(12/24セトリ訂正しました)



セットリスト

1.SPAM生活

2.DNAです

3.オドループ

4.WARP

5.UFO FOR YOU

6.ふしだらフラミンゴ

7.もう帰る汽船

8.ほねのふね

9.うわさのケムリの女の子

10.さよならカーテン

11.ディスコプール

12.プロレスごっこのフラフープ

13.幸せっていう怪物

14.愛の迷惑

15.トウメイニンゲン

16.オワラセナイト

en

17.ハローグッバイ


会場はソールドアウト。

Beー1は段差があるので2段目付近で観てましたが、身動きがとれないほどではなく快適。

全体的にやっぱり若い子が多かったけど、割と男女半々な感じ。

ファンキーなドレッドの黒人の女の子いたり(後述)、50代くらいかな?のご夫婦がいたりで,

フレデリックの楽曲そのものみたいだった幅広い客層でした。


1曲目”SPAM生活”から始まり早くも”DNAです”→”オドループ”と畳みかける!

最初のMC

健司君「大阪からきたフレデリックです、よろしく!神戸のバンドやけど今日だけ言わせて?

帰ってきたけん、福岡!!……(方言の使い方)、合ってる?」

(合っとる!合っとる!という会場からの声に)

健「合っとる…言い方きついな(笑)」


九州弁は言葉尻荒いからね。


康司君はゆるゆるMC。

康「福岡で稚加榮のめんたいチューブ買った。

美味しくてずっとホテルでチューチュー吸ってた。

マヨネーズみたいに(笑)

明太子大好きやねん。できれば明太子の海で泳ぎたいわぁ。」

健「明太子の海ってどういう事?」

康「明太子の粒がうわーっっと波になってる」

健「粒…?あぁ(めんたいチューブの)中身だけってこと?」

(どうも健司君は明太子がそのまま泳いでるイメージだった模様)

康「そう。明太子の波にのって明太子すくって食べんねん。

スプーン持ってそのスプーンで好きなだけこううわーっとすくって(超笑顔)

あははごめんな自由なトークで(笑)

今日ずっとこんな感じで自由にやらしてもらうわ(超笑顔)」



そのまま「OTOTUNE」より”UFO FOR YOU”

この曲めちゃくちゃ好きなので嬉しい!

"もう帰る汽船”"ほねのふね"

もう帰る汽船がライブ映えする曲だったのも驚いたけど、個人的にほねのふねが大好きで、

何かのインタビューで健司君が

「もう帰る汽船は、ほねのふねのアンサーソングというか(歌詞が)対になってる楽曲」と語ってたので、

もう帰る汽船のアウトロからそのまま途切れずほねのふねに続いた流れがすごく良くて。

この2曲続けて聴けたの嬉しかった。

そのあとうわさのケムリの女の子の演出でもくもくスモーク出てきたんだけど、スモーク出すぎてステージ全く見えなくなって曲終わっても3人が煙に巻かれて全然見えなくて会場笑。



福岡は最初DRUM SONの予定だったけどチケットの売れ行きが良くてBeー1に変更になったそうで。


健「フレデリックとして最初に福岡に来たときもBe-1だったけどそん時はお客さん20人もいなかった」

隆「いなかったな。すぐ近くの立駐で昼寝したの覚えてるわ」

健「それが今日は350人!!…17倍や!(嬉しそう)このペースでいくと来年5000人超えるわ(笑)

次にツアーする時はドラムロゴス(Be-1の隣にあるキャパ1000人のハコ)やな!

んでその次はZeppや!Zeppはなくなるけど。」

康「ZeppはRockDazeで行くけどな。そう、すぐまたイベントで会えるわ。

フレデリックのクリスマスは福岡に捧げます!クリスマスにまた福岡に来て、

来年2月にはまたここ(Beー1)に列伝ツアーで帰ってきます。会いに来てな!」


健「今日の朝も走ってて。平和台競技場まで行って。陸上トラック見てテンション上がるやんか。(…?)

俺中学は陸上部やから陸上の人間はトラック見るとテンション上がるねん。で、俺思ったんやけど陸上と音楽ってちょっと似てるねん。陸上はトラックを走って、音楽は音のトラックを走ってるやんか!?

(会場の反応薄い)

…?あれ。今俺上手い事言ったつもりやったけど…(苦笑)

じゃあもっといい事言うわ。でも陸上と音楽の決定的な違いは、陸上って基本孤独な競技なの。

まーリレーとかもあるけど、基本走るのは自分だけやし、自分との闘いみたいな感じなの。

でも音楽は、ひとりじゃない。一緒に音を鳴らすメンバーがいて、CD出してくれる事務所やレコード会社の人がいて、今日みたいなライブだと照明さんやPAさんやライブハウスの人達がいて、そして今日ここに来てくれてる皆がいてバンドって成立してんねん。だから今日来てくれて本当ありがとうな!!」



10~14まではディスコゾーン!!

