通訳、その他のご依頼・お問合せは:
amo.motherwing♡gmail.com (♡を@に代えてください)


和の頭蓋仙骨療法のご依頼・お問合せは
shiawase.oteate.wako♡gmail.com (♡を@に代えてください)
  • 26 Jun
    • 苦手克服

      びっくり‼️ そして嬉しい😆      これまで様々な方の通訳をしておきながら、実は私の英語力は大した事ない、、と思ってました。日常会話プラスαレベルなら通訳できる程度と。実際そうなのだけれど。それに試験って、苦手意識が強くて、ましてや英語の試験なんて学生時代の交換留学の為に渋々受けたTOEFL試験1度きり。けれど、いつまでもシングルで定職に就かない私を心配している友人の強〜い薦めでこの度TOEIC受験。  周りはみんな学生さん位の若い人に囲まれて焦りながらも、受けましたよ。  一問にどの位の時間がかけられるのか、試験直前に計算機叩いて、その短さに冷や汗かきながら💦 取り敢えず全問マークできてほっとして、まだ咲いていた枝垂れ櫻に見惚れて癒された試験日。  そしたら、こんなに高得点🤣  なんか、ちょっとホッとした。  なんでホッとしたのか分からないけど、ホッとしたw TOEICの点数高い=凄い英語力でもないし、ましてや通訳が凄いじゃないんだけど。 自己肯定感低い、若しくは自分に厳しいんだと思いました。いい結果出たんだから、素直に喜ぼう!私! ここ予想外の高スコア。あんまりびっくりして何故か鼓動がドッキドキで息も浅くなっていて軽くパニックでした(*゚∀゚*)  FBで皆さんに褒めて貰ったり、自分の投稿読み直したりして、やっと自分の成長具合を認めて誇れる心境になりました。 褒めて貰ったり、改めて読み返したりなんていうプロセスというか儀式を踏んでやっと落ち着くなんて、ずいぶん縮こまっていたものです 笑 褒められるのも自分で自分を褒めるのも、何だか素直に受け取れない歴が長かったのですが受け取ったり認める練習のここ数年。  自分で自分にマルやはなまる💮つけるの良いものです😊 (胸の辺りがまだキュッと少し苦しくなります。自分の抵抗感なんでしょう。それも感じつつ)  因みに、試験が苦手な私は、お勉強も苦手です。試験対策しなくちゃ!と本屋さんに行ったけれど、TOEIC対策本があり過ぎてゲンナリして帰ってくる始末。   結果オーライ(๑˃̵ᴗ˂̵) もう、きっと英語の試験は受けません♪

      8
      テーマ:
    • 札幌満喫

          森でシケレペカレー作り手伝って 唄姫の唄を目に見えないものたちと堪能し ツリーハウスで眠り 笹を取りにいき カイカを習い 友と笑い再会を悦び 新たな出会いを喜ぶ。                                                            (シケレペ、キトピロ三昧)           雨の屋外で冷え切った身体を2日に渡ってテルミー温熱で温めてもらい、頂いたきり活用できでいなかった温熱器具の扱い方の基礎を習い、ホメオパシーのについての理解のこんがらがりを解いてもらった。 才能ある友たちの存在は心強い。   2度目の観覧の『人生フルーツ』で涙しながら肚から震えるほど感動し、私もこんな風に丁寧に生き切って往生したい、その相方と出会いたいと強く思ったのも束の間、トマム暮らし用の買い出し、来月の通訳の下準備などで両親とまともに顔を合わせる時間もないまま今回の札幌ラストナイト(両親既に就寝)。                 トマムではできない大きな瓶の煮沸消毒をしつつ、久しぶりに顔を出した自然食品店の美味しい大トロで晩ご飯。(これもトマムではできない)       気づけば、我家の庭のサクランボがボウルに盛りっと。どうやら、私に持たせる為に愚図つく天気の中、老夫婦で摘んでおいてくれたよう。。   (雨で実が割れています)                 不自由さを解消すべく&食いしん坊の虫が騒ぎ、調味料や寝具まで買い足して、明日は闇市帰りの様相で列車に乗ることになりそう。自然食品店からも宅急便したのにすごい荷物 笑        札幌満喫          

      1
      テーマ:
  • 22 Jun
    • トマム暮らし ちゃんとご飯 か 森

       昨夜から降り出した雨が続くトマム。 山小屋風の寮に屋根を叩く雨音が響きます。今日は長靴で出勤だなぁ。      これは頑張った朝ごはん サーモンはニンニクと塩で熟成させました。ちびちびスライスして楽しんでいます。 お友だちのお陰で買うことのできた無農薬野菜と先日の買い出しの成果&作っておいたピクルスでサラダ、ドレッシング代わりにピクルス液+ふやかしておいたチアシード、占冠道の駅で購入したズッキーニはスライスして塩で水気を切ってオムレツに。卵も無農薬野菜のカリフリ農場さんから分けて頂いたものです。   寮は、洗面所にカセットコンロが1つと小さなシンク、オーブンレンジがある寮の調理スペースでは、たったこれだけ作るのに1時間。 (新たなピクルスも仕込んだのでキッチンにいたのは2時間。瓶煮沸・調味液煮立てる・野菜切って入れるだけなのに)超、超スローフードw  広いキッチンのある生活がしたい。   調理するか、森に行くか二択な日々です 笑     この幻想的な綿毛ちゃんは、駐車場のライトに照らされていたもの。あちこちに美しい物が散らばっています。

      3
      テーマ:
  • 21 Jun
    • 夏至は森へ

      日差しがジリジリと痛い夏のトマム。  リゾートの中の森を探検。こんな美しい場所がありました。かつての散策路が緑に呑み込まれています。  風の通り道で、ときおり風が火照った身体に心地よく。   だあれも来ません。    まだ暑いのは2日目のせいか、刺す虫はまだいないみたい。    唄って、チャントして、天地のフラを舞って。        出勤前の美しい時間。    森が耳をそばだて、風が呼応してくれているようでした。美しい造形 色合い 虫の音  鳥のさえずり  お日様のスポットライト  葉の陰はまだたっぷりと水を蓄えていて、濡れた石がキラキラと輝く    風が葉を揺らし、音を奏でる 風の動きが観える  不意に落ちてくる葉や 降りてくる虫たち  目が慣れるにつれ、森のダイナミックな舞台が立ちのぼる     すべてが健やかでありますように。

