通訳、その他のご依頼・お問合せは:
amo.motherwing♡gmail.com (♡を@に代えてください)


和の頭蓋仙骨療法のご依頼・お問合せは
shiawase.oteate.wako♡gmail.com (♡を@に代えてください)
  • 23 Sep
    • 「やればできる!」 隆吉エカシ

      久しぶりに隆吉エカシの元へ。  漬けたばかりのいくらや漬物を手土産に(^^) 相変わらず机に向かっているエカシ。 ノックの音が思いがけず大きくなってしまって「あ〜〜びっくりしたなぁ!」と言いながらも、いつものとびきりの笑顔で迎えてくれます。     エカシのおじさまを含む浦河の杵臼地区から、かつて持ち出されたご先祖のご遺骨が、北大との和解によって元の墓地に戻されたのは今年の7月。 再埋葬が執り行われ、北海道では随分大きく報道されましたよね。     「これ見て!」と嬉しそうに見せて下さったのは、DAYS JAPAN編集部からの封筒。 再埋葬の記事が載り、掲載誌が送られてきたのです。   記事は、長年アイヌを撮り続けている宇井ちゃん(宇井眞紀子さん)によるもの。良い写真と丁寧な記事。  隆吉エカシが嬉しいなぁ!見て! と見せて下さった記事の中のエカシ写真。それは、この裁判で使われたメッセージの幕「エカシやフチの遺骨をコタンに戻す時がきたのだ!!」という文字の前に立つエカシ。撮影場所は、北大のアイヌ納骨堂のシャッター前です。記事内では小さな写真ですが、エカシには最高の写真。      今回も、「ボブと一緒にやったんだよ!(遺骨が戻ることになったと告げ、2人で飛び跳ねて喜びを分かち合い、エカシのガッツポーズに呼応してボブもガッツポーズ!という瞬間)」と嬉しそうに仰います。   写真も送ってきてくれたんだ!と次に見せて下さったのは、再埋葬を新聞片面1/2と大きく報道した毎日新聞の掲載写真。 記者さんが送って下さったと、これも嬉しそうに見せて下さいました。 サパンペを被ったエカシの柔和なアップ。「鼻毛出てたんだよ〜〜。恥ずかしい〜〜な〜…」と自分のアップが可笑しすぎて息ができないエカシがキュートすぎます。 墓地に整然と並べられた遺骨箱は北大に保管されていた時の木箱で、エカシのおじさまは大箱に納められています。「どれだと思う?」とエカシ。大箱だと以前に伺っていたので、中の1つを指差すと正解でした。「ここに名前書かれてたんだよ。墨で」と頭頂部から額の辺りを指すエカシ。  再埋葬の為に集まった方々の名簿も取り出し「こんなに来たんだ。 ボブの名前もここだ。」と。  (再埋葬は)大変だったんだ!そんな事したことないから。そんな言葉(再埋葬)ないんだから!(アイヌ語には再埋葬という言葉がないので、カムイノミの時の言葉をらどうするか困った)など聞かせて下さいました。   「あれ(再埋葬)以来、誰かが墓に毎日生花持ってきてるんだと!毎日だと!タクシーの運ちゃんも、墓地がどこか知らないから、あっちで聞き、こっちで聞きしながらなんだと!」 と満面の笑み。  もう言うことない(≧∇≦) とエカシ。  やればできる!できるんだ!との言葉はずっしりと響きます。     ボブへ、この記事のコピーを送って欲しいとエカシ。お手紙には「実世界へ知らしめてくれ!」と。  これは人間の世界にという事ですか?と問うと、そう!全世界に!とエカシ。  カムイの世界はもう知っているから、人間の世界に広く知らせてくれと言うこと?との問いに、そう!とエカシ。  という訳で、ご本人の許可を頂いて、ここでもご報告(^^)。 別れ際、エカシが「今一番会いたい人は・・」と話し始めました。 それは、遺骨返還を求めて80年代から北海道大学と結果闘わざるを得なかったエカシが、北大が存在し無いと主張していた持ち去った遺骨・副葬品の管理台帳が「ある」と電話してきてくれた北大の医学部生。電話をくれただけで、一度も会うことの無かったその医大生(当時)に、ぜひ会いたいんだそうです。 ちょうど小降りになった雨空に、大きな大きな虹が出ていました 手のひらを上に向け掬うように3度。感謝を表すエカシ。 エカシの気持ちが届きますように。

      2
      テーマ:
  • 15 Sep
    • 朝から♪

        筋子  ハシリのもの 1腹(約550g) 味醂   大さじ2   (三河みりん)酒      大さじ2   (純米酒。たまたま今あるので)醤油  大さじ4   (濃口。我が家のは濃いめ) ほぐす時のお塩: お水500mlに大さじ1程。 お湯×1回→お水×3回位(ほぐし方はこのレシピページがとっても分かりやすいです(^^) http://cookpad.com/recipe/2791330)  醤油だけで漬けるのは私にはかなりの高度なので(いくらその物の甘みや風味を引き立てる醤油の選び方や塩梅がわかりませ〜ん)、味醂・酒を煮切ったものと生醤油を合わせたものに漬けました。  これ、初心者向き(^^)  生醤油が、かな〜〜り濃いので大さじ3でもよかったかな?なんて思いつつ。  ハシリは柔らかくてフレッシュないくらになる筈だけど、このお醤油だとけっこうパンチの効いた醤油漬けになるんじゃないかしら(*^^*)  3時間もすれば食べられます♡   これは一晩漬けたもの。 美味しい♡♡♡   朝から幸せでーす。  時期ですねぇ。   次回は、お醤油がもう少し少なくてもいいかな(^^)  漁港の漁師の直売所は、早起きが出来ずまだ行けてないけれど、次のいくら漬け目指して近々行きたいと思っています。 昨日、テレビで筋子をばらしていくらにするのに、なんと100円ショップのバトミントンネットが最適!と放映していました。鮭漁師さんのオススメ方法でした。 網の目が、卵の粒の大きさにベストマッチなんだそうです。  水産会社では、網に筋子を乗せ擦り付けるようにして薄皮と卵の粒を分けている映像を思い出しました。  次回はこれでトライかしら。 お湯やお水に浸すやり方より、味が抜けないんじゃないかしら?  ふふふ。 実験大好き(≧∇≦)

