Bluetoothのキーボードを手に入れて、長文入力がかなり楽になったので、さくっとレポを仕上げます。といってももう一ヶ月前でかなり記憶あいまいだけど…。

今回は地元のインディーズバンドとの対バンイベントでした。
一組目のNANO BRIGHT FIELD
全曲オリジナル曲のインディーズバンド。
すごく聴きやすくて、良かった。
voの子がMCで
『10周年おめでとうございます!GOINGさんがデビューした頃僕9歳で…』

まさかの 1 9 歳 ((( ;゚Д゚)))

その後物販でCDを無料配布してたので貰いにいって、Voの神田君と少しお話ししましたが、いやー近くで見たらお肌つるつるで確かに未成年やわー。若いのにしっかりした演奏で、nico嬢共々すっかりファンに(笑)
その時貰った『落下星』というタイトルの曲は今でもちょいちょい聴いてます。良い歌です。

次はドルギーベイツ。
voの女子の方がGOINGと知り合いで、今回のイベントはその繋がりで実現したらしいです。
この方のMCがめちゃめちゃ面白くて。
『いつも北九州を飛ばして福岡でライブやってたんで、ずっと素生君に北九州来い~って呪いをかけてました(笑)』
『ナカザカッコいいよね!……って思ってました。昔は』←GOINGファン爆笑。
会場の皆で2チームに分かれて振り付けやった『犬はワン!猫はニャー!』の歌が耳について未だに離れない…(笑)

そしてGOING。ピアノレスの4人編成。
セトリこんな感じ。
グラフティー
センチメント・エキスプレス
マドンナ
シンドローム
雨の樹
同じ月を見てた
1998
ショートバケイション
Holiday
LISTEN TO THE STEREO

トワイライト
愛なんて

雨の樹とシンドロームが久々で嬉しかったーー
まぁ、シンドロームと同じ月はTwitterで事前にネタバレしてましたけども(^ω^)
ナカザですか?相変わらずあのグラサンキャラでしたけど…。もう慣れたからいいけど、あのキャラいつまでするんだろ…。
MC…何言ってたっけ…。ドルギーベイツの呪いの話を受けて、福岡でライブやる度に肩が重く感じてたのは呪いのせいだったか!言うてましたw
あ、あと黒崎MARCUSというハコにはちょっと思い出があると。
素生『ここ前にビークルのヒダカさんがライブしてて。そん時俺、ヒダカさんに会いに1人でここに来たんだよね。リュックサック背負って(笑)プロデュースしてください、ってお願いしに』

ソロ活動の前後にその話は聞いた事あったけど、そこがこのライブハウスだったなんて…!
ちょっと感動しました。

あと、黒崎には昔の友達が住んでて、今日はその友達の為にこの歌を歌いますといってトワイライトが始まりました。

ラスト、愛なんてはステージには素生さんとナカザの2人だけ。弾き語りスタイルでの披露で、素生さん丁寧に歌っててすごく沁みた。名曲です。

余談ですが、その後の物販にはいっさんとナカザが出てきて、いっさんは売り子、ナカザはサイン&握手&ハグ大会を開くという大サービスを披露。小さいハコだから出来た出血大サービス。
iPhoneからの投稿
AD
諸事情により友達不参加の為、一人で車で天神に行きましたよ…迷子にならんかビビりながら(笑)
とりあえずセトリ殴り書き。
順番チョー適当。
LISTEN TO THE STEREO
同じ月を見てた
グラフティー
ボーイズライフ
ステップ
シンドローム
ランブル
ビターズ
ダイアリー
トワイライト
STAND BY ME
きらり
My Treasure
How do you feel?
青空コウモリ
金曜日の天使
Holiday
荒川わたれ
南十字
ハートビート
東京