      2
      テーマ:
  • 17 Jun
    • みんなの愛で生きてます。

      なんとかお店が出来上がり、遅れていた内装も完成し、オープン2日目を終えました。  オープンできるの?!というスケジュールだったので奇跡のようです。  プロの仕事って素晴らしい。 そして、やるとなったらできるもんですね。    そんな、疲れきった体にありがたいこのお味噌汁。   プチ引越し〜♪と聞いた友人が持たせてくれたもの。  『みそ玉』って言うそうです。  お味噌に具を入れて、自作のインスタみそ汁。  お味噌は友人の手作り。 そこに、ダシを混ぜ、乾燥ネギやわかめ、お麩、ゴマ、蜆の時雨煮などなど様々な具の組合せで何種類もの『みそ玉』。   右も左も分からない新装開店で、右往左往する日々に、この手作りインスタみそ玉が大活躍です。  味噌煮込みうどん、豆乳とあわせてスープも。何より疲れている時は、この1杯のお味噌汁が心身に沁みていくようです。   美味しいんです♡ 元気になります♡ ありがたい友♡   この友人は、助産師さんでお手当ての先輩。検診や出産など来院する女性達の食生活も応援したいという勉強熱心なお料理上手。狭いキッチンの寮暮らしという私を気遣ってドッサリ持たせてくれたのです。酒粕で作ったという粉チーズ風のものも。本当に助かっています。何より美味しい♡     立て続けに、父と、母からレターパックが届きました。  何か送りたい!という母に応えて(笑)お願いしたのは買い置きしておいたお塩とクルミ。スペース余るだろうから、あればツナ缶かコーンビーフでも入れてね〜と。  父の筆跡の初回レターパックには、お塩とクルミ&ツナ缶。     2日後に母の筆跡で届いたレターパックには、コーンビーフと味付け海苔、海苔、頂き物であろうお菓子(よく割れずに)。  海苔はかなり持ってきていたので、今なら私、寮で海苔屋さんが開けそうです 笑 念願のシャトルシェフ(保温調理鍋)は、お友達が持ってますよ、と連絡をくれて送ってくれる事になりました♡      みんなの愛で生きてます╰(*´︶`*)╯♡ みんな本当にありがとう!    そしてまた、開店に駆けつけたお洋服メーカーさんに社長がお願いして下さって、明日、初めての休日となりました!開店前日と開店当日は半日以上お店に缶詰だったのでその疲れを癒しつつ、買い出し行きたい♡ 美味しいパンとグラノーラ買いたいなぁ。 それと卵。 社長の車が借りられますように!    美味しいもの大好きです 笑

      3
      テーマ:
  • 14 Jun
    • トマム暮らし ドラゴンの目

       ずっとお店に缶詰だった今日。 明日のオープン目指してますが、ハプニングもあれもこれも。  物を取りに外にでたら、上空には渦巻きのような、目のような、竜のような雲。   これを書いている間に、もうふんわりしたらかたまりになりました。   カムイ達が応援して下さっていると信じて♡    外の空気と、この雲で元気出ました。 今夜も頑張ります。

      4
      テーマ:
  • 13 Jun
    • トマムは今日も晴れ

      今日も晴れたトマム。 お店はお日様が差さない室内なので、お昼は寮に戻ってランチ。5分くらいのお散歩です。        駐車場脇がこの世界。 初夏の北海道満喫です。 ここは川が流れています。  黒地にブルーが際立つ美しいアゲハチョウが飛んで行きました。 反対側の森からも鳥のさえずりが聞こえます。     ウキウキしすぎて、5分のはずがちっとも寮に辿り着きません。   作るの面倒だし、、    そうだ!蓬!    畑♡    アロハの歌を歌いながら若芽を摘みます。感謝と共に、柔らかそうな芽を探して。  細〜い糸トンボがふわりと飛んでいます。これも青くて綺麗でした。 チビサイズのバッタちゃんも。蓬好きなのね。      さっと湯がいて、蓬シリアル♡ 熱々の茹で汁と豆乳をかけて。かなり蓬風味(^^)   元気です。 新規オープンのお店で、ハプニング続き。明後日オープン予定ですが、果たして!  人に恵まれてます。 みんなありがとう。  母がブログを見てくれているとの事で、これからはマメにブログあげまーす。(札幌離れて3日めに葉書が届きまして…(^^))

      6
      テーマ:
  • 12 Jun
    • めんつゆ無くても うどん!

        出勤初日は腹ペコ帰宅。 幸い、買い出しに連れて行って頂いたので、普段は買わない茹でうどんを買いました。非常時用にと。 あんまり腹ペコで、早速使いました。  めんつゆ無くてもうどん☆ お鍋にお水、持参している 昆布粉末、鰹粉末、もどしておいた切干し大根・人参ミックス+戻し汁、揚げかまぼこを入れ、カセットコンロにかけます。 火加減は、鍋底に炎が当ってちょうど鍋底に広がれば良し。強めの弱火? 醤油と小豆味噌も少し。 コクが足りない感じだったので、冷蔵庫から薄味に炒めておいた豚ひき肉を少し。彩りに茹でてストックしてあるほうれん草も。 お鍋の蓋はアルミホイルで。 とっても美味しくできました♡ 楽しくなってきましたよ。 工夫して作るごはん(^^) 仕事が忙しくなっても続けたい♡