      4
      テーマ:
  • 14 Sep
    • パラダイス♡

       まだハシリの時期で、筋子の皮は柔らかい。  美味しいいくらが出来そうです。   漁港にある、漁師の直売所は7〜12時。 惜しかった。  直売所はオス550円/㎏ 、メス1000円/㎏。 さすがのお値段。 次回は早起きして狙います(^^)    ここでも十分安いです♪  さ〜いくら仕込もうっと(≧∇≦)

      3
      テーマ:
    • 大きな者たちよ、よく聞くがよい。

       続きは何と云っているでしょう(^^)

      4
      テーマ:
  • 09 Sep
    • 地球交響曲第3番上映&龍村監督・ボブサム氏の対談 9.17札幌

      上映の後、龍村監督、ボブサムさん、結城さんの対談があります。 4時間半にわたるイベントです。私はボブさんの通訳をいたします。 龍村監督もボブさんもお互いに会いたいと思っていたのが久しぶりに実現するようです。  貴重な機会になりますね。 急に決まった企画なので、お席はまだまだあるそうです。シェアお願いします。   2016年9月17日(土)12:00 開場(札幌プラザ2.5 中央区南2西5)12:30 映画上映_(150分)15:00 休憩15:15 ボブ・サム & 龍村仁監督 対談 〜ガイアシンフォニーの世界観で生きる〜 結城幸司氏(アイヌアートプロジェクト)と3人対談 〜地球と民族の共生〜 「北海道の先人の精神を伝える」 結城幸司氏・パフォーマンス17:00 終了会場:狸小路5丁目 札幌プラザ2.5(HUGマート隣)チケット:前売り2,000円 当日券2500円★WEBで先行発売しています。http://peatix.com/event/196131/ ★★チラシ&チケット取り扱い場所★★●村松法律事務所中央区北2西9インファスビル5F ●カラーワークス札幌 中央区南4西4 ススキノラフィラ3F 主催ガイアネットワーク北海道のFB告知ページより「20年以上も全国各地で自主上映が続けられているドキュメンタリー映画「地球交響曲 ガイアシンフォニー」シリーズの第三番上映会の他、第三番にも登場しているアラスカの先住民クリンギット族のボブ・サム氏によるスピーチと、龍村仁監督のスペシャル対談。更に、北海道の先住民であるアイヌ文化の伝承者として、結城幸司さんをゲストにお招きして、豪華ゲスト達とともに「ガイアへの祈り〜ガイアシンフォニーの価値観で生きる〜」というテーマのもと開催します。地震や台風、天災が絶えないこの世界。自然の猛威に触れた時に改めて私たちは、この地球に生きていることを認識させてくれます。第三番には、写真家 故・星野道夫さんを中心に、自然とともに生き、いのちの循環そのものを認識しながら人生を歩んでいる人たちの暮しが描かれています。 道夫さんの死をきっかけに、死を見つめて生をみつめる。 そこで感じたことは、死は終わりではないということ。 私たちはいのちの循環の中に生きている、というすごくシンプルですが日常の中では忘れてしまいがちな大切なメッセージが散りばめられた映画です。 言葉では言い尽くせないほどの「感動」は、魂に響き渡り、まるでそれが求めていたように、溢れ出てくる幸せを、映画を見ながら感じることができます。 なんだか混沌とした世の中だからこそ、 あの素晴らしい感覚を多くの皆様と共有したいと考え、 ガイアネットワーク北海道が今年もまた、映画の上映を開催することにしました。 映画を見て、「あの世界感で生きられたら」と感じつつも、実際に生きている日常の中では中々うまく生きられない現実があります。 どのようにすれば理想の世界感に近づいていけるか、などのヒントも対談でお話して頂く予定です。 対談の中では北海道に住む私たちに身近な存在であるアイヌ民族とクリンギット族との共通性や、祈りはスピリチュアルではなく暮しの中にあった文化ということを体感していただきたいと思っています。」    9/11は伊達で第8番の上映会です。 監督のお話しと映画に登場する津波バイオリンとピアノのミニコンサートという、こちらも映画の世界観を体感できる会です。   【熊本・大分地震復興支援チャリティー】  地球交響曲~ガイアシンフォニー~第八番上映会&監督講演会 in 伊達  ~祈りの日、TSUNAMIヴァイオリンの調べと共に~   13:00 開演~主催者、龍村監督あいさつ 17:00 終演予定  前売3000円/当日3500円(定員:180名)  ※売上は経費を除いて全額、熊本・大分地震災害義援金として支援団体に寄付されます。    予約・問合せ  080-3416-3797  30yasuji@gmail.com(担当:安嶋さん)  インターネットでのお申し込みは↓↓ http://kokucheese.com/event/index/413952/  開催に向けてはこちらの記事をどうぞhttp://so-ra-mi.jp/archives/6306

      2
      テーマ:
  • 30 Aug
    • よいものは色あせない

      古い記事を見つけて、お問合せのメールを頂きました。 いいものは いい。 同じ感覚をお持ちの方に、また出会える機会を頂いて嬉しい。 幸夫さんには、久しくお会いしていないけれど、この台風の中、どうしていらっしゃるかしら?コーヒー好きの幸夫さん。美味しいコーヒーをお土産にまたお会いしに行きたくなりました。

      4
      テーマ:
    • アワウタボイスワーク 定期クラス終了のお知らせ

      あわうたボイスワーク定期クラス 終了のお知らせ あわうたの響きも、声を出して自分の振動で自分を震わせることも、美しく、心地よく、素晴らしい。大好き。 響きあう中での体験は小さな旅のよう。 なんて書いていいかわからないのですが、定期的にクラスとして開催することが自分にフィットしなくなりました。悦びではなく義務になっている感覚。これはもうだめなのです。 とってもとってもダメなのです。 ダメなまま、いいふりして行うことは選びません。 始めたことだから、スケジュールも告知しているし、とぐるぐるしたりもしましたが、心がついてゆきません。定期的に同じことをするというのが、どうしてもダメです。正直に。 会場になってくださった ゆきはなさん、お日さまハウスいくちゃんち、これまで参加して下さったみなさん、声の響きを通じて体験した世界、笑って、驚いて、流れて、すっきりして、時に溢れていくなど、様々な共有をありがとうございました。 ワークの後はいつもお腹がペコペコで、オプションの軽食が美味しかったこと!旬のもの、地元の物を美味しく料理して下さった両会場の雪子さん、いくちゃん、本当にありがとうございました♡ このタイミングで、という時にまた開催したいと思います。ボイスワークやってみたい!という方はご相談ください。感謝を込めてわこ

