ、明日から、子ども達の予定が続くので、きっと元気になっているはず。

あとちょっとだー

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「唾液の多い高齢者は長寿を得る」

 

ってこと、知ってたー!?

わたしって、唾液が多いのかな? 少ないのかな?

 

生活クラブの組合員に配られる月刊誌、『生活と自治』最新版に出ていた、「口に入った後の食育を考えて」という記事が興味深かったので、まとめてみるね~

 

これは、小児歯科医の岡崎好秀さんにインタビューしたもの。

 

唾液には、

 

・口の中を中和したり、酸で溶けてします歯を修復したりする機能がある

 

・消化酵素のアミラーゼや抗菌作用のある酵素リゾチームも含まれている

 

・発がん性物質を抑える作用のある酵素も出ている

 

といった作用があるので、よく噛んで唾液を出すことが重要。

 

また、

 

食べ物が唾液で溶けることで舌が味を感じることができるので、唾液がでなければ、味覚異常が起こる。

 

なのに、最近の子どもは、唾液が少ない。

 

これは、噛まずに飲み物で流し込んでしまう、“流し込み食べ”をするようになってきたから。

 

昭和30年代頃までは、日本の食卓では食事が終わるまでお茶が出てこなかった。

 

流し込み食べをするということは、前歯を使わずに食べてしまうことでもある。

 

そのため、

 

・滑舌が悪くなる

 

・口を開けたままで口呼吸をする子、いびきをかく子、口を開けた時に下の前歯が見えない子が増えてきた

 

改善するには、噛まなければならないような工夫、

 

・きゅうりなどは千切りにするのではなく、スティックにする

 

・食パンをサンドイッチにするのなら、パンの耳を残す

 

・味噌汁やカレーなどの具材は、大きめにする

 

などをしていくとよい。

 

口に入った後の食育も考えて欲しい。

 

とのこと。

 

どんなにいい食べ物でも、よく噛んでいなければ、消化吸収ができないと教えてもらったこともある。

 

うふふ、家族に気づかれないように少しずつ、噛まなければいけない料理を増やしていこうっと!!

 

流し込み食べをしている子がいるよな~

なんとかしないと!!

 

そうそう、ちょうど、記事を読んだ翌日に、7歳の娘aちゃんの歯科検診があったので、唾液の量を訊いてみたら、大丈夫だって。

aちゃんに関しては、良かった~

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。