通訳、その他のご依頼・お問合せは:
amo.motherwing♡gmail.com (♡を@に代えてください)


和の頭蓋仙骨療法のご依頼・お問合せは
shiawase.oteate.wako♡gmail.com (♡を@に代えてください)
  • 25 Feb
    • お疲れ気味

        時折 私は根無し草のようにふらふらと いったい何をやっているのだろう?と思うんです。   死んでいてもおかしくなかったような事もありながら 生きて日本に帰ってきた事もありながら 何か貢献してるんだろうか? 何かできているんだろうか? 何にもしてないよねぇ、ふらふらしてるばかりで… というループによくハマります 笑 しいたけ(占い)でもズバリ指摘されているように、 すぐ「私はなんにもやってない…」波が🌊🌊🌊 しいたけがそんな時は疲れているだけだから ゆっくり休んで日記でも何でもいいから見るように と確か言っていたので 久しぶりにこんなの見て http://www.mahoroba-jp.net/blog/2009/10/post_568.html しかもフェイスブックやブログに貼っちゃって 自己承認欲求満たします (しょーじき)       とはいえ、 過去振り返るようでは 今を生きてないよねぇなんて囁きが脳内にこだまする〜 そして、当時既に 社長に(知らぬ間に)お婿さんを募集されているという・・ そのステータスが変わっていないあたりも むむ・・ 笑

      1
      テーマ:
    • 三年番茶のお取り寄せ

      久しぶりにお取り寄せしま~す。 500g 3000円 100g 700円 気が付けば、先日体調を崩して寝込んだ父がせっせと毎日飲んでいて、お茶が底をつきそうでした(笑) 三年番茶が欲しい方は、2/28(火) 22時頃までにご連絡下さいね。 このお茶については過去記事をどうぞ。 ※北区のわが家に取りに来られる方か、札幌駅で夜にお渡し出来る方。 送ってほしい!という方は事前にご相談くださいね。

      テーマ:
  • 21 Feb
    • はじめての おそうじ講座

      がんこ本舗認定講師として初のおそうじ講座を終えて、出し切って、ホッとして、まっすぐ家路に着けずカフェで動けなくなっています 笑。  水 地球 お魚 たべもの いきもの 幸せな暮らし  自分にとってそれって何だろう?と立ちどまって思いを馳せるきっかけ。  知らなかったことに触れて、感じる。  大切なプロセス。   午後の講座では、かつて教えてもらった、欧州のシャーマンから教わったという唄を、残っていた皆さんと共に唄って講座を終えました。  私たちは一つの輪 ひとつのめぐりの中にいる 始まりも終わりもない  主催してくれた友、藤山道子ホメオパス・お手当て人がこんな風に講座を見てくれていました。よろこびと感謝と共にシェアします。   今日はWakako Oi わかこちゃんのおそうじ講座!がんこ本舗のきむちんのもとで学んだわかこちゃんの話は、地球=命を守る話でもありましたね。お皿洗い実験では、使う洗剤により全然違う水の汚れ具合や、必要な水の量を体感して、深く納得。洗い方って、地球の扱い方とイコールなんだね。ゆりかごを揺らす手は、世界を動かす。台所の皿洗いの水は、地球を変える。

      5
      テーマ:
  • 19 Feb
    • 健やかな世界を育む お手当て

      ブログはちょっとお久しぶり。 あまのじゃくで、おそうじ講座の告知すべきなのに、ホピの朗読会のレポやおそうじ学校のレポそっちのけでお手当てのこと書きます(^_-)わこ、改めわかこです笑。 横浜Umiのいえで開催されたおそうじ学校講座受講の為7回連続で上京した内の2回は、翌日が親子お手当デー。麻紀子女将の推薦でサポート参加させて頂きました。 私はお手当て講座はセカンドまで受講(赤ちゃん講座は、まだまだ先です)。なので赤ちゃんのお手当てでなく、お母さんのお手当てをさせて頂きました。    お母さん達へのお手当てでは、とっても縮こまっていたり、身体の中身はどこにいらっしゃるのかしら?と思うようなお母さん、お手当て受けながら泣きじゃくるお母さん。お手当て後に身体の反応をお伝えしつつお話しするうち、お母さん達から感情と涙がどっと出てきたり、普段は考えもしないような何かが口をついて溢れてくる。   頑張っても、頑張っても様々な事情で心も体も健やかに保てない、でも何とか必死に頑張っている、もう糸が切れてしまいそうなお母さんたち。そんな必死なお母さんの子供たちや赤ちゃん達も、身体を強張らせ、つっぱり、または健気に頑張っていたり、まるでお母さんの代わりのように発散していたり。  お手当てでゆるむ。 沢山の頼もしいお手当て人やお母さんの先輩達が両手を広げて待っていてくれる場で、お子さんも、自分も大切に扱われながら過ごす時間を持つ。  バランスの良い美味しいご飯を一緒に食べながら、心身リフレッシュ。沢山の愛とヒントをもらう。   横浜Umiのいえでの親子お手当デーとは、そんなすごい場なのでした。    独身、子育て経験無し、赤ちゃんはどう接していいのかアタフタする私は、正直Umiのいえの役割や親子お手当デーの意義がピンときていなかったように思います。いつも様々な講座を開講しているのでみんなドタバタ大忙しな姿に気を取られ、本質が視えていませんでした。   健やかな人が育つ世界を作っているのですね。だからお手当ても、抱っこやおんぶも、食育も、身体感覚も、おそうじも、アートも、色々必要なんですね。   出会えて本当に嬉しい。 これからも細く長く繋がっていきたいです。  横浜Umiのいえ、未体験の方はぜひ1度(^^) 実は、札幌でもゆるゆると始まっています。親子お手当デー。冬はお休みしていたようですが、春に再会するそうです。札幌でも頼もしいお手当人がいますよ♡ 札幌親子お手当デー、決まったらお知らせしますね。 お手当て、必要な方に届きますように。 