      2
      テーマ:
  • 11 Jun
    • トマム暮らし 寮でのクッキングは低温調理

      雨が降ったり止んだりのトマム。山ですね。 フリース着るほど冷えてます。 お台所を拭いたり、布巾なのか雑巾なのか判別しにくいタオルを洗濯したり、寮の管理人のような今日  笑。というより、本格的に調理しているのは私だけみたいなので。 ベトベト、焦げつきもあったカセットコンロとその周りは持参した「森と」を希釈してスプレーでシュッ。すっかり綺麗になりました。  お休みを利用してのクッキング。 切るところも狭いし、ボウルもないし、食器もほぼないので、調理に時間のかかること。 ピクルスやっと仕込みましたが、山葡萄酢は小瓶過ぎて足りず。明日社長が来るときに買って来て下さる酢を足す予定 笑   札幌で買った醤油麹で野菜の浅漬け。 山形で買った輪切りが新鮮な感じの切り干し大根・人参もうるかしました(水に浸けるの意)。   社長が手配して下さっていたほうれん草がまだまだあるので、1把もりっと使います。 低温調理☆ 火をつける前に、オイルをひいて具を投入。それから弱めの中火でじっくり加熱。 今日は、揚げかまぼこ、パプリカ、ほうれん草の茎を先に入れててオイルと混ぜておきました。 そこにエノキをのせオイルを追加。鰹節と昆布の粉末をエノキにふりかけ、小豆味噌も少々。 最後にほうれん草の葉をのせます。  小さなお鍋にこんもり、もりもり  笑     これでやっと火をつける。 拭いたところが光ってますね(大満足)   (手前に付近やお箸が乗った小鉢ごありますね、そこがまな板を置くスペースです。時間かかるワケです(^O^))洗い物をしながらいい香りがするまでそのまま。嵩が減って香ばしい香りがしてきたら、まだ火の通っていない葉を鍋底へ。エノキの上に固まっていたお味噌も全体に混ざるように。 揚げかまぼこはふっくらと膨れています。蒸しながら火を通しますが、油でコーティングされているのでそれほど水分はでないんですよ。  昆布粉末はけっこう塩気が効いてたみたい。味濃いめに仕上がりました 笑 こんもりしていたお鍋も火が通ると嵩が半分くらいでしょうか。パプリカや揚げかまぼこもやっと見えましたね^_^保存容器があれば、明日以降のおかずに取っておきたい所ですが、持参したものは使ってしまったので、晩御飯はこれ。ご飯もないのでこれで良しとします^_^ あ!札幌から持ってきたパンがあと1切れ。 次の買い出しチャンスまで、乾物のお世話になります( ̄^ ̄)ゞ

      4
      テーマ:
    • トマム暮らし

      初夏のような光景トマム暮らしが始まりました。 リゾート内に新規出店されるお店でお仕事する運びとなってのお引越し。   車が無い私は、徒歩圏内にあるという女子寮へ入居。お部屋からの眺めは抜群(^^) 向こう側には小さな川があり、窓を開けると水の流れや鳥の声が聞こえます。  秋に関東で受けたい講座があり、それまでの間ここをお手伝いさせて頂きます。   短期間とはいえ、お布団、お洋服、自炊用の調味料や乾物にお茶類、殺風景なお部屋は寂しいので、小さな額やお気に入りの木彫りやアクセサリー、レインボーキャッチャー、、とかなりの荷物 笑    寮の玄関や、案内されたお部屋は殺虫剤や芳香剤の香りが強くて私にはかなり厳しい環境。幸い、もう1部屋あるとの事でそちらのお部屋へ入居。  前の方が退去したままな雰囲気だったので、昨日は、壁、押入れ、床を拭いたりお部屋クリーニングをしていました。寮の掃除用具置き場は、トイレットペーパー等の置き場と兼用なので、掃除用具はすぐ借りられます。がんこ本舗のおそうじ講師ですから、洗剤やおそうじアイテムも持参していますし(^^)   床はペタペタしていたので、殺菌も兼ねて青森ヒバの精油が入っている「森と」を入れたお水で水拭きを3〜4回。最後にお水だけでも拭いたら素足で気持ちよく過ごせるようになりました  壁も窓も押し入れもさっと拭いて、気持ちも晴れやか。  暗くなる前に、雨上がりの外へ。寮のすぐ近くにこんな川がありました。川までのほんの短い距離に蓬がたくさんお腹が空いていた事に気が付き、おやつにと持参している雑穀甘酒に蓬がトッピンスする事にしました。 軟らかいよもぎの新芽とその直ぐ下に生えている葉も1枚。  先客もたくさん♡    新芽湯がいてみじん切り。濃厚な雑穀甘酒と混ぜて蓬スイーツ キッチンと最低限の調理器具はがあると聞いて入居しましたが、洗面所のわずかなスペースに台所用シンク、カセットコンロ1台と洗い物を乾かす3段のカゴが所狭しと置かれ、野菜を切るようなスペースは猫の額ほど。小さなまな板1枚置くのも厳しい。  鍋類も本格的にご飯支度するものはない。テナントの人間はリゾート社員用の社食は利用不可との事で、かなり知恵を絞る事になりそうです。 オーブンレンジは立派なのがあるので、未知のオーブン料理の世界へ足を踏み入れる?! いや、その前にシャトルシェフとボウルとザル、お皿と、作り置き用の保存容器がほしい、、 取り敢えず、豚の塊肉に塩をすりこんだ塩豚とピクルス仕込み。(瓶はお友だちがくれた物があるのです♡)  初日、車で来た未来の同僚がお買い物に連れて行ってくれたので、野菜と山菜水煮と揚げかまぼこはある。乾物もいろいろあるので、当面それで頑張ります。   お米は社長が手配してくれた物が届きましたが、蓋つきのお鍋も炊飯器もないのですよ。流石に蓋なしのお鍋でご飯を炊く技術はありません  笑  ガスはカセットコンロだし。あ!災害時のビニール袋炊きがありましたね。あ、でも耐熱温度の高いビニール袋持ってない、、うーーーん惜しい と、いう感じで、引っ越したものの、什器搬入が遅れて土日が休みになった私は、自分の住環境を整える事に専念しております。ありがたい限り。  外は雨が降り出しました。 長靴持って来てよかった。 元気です。

