朝霞・和光の『親子サイン教室』

おしゃべり前の赤ちゃんと
お手手を使った【サイン】で会話してみませんか?

楽しく貴重なサイン育児について書いています。

朝霞の学習塾(年長&小学生)をお探しの方は

どんぐり式学習塾 学び処『にこまる』

HPまたはブログをご覧ください。


★ホームページは → こちら

★ブログ「どんぐり式 悠々子育て」は → こちら


和光・朝霞の『親子サイン教室』


お喋り前の赤ちゃんの言いたいことが

お手手を使った【サイン】で分かるようになります!


ママと赤ちゃんとのコミュニケーションに最適!

育脳効果もありますよ!


オリジナルプログラムでお待ちしておりますニコニコ


【次期クラスの予定】


◆全6回 わこう助産院クラス 


28年5月スタートクラス 全6回
開催中!
詳細は⇒こちら


◆わこう助産院へのアクセス→こちら

  (東武東上線和光市駅 徒歩6分)



テーマ:

昨日は、親子サイン6回コースの4回目のレッスンでした!

 

こんにちは。

和光の親子サイン教室

平松 あかね です。

 

わこう助産院でのレッスンは、全6回のコースですので、毎回同じメンバーが集まります。

皆さん徐々に打ち解けられて、とても良い雰囲気になってきました。

 

思ってもいない時にお子さんが【電気】のサインをしたので感動したという、嬉しいお話も聞くことができました(^^♪

 

レッスン前に、壁に貼ってあった動物の絵に近づいて触りながら、私のほうをじっと見る子がいました。

「これ、知ってるよ~」とか「これ、何? 教えて!」というような眼で見るのです。

 

「そうそう、パンダだね~。パンダ。」と言いながらサインを見せると、とても満足そうな表情をします。

 

こんな時赤ちゃんの頭はフル回転!

目で見て、耳で聞いて、「これがパンダか~」と回路を作っているのです。

 

それが表情(目)を見ているとよく分かります。

 

こういうことは普段の生活の中で頻繁に起こっているのですが、その赤ちゃんの視線を無視してしまうことがよくあるのではないでしょうか?

 

ママ友とのおしゃべりに夢中になっているとかスマホをいじっているとか・・・・。

 

こういう場面できちんと会話をしてあげることがとっても大切です。

これを日々しているのとしていないのとでは、言語力に差が出ても不思議ではないですね。

 

お子様の視線、大事にしてください!

 

 

そして、前回のレッスンの後、お子さんにテレビや録画番組を見せるのを控えてくださった方もいらっしゃいました。

 

4歳のお兄ちゃんなのですが、「3日くらいで、見せなくても平気になりました。案外遊べるものなんですね!」と。

 

そうなんです。テレビやDVDを見せなくても、ゲームをやらせなくてもちゃんと過ごせるんですよ。

テレビやゲームにはまってしまう前に、健全な遊びの楽しさを味わわせてあげてくださいね。

 

また、一日中テレビを付けていたのをやめたことで、お子さんの表情が本当によくなった子もいました。表情だけではありません。声も出るようになり、動きも活発になりました。

本当に本当によかった。

他のママさんたちも、その変化の大きさにびっくりしていましたよ。

 

今回のクラスは、こういうことにも関心のある方が多そうでしたので、ご希望の方に本をお貸ししました。

 

 

 

何度も言っていますが、子どもはあっという間に大きくなります。

 

今はまだ赤ちゃんで、食事や病気や歯磨きやトイレトレーニングのことでいっぱいいっぱいかもしれませんが、3歳、4歳、5歳くらいになって慌てておかしなことをさせないようにお勉強されておくのも大切かなと思うのです。

 

そうしないと、「周りが習い事をさせ始めたからうちも何かさせなくちゃ」 とか 「みんなゲームやらせてるからうちもやらせてあげないとかわいそう」 とか 「子どもが習いたいといったからあれもこれも習わせる」 とか 「学習習慣をつけるために無理やりドリルをやらせる」などと 行き当たりばったりで見当違いなことをしてしまいます。

 

本を読んでくださった方、ぜひ、感想をお聞かせくださいね!

 

次回のサインレッスンは、9月!

夏の間、い~っぱい遊んでね~!!