      テーマ:
  • 24 Aug
    • 下駄屋さん

      和装した時の、肩や首の、背中の楽さが気に入っています。  帯という、和のコルセットに支えられて歩くのが何と楽なこと。  手足が楽ちん。   蒸し暑かった過日、(また)1日勘違いして待ち合わせ場所へ行き定員さんをちょっとフリーズさせてきました。(たまにあります…)  浴衣で行ったので、直ぐに脱いでしまうのも勿体なかったので夕涼みがてら川辺のお散歩へ行きました。  暗くなり始めた夕刻ははまだ蒸し暑い。汗だくです。 でも、全身布で包まれているのでどんどん汗を吸ってくれます。夏の間に寝冷えや関東の冷房やらで実は芯まで冷えている身体には、肌の上のもう1層は保護膜のようです。直射日光は遮るし、外気で汗が冷やされ放射冷却のようになる部分はうなじ辺りと脇の下、そして歩くときに裾から少し。冷えが入り込む肘はしっかりガードされ、足首は足袋て保護されています。  まぁ、快適なこと。  前側に巻き込んでいる肩が少しずつ力が抜け始め、肩甲骨も少しずつ緩んで、胸が開いて肩が後ろへ落ちてゆきます。  鼠径部も足の付け根も自由に動いて、帯の下、おはしょり辺りから脚になっているような感じがします。感覚だけは脚長美人  笑。   やがて、お腹がぐる〜〜っと音をたて、何かが動き出します。停滞していた何かが動いたような。それにつれて、随分古い記憶がふっと出てきたり。  月を眺め、時折魚の飛び跳ねる音がする川辺をゆるゆると歩く。ぬるいけれど風も頬やうなじを撫でていくのが涼を運んできます。 体もけっこう楽になりました。 夏バテ、、と寝たきり老人並みの日々を過ごしていたのでとても良いリフレッシュ。     実は、履物は2足しか持っていません。 神社の巫女さんなどが普段履きにしている、朱の鼻緒が眩しい草履。これはビニール製で、底が平ら、クッションが効いていて、お値段もとってもお手頃。私にとっては和風のビーサン。今夏のお仕事でも関東、東北でも大活躍してもらいました。  もう1足は、木曽ねずこ下駄。 昨夏、飛騨高山のお友達を訪ねた折、遠方から来てくれたからと友人が地元の下駄屋さんでプレゼンしてくれたもの。麻柄の赤い鼻緒が白木に映える2本歯の下駄です。  和装初心者の私にとって初めての下駄。  嬉しくて、嬉しくて、旅先でも札幌でもかなり履いていたので、あっという間に歯が擦り減り、鼻緒の結び目を保護する金属も取れてしまいました。 初めから少し緩かった鼻緒が更に広がっていくのもそのままに。漠然と、札幌ならどこで修理できるのかしら?と考えながら。だって、伝統的なお店はそうそう目にしたことがないのです。札幌で。意識して生活していないから目に入らないだけだったのでしょうか。  白木の下駄は見るからに夏っぽいので、秋には何を履いたら良いんだろう?と思っていた矢先、友人と履物屋さんをのぞいてみる機会がやってきました。 そういえば札幌の中心部、狸小路のそれもど真ん中のようなビルの1階に老舗がありました。かつて電器屋さん、今はドンキと変わりましたが1階のそのお店は変わっていません。  聞けば、普段着なら1年中下駄で良いのだそうです。冬なら雪下駄、雨なら雨カバーのついた下駄。おしゃれ草履は訪問着など特別の時に履くもので、普段着には下駄で良いとは!  何となく、「浴衣は下駄、着物は草履」と思い込んでいたので、これまで下駄は眼中にありませんでした。 履物屋さんで、オススメされた鎌倉彫の下駄を履いてみると、ふっくらした鼻緒の辺りが心地よく、足にフィットした丁度良いサイズの心地良さにうっとりしてしまいました。自分サイズの下駄の軽やかなこと!  履いてないみたい、は言い過ぎかしら。  でも、鼻緒の大きい自分の下駄に戻ったら歩きにくいったらありゃしない。 下駄の修理と鼻緒の調整を、と思いましたが、その履物屋さんでは外に修理に出すため1週間程度かかると言われました。修理したい下駄で外出していたので断念。百貨店もいくつか行きましたが、百貨店は浴衣と共に下駄の取り扱いはもう時季外れでほぼ草履しかありませんでした。 他にお店はないの!?とググってみると、、 履物の卸問屋がありました! 修繕も販売もしているとあります! お盆休みが明けるのを待って、今日、ふらりと立ち寄りました。 古い建物。 昭和な建物。 暗い店内、職人さんらしき男性が電気を点けてくださいます。 広い玄関。 たたきを上がると、大きな火鉢。 目の前ですぐに修繕を始めてくださいます。 鼻緒の紐を目打ちを使いながら解き、引っ張りながら長さを調節して結わえなおす。足のサイズは?と聞いただけで。ご自分の手指を鼻緒に通してサイズやフィット感を確かめていらっしゃる。ある程度調整してから「履いてみて」と。そこで初めて持ち主の私が履いてみて、微調整して頂きます。片足を調節したら、また職人さんが手指で確認してもう片方もささっと調整。「これでほぼ大丈夫だと思うよ。」と。それでも何となく反対が僅かだけ緩い感じがしたので伝えると直ぐに再度の微調整。「きっと大丈夫だと思うけど、まぁ、僅かには違うからねぇ」なんておっしゃりながら。 すご~い! 初めての事で、そのお仕事ぶりに大興奮。感激です。 鼻緒の前の結び目を底の方から保護していた金属。購入当初は、結び目を保護する円形の金具でした。確か。 修繕の時は、円形の部分からハンマーヘッドシャークのようなT字の金具が伸びています。下駄の先端が削れるのを防ぐパーツ付の金具を打ち付けてくださいました。既に歯同様先端もかなり削れて薄くなってしまっています。打ち付ける際の釘は、短い中でも特に短めの物を使っています。「釘は、表面に出ないようギリギリの短さのを使ったけど、短いから抜けやすいんだよね。抜けてしまったらまた持っておいで。」と。 これ以上削れないよう2本歯にゴム底もつけて頂きました。 「引っかかりが出て、少し歩きにくいけど長持ちさせたい人はそれを承知でつけるんだよ」と教えて下さいました。昨年、お友達がプレゼントしてくれた大切な思い出の下駄は長く大切に履いていきます。良い事を教えて頂きました。 札幌にこのようなお店がまだ残っていたことに感激。 「うちは、履物屋さんだけじゃなくて、着物屋さんとも取引をしてきたんだよ。着物屋さんの展示会なんかで、鼻緒をすげる実演販売をしたりしてね。履物屋に卸していただけの店は全部無くなったよ。」と。 履物卸のお店ですが、店舗に訊ねれば小売りもして下さるのだそうです。 「下駄も底が平たいのもあるんだよ。その方が歩きやすいよ。」とご店主。私の修繕中にいらした常連さんらしき女性。お洋服ですが、足元は切り返しのデザインがステキなお洒落な足袋を履いています。手作りかしら? ご店主が「(玄関先の)段ボール箱に入っているから選んで」と鼻緒の大箱を開けて選んでいました。私もそのうち・・と。 予定があったので今日は修繕だけ。 「次来るときは電話してからお出で。いない事もあるからね」 どうやら、今日はツイテたみたいです。 何度も浴衣で出かけていたら、母が自分で縫ったという浴衣を出してきてくれました。「私はもう着ないからあげる」と。他に単衣の着物も。 陰干ししていますが、カビ臭いにおいがとれません。 浴衣は洗ってみようかしら。 それともクリーニング? 初心者の和装ストーリーはゆるゆると続きます。