      8
      テーマ:
  • 30 May
    • 山の恵み 人との出会い 山菜市byスローフード占冠♡

       今年も本当に楽しかった山菜市 by スローフード占冠。  見学どころか鹿の解体まで、少し体験させて頂けて。 命を頂く私たちの原点を、植物と動物の双方、触れさせて頂きました。  去年は1泊のつもりが2泊になり、今年は2泊のつもりが3泊になった山菜市。参加枠コンプリート。  楽しむ達人行脚の旅でした。    山菜市は、準備ボラ(金・土)が一番楽しいのです。実は。  事務局長の敬介さん曰く、これは出会いの機会。占冠と、その自然と、山菜と、山と、川と。そしてそこに暮らす人や、集う人と出会って交流する機会。  みんなで丸ごと楽しむ機会。  だから、何度もある自己紹介タイム。フレキシブルにゆるくしか決まっていないスケジュールや役割分担 w   敬介さんの狙い通り、普段の生活では出会うことにない素敵な方々に出会えるのもこの山菜市ボラの魅力です♡ 今年は、蕗と餅つきの時に餅を包む笹、蓬餅&パンケーキ用の蓬調達係でした。 が、出向いた先は赤い虫食いの蕗ばかりで緑の瑞々しい蕗がない(*_*) 笹は越冬した枯れかけた笹で、こんなのにお餅包んであっても美味しそうに見えない〜(>人<;) そっちに時間をとられて、蓬が殆ど取れなかった:(;゙゚'ω゚'):  という、去年とは打って変わっての追い詰められっぷり  笑笑  こんなにあるのに、食べておいしい蕗はなかなかないのですよ~。  初日の金曜日は、敬介さん持参の鹿角でオオウバユリの根を掘ってみたり、珍しいヒトリシズカのを採取したりと余裕な感じ。  鹿角のこのカーブと尖りが、雨上がりの地面に刺しやすく、周りの根を切りやすく、掘りやすい!かつて、アイヌ民族もこのようにしていたのでしょうか・・ あまり大きくないのかもしれませんが、オオウバユリの根。天ぷらや炒め物にしていただきました。 小さなヒトリシズカ。白い花びらは何かに触れると簡単に散ってしまいます。採取すると、その茎の折れた部分から爽やかなレモングラスのようなさわやか~~な香りがします。山菜市では、水出しのお茶にして売られていました。すっきりさわやかで美味でしたよ。 偶然、ハンターさんが若い鹿を仕留めたばかりで、その解体を見学させて頂ける幸運も♡ お手当てで、筋膜の動きも手で感じるお手当人としては、リアル筋膜をじっくり目の当たりにできるし、目を輝かせて見学させて頂きました。 すると、「やってみるかい?」とお忙しいのに仰って下さった高橋 亮太さん。  やりたい☆と手を挙げた私たち3人。皮剥をさせて頂きました。    なぜかテンション上がっている私 (笑) ナイフを入れて腰のあたりまで革を剥いたら、残りは一気に手で剥がせます。 「内臓はまだあったかいよ」と亮太さん。まだお腹に収まっている内臓は本当に温かい。夕方で冷えていた手にはカイロのようです。「人間より体温高いからね」と。   その後、取り出された内臓を見せて頂くとぷっくり膨れた胃が4つ。牛と同じなのね(❛ᴗ❛)と目を輝かせていると、「消化された草は、発酵したいい香りがするんだよ。発酵中はガスが発生してそのガスは臭いけど」と、胃から取り出されたという草も見せて下さいました。  透明の大きなビニール袋にいっぱいの若草色が眩しいそれは、刻んだばかりの瑞々しい若草のようでした。ガスが残ってはいましたが、発酵物の醸し出す香りがしていました٩( ᐛ )و   ハンターさんが仕留めた時の最初の血抜きが抜群だったそうで、工房での処理の時に、大量の血が飛び散るという場面はありませんでした。  占冠は、仕留めて30分以内に工房に持ち込み、まだ温かいうちに全ての処理工程を済ませる事ができるロケーションに工房が設置されているので、臭みのまったくないお肉加工ができると去年伺いました。今年はその工程の一端に参加させて頂けて、本当に光栄です。  全国的にジビエが人気のようですが、占冠の野生の鹿が私たちの口に入るまでをこうしてちゃんと見せて頂けて、より身近になりました。 (一番奥にちらりと写っているのがハンターさん) 写真に写っている青年は、ハキハキして明るくて、好奇心旺盛な好青年♡野球男子らしい逞しい肩で、荷物運びなど軽々と手伝ってくれました。  北海道ベースボールアカデミーという、プロ野球選手を目指す若者集団の占冠在住メンバーの1人でした。聞けば、富良野塾よろしく地域でアルバイトをしながら野球の練習もしているんだそうで、山菜市の豊富な山菜・野菜・鹿肉のお食事を幸せそうに食べていました。「野菜腹一杯食べたの久しぶりっす」と。   ちゃんとサインの練習もしている直井 丈典くん♪ぜひぜひプロ野球選手になって活躍してほしいものです♡  山菜市当日は、今年も中本 啓子さんの蓬パンケーキ屋さんのボラスタッフでした٩( ᐛ )و   十勝産の拘りの材料をぜーんぶ車に積んで持ってきた啓子さん。ボラさん用の夕食のビビンバの具も事前に仕込んで持ってきています。  パンケーキの生地には、前日にみんなで雨に中摘んだ蓬はの若芽と若葉がたっぷり☆ 芽は柔らかいけれど香りが弱いんだそう。なので若芽はお餅用にして、香り高い若葉たっぷりの啓子さん特製蓬パンケーキ♡ 大粒の十勝小豆が美味しい啓子さん手作りあんこと、ふんわりホイップクリームのトリプルハーモニー。  啓子さんのように、まあるく同じ大きさのパンケーキが焼けなくて四苦八苦しつつも楽しい山菜市♡  いつも何か食べてるねwと何人にも言われる程、ずーっと美味しいもの食べておりました╰(*´︶`*)╯♡   美味しいもの 楽しいひと 気持ちのよい自然  好きな人は、来年はぜひ♡スローフード占冠ブログ

      5
      テーマ:
  • 24 May
    • フェイス・ボディアイテム使用レポ びっくり!