とにかく、旧曲がイントロ聴いただけでは何の曲かわからないくらいにアレンジを変えてて。
またそれがかっちょいいんだわ。
特にランブルはかっこよかったー。


きらりの時泣きそうになったのはここだけの話。
いや、初きらりで感動もしたんだけど、それ以上にこの曲のPVのよういっさんが印象的すぎて、なんかこの曲はよういっさんのイメージなんだよね。
歌詞も今聴くとまるでよういっさんの脱退を暗示してるようで(泣)
よういっさんを思い出してうるうるきました…。


あとは、とにかくナカザうぜー(笑)
初めてナカザ側で観たのに、ナカザ側のはずなのに完全にナカザはアウェーでした渼渼
いや~このウザさは言葉で伝えきれないわー
次のツアーもあのキャラで通すんだろうか。

あと丈さんがSoキュートでした。終始。


本当はね、よういっさんがいないGOINGのライブ不安だった。
でも終わってみればやっぱり楽しくて、GOINGはGOINGだなぁと思いました。
よういっさんがいないのはもちろん寂しい。寂しいけれど、それを知ってるからGOINGの持つ切なさが輝くのかも。


…やっぱり、きらりはよういっさんの歌なんだな。
そういう事にしとこ。


補足
ナカザが歌った「金曜日の天使」てカバー曲だったんですね。
てことは打ち上げでチリさんやミカさんと言ってた
「ナカザの曲はいつも昭和歌謡の雰囲気がある」
てのは間違いじゃなかったんだ(笑)

いや、昭和歌謡ですよね…いい意味で。
AD
初めてGOINGの曲を聴いた時、なんて切ない音色なんだろうと思った。

初めてGOINGのライブに行った時、なんて自由な人なんだろうとびっくりして。
だけどその自由さが、なによりも楽しく思えた。

いつだったか、福岡のライブで素生さんが即興で歌ったよういっさんへの曲が忘れられない。

"君のピアノの音色で 僕らは羽ばたける"

そんな感じの美しい歌だった。




5人でのGOING、
最後は俺達の旅と521で終わったようです。


ただ、ただ、ありがとう。
どんな時も優しいよういっさんが大好きでした。

今はまだ悲しいけれど、いつかきっと、またどこかで会えたらいいな。


その時は必ず笑って。

AD

UPするのにどんだけ時間かかってるんですかって話ですね。

記憶もどんどん薄れてきてるし。

セットリスト


河野丈洋グループ

・暗くなるまで待って

・タイトロープ

・山手線

・コーンスープ


俺旅再現ツアー

・グラフティー

・センチメント・エキスプレス

・ロマンチック街道

・太陽の季節

・伊豆あたりで

・カール

・凛

・荒川わたれ

・雨の樹

・かよわきエナジー

・思春期のブルース

・ショートバケイション

・ボーイズライフ

・アロー

・俺たちの旅

en

・RIDE ON

・ロマンス

・521


会場となる十三ファンダンゴは、歓楽街の中にありました。わっはっは。

事前に場所調べてなかったら絶対たどり着いてなかったな。

開演前は、素生さんのDJタイムだったようです。ちらっとしか聴いてないけど、GOINGのルーツになった曲を色々かけてたような。


開演してからは、素生さんからのご挨拶。

まずは丈さんのソロライブから。

丈さん:ボーカル、ギター

ナカザ:ギター

いっさん:ベース

の3人シンプル構成。

この日のために書き下ろした新曲ばかりしてくれました。

大人な感じでかなり良かった!個人的にはタイトロープが

いつまでも頭の中をぐるぐる回ってます。サビの「天使なんかいないよ 悪魔だっていないよ」って歌詞が印象的だったんですよね~。

4曲しかないのにしっかりMCあり。その辺はGOINGと一緒。

ナカザ「いつもステージの隣は一緒(素生がいる)だから…なんか、すごい新鮮。若干目線上だし」

丈さん「石くんももっと前にきなよ。なんで立ち位置そんな後ろなの?(笑)」

石「いや、いつもの癖でつい…」


メインのライブ…もうMC忘れました(汗)