      5
      テーマ:
    • 三年番茶、白茶、トゥルシー紅茶

        茶師さん、札幌には来られなくなりました。  ハプニングで、今回は札幌入りを断念される事になったそうです。ざんねん。  三年番茶以外のお茶の事、教えて下さいました。 「トゥルシー紅茶は信州大鹿村1100mで育つトゥルシーを大和の紅茶とブレンドしました45g入り1000円です白茶は10g入り1000円です5煎7煎 いれて楽しみます月の光りによる発酵と風だけで乾燥して出来たローのお茶です」  北海道にいるうちに、今回の希望分を送って下さるそうなので、白茶やトゥルシーブレンドが欲しい方は明日までにメッセージくだされば間に合います。  奈良で無農薬、無化学肥料。   何を身体に入れるのかも大切にしていますが、美味しいものがいちばん♡  こんなお茶にめぐり逢えたのは幸運です。 

      テーマ:
  • 22 Aug
    • 三年番茶

      三年番茶明後日買えます。 時々お取り寄せしている三年番茶。 茶師さんが、今北海道にいらしています。 明後日、初めてお会いする事になりました。 ちょうど欲しかったの~!というお友達がいるのと、私も欲しいので購入します。 欲しい方いたら、買っておきますよ^^ 基本は、北区の我が家に取りに来られる方で。500g 3000円 100g 700円 その他に、トゥルシー茶、白茶などなども持っていらしているそうです。三年番茶以外は、明後日17時頃お目にかかって、実物拝見してからアップしますね。興味ある方はその時間にちぇきら~☆ 三年番茶が欲しい方は、8/23 16時頃までにご連絡下さいね。 このお茶については過去記事をどうぞ。

      1
      テーマ:
  • 19 Aug
    • 満月は

      昨日はきれいな満月を見ました。 台風一過で晴れたのも束の間、夜にはもくもくと大きな雲が出ていたけれど、ちょうど隙間からオレンジがかった大きな満月が何度も顔をのぞかせてくれていました。 砂浴!と楽しみにしていたのに、前日は台風で札幌も土砂降り。 道東では床上浸水の被害も出ているましたね。(被害にあわれた方は年配の方がインタビューに答えていましたが、とてもお気の毒でした。お片付け、ご苦労なさっているご様子。) 一緒に砂浴したいと連絡を下さった方もいましたが、砂浴未経験者としては、数日間晴れている日にしたほうが良いのでは?との思いから満月の日は諦めることに。 大好きなお友達は「きっと台風過ぎると思うけどなぁ」と言っていたけれど、水分たっぷりの砂浜は埋まると冷たいかも?!などと妄想もしました。 満月の朝、砂浴を諦めきれなかったのです。私個人は。 どうしても砂浜に行きたかった。 疲れを癒したかった。 だから、砂浴も、温泉も行けるようアイテムを積んで、とりあえず車を走らせました。 写真は、東京から戻った直後に連れて行ってもらった縄文土器の野焼き。この時は乗せてもらって、キャンプ道具はすべてお友達が持っていたので、私は荷物よろしく車に乗っていくだけでした。 北海道にしてはとても温かい海水。 風もほとんどなく、満天の星空。 大好きな友達。 きめ細かな、シルクのような肌触りの砂浜。 縄文時代のように、浜で野焼きで土器を焼く。 沢山の木々がくべられ、ごうごうと燃え盛る炎。 灯り、火の粉、熱、 水着ないけど入りたい!と暗がりなのをよいことにジャバジャバと海に入る自由な友。 私も後先考えず、海に入っていました。 心地よい まるい海水 優しい波 天の川も見える程の星空 すぐそばでは燃え盛る炎 土器の焼き上がりを楽しみにしている人たち 海から上がり、目の前の温泉へ。 これが日常ならどんなにいいだろう。 海 火 炎 火の粉 木々 砂浜 お日さま 星々 和やかな場 土器を焼き上げようと懸命な人達 炎の熱でジリジリする顔 高温にするため大量にくべられる木々が燃え上がり、天高く立ち上る火の粉 ヒンヤリするきめ細かな砂 酔いしれるように見入っているうちに からっぽになってゆく 数日間味わっていたかったなぁ。 数年前のワイタハの水のギャザリングで、星野先達たちによる火のセレモニーの朝、まだ暗いうちに水のセレモニーで冷たい海に入った記憶がふと蘇ります。 あの時は、なんだか重々しい厳かなセレモニーで、通訳補佐だったこともあって安らいだ精神状態というよりは、いつでも通訳できるよう、でも予備知識もないのでエンジン全開!な感じ。 縄文焼きのときは、ただただ疲れた身体を休めと、今夏のお仕事や自分の学びの旅からの解放感と気の置けない友や、大好きな梅吉(友人の愛犬)と一緒に浜辺で過ごせる悦びだけ。 その日の昼間、縄文焼き会場近くにある環状列石にも立ち寄りました。 策の内側と外側は、空気の感じが違うんです。 温度も違う。 気持ちが良かったので歌を歌っていたら、小さな子供達が駆け上ってきました。 親子連れ。 気にせず続けて唄い終わると、お母さんから声をかけられました。 お手伝いに行っている、自然食品店のお客様でした。 世の中狭い (笑) 唄っていると、鳥がさえずり、風が動いたりと気持ちがいいんです。 虫に刺されなければ尚よし。 とまぁ、余市での時間がとてもよかったので、満月の日も、なかなか戻らない体調をどうにかしたくて、また心地よい時間を持ちたくて、とにかく海か温泉へ、、、と。 結局、気の置けない友達と過ごす1日。 お目当ての砂浜にも行きましたが、私有地で立ち入り禁止とロープが張ってありました。砂浴!と他の方と一緒に来なくて良かった(ホッ) そのすぐ脇へ下りていって、足だけ海へ。 干潮へ向かって、目に見えて潮位が下がっていく中、波打ち際に小魚の群れを見つけつつ、足だけ海に浸かって友人とおしゃべり。 満月までの数日間、急に思い出した事がたくさん。 中には、未消化のままどこかに引っかかっていたのだなぁと思うような過去の出来事と、その時の感情が湧いてきていました。今更?まだこんな事思っていたの?など驚きつつも、味わったり、時に涙がじんわり滲んだり。 今夏、被災地でのプログラムで複雑な思いでモヤモヤしていたのをきっかけに、どこかが堰を切ったようでした。20年ぶり以上で再会した同級生から、かつて飛び交っていたという私に関する根も葉もない酷い噂の事を聞かされたり、なぜ急に?という感じでした。 おもしろいものです。 脈略なく、急に思いや言葉、出来事が飛び出してくる。 昨日は砂浴はできなかったけれど、好きに過ごし、美味しい物を食べ、好き放題話すのに付き合ってくれる友人のお蔭で癒される時間となりました。 休憩・休養の8月。