            先月、Umiのいえおそうじ学校はアースデー東京に出展しました。   抜群の油汚れ分解力の洗濯洗剤「海へ」と食器用洗剤「森と」は100%生分解する、つまり自然界の菌ちゃん達が食べられる。 だから、流れ着く先の海を汚さない。  排水されても汚さない。森も海も、川も排水溝も汚さない♡           排水がきれいだと、排水溝がヘドロ化しない^_^  気持ちよく心地よく暮らせるアイデアとアイテムいっぱい♡    おそうじ学校のブースは、ベビーアースデーエリアにありました。  2日間とも洗剤学校開催☆  お子さん達がものすごい集中力であれこれ実験していきます。 さんざん描きまくった油性マジックが、お水と「巻きまきがんこクロス」だけで落ちる!!!    校長 きむちんに至っては、腕に描いちゃったマジックを湿らせたがんこクロスで落としちゃって!おそうじ学校卒業した認定講師の私達もビックリ‼️ (こんなに落ちるの知らなかった!しかもかなりゴシゴシしたのに擦りむけたりしてない!)    もちろん!お肌用のアイテムはちゃんとあります 消しゴムの汚れを滑らせて剥がす原理を応用した ル・ウマレルシリーズ フェイスケアシート タオル (この画像はがんこ本舗のサイトより。認定講師は使用許可を頂いております♪)     アースデーでは、お客様に実際に湿らせたタオルで片方の肘をくるくると擦っていただいて、その違いを体感していただきました。 この画像は、おそうじ学校生徒会長&おそうじ認定講師の森ちゃん♪   擦った方とそうでない方。片方がつるっとしているのがわかりますか? このデモのお蔭!いやいや、実際に試されたお客様の 驚き っぷりったら アースデーではタオルも、フェイスシートも飛ぶように売れていきました。 一昨日のちょうど良い暮らしをみつけるOsoji講座でも、湿らせたタオル実験を参加されたみなさんに体験していただいたら、「わ~」って言ってました 笑     おそうじ学校に入学すると、がんこ本舗のアイテムが色々届きます。実際に使って、試して、実感するためです。つまりこのル・ウマレルシリーズは届いてないわけです。 おそうじ講座ですから、ボディアイテムは省かれていたわけです。(そりゃそーだ) 水だけで汚れをするりと剥がしとってしまうクロスやブラシの「ザ・消しゴムの力~」は実感していましたが、ル・ウマレルシリーズは未体験ゾーン。 仕組みはこうです。 (この画像はがんこ本舗のサイトより。認定講師は使用許可を頂いております♪) 3月の札幌・伊達・東川での講座キャラバンでがんこ本舗のお2人と旅しましたが、同年代のハラケンさん(がんこ本舗の全商品を知りつくている男・おそうじ学校講師)の肘や膝のつるつる具合を見せつけられ、ミドルエイジ男子に嫉妬しておりました そしてこのアースデーで!早速、どちらも購入して約1か月の旅で、使いました。 ル・ウマレルタオル(ボディタオル) ¥1944(税込) ブラシ類同様、初回はお湯に浸けてゴムを柔らかくしてね!なこのタオル。 手触りが硬めだったので、初回は60度くらいのお湯を洗面器に入れて15分以上かしら。 私は、普段、きめ細かく泡立てた泡だけで洗っていたので、タオルは硬く感じました。 垢すりタオル的なゴシゴシ感。 なので、その後は暫しフェイスケアシートで全身洗いをしていました。 薄くて小さいシートはすぐ乾くので、旅先ではとても便利でした しばらくスーツケースの中にギュッと丸めておかれたボディタオルは、心なしか2度目は以前ほど硬くはありませんでした 笑。もちろん使う度にこなれてきます。 お肌は、本当に全身ツルッツル 泡泡を載せてそ~っと撫でているだけなのにツルッツルになります ちょっとぶつぶつ・ざらざらしている箇所や、踵なんかも、少しずつ柔らかに、つるりとしてきているんです 感動しますよ そして、ローションやオイルなんかの浸透がとっても良いのです。 お肌もっちりしてきます。 踵、お悩みポイントだったんです。ぷつぷつ・ざらざらも気になりますよね。今年は堂々とサンダルはけそうです フェイスケアシート ¥540(税込) 私これ大好き お顔や首筋がつるつる、すべすべに洗い上がるんです ボディタオル同様、ローションやオイルの浸透がとてもいい! 気持ちよくて、よく頬に触れちゃいます。自分の 私の使い方は 小さくたたんで手のひらサイズにして、大好きなきめ細かな泡を載せてそ~っとくるくると撫でます。 メイクした日は、先に手でさっと泡洗顔してから、フェイスケアシートに泡を載せて、マスカラ、口紅など泡洗顔では取れない部分をケア+お顔全体を。マスカラも口紅も、角質たまりやすい箇所もすっきりぴかかぴか もっちりです 因みに、私のメイク用品は、口紅以外は石鹸で落とせるものばかり。マスカラはお湯で落とせるものを使用しています。汗にも強い!というようなアイテムを使っていらっしゃる方は、専用のメイク落としで落としてから、フェイスケアシートで角質ケアという使い方が良いのかもしれませんね。がんこ本舗とは違う見解ですw 先述しましたが、旅先では、フェイスケアシートで全身洗っていました。 もちろん泡をのせて! 乾きも早くてコンパクト。旅のお供は断然フェイスケアシートです! 難を言えば、フェイス用だけあって、柔らかい繊維シートにゴム成分がついているタイプなので、身体をゴシゴシすると毛羽だちやすい。もともと毎日洗顔して4週間が仕様期間の目安というシートなので、強靭なつくりではありません。お肌同様やさしく使うのがコツ。 たった4週間!?という方もいますよね? というか、私がそうでした 笑 そんなあなたに朗報 毛羽だってしまってお顔にはちょっと・・というシートは、おそうじに使えます! これらのおそうじグッズのように、ゴムの粒子を使った繊維ですから、ゴミにする前に最後はおそうじで活躍してもらいましょう ボディアイテムのレポでした   がんこ本舗アイテム取り寄せしまーす!   欲しい人はメールでご連絡くださいね amo.motherwing♡gmail.com 5月26日(金)締切(あっという間に締切でごめんなさい) がんこ本舗アイテム 一覧ページ ←お値段は税抜き表示です!