えーと。思い出せるだけ箇条書きします。

●丈さんソロの時にいつもの素生さんのポジションにいたのがかなりジェラシーだったみたいで、

素生さんナカザに逆ギレ。

素生「お前は俺の恋人だろ!?…ステージ上では!」


●MC中によういっさんとナカザがなんとトイレ行っちゃいました(笑)

素生「ちょっと皆2ちゃんねるとかに書いといて!こいつらサイテーって(笑)」

●メンバー紹介時に、素生さんが丈さんを

「最近の丈さんはなんか違う…俺思うんだけどー、多分だけど…多分、丈さんは、恋してます!」

●何の流れかは忘れましたが、メンバーそれぞれに有吉風味のあだ名つけてました。

○○野郎ってのが多かったんだけど…忘れたな。丈さんは確か「読書カマキリ」←素生さん命名。

●メンバーからのプレゼント、今回もあり。前回と大体同じ感じ。

なぜかいっさんだけ「すごいの用意してるんだよな!」とメンバーから無茶振りされてました。

※ちなみにいつもはめてるアディダスのニットキャップでした。いっさんはもうひとつ持ってるそうなのでおそろいになるそうです。

プレゼントの受け渡しの時、「やよい」さんってお名前の方がいて、ナカザの元カノと同じ名前らしいです。

思い出せるのはこれぐらい。なんかふと思い出したら追記します。

なんか全体的に恋話が多かったような。

最後の最後に、嬉しいサプライズ!

一人一人が、メンバーと一緒に集合写真を撮れました!

ポラで撮ってたので流れ作業でしたけどね…でもすごく記念になったので嬉しかったです。

全体的にはゆるい感じの、でも暖かいイベントでした。

なんかGOINGにしか出せないようなほっこり感というか。

楽しかったです。タマリバ、やっぱり毎年してほしいなぁ。

ところで個人的な連絡で申し訳ないんですが、3月の福岡、諸事情により行けなくなりました………(´・ω・`)

あーーーーーーーーーーもう!せっかくアルバム発売後のツアーなのに!!

仕事だからしょうがないんですけどね…ね…。




遅くなりましたが行ってきました!
もうもう最高やった!
今年最後に行ったライブがGOINGで良かったぁ。

セトリは…噂通り新曲が多い感じで覚えきれませんでした
既存曲だけ順不同。
・さびしんぼう
・センチメント
・同じ月を見てた
・TENDER
・南十字
・グラフティー
・SBM
・ダイアリー
・海にまつわるエピソード
・MONSTER
・TRAIN
・マイトレ
・HOliday

TENDERはイントロのピアノが流れた瞬間泣きそうでした…hopsツアー以来聴けたー!
同じ月も久しぶり…(泣)
最初はいきなり新曲3曲続けたし、今日は聴かせるライブなんやね、とか思ってたら大間違い。
素生さんはマイクスタンドごと客席に降りてきたかと思いきやなんと、いっさんまで(!)よういっさんは相変わらず自由人やし、ナカザもいつも以上に動くし。
多少の機材トラブルあったようですが、そんなの気にならないくらい楽しかったー
MCは…なんだろ。素生さんがナカザをうざいて言ってました(笑)調子こいてパーマかけやがってって。
あと、アンコールでよういっさんが素生さんのバースデーケーキ持ってきたんだけど、素生さんが喋ってる間に後ろでいっさんがつまみ食いしてました(笑)
ず~っと口モゴモゴさせてて非常にかわいかった~


新曲、どれも良かった。帰りに歌詞カードも貰ったし。私は「世界の真ん中」がドストライク。
ああ、早くアルバム出ないかな。待ち遠しいや。

タマリバ。

テーマ:

先日取ったイナ戦チケ@福岡市民会館が思いのほかチケ番悪くて若干落ち込み気味です。

まさか去年よりもっと後ろに下がるとは…。

GOING@熊本の良番のツケが今頃廻ってきたかしら。うう。


それはさておき、今年もタマリバあるみたいですね。この前届いた会報にお知らせがあった。

東京は行けそうにもないからパスとして、関西地区は今年度って…



そこまであいまいな書き方でいいんけ?