      4
      テーマ:
  • 14 Aug
    • 【18日は砂浴に☆】

      皆さまこんにちは。蒸し暑い日が続いていますね。私は、今夏、すっかり夏バテしてしまいました。 蒸し暑い関東、札幌、岩手県の被災地での教育プログラムと自身の学びの旅を終えて札幌に戻ったのは8月のはじめ。 月初の関東では、今季の最高記録!という暑さと湿度、そして慣れないクーラーでちょっと体調が・・と思っていましたが、札幌でのホームステイやその他のプログラムを滞りなく進め、そのまま被災地でのプログラムに同行。仮設住宅に泊めて頂きながら、今なお復興過程の最中にある岩手県での日々から、再び蒸し暑い東京へ。 心身共に休まるときが少なかったせいか、年齢か(と思いたくありませ~ん)、6月終わりに一度体調が落ちた時に、仕事を乗り切るためにえい!とボディメンテナンスをして頂いて、忙しい7月に入りましたが、実は6月のこの時すでに「わこさん、お身体満身創痍ですね。」とは言われておりました。 はい。冷えました。 慣れない蒸し暑さ(夜もず~っと蒸し暑い!寝汗をかく生活は成人する事まで体験したことはたぶんありませんby札幌っ子)で乗り物建物はクーラーガンガン。冷やさないように肘を出さず、足首はレッグウォーマーをしたり、寝る前に足湯をしたり、常温の物を飲んだり、ホメオパシーのレメディやチンクチャ、FFCのドリンクなど様々やりましたが、、、東京の人でも「暑いね~。。。」と仰る当時の最高気温が続く日々は、ほぼ満身創痍だった私の身体にはかなり応えました。担当学生と共に外を歩く時間も多かったですし、かつて強烈に痛めた腎臓がついて行けなかったようです。 連日、足の裏は鉄腕アトムのが足からジェット噴射しているかのような熱さ。これは身体の中が冷えている時に良く起こります。 やがて足湯する気力も失せ、気が付くと寝落ちしている日々となり、岩手では仮設住宅に滞在で足湯どころかシャワーもやっととなり、足裏ジェット噴射はますますすごくなりました。 札幌に戻ってからも本州とさほど変わらないのでは!?という蒸し暑い日々が続き、久しぶりにお会いする方に「疲れてるね!」と口々に言われてしまうほどです。 もうね、猫もかぶれない程(日本語がおかしいですが)隠せない疲れです。 とてもとても、ボイスワークをリードするような状態ではありません。 1人で歌うことはできます。 言うまでもなく、ボイスワークをリードするのは、私が調って、元気な状態が良いのです。 もう、今は、程遠すぎです。 なので、、、 18日の満月は、ボイスワークではなくて、砂浴にします♡ ボイスワークを楽しみにしていて下さった方、ごめんなさい! 先日行った余市の砂浜の砂が、さらさらときめ細かく、シルキーな肌触り。ここで砂浴したら、さぞ気持ちいいに違いない!!!というスポットだったのです。 剣先スコップで掘って、埋まりますよ!水分もタップリ補給しながら。2時間もすると、身体から発散される匂いが変わるのだとか。物の本には、コバエが寄ってくる程とありました。私のこの体調だともっと大きいのが来ちゃうのでは!?とちょっとオノノキつつ(笑) スポットは、温泉が目の前にありますので、1日砂浴して、温泉ですっきりし☆というプランです。 声を出したくなったら、そこでボイスワークも良いかもしれません。踊りたくなったら、フラも踊っちゃおう。この間行った時は、ぬるくて遠浅のベタ凪で、水の中は本当に気持ち良かった。気が向いたら海に入っちゃおう。  という、デトックスデー。 そのままキャンプも良いかも。 行きたい人で相談しましょう。 オリンピックとお盆休みの重なる熱い夏。 トタン屋根の下、暑いお部屋から、あつ~いお誘い(^0^)