      5
      テーマ:
    • 知って そして やってみる

          急遽開催した講座^_^    ちょうど良い暮らしを見つけるOsoji講座を受けてみたい!と言ってくれていた大忙しの友人とスケジュールがここ!と。      汚れ落とし実験で、「消したいもの書いてね♡」では、はい、みなさまこの通り    女性はみな同じですね       今回は、講座初めてさんと、以前がんこ本舗の創始者であり、海を守るために開発した洗濯洗剤「海へ」を作ったご本人 きむちん の講座を受けた方がいらした&少人数だったので、情報もりもり盛りだくさん    「海へ」や他のアイテムも既に使っている方々からの疑問質問、お互いの使い方など、話が膨らんでいきました。         仲良しさん達の集まりだったので、和気あいあい。    えー!  これやだ〜  こんなんでいいの!?      など素直なリアクションがいっぱい。  私も手応えありありの楽しい講座になりました。             「重曹、クエン酸、アルカリウォッシュ、酸素系漂白剤、色々と使っていたけど…やっぱり日々の暮らしになかなかうまく使えてなかったので、目で見て、実際に指で汚れを触って見て、楽しく学べました(*^◯^*) 石けんと合成洗剤って比べると単純に石けんの方が地球に優しい!と思っていたけど…それも考え方で違うんだ。という視点も面白かった。」 (参加された方のお声)     講座では、いわゆるナチュラルクリーニングで使われているものの特徴もお伝えします。    何か一つが万能で完璧!ってないんですもの。    講座では、  それぞれの特徴や働きを知る。  自分の今の暮らしで、何をどうするのがちょうど良いのか、それを見つけるヒントを知る。       知って、考えて、選ぶ。    そのきっかけの講座です。      この日も、超希釈した(薄めた) 食器用洗剤「森と」を使った体験で、こんなに水を使わなくて綺麗になるのと感動された面々。    ご紹介した、拭き取りしてからという方法を振り返って、    「水を使わないけど、拭き取りしたゴミが出るよね」と。          はい。      そこです!      今まで、意識を向けたことのない、私たちの暮らしからうまれる汚れの行き先。その行方と処理の仕方。    家庭でのやり方が、そこと繋がっている生活圏(下水処理やゴミ処理)、ひいては私たちの暮らす環境にどうリンクしているのか、そこに意識が向く瞬間╰(*´︶`*)╯      忙しい女性達。  かけられる手間と時間、そしてコスト。    みんな違いますよね。    自分は、各ご家庭はでやれることも違う。            例えば食材の場合、  ・丸ごと使ってゴミを出さないようにしている。  ・生ゴミは堆肥にしている。  ・野菜クズは乾燥させて体積を減らしてからゴミに出している。 ・一部は飼っている動物が食べてくれる。    など、生ゴミを出さない工夫が色々あるように、私達の暮らしで、何かをしたい!(したくない!)と思ったら様々な方法があると思います。    私は、講座に来てくださった方がお洗濯やお掃除で「これは私できる♡」「こうしたい♡」とご自分で気持ちよく・楽しくできる方法を見つけるお手伝いをしたいと思っています。      それぞれに、それぞれのカタチ。      がんこ本舗のおそうじ認定講師である私は、なるべく水を汚さない、汚水を少なくする、環境負荷を小さく、そんな暮らし方をお伝えしています。 そこから皆さんがカスタマイズ       これって、アウトドアやいざという時にも便利ですよ╰(*´︶`*)╯         講座に参加された方は、フェイスブックの専用ページにご招待。講座で、その後に寄せられた疑問や質問にお答えするなどのフォローや、情報交換の場。皆さんの「ちょうど良い」を見つけるお手伝いを講座の後もしています。   こんな風にプライベート講座もどんどんします🌈お声かけてください。      

  • 23 May
    • 4ヶ月経ってもピカピカ

      今年の1月に洗濯槽をきれいにしてから4ヶ月。 お洗濯に使っていたセスキ炭酸塩(商品名はアルカリウオッシュが有名)がやっと無くなったので、本格的にがんこ本舗の洗濯用洗剤「海へ」に切り替えと思っておりました。 が 〔お洗濯=洗濯機に、目の前のボトルの粉をザーッと入れる〕 と認識している母がボトルが空になっていたことに慌て、 粉石けんを購入してボトルに補充していたことが発覚 液体洗剤の「海へ」は、ボトルも見せて使い方のレクチャーもし、メモもボトル近くに貼りましたが、母の目には入らない模様・・ ここ2~3日は粉石けんを使っていたらしく。。 (それまでは、セスキ炭酸塩がメイン。時々がんこ本舗の「海へ」。たまに重曹や過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)もプラス) ということで、洗濯槽のその後を今のうちに確認せねば!と洗濯槽チェック開始 洗濯槽の底のネジをとってみると・・・ ジャーン ピカピカのまんま すご~い 4ヶ月ですよ 4ヶ月このぴかぴかのまんま よ~く見ると、わずかに汚れが出ているところも。 こまか~いところは、前回落としきれなかった汚れかしら? この辺はぴっかぴっか保ってます ごみ取りネット辺りは、少し汚れ始めていました。 ゴミを取り除きましたが、ちょっとネットリしていました。 溶け残った石鹸のような気がします。。 ごみ取りネットのカバーも相変わらず どこもぬるっとしてません。 ゴミが取り切れていないのはスルーしてくださいね(^^) 1月のときは、縁にぬめりが付着していましたが、ぬめりはありません。 1月に外した時は、トロみのついた物体にまみれていたネジ類もこの通り   角や、隙間の汚れは、巻きまきがんこクロス&爪楊枝で・・ こすります ちょっとわかりにくい写真ですが、 これ、洗濯槽内部の、底面のネジ穴です。 1月は、ネジを外した時点で、錆とぬめり汚れがあったのに、穴の中もきれいなまんまです 一度徹底的に洗った後、こんなにも綺麗なまんまだなんて、想像以上でした ヘドロ化しやすいアイテムを使っていないからですね。   閲覧注意の写真だらけですが、1月のこの洗濯機の様子を見てみたい方はこちらをどうぞ。 当時の私がこれなら良いかな?とやってみたおそうじ手順も詳しく載っています これが洗濯洗剤 「海へ」 詰替え用450ml/200mlボトル/500mlボトル これが「巻きまきがんこクロス」 手でも切れます。お好きな長さに切って使います(^^) がんこ本舗商品取り寄せま~す。ご希望の方はご連絡ください