とにかくゆらゆら揺れてる踊ってる楽しい!!

この辺だいぶアホになってきたので記憶飛んでるけど、

”幸せっていう怪物”の途中でメンバー紹介と共に

ツアータイトルにもなってるフレデリックと会場の皆でフレデリズムを作ろう!と、

会場のお客さんから3人選ばれてステージに上がり手拍子を合わせていこうというコーナーがあり。

(開場待ちで見かけたドレッドヘアーの超ファンキーな黒人の女の子が選ばれてて健司君に

「見てのこの腰で取るリズム」と褒められてた)

皆でしゃがむところから始まり、健司君の手の動きに合わせて上下していくんだけど、

健司君が不規則な動きするもんだから皆翻弄されて会場がだるまさんが転んだ状態(笑)


健「(この操ってる感じ)めっちゃ楽しい」


全員の手拍子が鳴り響いたところで曲に戻り、そのまま”愛の迷惑”、トウメイニンゲン”へ。


本編最後は「大事な曲になりました」と”オワラセナイト”で〆。



アンコール。

若鷹軍団の曲にのって康司君と隆児君登場。

あれ…2日前にもイナ戦のライブで聞いたぞ若鷹軍団…

関西バンド界隈で福岡はこれ流しとけみたいな流行があんのか…?

そのまま二人でグッズ紹介。

隆児君グッズ全身重ね着。一枚づつ脱ぎながら紹介。

ヨガパーカーは何故ヨガなのかよく聞かれるけど特に意味はないと康司君

「このヨガのポーズええなぁと思ってロゴに使った。そんだけ(笑)」

マフラータオルの時だけ小芝居。

隆「康司汗かいてる!汗、ふくおか?(ふこうか?」

康「…(苦笑)みんな、優しいなぁ!言うとくけど今の笑う事やないで。めっちゃ滑ってたわ。

福岡だけやで笑ってくれてるの、福岡の子あったかい。」

後半、4000円以上お買い上げの方にはビニールバッグがもらえる…という話で

急に隆児君のキャラがかわる。

隆「4000円でぇ~これが貰えちゃう感じで~(チャラい)」

康「今誰(のキャラ)になってるん」

隆「くみ先輩」

康「倖田來未!?なんで!?」


グッズ紹介終わった後健司君登場。

健「(隆児が)こんな喋ってるの初めて見た。このツアーで一番喋ったんちゃう。

福岡の皆が優しいおかげやな」

隆「(無視)あっ大事な事言ってなかった!ホークス優勝おめでとうーーー!!」

健「なんで今言うたん」

隆「いやちょうどBGMかけたし。こうか福岡(幸か不幸か)ちょうどこれたし。こうか福岡!」

(2回言った)(超どや顔)(大事なことなので2回言いました的な)

健「…(苦笑)」

隆「(優勝って)めでたいやんか。健司君もお昼鯛茶漬け食べたんでしょ?ほらめで鯛!なって」

健「俺まで巻き込まれた」



最後の曲、ハローグッバイの前に「大事な話がある」と健司君。

9月に脱退したドラムのKaz.さんの事、

バンドから離れた今も大切な人だとしっかりと丁寧に話してくれました。



健「フレデリックは俺と康司の双子の家族から始まったバンドで、ずっと家族のようなバンドにしたいと思って結成した。Kaz.はお父さんのような存在だった。その思いは今も変わってなくて、隆児ももちろん家族やし、俺は今日ここにきてくれた皆の事も家族のように思ってる。

皆がフレデリックの妹であり、弟であり、お兄ちゃんであり、お姉ちゃんであり、お父さんでもありお母さんでもある。そうやってどんどん全国に家族増やしていきたい。次に進むためにオワラセナイトという曲があって、ハローもグッバイも経験したからこそ歌える”今”をちゃんと伝えたい、そういう曲です。

ずっとフレデリックから目を離さんといてな。」



そういって唄いだした「ハローグッバイ」、ぐっときて、心に沁みた。

伝えたいこと、目指す場所がはっきりわかってるバンドは最強だなと思いました。



オワラセナイトで急激にハマり、そのまま勢いで取ったチケット握りしめて来た初フレデリックだったけど、

想像以上に楽しくて、フレデリックにとっても初めてのワンマンツアーに参加できて良かった。

あの曲もこの曲も、もっともっとライブで聴いてみたい楽曲がいっぱいあるから、

次のワンマンツアーがすでに楽しみでしょうがない!