まー関西といっても多分大阪だろうし、今年度って事はまた1月くらいでしょうな。

ていうか12月とかだったら行けないからマジで1月希望。


旅行の準備しなきゃな~。

(↑すでに当たった気になってますこの人)


大阪かぁ…

(↑すでに大阪に決まったつもりになってますこいつ)


大阪、もし行くとしたら旅行4回目だな(笑)

いやいやでも何回行ってもおもしろいんだよね~大阪。


GOINGレポ オマケ

テーマ:

オマケはグッズ紹介。



NKZ2 NKZ

「とうとう自分の名前を入れてしまった@ナカザ」リストバンド。

すんげえインパクト(笑)どちらを正面にするかはお好みで。

今回ジャージ素材です。ジャージ素材の方が毛玉出来ないからスキ。



TOR パスケース

タオルとパスケース。

五角形のモチーフ、当初は「変」ってぼろくそ言ってたけど最近見慣れました(笑)なによりチャームはかわいい、このモチーフが。

パスケースは首から下げれるように改造しようと企み中。(←どうしてもチケと500円入れにしたいらしい)


T Tウラ

宮尾さんの素敵イラストのツアーT。裏は会場名がずらり。

宮尾さんのイラストはタイムリーにエンデバーが、ね?(後付け後付け@松本素生)



パンフ

あとメンバー企画満載のパンフ。読み応え満点でした。

松本素生オススメのページは、ナカザの「メモリアルマンガ」とよういっさんの「自伝」です。

よういっさんの自伝っていうかエッセイは、素生さんがMCで言ったとおりの展開で大爆笑。




あーしばらくは

「といーっス!」と

「気をつけて帰れよ@よういっさん」がマイブームになりそうです…ふふ…。


はい、行ってきました、熊本。


とその前にブログ放置してましたね。すみまへん。

若干暗い内容で最後だったので、心配された人もいたみたいですんません。

元気です元気。ブログ更新をやめてたのは諸事情です(諸事情って便利な言葉だわー)


とりあえず、休んでる間にアダルトコメが山のように増えてイタチごっこになってたので、しばらくコメント欄を封鎖いたします。今までコメントくれてた方ごめんなさい…。


以下ライブレポ。ネタバレ有りなのでご注意。


セットリスト

1.アロー

2.Stand By Me

3.胸いっぱい

~MC~

4.ステップ

5.思春期のブルース

6.新曲

7.新曲(全ての音楽が鳴り止んだ時に)

~MC~

8.暗夜行路

9.夜行列車

10.荒川わたれ

11.愛のうた

~MC~

12.センチメント・エキスプレス

13.TRAIN

14.新曲

15.Holiday

16.ダイアリー


en

17.初恋(弾き語りver~そのままランブルをワンフレーズだけ)

18.cello

19.トワイライト

20.TWISTER



今回珍しくMCの位置を覚えてたので書いてみた。

以下順不同で思い出せるの全部。


●熊本で揃えました。

素生「(自分)ケンコバみたいな格好してますけど(笑)いや、ツアー始まってずっと出っ放しだから衣装が無くなっちゃって。今日(の衣装)、全部熊本で揃えたの。昨日の夜熊本入りしてすぐSTUSSYに買いに行って。

(どうでもいいけど素生さん熊本来るたびに上通りのSTUSSYに行ってない?)