      2
      テーマ:
  • 18 May
    • グラスをピカピカにするだけじゃない~葉っぱのスポンジ~

        アースデー東京に出展したUmiのいえおそうじ学校。      準備と後片付けで、がんこ本舗創業者&おそうじ学校長きむちん、副校長ハラケンに、実技講師のおそうじ師黒ちゃん夫妻やUmiのいえの皆さんと数日間に渡る合宿状態。ご飯も炊き出しのようで毎日楽しかった       大盛り上がりだったアースデー2日間を終えた後、がんこ本舗事務所のお引越しにお邪魔しました^_^ 事務所のある茅ヶ崎の海風が心地よい午後、お返しするお部屋は海風で吹き込む砂埃や、様々な汚れがありました。 荷物が殆ど無くなってから、見つけちゃいました!こびりつき汚れ!!! 黄色いアクリル系のインク??カチカチです。        「洗剤屋さんなのに、汚れたまま退去はできない〜〜」ときむちん。 業者さんがすべて運び出して空っぽのお部屋、、と思いきや!奇跡的にきむちんの洗剤(に頼らない生活術)学校用のグッズ鞄がありました ジャジャーン あるものでやっみよう!きむちん実験の始まり~ 先ずはプラスチックのカード(なにかの会員証)で削ります。取れるけど、伸びる〜〜笑    取れた塊は掃除機で吸い取ります。    平べったく伸びて残った黄色ちゃん。 次にきむちんが握りしめたのは、、、「葉っぱのスポンジ」   「消ゴムの力で落とすのだ〜〜🌟😆🌟✨」ときむちん。 湿らせた葉っぱのスポンジでガシガシ擦ります。         消える❣️  取れる❣️      僅かに、すこーし残っているかな?  溝に入り込んでいるようです。       葉っぱのスポンジの白い部分は、がんこクロスなんですって。(講座でご紹介した巻きまきがんこクロスより厚手のタイプ)。プラ消ゴム的なものが、繊維にがっちり付着しているアレです🌟    滑らせる&吸着する合わせ技。削っているわけではないので、傷をつけません。 使っているのはスポンジを湿らせたお湯だけです。 すごいなぁ きむちんの指跡がくっきり。         葉っぱのスポンジは、このキュッと尖った部分が、グラスの底やお弁当箱などの角にぴったりフィットして本当に洗いやすいと思っていましたが、こんな力も発揮しちゃうんですね!     床のおそうじに、洗剤を使わなくていい・どうしても必要な部分だけでいいなんて、小さいお子さんやペットのいるお宅の強い味方になりそう きむちんの茅ヶ崎でのおそうじ実験レポでした  

      8
      テーマ:
    • 「海へ」は泡だてて使いましょ♡

       汗の季節がやってきましたね(^^) 海へで洗うと、洗濯物がふんわり柔らかくなりました! これまでは、残っていたアルカリウォッシュがメインだったんですが、キシキシ、硬めに仕上がっていたんだなぁって気がつきました。 お洋服や下着の繊維自体が喜んでいるようです♡ 泡立ててから、洗濯物を入れるのをオススメします❣️   夏日の札幌。 お仕事の予定がぽっかり空いて、雀が囀る花吹雪の中で洗濯物を干しています♡ 約1ヶ月の旅から戻り、洗濯物は沢山。今日のお天気で3回回した洗濯物はそろそろ乾いてくれそうです。シルクのシーツ、ヘンプコットンのお洋服、藍染のスカート、ヤクの毛入りのニットも洗いました☆ ちょうど良い暮らしをみつけるOsoji講座でご紹介する洗濯洗剤「海へ」。 こんな風に、お水を溜める時には洗濯物を入れず少し回してくださいな。水面も水の中も泡あわです♡ この泡たっぷりの洗濯液の中に洗濯物を入れるのがポイント! 汚れ落ちが良くなりますよ^_^   充分あわだっているところへ洗濯物をイン☆ネットに畳んで入れたお洋服やロングスカートなどもあったので、洗濯物に洗濯液がよく染み込むように、ぐいぐいと水面下に洗濯物を沈めて水分を含ませました。  今日は夏日といえども、水道水は冷たい☆今日は50リットルのお水に「海へ」5プッシュ。水を溜める時には入れて1分位洗濯機回したのが、泡泡写真です♪ 洗濯物の重さは量っていません^ ^ (ボトルには30リットル3㎏の洗濯物に「海へ」5プッシュと書いてありますが軽い汚れなら洗剤少なくて充分です♡)  我が家では、残っていたアルカリウォッシュがメインで洗濯物していました。今回、おそうじ学校を開催している横浜Umiのいえに暫し滞在させて頂きましたが、Umiのいえでの洗濯はすべて「海へ」。  気づいたんです。【洗うたび、洋服や下着がふわふわ・やわらかになっていくんです❣️】   「海へ」の実力を実感しましたよ!  「海へ」のこと、泡のことなどより詳しく知りたい方はがんこ本舗の「海へ」のページに詳しい解説がありますよ。こちら (写真はがんこ本舗のサイトより。認定講師は使用許可を頂いています(^^))

      1
      テーマ:
  • 07 May
    • ギフト

      こうして静かな時間が持てて、やっと落ち着いてきました。  動的平衡とはよく言ったもので、常に流体の中で瞬時に入れ替わり均衡を保とうとする摩訶不思議で精妙なバランスで生きているということが、やっと少しわかったような気がします。   それと同時に、やはり、こうなるようになっていたのだ。という感覚。  自分の思い通りではなくて、期待通りではなくて、それで悲しかったり傷ついたり苛立ったり怒ったりするのだけれど、それもらこれも飲み込んでみたり、煮えたぎらせてみたり、押し込めてみたり、散々やった挙句、友人たち(というより家族のような人々)とこの美しい世界に受容されているっていう事を心底知るためのプロセスだった。  この半年もずい分と変化の多い時間。   目まぐるしくて消化できていない。          とはいえ、何も計画せずとも、ピタリとタイミングが合い動いて行くプロセスに驚きながら乗ってみて「あぁ、こうだった」と思い出している。   〜ねば 〜べき ここは〜だから をどけて。   してあげたいと思った事をし、 したいと思った事をする   ものすごく守られているこの感覚。     説明できなくて良いんだって自分に許せたのも大きい。     ギフトあふれる日々。  みなさま  かみさま ありがとう