AD

Perfumeのドキュメンタリー映画観てきました。(2回目)


以下ネタバレアリの感想。


・冒頭SXSWのライブから始まり。この映像リアルタイムの配信でも観てたんだけど、改めて観ても凄すぎて何がなんだかわからない(笑)STORYめっちゃ良い曲。早くアルバムに収録してほしい。


・リハの時の3人のラフな服装かわいい。ああゆかちゃんそれ去年の小悪魔TですよねTシャツなのに変態袖なTシャツ私も持ってるやっぱりゆかちゃんに最高に似合う小悪魔T!!


・個別インタビューの時ののっちのカットソーめっちゃ欲しい。どこ行けば買えるんですか伊勢丹ですか。


・合間合間にあるオフ日(街を練り歩いてる3人)が仲良しで自然体で可愛くて大体15分に1回くらい

「可愛いぃぃぃぃ」と身悶えてた。心の中で。あ~ちゃんのプレスリーとか。


・各国のお客さんのテンション半端ない。オーストラリアの老夫婦可愛い。ロンドンの幼女可愛い。

終演後の合唱もうるうる来たけど、どの曲もしっかり皆歌詞を口ずさんでるのがPerfumeへの愛を感じた。

音楽って国境を超えるんだなぁ。


・LAのファンとのミーティングでやはりあ~ちゃんは天使…!!と確信した。


・ギャ!!今かしゆかにキスしたの誰や!許さん!と思ったがOK Goなので許した(何様だよ)


・のっちの例のロンドンやらかし事件は最高に笑った。

あれを本編に入れることにGOサインを出したのっちはやはり男前。


・途中からシャカ兄キター


・3人の開始前の儀式がとても好きです。


・とても感動したのに最後はアミューズの大里会長が全部持って行った(酔っ払い)


・EDのSTAR TRAINの歌詞で泣く。



箇条書きはこのへんで。


今回はドキュメンタリー映画なので舞台裏がじっくりと観れてとても満足。

特に噂のライブ後駄目出し会を映像で観たのは初めて。

お客さんの反応、お国柄の違い、自分達に求められているもの。

それらを取り入れてより良いライブにしたい!

という3人の真摯な気持ちに感服。

前々からPerfumeはワンマンにしろフェスにしろ攻めてるセットリストを組むよなぁとは思ってましたが、

まさかワールドツアーであんなに毎回セットリスト変更してたとは思わなかった。

変えないよ普通。異国の地で不安だろうに。


またそれに応えるチームPerfumeの素晴らしさよ…!

セットリストを変更するということは、演出を変更するということで。

それは大変な作業だと思うのに、3人の要望に応えていくスタッフの方々に感動しました。

3人が本当にチームPerfumeを信頼してるからこそできる要望だよなぁと。

今回大画面で観て衣装の細やかさにも感動。本当に直前まで手直しするんだね。

ツアー唯一のトラブルはLAでのLED照明がつかなかったことぐらい?

3人に最高の演出でステージに立たせたかったMIKIKO先生の悔し涙が印象的だった。

とにかくスタッフが一丸となってPerfumeの3人を最高の状態で送り出したい!という愛を画面から感じた。それは結成当初からずっと共に戦ってきた絆を感じた。


映画タイトルの「WE ARE Perfume」が全てを物語ってる。

3人に関わってるすべての人たちでPerfumeは完成するんだ。




まー何が言いたいかというと



Perfumeが好きすぎて幸せ



という事です。



ライブ行きたい。






AD
Bluetoothのキーボードを手に入れて、長文入力がかなり楽になったので、さくっとレポを仕上げます。といってももう一ヶ月前でかなり記憶あいまいだけど…。

今回は地元のインディーズバンドとの対バンイベントでした。
一組目のNANO BRIGHT FIELD
全曲オリジナル曲のインディーズバンド。
すごく聴きやすくて、良かった。
voの子がMCで
『10周年おめでとうございます!GOINGさんがデビューした頃僕9歳で…』

まさかの 1 9 歳 ((( ;゚Д゚)))

その後物販でCDを無料配布してたので貰いにいって、Voの神田君と少しお話ししましたが、いやー近くで見たらお肌つるつるで確かに未成年やわー。若いのにしっかりした演奏で、nico嬢共々すっかりファンに(笑)
その時貰った『落下星』というタイトルの曲は今でもちょいちょい聴いてます。良い歌です。