 

 

≪関連記事≫

◆子育ての最大の敵は○○

◆子どもの笑顔に気づいたママの話

◆赤ちゃんにとってよい環境とは

◆赤ちゃんはテレビで言葉を覚えるか

◆ゲームを与えて後悔している方へ

 

==================

 

≪姉妹ブログ≫

 朝霞のどんぐり式学習塾『にこまる』のブログ

 どんぐり式で悠々子育て

 

≪Facebookページ≫

 https://www.facebook.com/nico0nico0/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本当に、健全な子育てをするには大変な時代になってしまいました。

すでに、お子さんがいらっしゃる方、これから大人になって子育てをするであろう若い人達に是非とも読んでほしい本です。

 

こんにちは。

和光の親子サイン教室

平松あかね です。

 

 

 

知らないから平気で子どもにゲームを与えてしまうのです。

知らないから0歳からテレビやスマホを見せてしまうのです。

知らないから、ゲームは1日1時間までという何の根拠もないルールでやらせてしまうのです。

 

知れば恐ろしすぎて、自分の子供にゲームを与えたりできなくなります。

ホラー大好きにさせてしまうこともなくなります。

 

ゲームをしていても、勉強もしているしスポーツもしているから大丈夫ということはありません。

 

ゲームは麻薬のように脳の一部を興奮させるので、本当は疲れきっている(慢性疲労状態)のにその興奮作用でかろうじて体を動かし学校に通っているような状況の子がいるというのには驚きました。

 

学校、スポーツ、習い事、宿題、ゲーム、スマホ、テレビで慢性疲労の子ども達。

 

年相応の発達が遂げられていないことも多いのです。

 

小学校入学前からゲームやテレビに1日4時間以上触れていると、中学生くらいになり年相応の発達が遂げられない可能性があるそうです。

 

実際には表面化する前から内部では問題が出ているのですから、症状が出てしまった時には深刻な状況になっていますよね。

 

絵を描かせると人物が「棒人間」になってしまうのは、面倒くさいからではなく、仮想現実にいる時間が長く、人間同士のコミュニケーションが不足しているから、「棒人間」しか描けないのです。

 

こんな悲しい状況を大人が作り出しているのです。

 

デジタル教科書が学校に入り込んでくる時代です。

私は大反対ですが、皆さんはいかがでしょうか?

効果よりも危険のほうがずっと大きいですから。

 

せめて、家庭の中では子どもたちを映像メディアの害から守ってあげてください。

 

ゲームをすると前頭葉の動きが止まります。

これにより、嫌なことを考えるということから解放され気分転換になります。

5分のゲームならゲームを終わらせれば前頭葉の活動はもとにもどりますが、15分やってしまうとそうはいかないようなのです。

だから、ゲームは1日1時間までというのは危険すぎるのです。

 

我が家でも恐ろしい体験をしました。

上の子が1年生、下の子が年少のころでした。

下の子が熱を出していたのですが、上の子と一緒にテレビで「〇ケモン」を見ていたのです。

そうしたら、下の子が痙攣を起こしてしまいました。

 

病院では熱性痙攣だと言われましたが、その後は一度も熱が出ても痙攣は起こしていません。

ですので私は熱+テレビ映像のせいで痙攣が起こったと感じています。

 

病気で遊べないからテレビでも見せてあげよう というのは、小さい子には危険だと悟りました。

 

光と音と動くものに集中してしまうのは人間の本能です。

だから、赤ちゃんもテレビをじ~っと見て目が離せなくなってしまうのです。

これを集中しているからいいことだとは決して思わないでください。

危険以外の何物でもありません。

 

どうぞ皆様もお気を付けください。

 

≪関連記事≫

◆子育ての最大の敵は○○

◆子どもの笑顔に気づいたママの話

◆赤ちゃんにとってよい環境とは

◆赤ちゃんはテレビで言葉を覚えるか

◆ゲームを与えて後悔している方へ

 

==================

 

≪姉妹ブログ≫

 朝霞のどんぐり式学習塾『にこまる』のブログ

 どんぐり式で悠々子育て

 

≪Facebookページ≫

 https://www.facebook.com/nico0nico0/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日はあるママさん(Aさん)のお話しです。

(ブログ掲載の許可いただいております。)

 