      テーマ:
  • 30 Jul
    • あわうたボイスワーク 8/4は夜クラス(^^)

        7月はお休みを頂いたあわうたボイスワーク。もう8月が目の前です。ますますのびのびと声を響かせていきましょう。  7月はアメリカ、オランダ、トルコの学生達と約1ヶ月の日本文化体験プログラムで多くの時間を共に過ごしていました。 被災地での学びの期間に訪れた大観音塔の上で海に向かい1人追悼の思いを込めて歌っていたのを耳にした数人の学生が、その夜、皆でその日の良かった事・辛かった事報告のときに「海を眺めながらワコサンの唄を聞いている時間が気持ちが穏やかでいい時間でした」と。  成田空港でお別れにその曲を歌ったときは、涙が溢れ出す子も。 心からの声は響てゆくのだと実感しました。 ♡今週8/4(木) は夜クラス♡   18:30-20:00  @ゆきはな(西区発寒) 参加費1500円、軽食500円 駐車スペースは要予約・先着順です。 お手当てセッション(ボイスワーク会場特別価格)要予約60分5000円、30分3000円、お試し15分1500円 お申込・お問い合せはFBメッセージかメールでどうぞ。ボイスワーク:amo.motherwing♡gmail.com (♡を@に代えてください)お手当て:shiawase.oteate.wako♡gmail.com (♡を@に代えてください)   写真は、上野公園の不忍池の大蓮。ちょうど開花し始めていました。美しい光と色に暫しうっとり。

      1
      テーマ:
  • 19 Jul
    • お手当てはどんな時も

      きのう わこちゃんのゆめのなかにあそびにいったら きょうはわこちゃんがおしごとのあいまにぼくにあいにきてくれました おてあてをしてくれてとってもきもちよくて 「うめきち、もうだいじょうぶだよ」って言ってくれてうれしかった ぎぷすにめっせーじもかいてくれたよ かえりによつばのくろーばーもみつけてくれた うれしいなぁ 交通事故にあった状態で保護されたといううめきち。  内臓破裂だけは免れましたが犬ICUに収容される重症でしたが、奇跡!とドクターに言われる程の回復ぶりをfacebookで見ていました。  ボイスワークの夜クラス会場 ゆきはな の看板犬 うめきち。 数日前、元気なうめきちと公園で遊ぶ夢を見ました。ホームステイの家庭訪問へ引率者をお連れする前に少し時間が取れたのでうめきちの元へ。  人懐こいうめきちは、大喜びで甘えてくれます。お手当てを始めると時折ポジションを変えながらずっと手を当てさせてくれます。  人間と同じで、時々ピクピク部分的に動いたり、グンと大きく動いたり。 寝息もたてていました(^^)  

      7
      テーマ:
    • 札幌ホームステイのお話し つづき

      和気あいあい、または穏やかに、それぞれの家庭で作った食事を持ち寄って昨日交流パーティーがありました。  アメリカの親御さんに電話で作り方を確認しながら頑張った学生、いつもの材料が揃わないけど頑張ってみた学生、ホストファミリーの提案でスアマやお団子、押し寿司などなどの日本メニューに挑戦した学生などなど。各家庭のストーリーが浮かぶメニュー。  赤ちゃんからおばあさままで、連休最終日に沢山のホストファミリーがお集まりくださいました。  2日ぶりに会うグループの面々と盛り上がる高校生。ホストの皆さんもお互いにお話ししたり。  佐渡ヶ島で学んだ歌、踊り、太鼓を披露した時はホストの皆さんは大撮影大会(*^^*)  ホームステイの前は緊張したり楽しくやれるか心配だったと、高校生もホストの皆さんも仰いました。みんな同じなんだって高校生に伝わった事でしょう。  お誕生日が近い高校生の為に、ホストファミリーが大きなケーキのサプライズ。小さな姉妹のリードで全員でバースデーソングを歌うなど心温まる会でした。  素敵なご家族、高校生、引率者ばかりでありがたい限りです。  今日は高校太鼓部との交流会です。札幌は今日明日で終わり。あと2日良い時間になるよう頑張りますよ〜(*^^*)  皆さんも良い日をお過ごしください。

      2
      テーマ:
  • 16 Jul
    • 札幌でのホームステイのお話し

      7/1に日本に到着し、東京、新潟、佐渡ヶ島と和太鼓の旅をしてきたホストファミリーがお迎えに来てくださっての対面式。  双方ドキドキわくわく。  時間にめがけポツリポツリと集まって来るホストファミリーの皆さん。事前に頂いた写真のお陰で、殆どの高校生がすぐに自分のホストを見分け、自分から挨拶と自己紹介に行きました。   対面式では、先ず、1人ずつ日本語で自己紹介。東京で学んだばかりの辿辿しさはもうありません。とてもクリアに、はっきりと自信を持ってできるようになっていました。(じーん)  ホストファミリーの皆さんにも、日本語で自己紹介と誰のホストなのかお話し頂くうちに何となく場が和んできました。  高校生に、会場に椅子を出してセッティングしてね、と頼んだら大きな円にしてくれていたのも大きかったきがします(^^)  その後、札幌でどう過ごしていたかを振り返りながらホストにお話しました。どんな物を食べ、何をして、札幌のどの辺りに行っていたか、何が楽しかったのか(デパ地下の試食で目を輝かせた子がいたとか、デコれるプリクラが面白かったとか、カラオケ行ったグループがJpop歌ったとか、きり紙といば?でピカチュウ!と口を揃えて答えるとか…)など。  何をしよう?どこに連れて行こう?と様々考えて下さっているであろうホストファミリーの皆さんへのヒントに。   その後、学生とホストファミリーと一緒に座るようお願いしたら、あっという間に完了。凄い勢いでそれぞれが話し始めました(じーん)   皆がそれぞれ、会場を後にしていく姿はとても微笑ましかったのですが、ガランとした会場に残る感覚はちょっと寂しくもありました。  ホストファミリーとのマッチングをした身としては、あんな風に和気あいあいと家路に着く姿を見るだけで、先ずはホッとします。  どの方にとっても楽しい時間になりますように。