次はドルギーベイツ。
voの女子の方がGOINGと知り合いで、今回のイベントはその繋がりで実現したらしいです。
この方のMCがめちゃめちゃ面白くて。
『いつも北九州を飛ばして福岡でライブやってたんで、ずっと素生君に北九州来い~って呪いをかけてました(笑)』
『ナカザカッコいいよね!……って思ってました。昔は』←GOINGファン爆笑。
会場の皆で2チームに分かれて振り付けやった『犬はワン!猫はニャー!』の歌が耳について未だに離れない…(笑)

そしてGOING。ピアノレスの4人編成。
セトリこんな感じ。
グラフティー
センチメント・エキスプレス
マドンナ
シンドローム
雨の樹
同じ月を見てた
1998
ショートバケイション
Holiday
LISTEN TO THE STEREO

トワイライト
愛なんて

雨の樹とシンドロームが久々で嬉しかったーー
まぁ、シンドロームと同じ月はTwitterで事前にネタバレしてましたけども(^ω^)
ナカザですか?相変わらずあのグラサンキャラでしたけど…。もう慣れたからいいけど、あのキャラいつまでするんだろ…。
MC…何言ってたっけ…。ドルギーベイツの呪いの話を受けて、福岡でライブやる度に肩が重く感じてたのは呪いのせいだったか!言うてましたw
あ、あと黒崎MARCUSというハコにはちょっと思い出があると。
素生『ここ前にビークルのヒダカさんがライブしてて。そん時俺、ヒダカさんに会いに1人でここに来たんだよね。リュックサック背負って(笑)プロデュースしてください、ってお願いしに』

ソロ活動の前後にその話は聞いた事あったけど、そこがこのライブハウスだったなんて…!
ちょっと感動しました。

あと、黒崎には昔の友達が住んでて、今日はその友達の為にこの歌を歌いますといってトワイライトが始まりました。

ラスト、愛なんてはステージには素生さんとナカザの2人だけ。弾き語りスタイルでの披露で、素生さん丁寧に歌っててすごく沁みた。名曲です。

余談ですが、その後の物販にはいっさんとナカザが出てきて、いっさんは売り子、ナカザはサイン&握手&ハグ大会を開くという大サービスを披露。小さいハコだから出来た出血大サービス。
iPhoneからの投稿
AD

「愛とファイター」ツアー初日です。

セトリのネタバレあり。



1.チケット
2.ラッタッタ
3.涙のファイター
4.ジタバタダンス
5.人情ビート
6.HIPPY HIPPY HIPPY
7.サンダーマン
8.俺一代
9.武蔵野ラプソディ
10.擦り傷
11.愛しい日々さ
12.スイートソウル
13.Ban&An
14.オマエ・がむしゃら・はい・ジャンプ
15.後悔するなら反省を
16.時代
17.愛じゃないか

en
18.合言葉~シャララ~
19.応援歌
20.33歳


もう、先月の出来事で記憶があいまいになってきてる…やはりライブレポは熱いうちに書き上げなければ。


ライブ前に頭の中で勝手に脳内ライブを繰り広げてたんですが、そのとおりのチケット始まりで超テンション上がりました。笑。


いやーツアー初日とは思えないほどの盛り上がりでした!さすがイナ戦!

今回のアルバム、めちゃめちゃ好きで。

なんというか、ライブ感が今までで一番出てるような気がしたんですよね。

アルバムの曲順とか、これそのままの順番でライブしてもいいセトリになるやん!て思って。

歌詞も今まで以上にストレートで、まさに心臓直結です。

ガツンと響きました!


そう、ちょっとどっちだったか忘れたんですけど、擦り傷か愛しい日々さ、かどちらかの曲で。

まさかの丈ちゃん男泣き。途中で歌えなくなって。他のメンバーと会場の皆で歌ってたんだけど、

結局演奏止めちゃって。

ま、口を開いたら



丈弥「誰や勝手に歌ってるの!」



あ、いつもの丈弥さん(笑)


言い訳しとりました。
丈弥「誰かがなーマイクのとこにわさび仕込んでたわー(笑)ツーンきたわー」


ブログとかmixiとかに書くなよ!て言われたけど書いちゃったww

泣き虫なのは上中丈弥ではなく、ウエナカチェルシージョウヤマンだということにしときます。

なんかあったんですかね、丈ちゃん。すごく感極まった感じでしたけど。

ま、いい初日だったって事で。


覚えてるMC

武朗「宝くじ今年も買っちゃいました!

当たったらなー当たったらー…今ここにいるお客さん全員に焼肉おごります!約束!