Aさんには1歳前の赤ちゃんがいて、親子サイン教室で学ばれています。

サイン教室で使用するテキストを丁寧に読んでくださり、「赤ちゃんにテレビを見せるのは良くない」という部分に心を留めてくださいました。

 

実はAさん、自分自身がテレビを付けていないといられないタチで、家にいるときはほぼテレビがついている状態だったそうです。

 

でも、テキストを読み、私の話を聞いて、テレビを消すことを実行してくださいました。

 

いつものように思わず付けてしまったテレビを、

「あ、いけない!」と思って消した瞬間、お子さんを見ると、

お子さんがとても嬉しそうに笑っていたそうです。

「あ~、この子はテレビを消してほしかったんだな~。

私、いつもテレビしか見ていなかったな~」と感じたのだそうです。

 

私もそのお話を聞きながら深~くうなずいておりました。

大好きな「○○ネ屋」は録画して赤ちゃんが寝ている時に見るようにしたそうですよ!

 

テレビを消すことを実行されてから2週間足らずだと思いますが、お子さんの表情は明らかに変わってきていました。
ママさんもテレビのついていない環境にもそのうち慣れると思います。

 

早く気づいてくださって、本当によかった~(^^)。

 

赤ちゃんには、ママの笑顔と言葉が絶対必要なのです。

それが、テレビやスマホに奪われてしまう危険が現代にはあるのです。

度が過ぎれば、後天的な発達障害になってしまう可能性もあるということを、ママさんたちには知っておいてもらわなくてはなりません。

 

お子さんの健全な発育のためにどうぞよろしくお願いいたします。

 

≪関連記事≫

★赤ちゃんと現代メディアQ&A

★子育ての最大の敵は○○○

★赤ちゃんにとって良い環境とは?

 

《お知らせ》

6/30(木)
子どもの学習についての保護者向けセミナー
やります。

赤ちゃんのママにもおすすめです。

あっというまに小学生になりますからね。

早めに知っておくと対策もしやすいです。

お子様連れOKです。(託児はありません)

 

【特典】

サイン教室を受講したこのある方・受講中の方は、受講料を1,000円引させていただきます。

 

詳しくは↓

学び処『にこまる』HPをご覧ください。

http://nicomarujyuku.jimdo.com/

 

==================

 

≪姉妹ブログ≫

 朝霞のどんぐり式学習塾『にこまる』のブログ

 どんぐり式で悠々子育て

 

≪Facebookページ≫

 https://www.facebook.com/nico0nico0/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

親子サイン教室(全6回)の中でも、大切なことがぎゅっと

詰まった第3回目のレッスンでした。

会場は、和光市駅徒歩6分のわこう助産院さんです!

 

こんにちは。

親子サイン教室

平松 あかね です。

 

今日は、サインレッスンの最後に、現代メディアとの付き合い方についてお話しさせていただきました。

テレビ・DVD・スマホ・ゲームなどの機器と赤ちゃんへの影響についてです。

7名のママたちが真剣に話を聞いてくださいました。

 

その中から出た質問をいくつかご紹介しますね。

 

①戦隊もののテレビ番組はどうなんですか?

 見せなくていいです。

 見せれば「戦い」をまねします。

 戦う理由がなくてもパンチをしたりキックをする

 ようになります。 剣を振り回します。

 力の加減なんてうまくできません。

 相手が感じる痛さも分かっていません。

 まねしているだけだから~と安易に考えてはいけませんよ。

 子どもはすべてまねする生き物です。

 だからこそ、見せるべきものは親が良く考えて

 見せる必要があるのです。

 また、「悪いものはやっつけていい」という情報を

 子どもは受け取ってしまいます。

 嫌いな子がいたら、その子を悪者とみなしていじめます。

 自分は正義で相手を悪だとしてこらしめようとします。

 これってどうみてもいじめですよね。

 

 さらに、こんな悪循環が起こります。

 戦隊ものの番組を見る➡ゲームの宣伝を見る➡

 ゲームを欲しがる➡ゲームを与える➡ 

 ゲームの時間を制限しようとする➡

 約束を守れないので親子バトルになる➡???

 

 ゲームを与えた先に何が待っているか、想像を働かせて

 くださいね。

 

②NHKのEテレの子ども向け番組はどうですか?