で、閉店間際で服見てたんだけど、普通店員さんって、声かける時に「他のサイズもありますんで~」とかって言うじゃん?昨日の店員さん、俺見てすぐ「あ、ライブっすか」って…。さっき帽子買いに行ったとこのあんちゃんも、「いらっしゃいませ」も言わずに、「今日ライブっすか」って…。

まぁ、そんなフレンドリーな熊本が好きやけんね」


●値引きつながり。

素生「そう、高知で髪を虎刈りにされちゃったから、帽子被ろうと思って買いにいったんだけど、値段がひどいの。最初俺が買いに行った時は、元々8000円くらいのを4000円でいいっすよって言われたからお買い得じゃんと思って買ったの。で戻ってきてスタッフに見せたら皆買いに行って…でどんどん下がって最終的には2000円くらいになっちゃって…(苦笑)」


ナカザ「値引きつながりで思い出した、あのね、東京にアメ横って言って、卸問屋街があるんだよね。そこスニーカーとかもいっぱいあるから、(履いてるスニーカーを指差して)これを買いに行ったんだけど、そこでおっちゃんがずっと「兄ちゃん、千円だよ!千円でいいよ!」って言うから何が千円なんだろって思ったら、一万円くらいのマグロのぶつ切りが千円なの!俺ただ歩いてただけなのに…あんまりじゃない?東京って怖いねー(笑)」

素生「お前あれだろ?最初っからそんなに値引くってのがいやなんだろ?」

ナカザ「そう、だから一万円が8千円になって、って段々落ちていくのがいいのに、いきなり千円って…」

素生「じらしてほしいんだ?」

ナカザ「そうそう(笑)」


●さらにじらしつながりで…

会場でずっと「愛してるよ!」って叫んでる男の人がいたわけですよ。それを聞いてたナカザが一言。

ナカザ「愛の告白だらけじゃん。でもね、そういう(愛してるって言葉)のはむやみやたらに言っちゃ駄目なんだよ」

素生「おーナカザカッコイイ!あれだろ、ナカザくらいになると自分が黙ってても女の子のほうから愛してる~って言ってくるんだろ?」

ナカザ「(シカト)、さっきのマグロの値引きじゃないけど、ある程度は言わずに駆け引きしないと…」

素生「…エロイねぇ(笑)」


●便利な言葉「といーッス。」

素生「なんでも使えるんだよ。よくさー、初対面なのに自分の性癖とかを赤裸々に話す人とかいるわけ。え?いない?俺の周りはそういう人が多いの!で、そういうのって返事に困るじゃん?そんな時は…」

ナカザ「といッス!」

素生「話を流したい時も…」

素生&ナカザ「といーーッス!(笑)」

↑これめっちゃツボりました。しばらく「といッス!」がマイブームになりそうな予感。


●札幌事件

多分センチメントに行く前のMCで、素生さんが丈さんにレイトン教授を借りて14問目で…て話をしてて。

面倒くさくなったのか途中で素生さん話をぶった切り、「じゃ曲に行きますか」みたいな感じでギターをかき鳴らし、会場を煽るために一言。


「まだまだいけますか、札幌~!


メンバー&会場中(゚д゚)ポカーン


エエ工工工ーーーーーー!いやいやいやここ熊本だし!!!

当然演奏ストップ。

ナカザ「なんで?なんで札幌って出てきたの!?」

素生「いや、わかんない…わかんない…いやさっきこむらさきの話をしようと思ってて、でラーメンのことずっと考えてたら時計台が頭に浮かんじゃって…」

ナカザ「で、札幌って思わず言っちゃったの?」

素生「うん、なんか…ごめん。あの、MCからやり直していい?」

というわけでやり直し。さっき途中でやめちゃったレイトン教授の話の続きをして、

(結局14問目で挫折したという話でした)

素生「そんなわけでね…いかん、まだ(空気が)微妙だな!」

そこですかさず素生さんの前くらいにいた男の人が「ちゅいーッス!」

素生「ちっげーよ、ちゅいッスじゃねーよ、といッスだよ!」

会場爆笑。なんとか持ち直してセンチメントへ。


その後のGOING ON LINEのソウイチモバイルでの素生さんの不貞腐れた謝罪っぷりっと言ったら(笑)