あの日ロゴスいましたーって言って(笑)」


俊哉「もうね、福岡何回も来てるから地理とか詳しくなってきて。絶対地元の人より詳しくなってるから」

俊哉君のMCはいつもように丈ちゃんの邪魔が入り。


なんだったかな…パルコがオチです。確か。


俊哉「お前毎回邪魔すんなや~」

丈「でも俺のフォローがないと9割は滑ってるやろお前」

俊哉「…うん、それは間違いない。笑」


久保ちゃん…覚えてない(笑)

確か痩せたといいつつ太った疑惑があったと思います。

ライブTのサイズはLでって即効オーダーしてたって(笑)


やっぱレポは3日以内に書かないとだめだなー。

今までで一番グダグダな内容になってしまった。


丈ちゃん体調不良で大分公演が振替になってますが、大丈夫。

だってめっちゃパワーUPして帰ってくるってわかるもん。

ハプニングがあったほうが盛り上がるさー。

いつぞやの福岡市民会館のように。





10/14 サカナクション@Zepp Fukuoka

テーマ:
SETLIST

01.RL
02.モノクロトウキョー
03.セントレイ
04.アドベンチャー
05.仮面の街
06.Klee
07.アンタレスと針
08.years
09.流線
10.エンドレス
11.『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
12.ホーリーダンス
13.DocumentaRy
14.ルーキー
15.アルクアラウンド
16.アイデンティティ
17.ドキュメント

en1
18.Ame(B)
19.ネイティブダンサー

en2
20.ナイトフィッシングイズグッド

開演待ちのSEで、左側のスピーカーからずっとコポコポ水の音が聴こえてて、すごく心地よかった。
本編はほとんどMC無し。Kleeが終わった後少し入ったくらいかな?
でもアンタレスと針~years~流線~エンドレスまでの流れが美しすぎて、確かにMC無しの方がより深くSAKANAQUARIUMの世界に入り込めました。
流線ではオイルアートみたいなのが映し出されたり、おなじみの緑のレーザー光線もありーの(Mステで見た横一列キタ!)、
エンドレスでは小さい球のLED照明がまるで雨粒のように上下したり、一郎君が光をつかむような仕草をしたり(これは本当にキレイで思わず見とれてしまった)
曲はもちろん、そういう演出すべてを含んだところでサカナクションのライブって言えるんだなと。

どの曲も、CDで聴くよりもっとグッときました。
個人的にはアンタレスと針、エンドレス、ドキュメントが良かったーすごく沁みました。

でもなんといってもインスト曲のDocumentaRy!!
ライブ用にアレンジされてたんですが、これがめっっっちゃ良かった!つーか踊れた!正直踊り足りなかったんで、もっと長く10分くらいにしてもらっても良かったくらいです(笑)
ライブでのインスト曲で、終わらないで欲しい、と思ったのは初めての経験。
いやー良かった。本当に良かった。

あと開場待ちのときに結構雨が強くてうんざりしてたんですが、そのおかげでAme(B)が聴けたので、よしとしよう。イントロ流れたときリアルに「きたあああああ」と叫んだほどテンション上がりました(笑)

以下覚えてるMC
一郎「福岡はこの前のZeppツアーの時もこれなくて、プロモーションの時もきたかったのに来れなくて。
全部あの2階席で観ているビクターの人のせいですから(笑)皆でもっとサカナクションを福岡に呼んでくださいって言って!!(その後会場の皆で言う)」

一郎「昨日から江島と福岡来てて、ラジオとかに出演して。夜に二人でラーメン食べたんだけど。美味しかった。その時にファンの人に見つかっちゃって。」

江島「ちょっと変わってたよね、その子。アイドル好きで。」

一郎「地元のアイドルのおっかけしてるって。名前なんだっけ…りんく?(多分LinQかな…)
…をよろしくお願いします!以上!(笑)」

一郎「もうihone4s買った人いる?(会場に一人だけいました)どう?…速い!速いんだ!(満面の笑み)」
他のメンバーがそれぞれ福岡で食べたもの。

もっち→なんだったかな…忘れました。ごはん食べた後はずっとPSPやってたらしく、一郎君に
「俺と江島は前乗りしてラジオ出たり取材受けたりしてるのにこれで同じ給料とか納得いかない」
と説教されてました。

姐さん→うどん。一人で食べに行ったらしく、一郎君に「そんなイメージじゃない」といわれてました。

岡崎さん→パン…は食べ損ねたらしく、天神駅で買ったドーナツがおいしかったそうです。その割には名前覚えてなかったけど(笑)
てか女子二人が風邪気味のせいか、鼻声でかわいかった…(笑)