 これも、あえて見せる必要はありません。

 できるだけ、見せないで済む工夫をしてください。

 テレビで赤ちゃんを教育しようとは思わないことです。

 まだ、現実の世界のことを理解することで精いっぱいです。

 どんなに子ども向けでも、テレビは仮想現実。

 不自然なことだらけ。

 まずは、現実世界のことをママの言葉できちんと

 理解させてあげてください。

 

 夕食の支度時、どうしても手が離せなかったら

 10~20分程度の番組を 1つだけにしてください。

 その番組が終わったら次の番組が始まる前に消すのです。

 うちのテレビはこの番組しか映らないんだ

 という状態にしてください。

 いつでもいくらでも見られるというのが分かってしまうと

 危険です。

 

  とはいえ、やはり2歳までは見せないに越したことは

 ありません。

 多少泣かせておいてもいいのです。
 夕食の支度を中断して遊んであげて満足させてあげるのも

 手です。

 夕食を作る足もとで遊ばせておいてもいいのです。

 TVなしでもきっと何とかなります!! 

 

 「となりのトトロ」に主人公の女の子2人が、倒れそうになる

 大きな木を支える場面があります。

 この場面で、テレビを見ている幼児が画面に近づき、

 同じように手を伸ばして木を支えようとしている動画を

 目にしました。

 私はその様子を見て、「かわいい~」とは全く思えま

 せんでした。

 現実の非現実の区別がついていないのです。

 怖いことです。

 

③CDでの音楽は?

 赤ちゃんもママもリラックスできる程度でお願いします。

 音量にも気を付けて。

 生の音と違うので流しっぱなしは疲れます。

 CDが一回りしたらリピートせずに止めてください。

 

④電子音の出るおもちゃを沢山いただいたのですが・・・

 一つだけ出して、他はしまっておきましょう。

 (なければないほうがいいです。)

 電子音はイライラのもとになります。

 叩いて出る音、振って出る音、弾いて出る音など、

 視覚と聴覚で同時に理解できるものはよいですが、

 電子音は不自然です。

 また、工夫して遊ぶ余地がないおもちゃが多いので、

 おすすめしません。

 

私も、上の子の時には戦隊もの見せていましたね~。

でも、そこから得られたのは、「やっぱり見せる必要はないし、

見せないほうがいい」ということでした。

なので、下の子にはほとんど見せませんでしたが、

友達と遊べないとかそういうことはありませんでしたよ。

見せなくて正解でした。

 

私がレッスンでこのような話をする前から、

事前にお渡ししたテキストを見て、テレビのことについて

「やっぱりテレビは良くないですよね。」と相談してくれた

ママさんがいました。

 

テレビをつけっぱなしで生活するのが習慣になってしまっている方でしたが、子どものために良くないということを理解してくださり、努力してくださっています。

そのエピソードを次回ご紹介させていただきますね。

 

《お知らせ》

6/30(木)
子どもの学習についての保護者向けセミナー
やります。

赤ちゃんのママにもおすすめです。

あっというまに小学生になりますからね。

早めに知っておくと対策もしやすいです。

お子様連れOKです。(託児はありません)

 

【特典】

サイン教室を受講したこのある方・受講中の方は、受講料を1,000円引させていただきます。

 

詳しくは↓

学び処『にこまる』HPをご覧ください。

http://nicomarujyuku.jimdo.com/

 

==================

 

≪姉妹ブログ≫

 朝霞のどんぐり式学習塾『にこまる』のブログ

 どんぐり式で悠々子育て

 

≪Facebookページ≫

 https://www.facebook.com/nico0nico0/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今の時代、子育ての最大の敵は何でしょうか?

 

こんにちは。

和光の親子サイン教室

平松あかね です。

 

時代とともに、子どもの身の回りにあるものは変化しています。

便利なものが開発されて、親の生活はどんどん楽になっています。

 

でも、それが、子どもにとって健全なものとは限りません。

 

今の時代の子育ての最大の敵は、ずばり「スマホ」だと感じます。

 

自分がスマホを使うようになって、便利なこともある反面、その恐ろしさも感じます。

子どもが小さい時にはまだスマホを持っていなかったので、本当によかったと思います。

子どもを産んだ時からスマホを持っていたら、どうなっていたことか。

 

 