しかし何故「札幌」と間違えてしまったかは未だに謎。まだツアーで廻ってもいないのに…

本人も何故そう言ってしまったはわかってないご様子。。。

私は勝手に「札幌熊本事件」と命名させていただきます。


●celloの話。

アンコールのMCで丈さんのグラス(珍しく丈さんが長々と語ってました)の猫が弾いてる音符はそのままcelloの楽譜になってるって話からcelloの話へ。

素生「この曲が出来た頃って俺らが18くらいで、まだ俺らと皆が出会ってもいない頃で…初めて、CDを作るために曲作ったんだよね。で、俺正直このcelloってCD作るまで、プロになろうとかまったく思ってなくて。ただ皆でたまに集まって楽しくやれたらいいな、くらいに思ってたわけ。でも、このCD作って聴いたときに…その時初めてこの5人でバンドとしてやっていきたい、と決心したというか、心構えってか覚悟が出来たよう気がしました。だからこの曲は、GOING UNDER GROUNDってバンドが出来た始まりの曲で、10年経った今もすごく大事な曲です。」


cello、すごく丁寧に演奏してたな、と感じました。

10年前の曲なんだけど、ああ、GOINGの曲だなーって素直に感じる。

原点の曲なんだな、やっぱり。生で聴けて良かったです。




ハプニングは多少ありましたが、楽しかった!!

セトリも新旧入り混じった感じで、新曲もいい感じで最高でした。

個人的には暗夜行路の最初の素生さんのエコーがかっこいかった。

あと、よういっさんがますます自由人。Holidayの時なんか客席に飛び込んで普通に隣にいるわ、脱ぐわで大騒ぎ(笑)あのショルダー型キーボードを手に入れてからなんでもアリになりましたな。

そんなよういっさんに巻き込まれて私もHolidayではぐるぐる踊ってましたが(笑)

最後のダイアリーも大合唱で、一番盛り上がったダイアリーじゃなかったかな。

あと最後の最後がTWISTERってのもすんごい良かった。大満足のセトリです。

アンコールの素生さんの初恋弾き語りもすごく良かった。

「初恋みたいな歌を作りたくて出来た曲」って言ってワンフレーズだけ歌ってくれたランブルも、なんだったら弾き語りでやってくれー。

素生「俺らは胸キュンとか色々形容されてるけど、ひとつ言えるのは、言葉に出来ない「切なさ」を歌ってるバンドだと思う。これからもずっと切ない感じの曲を作っていきたい」って言ってました。

確かに、GOINGの根底に流れてるものは切なさだな。




あ、最後の丈さんの一言。

丈「(Holidayの時)タオル、ほこり凄かったけど、皆大丈夫だった?」でした。




いやーん

テーマ:

GOING ON LINEで今度のツアーグッズが更新されたので、どれどれと見てみましたが…。



やばい。



今回のグッズめっちゃツボ。もうピンク×黒の組み合わせからして最強。



すでに

○ツアーT(宮尾さんのイラ+裏はツアー日程)

○パンフ(表紙が宮尾さんのイラ)

○リストバンド(NKZ!ろく☆すた!)

○パスケース(色違いで2つ買おうかとかいっそのこと大人買いしてしまうか)

○タオル(ピンク×黒)


は購入決定済みです(笑)


あとはいっさんプロデュースのTシャツと丈さんプロデュースのグラスどうしよう…現物見て決めるかな…。

ていうか丈さんはいつになったら弁当箱が出るのだ!(←毎回アンケートに書いてる)


つーかもう熊本も一ヶ月きったんだよね。早い。

この前ライブだったような気がするのに。

ああ、もう会えるんだ。わくわくする。