あと雑誌とかツイッターでも良く触れてる話題。
曲の裏にある製作までの背景とかを知るほうがより音楽をたのしめる、とか。
ツイッターで曲の感想とかで、50代の人とかが年齢を気にしてライブに行くのためらってるとかいう話があるけど、音楽を聴くのに年齢とか全然関係ない、そういうのを気にしてライブに来ないとかもったいない、とか。
ライブの曲順とか、演出とか全部計算されてるから、他のライブでもそういうのに気をつけて観て見るといい、とか。
今回のアルバムは初回盤のDVDに製作側の苦悩を垣間見る事が出来て、
まさにドキュメンタリーというアルバムです。

私は元々曲が生まれた背景とかを知りたがるほうなので、とても興味深いものでした。
ツイッターでのつぶやきが後々歌詞に生かされてたりするし。
(「ドキュメント」の”愛の歌 歌ってもいいかなって思い始めてる”もそうだし、「モノクロトウキョー」の”絡み合う電線を見上げ~”のあたりもツイートであったよね?)
ツアーグッズのメモ帳も、ライブのスケジュール表とか舞台の叩き台とか掲載されてて、面白かった。
ツアーグッズと言えばうろこグッズ売れてないらしいので、買ってくださいだそうです。。。

いやー初サカナライブでしたが、すっかりサカナクションの世界に魅了されてしまいました!
一郎君は雑誌とかツイッターでの発言で私が抱いてたイメージと実物にブレが無かったなぁ。

早く福岡にまた来てね。福岡の冬は魚が美味しいシーズンですよ(笑)
一郎君にも「眞」の塩さば定食食べて欲しいなぁ。



セットリスト
1.夕方ジェネレーション
2.祭りのあと
3.Stairway Generation
4.yoakemae
5.Fragile Baby
6.short hair
7.SEVENTEEN ROMANCE
8.BOYFRIEN℃
9.WINK SNIPER
10.十字架You and I
11.スイミング・ガール
12.海になりたい
13.海になりたい part.2
14.ラブ&ポップ(小出&関根ver.)
15.新呼吸
16.スローモーションをもう一度 part.2
17.LOVE MATHEMATICS
18.CRAZY FOR YOUの季節


EN
19.Tabibito In The Dark
20.BREEEEZE GIRL

いやいや楽しかった!!
初っ端から祭りのあとがきてテンション上がりまくりでした!!
MCでもその後のTwitterでも言ってたけど、こいちゃんは福岡でiphoneを無くしてしまったのであります。
最初の彼のテンションの低さと言ったら…。
ショックのあまりライブ直前まで着替えが出来ず、マネージャーが痺れを切らしてTシャツを脱がしにかかったそうです(笑)
そして被害妄想に陥るこいちゃん。
小出「皆がヒソヒソ話してるのも俺の事話してる気がする」
「関根がおやつ食べて『これおいしいね』って言ってるのすら(俺が携帯無くして落ち込んでる状況が)おいしいって言ってるように聞こえる」
「ホリとかどうせTwitterでwをいっぱい
打つんでしょ⁈小出wwwwiphonewwww無くすwwwワロタとか!!
こんな黄色いTシャツ着てる堀之内ですらiphone持ってるんですよ⁈しかも俺が使ってる充電できるケースを何時の間にか買ってるから見た目まったく同じなの!余計思い出しちゃって(泣)」
「ステージに出てきた時にお客さん皆が携帯かざしてたら泣いてた」

ショックのあまり病んでますな。完全に被害妄想です、本当にありがとうございます。

ちなみにワロタの件はその後のTwitterで本人自ら書いてて爆笑。
ていうかその日のツイートが自虐すぎて面白かったww
結局その後アンコールまでMC無しだったのでほぼあいぽんの話で終わったなああとは…飛行機のブレーキの話もしてたかな…でもその話の途中でも誰も何も言ってないのにあいぽん思い出してまた凹むの繰り返しww終始噛みまくりやったし。

またそんなこいちゃんに対して関根嬢がクールでキュンキュンきた( ´ ▽ ` )
ていうか関根嬢本当に可愛くて可愛くて…!!WINK SNIPERでセンターにきた時にそのキュートな出で立ち&可愛い声にわたしノックアウト恋の矢その後の出待ちでも彼女の可愛さに黄色い歓声が上がってましたドキドキ