      4
      テーマ:
    • 桃源郷 ふたたび

      『人生フルーツ』を地でいっていると映る友人夫妻のところに戻り、静かでゆったりと身のある時間を過ごしています。 わかこさんは(何も特別なお構いをしなくていいから)楽なの、と笑顔で置いてくれる友人夫妻。  昨日も今日も、気がつけば気を失うように昼間から眠りこけていました。  知らぬ間に疲れていたんだなぁ。   自分たちで育てた無農薬のお米や野菜。平飼いの鶏達の卵。庭や竹林にはフキや筍。  連日、目覚める時間に起き、お腹が空いたときにTKGを頂き、納屋でのんびり腰掛け鳥やカエルや鶏小屋を半ば占拠する雀達や虫達の声を聞き、うっかりカラスに食べ物を突かれないよう攻防戦を張り、野良猫と戯れ、無人販売コーナーに来る方のご用聞きをしたり田んぼや畑を借りている彼の方や此の方との再会を楽しんだり。  代掻きや田植え直前の友人夫婦はまだ余裕があり、のんびりご飯したり、お茶したり。彼らを訪ねて来る方々と皆でおしゃべりに興じたり。  豊かな、豊かな時が流れています。  この集落はどの家も「少なくとも100年は農家だかんな」というエリア。数寄屋造の技術を持つ棟梁が手がける昔ながらの立派なお宅が並んでいます。出来てから何年もかけて瓦の重みで家が安定し、出来上がっていく家。100年は持つ家。  代々住むことが前提だった時代の造り。そんな家屋が新築される、そんなエリアです。  安定感というか、どっしり感があります。人にも家にも。  根が張っている。    昨夕は、「池袋まで行くんだけど、一緒に行ってくんないか」との友人の頼みにお応えして桃源郷から池袋へ。  肌寒い程の桃源郷。 1時間半程の移動の果てに辿り着いた迷路のような池袋駅は人だらけで蒸し暑く、心なしか空気が薄い。東口近くの路地裏にある、昔床屋さんだった小さなギャリーの写真展は、友人の写真仲間が足尾銅山跡地を丹念に撮った展示。現像・焼き付けの技術の高さは私にはわかりませんが、小さな花びらや枯れた倒木までが鮮明に、でも優しいベールを纏って写し出されています。  今は四国に居を移したというその年配の写真家さんの夜行バスの時間まで、彼を囲み、彼ら共通の友人が遺した20年に渡る八ッ場ダムの町の写真を写真集に纏める算段をしつつ。私にとっては地域に通い寄り添いながら写真を撮っている方々に出会う時間となりました。  友人は、写真集を作るため遺された写真を手に撮影した地域に足を運び、写っている方々を訪ね、亡くなった写真家さんの生前の様子も聞いてきたそうです。  当時小学生だった男性が写真を見て「これ僕です」と話し撮影当時のエピソードを語ってくれたり、訪ねた人は皆その写真家さんの事を覚えていたそう。良い人だったと。   血の通った写真。 思いや思い出の多重奏な写真。  写真に対する見方を教えて頂いた夜。   桃源郷の主は、お百姓さん。 百の姓がある。 文章も書く。 どんな人とも話す。 良いものを観る目と舌を持つ。  土地に根を張りながら世界を観てる。   11日くらいまでお世話になっています。私に会いがてら桃源郷へお出でなさいな。今は初産み卵がありますよ。

      1
      テーマ:
  • 19 Apr
    • 初産みたまご

      初産みたまごってご存知?    鶏ちゃんが、初めて産んだ卵のこと。 小さくて、殻が見るからに若々しくて、滋養に満ち満ちていると言われています。 だって、一生に一度の初めての卵。 若くて元気で、やっと成熟して産んだ賜。  どの卵も一生に一度の、その時だけの卵だけれど、初産は特別なんですね。  私の桃源郷では、鶏を平飼いしています。     雛のうちは、自家栽培の玄米を食べさせて胃腸を丈夫にしたりするんだそう。菜園の野菜クズ、家庭の野菜クズもみーんな鶏ちゃんが食べてくれます。  スズメも心得たもので、第2の我が家並みに集まってきます。鶏舎なのか、スズメこ屋なのかわからない程のときもあります  笑これこれ、初産みたまご。 小ぶりなのが分かりますね^o^    これでTKGするのが大好き  桃源郷にくると極旨TKG三昧。 幸せです。       初産み卵と対極的なのは、年老いてきた鶏の卵。 殻がが厚みを増し、ザラザラの手触りを超えて、ボコボコした殻になります。  私たち人間は、自分の卵が古くなっているのを目の当たりにすることはありませんが、見るからに老化の結果がわかるんです(鶏が理解しているかどうかは別として)。 産みも悪くなるし、いわゆる廃鶏の時期になったよということ。   養鶏は、雛を買って、産みが悪くなったら廃鶏業者に引き取ってもらうんだそうです。  友人は、それが好きじゃなくて。 命だから、できるだけ自分で最後までちゃんと関わりたいと、鳥をお肉にします。クリスマス時期には燻製も作ります。 もちろん、全ての鶏ちゃんをそうしてあげることはできないのだけれど、できるだけ。   丸鶏や、一羽分をまとめて買える機会はなかなかないですね。 ガラはとっても美味しいスープがとれるし、砂肝などもとっても美味しい♡少し引き締まったお肉は噛めば噛むほど旨味が出るんです。 韓国のお料理屋さんなどから良く頼まれるそうです。丸鶏は参鶏湯に欠かせませんものね。中国の方も、お国では一羽分丸ごと買うのが普通らしく、喜ばれるそうです。  20年前、この友人と知り合った当時は、頻繁に持ち寄りご飯会をしていて、鳥刺しも随分頂きました。  友人は、お米も野菜も農薬などは使わないで栽培しているし、エサも工夫しているのでとにかく美味しい(お肉のために育てている訳ではありませんが)。   色んな循環をちゃんと自覚できる場所なのです。ここ。       今回、奥様から見せて頂いたこの本。秀逸♡ もう、ご馳走ばかりが載っています。 この学園は、学生が交代で食事の支度をするそうで、これ、全て学生が自分たちの食事用に日々作っているレシピ。 (しかも1回600名分) 豊かすぎるメニューの数々。 新入生と上級生では、作れるメニューが違うので、時に、今日の担当は新入生!という日は内心ガッカリする日もあるんだそう です。   楽しく、美しく生きる力を養う教育スタイルですね。   桃源郷に来ると、いつも学びがたくさん。

      4
      テーマ:
    • 看板ムスメ

      桃源郷2日目。 道産子的には夏真っ盛り。 吹く風涼しく、太陽熱い。    筍と卵買う人来たらよろしくな。 と友人は言い残して雄鶏をお肉にしに(たぶん)いきました。         奥さんが朝とってきた卵。 汚れを拭ってケースに並べ、     昨日、友人が掘って、自分のとこの糠で茹でてアク抜きした筍。明日の横浜用に取置きして♡     のんびり  看板ムスメごっこします とろけて居眠りしそう。 看板ムスメというより、たばこ屋のおばあさんかな 笑

      2
      テーマ:

プロフィール

わかこ

自己紹介:
わこ(大井わかこ) 人・大地・ときをつなぐひと。 札幌出身。旧ブログはamo(天羽)。 ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。