      テーマ:
  • 12 Jul
    • 7/31(日) 和のクラニオ@鴨川

      お手当ての先生が、イベント出展されます。 ヒーリングの項目に齋藤整骨院とあります。和のお手当の先生です。 私も、青少年教育プログラムのお仕事の関係でこの時期上京しているので、仕事終わりで合流させていただくかもしれません このイベントの主催は絵描きさんです。 どっしりと大地に根を張っているようなタッチに一目ぼれしていました。数年前に、偶然展示会に行く機会があり、ご本人と少しお話する機会に恵まれました。絵の通り、どっしりとした大きな感じを受けました。 イベントをされているのはフェイスブックなどで存じ上げていましたが、道産子に鴨川は遠く、まさかこんな機会が巡ってくるとは思ってもいませんでした。スケジュールを調整して、できれば30日、31日と2日間行きたいと思っています。29日夜は、その絵描きさんのライブペインティングなので、本当はそれに一番行きたい! どうか行けますように お手当て(和の頭蓋仙骨療法)  8/4~ 日本人にあわせた、和の頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー) ふんわり優しいタッチで包まれるようなリラックスと調整。 訪問 (60分6000円ほか)  ボイスワーク会場では、体験 (15分1500円)も行っています。  詳しくはメールでお問い合わせください。 shiawase.oteate.wako♡gmail.com(♡を@に代えてください) わこのあわうたボイスワーク 定期クラス (予定)次回は8月♡夜クラス18:30-20:00@ゆきはな(西区発寒)第1木曜 8/4(木) 9/1(木) 10/6(木) 11/4(木) 12/1(木)朝クラス10:30-12:00@お日さまハウス(清田区北野)第3木曜 8/18(木) 9/15(木) 10/20(木) 11/17(木) 12/15(木)毎回でも、1度だけでも参加自由のクラスです。軽食などのオプションも。参加費1500円/回 お手当てセッション(ボイスワーク会場特別価格)要予約 60分5000円、30分3000円、お試し15分1500円 夜クラス ~17時 、朝クラス 13時~ お申込・お問い合せ ボイスワーク:amo.motherwing♡gmail.com (♡を@に代えてください) お手当て:shiawase.oteate.wako♡gmail.com (♡を@に代えてください)

      1
      テーマ:
    • 和のクラニオゆるゆるお手当隊 @ 市川 でゆるゆるな1日

      昨日涼しい札幌に戻り、蒸し暑い東京での疲れからリカバリー。じっくり報告を書いたのに、最後の最後で消えてしまいました なんということでしょう・・   気を取り直してもう一度。 だって、とっても良かったのです! お手当隊でお手当てするって、本当に素晴らしい 青少年の教育プログラムの仕事を終え、その後横浜のお手当の先生の元に寄せて頂いていました。おさらい会、身体感覚講座、先生の整骨院でのプチお手当て修業などなど、お手当てのみならず、東洋ベースの身体の整え方など学びの数日間。実践で体得してゆく貴重な時間。頭で理解してもできるとは限りませんものね。 はじまる前のウォーミングアップ。梅雨時期は、あばら骨の辺りから骨盤にかけてが縮んだり詰まったりしやすくなり、そうなると呼吸が浅くなり、循環が悪くなり、内臓も重くだれて、どんよりと疲れた体になるのだそうです。身体感覚講座の松田恵美子先生が「側腹モンダイを解決すると楽になるわよ」と伝授して下さった方法で伸ばしていきます。 伸ばした側、まだの側、その違いはおもしろいほど歴然。伸ばした側のすっきり感といったら それは他の人でも感じられる程!伸ばした側の横に立ってみる、その後まだの側に立ってみる。伸ばした側は爽やかなのに、まだの側は横に立つだけでむさ苦しい、暑苦しい感じを受けるのです。単に横に立った人が! というわけで、おもしろいね~!と朝から3人で先ず自分たちの調整をして、来場者へのお手当てに備えます。 お手当ての最初は、腰回りが緩みやすくなるポジション作りからはじまります。 複数人でのお手当ては、こんな感じです。 お手当て人1人で行うときは、足の方からだんだんと頭の方へ移動することが多いのですが、複数人の場合は全身が包まれていきます。 この日のために、ヘンプシーツとヘンプコットンのガーゼケットを札幌から持参しました。さらりと涼しいヘンプは、色んな意味で通りが良いのです。他のお手当人のお2人も、実際に寝てみてヘンプが身体に当たっている方が気持ち良いとの事でこのしつらえに。ゆみえさんが持参された、綿のタオルケットも上からかけてみると、更に包まれる感じが増すので後半はこれにプラスしました。冷房が効いていた会場で極上の寝心地だったと思います 10時から15時45分までの間に(実際は15時には終了しておりました)、12名、13セッションさせて頂きました 都内から目指していらして下さったり、赤ちゃんを連れてわざわざ受けに来て下さったり、会場でぴんときて初体験!な方々も中には、一度受けてその身体のすっきり具合に驚いて、その日のうちにもう一度とリピートして下さった方までいらっしゃいました。お手当て人みんな嬉しかったですお蔭さまで朝からず~っとお手当てマラソンのようでしたが、私たちお手当人もみなさんと一緒にゆる~っとなっていくので気持ちのよい時間です。 千葉Umiのいえの黒岩夫妻も、お仕事の帰りに駆けつけてくださいました。15時からの羽黒山伏星野先達直伝の魂ふりに全員で参加していたのですが、黒岩夫妻のお蔭で、とってもお疲れの様子だったお2人の方に最後の最後でお手当てをさせて頂くことができました。イベントの最後の時間は、お手当隊4~5人でのお手当てセッション。 複数人でのお手当ては、足し算ではなく、掛け算だと言われます。2人、3人でのお手当ては、1人からのお手当の何倍もの心地よさになるのです。普段はそれぞれで活動しているお手当人が集まり複数でお手当てできる機会は貴重です。 蒸し暑い関東で、受けて下さったみなさんの健やかな時間のお手伝いになっていたら幸甚です。回を重ねるごとに、心身ゆるみやすくなっていきます。また機会があればお手当てどうぞ ほぼお手当てマラソンで、他の出展の方たちのセッションはほとんど受けることができませんでしたが、楽しいイベントに加えて頂けて良い時間を共有することができました。主催のみなさん、受付のみなさん、本当にありがとうございました。 お手当隊 今回のメインの3人右から、 都内で助産師もしている 宮川めぐみさん 食のコーディネートやコミュニティ作りもしている 鈴木ゆみえさん そして私。 今回お手当てを受けそびれたというアナタ 千葉Umiのいえでお手当て体験会があります 7/23(土)13-17時 (リンクを貼りました。詳しくは千葉Umiのいえまでどうぞ) お手当て(和の頭蓋仙骨療法)  8/4~日本人にあわせた、和の頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー) ふんわり優しいタッチで包まれるようなリラックスと調整。 訪問 (60分6000円ほか)  ボイスワーク会場では、体験 (15分1500円)も行っています。  詳しくはメールでお問い合わせください。 shiawase.oteate.wako♡gmail.com(♡を@に代えてください) わこのあわうたボイスワーク 定期クラス (予定)次回は8月♡夜クラス18:30-20:00@ゆきはな(西区発寒)第1木曜 8/4(木) 9/1(木) 10/6(木) 11/4(木) 12/1(木)朝クラス10:30-12:00@お日さまハウス(清田区北野)第3木曜 8/18(木) 9/15(木) 10/20(木) 11/17(木) 12/15(木)毎回でも、1度だけでも参加自由のクラスです。軽食などのオプションも。参加費1500円/回 お手当てセッション(ボイスワーク会場特別価格)要予約 60分5000円、30分3000円、お試し15分1500円 夜クラス ~17時 、朝クラス 13時~ お申込・お問い合せ ボイスワーク:amo.motherwing♡gmail.com (♡を@に代えてください) お手当て:shiawase.oteate.wako♡gmail.com (♡を@に代えてください)