シングル曲、そしてアルバムからの新呼吸、すごくよかった。シングル曲はどれもライブ映えする曲で、特にTabibito~は化けた。
この曲に入る前に長めのMCがあって。
小出「3枚目のアルバム出した後すごく悩み始めて、俺何の為に音楽やってるんだろう⁈そもそも何の為に生きてるんだろう⁈って自問自答し始めて。俺はもっと必要とされていいはずなんじゃないかってなんか…自分のアイデンティティが崩れたっていうか、アイデンティティが~なあああい~らーらーらー、みたいなね(笑)」←こいちゃんって本当一郎君好きだよね。
「正直ツアーしてて、毎朝ホテルでメンバーの顔も見飽きたな~って思う時もあったんですけど、でもこの間の10周年ツアーでメンバーとケンカしながらもすごく良いライブが出来たなって思って。ライブってLIVE(生とか生きる)と同じ綴りでしょ?誰がこういう…いわゆるコンサートをライブって言い出したかはわかんないけど。でも自分にとってはその時その時の思いを音楽にしてライブで皆に届けたいっていうのが生きてるって事だし、それが音楽を…バンドを続けていく理由だなって解ったんで吹っ切れました。」
↑細かいとこは違いますが、だいたいこんなニュアンスの事を話してました。そんな話のあとはにTabibito聴いたらグッときたなぁ。


実は今回はライブハウスに初めて行く姪っ子と一緒に行ったんですが、初がベボベで大正解でした。
皆のノリはいいし、湯浅ダンスはあるし、皆で5つ数えたのも相当楽しかったらしく、また行きたいと申しておりました。うんうん。また行こうね。
アルバム楽しみだなぁ。








iPhoneからの投稿
諸事情により友達不参加の為、一人で車で天神に行きましたよ…迷子にならんかビビりながら(笑)
とりあえずセトリ殴り書き。
順番チョー適当。
LISTEN TO THE STEREO
同じ月を見てた
グラフティー
ボーイズライフ
ステップ
シンドローム
ランブル
ビターズ
ダイアリー
トワイライト
STAND BY ME
きらり
My Treasure
How do you feel?
青空コウモリ
金曜日の天使
Holiday
荒川わたれ
南十字
ハートビート
東京

とにかく、旧曲がイントロ聴いただけでは何の曲かわからないくらいにアレンジを変えてて。
またそれがかっちょいいんだわ。
特にランブルはかっこよかったー。


きらりの時泣きそうになったのはここだけの話。
いや、初きらりで感動もしたんだけど、それ以上にこの曲のPVのよういっさんが印象的すぎて、なんかこの曲はよういっさんのイメージなんだよね。
歌詞も今聴くとまるでよういっさんの脱退を暗示してるようで(泣)
よういっさんを思い出してうるうるきました…。


あとは、とにかくナカザうぜー(笑)
初めてナカザ側で観たのに、ナカザ側のはずなのに完全にナカザはアウェーでした渼渼
いや~このウザさは言葉で伝えきれないわー
次のツアーもあのキャラで通すんだろうか。

あと丈さんがSoキュートでした。終始。


本当はね、よういっさんがいないGOINGのライブ不安だった。
でも終わってみればやっぱり楽しくて、GOINGはGOINGだなぁと思いました。
よういっさんがいないのはもちろん寂しい。寂しいけれど、それを知ってるからGOINGの持つ切なさが輝くのかも。


…やっぱり、きらりはよういっさんの歌なんだな。
そういう事にしとこ。


補足
ナカザが歌った「金曜日の天使」てカバー曲だったんですね。
てことは打ち上げでチリさんやミカさんと言ってた
「ナカザの曲はいつも昭和歌謡の雰囲気がある」
てのは間違いじゃなかったんだ(笑)

いや、昭和歌謡ですよね…いい意味で。

診断テストにはまってます

テーマ:
この間からmixiの中で出来る診断テストにはまってます。

特に当たりすぎて怖いくらいだったのがこれ。

「私の取扱説明書」

あなたの取り扱い説明書

【基本性能】
・あまり手のかからない高性能モデルです。
自分のことは自分で進めることができます。
・弱い部分を見せることをブロックする
『弱音ブロッカー』を標準搭載しています。

【エネルギー源】
・ひとりの時間を与えると、自動リフレッシュ機能が発動します
・『心配』されるよりも、『信用』されることがエネルギーになります。

【取り扱い注意点】
・時々無理しすぎて、溜め込んでしまうときがあります。
眉間にしわがよる回数が増えてきたときには、外に連れ出して ココロフィルターの清掃をお願いします。

