Bluetoothのキーボードを手に入れて、長文入力がかなり楽になったので、さくっとレポを仕上げます。といってももう一ヶ月前でかなり記憶あいまいだけど…。

今回は地元のインディーズバンドとの対バンイベントでした。
一組目のNANO BRIGHT FIELD
全曲オリジナル曲のインディーズバンド。
すごく聴きやすくて、良かった。
voの子がMCで
『10周年おめでとうございます!GOINGさんがデビューした頃僕9歳で…』

まさかの 1 9 歳 ((( ;゚Д゚)))

その後物販でCDを無料配布してたので貰いにいって、Voの神田君と少しお話ししましたが、いやー近くで見たらお肌つるつるで確かに未成年やわー。若いのにしっかりした演奏で、nico嬢共々すっかりファンに(笑)
その時貰った『落下星』というタイトルの曲は今でもちょいちょい聴いてます。良い歌です。

次はドルギーベイツ。
voの女子の方がGOINGと知り合いで、今回のイベントはその繋がりで実現したらしいです。
この方のMCがめちゃめちゃ面白くて。
『いつも北九州を飛ばして福岡でライブやってたんで、ずっと素生君に北九州来い~って呪いをかけてました(笑)』
『ナカザカッコいいよね!……って思ってました。昔は』←GOINGファン爆笑。
会場の皆で2チームに分かれて振り付けやった『犬はワン!猫はニャー!』の歌が耳について未だに離れない…(笑)

そしてGOING。ピアノレスの4人編成。
セトリこんな感じ。
グラフティー
センチメント・エキスプレス
マドンナ
シンドローム
雨の樹
同じ月を見てた
1998
ショートバケイション
Holiday
LISTEN TO THE STEREO

トワイライト
愛なんて

雨の樹とシンドロームが久々で嬉しかったーー
まぁ、シンドロームと同じ月はTwitterで事前にネタバレしてましたけども(^ω^)
ナカザですか?相変わらずあのグラサンキャラでしたけど…。もう慣れたからいいけど、あのキャラいつまでするんだろ…。
MC…何言ってたっけ…。ドルギーベイツの呪いの話を受けて、福岡でライブやる度に肩が重く感じてたのは呪いのせいだったか!言うてましたw
あ、あと黒崎MARCUSというハコにはちょっと思い出があると。
素生『ここ前にビークルのヒダカさんがライブしてて。そん時俺、ヒダカさんに会いに1人でここに来たんだよね。リュックサック背負って(笑)プロデュースしてください、ってお願いしに』

ソロ活動の前後にその話は聞いた事あったけど、そこがこのライブハウスだったなんて…!
ちょっと感動しました。

あと、黒崎には昔の友達が住んでて、今日はその友達の為にこの歌を歌いますといってトワイライトが始まりました。

ラスト、愛なんてはステージには素生さんとナカザの2人だけ。弾き語りスタイルでの披露で、素生さん丁寧に歌っててすごく沁みた。名曲です。

余談ですが、その後の物販にはいっさんとナカザが出てきて、いっさんは売り子、ナカザはサイン&握手&ハグ大会を開くという大サービスを披露。小さいハコだから出来た出血大サービス。
iPhoneからの投稿
AD

コメント(14)