      4
      テーマ:
  • 09 Jul
    • 7/10 お手当隊で千葉県市川市のイベントへ♪

      雨でやっと涼しい関東。 1日に上京して以来、初の梅雨らしい日。(涼しくて生き返る♡)  4日の夜行バスで、今年担当する和太鼓 for peace の高校生グループを送り出した後、2014年のプログラムに参加し、昨年から日本語を学びに再来日しているエリック君と再会したりしつつ、、   5日からお手当の師匠のところ(横浜Umiのいえ&齋藤整骨院)で、 身体感覚講座、おさらい会、お手伝いなどで身体と手を磨いていました。思いがけずヘナトリートメント12時間放置で超デトックスも。(足袋も作りに行きました♡)  明日は、関東のお手当て仲間とイベントでお手当てします。  助産師さんでもあり、一つ上のクラスを共に受講した方と、食や地元を大切に活動している方と3人でお手当て隊です(^^)  千葉Umiのいえのサポートで、千葉の方たちから、事前予約のご希望もチラホラ。  2人、3人のお手当人が同時にお1人に手を当てるのはイベントならでは。短時間でゆる〜〜〜とした世界へ。  梅雨時期のお疲れを癒し、調えにおいでくださいな(^^) お手当隊が市川でお待ちしております♡

      1
      テーマ:
  • 28 Jun
    • ひと足早く サーミ・アイヌの工芸展

      いよいよ7/1に今年担当する高校生を成田空港で出迎えます。  札幌でのホームスティ期間中、アイヌ文化を学ぶプログラムもあります。講師の結城さんご指定の打合せ場所に行ってみると、明日から始まる展示会場。それも搬入展示の最中でした  笑  サーミ・アイヌ工芸展。  スウェーデンのサーミ族のアーティスト、トーマス・コールベングトソンさんと結城さんはじめアイヌのアーティスト作品の展示。 (トーマスさんは、本国では知らない人は居ないという芸術家だとか。) 展示会の事も知らなかったったので、嬉しいサプライズでした。  しばし2人の通訳もお手伝い。打合せもしましたよ(^^)  「北海道に来るとホームに来たような気がするよ。アイヌとコラボできて本当に嬉しい」と仰るトーマスさん。サーミ族との交流がある結城さんも彼の地を訪ねると同じ気持ちなんだ、と話していました。  サーミ・アイヌ工芸展 会期 6月29日(水)~6月30日(木) 会場 札幌市民ギャラリー【2F】展示ホール1 中央区南2条東6丁目主催サーミ・アイヌ交流協会 トーマスさんにご快諾頂き作品の写真も撮らせて頂きました。まだキャプションもなく、展示も途中でしたが北方圏の先住民族を想起する透明感奥を思わず覗きたくなるような作品が並んでいました。 ゆっくり見たかったなぁ。    お手当て(和の頭蓋仙骨療法)   ふんわり優しいタッチで包まれるようなリラックスと調整。 訪問 (60分6000円ほか)  ボイスワーク会場では、体験 (15分1500円)も行っています。  詳しくはメールでお問い合わせください。 shiawase.oteate.wako♡gmail.com(♡を@に代えてください)わこのあわうたボイスワーク 次回は8月♡ 定期クラス (予定) 夜クラス18:30-20:00@ゆきはな(西区発寒)第1木曜 8/4(木) 9/1(木) 10/6(木) 11/4(木) 12/1(木)...朝クラス10:30-12:00@お日さまハウス(清田区北野)第3木曜 8/18(木) 9/15(木) 10/20(木) 11/17(木) 12/15(木)...毎回でも、1度だけでも参加自由のクラスです。参加費1500円/回 お手当てセッション承ります(ボイスワーク会場特別価格)要予約 日本人にあわせた、和の頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー)  60分5000円、30分3000円、お試し15分1500円 夜クラス ~17時  朝クラス 13時~ オプション 夜クラス 20時~軽食 500円(スペシャルディナー1000円の時もあります) 朝クラス 12時~軽食 500円 13時~カフェ 500円******************************************************あわうたやりたい!という方ご相談ください。どこでも参ります。 ご縁のある皆さんとご一緒できるのを楽しみにしています(^^) お申込・お問い合せ ボイスワーク:amo.motherwing♡gmail.com (♡を@に代えてください) お手当て:shiawase.oteate.wako♡gmail.com (♡を@に代えてください)

      2
      テーマ:

プロフィール

わこ

性別:
女性
自己紹介:
わこ(大井わかこ) 人・大地・ときをつなぐひと。 札幌出身。旧ブログはamo(天羽)。 ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブックマーク

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。