・避けたいときには、メール、電話にも出ません。
察してください・・

・基本、話題の中心になると喜びます。

・人前でいちゃつくのは避けてください。愛情はたっぷりありますが
恥ずかしさのほうが大きいのです。
二人になってから・・お願いします

・幹事などをこなすことができます。
ただしノークレームでお願いします。素で落ち込みます。
逆にうまく持ち上げられると次回も引き受けちゃいます。

・感情は、口よりも目に表れます
気まずいと眼球キョドります。

・勝手に自分の世界に入る『妄想機能』を標準搭載しています。
時々、目の前でパチンとやって『おいっ!』って現世に戻してください

・深夜に突然詩人になる時があります。
素敵な言葉を奏でたりします。

・たまーに変になります
カメハメ波の練習をしてみたり、ガムを何時間噛んでいられるかゲームをはじめたり・・
気にしないで見逃してください。

・デートは個室があるような落ち着いたところで安定感を発揮します。



これ、質問10個に答えただけですよ。
質問の内容も初対面の人はは苦手?とかのよくある感じの。

なのに!何故私の妄想癖がバレタのか!そして標準装備とまで書かれてるし!!

不思議。マジ不思議。

自己分析にも役立つなぁ。
弱音ブロッカーもそうだけど、確かに私は信用されたいって思いが強いかも。

はい、レディースデーにまるっと10周年大感謝祭音符な「TRICK」を観に行きましたぁ煜

まさかまさか新作があるなんて思ってなかったのでかーなーり嬉しいでつ。もう10年経つんだなぁ…。

相変わらず小ネタ満載、爆笑の連続(笑)
だけど10周年だからか、原点回帰してる雰囲気でした。
何気に黒門島の話が出て来たり、結構話の筋は悲劇だったり。
以下ネタバレあり。っつーか私が発見できた小ネタバレあり。

●冒頭からずっと出てた上田人形欲しい…(笑)
そして上田教授の新刊はまさかの「IQ200」ビックリマークもろ村○春樹のパクリwww
●同じく冒頭の里見の習字はもう小ネタありすぎてなにがなんだか瀨「国民的映画」はあった。「紀伊半多(キーハンター)」があった…らしい。

●奈緒子チキンラーメン買い込みすぎだよラーメン

●「←富毛村」
…劇場版2の舞台…。
ち、近くね?そっち行ったら着いちゃうの??

●さあ、あなたもレッツペイズリー!

●貧乳&巨根キター!

●藤木直人に最初気づきませんでした…。
不死身なお人…。
あれ?ていうかたけるんに向かって「オレ、参上!」て言った?

●松平健の唱える不思議な呪文。。。
バンサンケツマ…バンサンケツマ…。
?とむ読らか逆←

●ていうかそれ暴れん坊将軍のOPで乗ってる馬…。
う、上さまー!!
決めゼリフ奈緒子が言っちゃうし淏
●最後、松平健の願いが叶ったのは彼が見た幻…?それとも里見の力…?

●ええーっOK牧場って書くのぉ(脱力)

●さすがに菅井きんには気づかなんだ…まさか第1話が伏線とかそれなんてワンピ(以下略)

●出た、リング&貞子ネタ(笑)

いやいや、まだまだ小ネタあるはず…。見逃したかぁ。
トリック好きなら間違いなく楽しめます!そうじゃない人には多分ビミョーな映画(笑)
明日には新作2時間スペシャルもあるので楽しみ煜

どんと来い!デフレBOX欲しいなぁ…。

Perfume満喫デー

テーマ:
今日は笑っていいともにテレフォンショッキングのゲストにも出て焄

相変わらずあ~ちゃんがする会長のモノマネは突き抜けてるわ煜「カツ丼2杯分」とか(笑)

そしてMステでは楽しみにしてた
「ナチュラルに恋して」
初披露!

ギャー!
ちょっとちょっと!


衣装も踊りも激カワなんですけど!!ラブラブ!ラブラブ!ラブラブ!
PVも良かったけどこっちもいいドキドキ
あーんもうなんで初回盤、PV2つともつけてくんなかったんだろう…。
やっばーい3人とも太ももがステキすぎるドキドキ
かしゆかとかマジ人形みたいやん溿ぱっつん前髪かわゆす。
でも好きな異性の仕草はイマイチ共感できないわ(笑)

そして斎藤和義を嬉しそうに見つめるあ~ちゃん…ドキドキ

あたしも和義好きだよ!
(別にいらない情報)



そして斎藤さんから大人な対応されるPerfume淏
いや…でもな…
斎藤さんああみえてしれっとアイドル好きそう。


いやいや変態ですみません。
さっきからニヤニヤしながらMステ3回くらい観直してます。

しかしゼブラクイーンすげえなぁ。
仲里依紗のなりきり度に女優魂を観ました。
里依紗ちゃん普段あんなにかわいいのにボンテージとか…



ボンテージとか…



…いいよね。
(やっぱ変態)