持ち運んでどこでも使えるスマホはテレビよりタチが悪いです。

子どもがちょっとぐずれば、すぐスマホを見せてご機嫌を取る。

食事中も、スマホでお気に入りのアニメか何かを、リピートで見させながら、食事を口に押し込む。

生まれて数か月からこんなことをされていたら・・・。

 

授乳をする時に、ママがいつもスマホをいじっていたので、赤ちゃんがおっぱいを飲みたくなると、スマホを持ってきてママに渡す、というケースも出てきています。

 

以前、育児ストレスを扱ったテレビ番組で、授乳中は「オキシトシン」というホルモンが多く分泌され、それが脳に作用して、わが子やパートナーへの愛情を強める働きをしていると紹介されていました。

 

この大切な愛情形成の時間に、子どもの顔を見ずスマホを見ていたとしたら・・・。

おいしいおっぱいが出るのかな?

今日は飲みが悪いな?と赤ちゃんの変化に気づけるのかな?
ママを見上げた赤ちゃんは何を感じるかな?

 

はい、私も授乳中にスマホではなくガラケーをいじっていたことはありました。

良くないなぁと思いながら・・・・。

でも、スマホの悪影響はガラケーよりはるかに大きい。

 

だから、今のお母さんたちは大変だなと思うのです。

まずは、自分の欲求に打ち勝たなくてならないのですからね。

 

そして、親が子供の前でスマホをいじっていたら、子どもやりたがるのは当たり前。

生まれた瞬間から、赤ちゃんの見ているところでスマホをいじらないのが賢いですね。

本当に難しいことだと思いますけれど、そのくらい覚悟してもらわないと、スマホの餌食になってしまう子は増える一方です。

 

今、我が家の子は、中1と小4になりました。

2人とも男子です。

 

中1の長男の友達は、ほぼスマホを持っています。

ですが、うちはスマホを持たせていません。

(サッカーの練習場所が遠く、帰宅時間が遅いので、安全のため、電話とメールのみができる携帯を持たせています。)

 

それでも大事な連絡は電話で回ってくるし、友達ともうまくやっていけているので、スマホがなくても十分やっていけます。

 

このままいくと、小学生から一人一台スマホを持っているというのも時間の問題かとも思いますが、みんながしているからといって、安全とは限りません。

 

大人はお酒を飲めるけれども、赤ちゃんに飲ませたら危険ですよね。

スマホもそれと同じです。

脳が急速に発達している乳幼児期、児童期にスマホ漬けにさせてしまったら、健全な発達が見込めますか?

赤ちゃんに毎日毎日、少しずつお酒を飲ませるのですか?

大人でもすぐに中毒になってしまうスマホ。

自分が使ってみて身に染みています。

 

これを赤ちゃんに使わせるなんて、本当に本当にやめてほしいと思います。

 

待ち時間にぐずってしまうのも仕方ないじゃないですか!

スマホ以外の対策を考えましょう。

 

家で使ったことのない、目新しいおもちゃやグッズを持って出かける。

電車だったら、ぐずりすぎたら途中で降りる覚悟で出かける。
病院だったら、受付の人に声をかけて、外に散歩に出る。
手に負えない時期は公共の場には出かけない。

少し大きい子だったら、口と手(もしくは鉛筆)だけでできる遊びを仕入れておく。

 

親自身も、どうやって子どもの気を紛らわせたり、あやしたりしていいのか、スマホのせいで考えなくなってきているでしょう。

 

待ち時間に子どもと楽しく過ごす技を、まず親が習得しなくてはなりませんね!

 

「親子サイン」も赤ちゃんとコミュニケーションをとる有効なツールです。

スマホで動物を見せてもダメですよ。
お散歩に行って犬に会って、ママがサインや言葉で「犬だよ」と教えてくれる。

その体験に結びついた言葉こそが、赤ちゃんの脳に刻まれるのです。

 

ただ、スマホを見せていても言葉は覚えません。

不自然に変化する音と光で、赤ちゃんの脳は正常じゃなくなります。

スマホを取り上げたら泣くようになってしまったら、もう重症ですよ。

 

本当に本当に、くれぐれもお気を付けくださいね。

 

==================

 

≪姉妹ブログ≫

 朝霞のどんぐり式学習塾『にこまる』のブログ

 どんぐり式で悠々子育て

 

≪Facebookページ≫

 https://www.facebook.com/nico0nico0/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。