      3
      テーマ:
  • 08 Feb
    • ”オススメします!2/21 Wakoのおそうじ講座”

       お手当ての大先輩であり、ライター、ホメオパス、そしてひょうきんな2児の母であり、元旅人。 敬愛する友、藤山道子さんがおそうじ学校しよう☆と言ってくれました。    【Wakoのおそうじ講座】◎日時/2月21日(火)午前の部)10:00~11:30午後の部)13:00~14:30※午前 or 午後、都合のいいほうにご参加を◎定員/各回 10名◎参加費/2,500円Wako愛用すぐに使えるおそうじミニボトルポンプ付200ml・40回分 ¥1,250(税抜)相当と、おそうじクロスお試しサイズ付き◎会場/青い嵐の603札幌市中央区南2条西7丁目8-2 南2条ビル603号室◎申込み/大井わこamo.motherwing☆gmail.com☆を@に代えて「午前or午後のどちらに参加か」を明記のうえお申込みください。さすがライター。 とても纏まっているのに、素晴らしい網羅力で大切なポイントを全て抑えた案内をしてくれています。 ぜひぜひぜひみちこーること、道子さんのブログをご一読あれ〜〜

      3
      テーマ:
    • 第6回 おそうじ学校 〜プチ講座作り&Wakoのおそうじ講座開催決定☆〜

      明日は、おそうじ学校最終回で卒業試験だというのに… と思いつつ、第6回のおそうじ学校レポをしながら頭を整理しようと思います♡  第6回は、2期生全員のおそうじプチ講座。  私、「自由に」というお題がとても苦手。  1期生まこちゃんのおそうじ講座の素晴らしさに、私は何を伝えたいんだろう???と悶々としていたら、あっという間にXデー前日。 直前にプチ実験して資料的なものをまとめたけれど寝落ち(午前様)。横浜に着いてからあれこれ書き出して睨めっこ。 こういうのやって!と言われていたらどんなに楽チンかしらと思いつつ頭を絞ります。が、絞れない要点。 かくしておそうじ学校当日。発表順はアミタで決まりました。 マイ実験して実物持参で発表した人や、紙芝居のように語り聞かせる人 お洗濯した後の洗剤液を実際に持ってきた人も٩( ᐛ )و 私は、皆んなでプチ実験。ちびちゃん連れのクラスメイトもいたので、ちびちゃんも一緒に╰(*´︶`*)╯  写真は、自宅で行った予行演習の様子。 湯飲み茶わんの蓋に、口紅で線を描きます。 左から、 ①市販の食器用洗剤②がんこ本舗の食器用洗剤「森と」ちゃん③洗濯用洗剤「海へ」ちゃんの超希釈液(何十倍だろう?)。 ポトリと垂らします。 ①市販の食器用洗剤。 ②「森と」原液。 洗剤液の雫が直撃した部分の口紅が途端にはげました。油が分解されたのでしょうね。写真で見えるかしら?③超極薄「海へ」ちゃんを霧吹き。 それぞれ指で撫で撫でします。 すると… ① 混ざります ねっとり。 ②さらさらの色水になります③ これもさらさらな色水に。  スポンジを使う人は、スポンジも綺麗になるまで濯ぎますね。①②③を濯いだお水の量を比べると…更に、きむちん校長式に新聞紙であらかた拭き取ってから濯いだら、水の使用量は…私のプチ講座では、小さなお皿と、市販のスポンジを4つ切りにしたミニスポンジ、それに水道代わりのペットボトル、下水処理場代わりのタッパーを用意してお水の使用量見える化実験! ①②③、それぞれ小皿3枚ずつ。 ①②は、流水とスポンジで濯ぎ。スポンジも、洗い役の人が満足するまで濯いでもらいました。 ③は、新聞紙で拭き取ってからちびちゃんに濯いでもらいましたよ٩( ᐛ )و お水の使用量は…①がダントツ多かったです。スポンジの泡ぶくが続き、お皿もなかなかスッキリしないとのこと。 ②、③と続きました。  私の想定はここまで。 ところが、この実験を見たきむちん校長が「①には口紅が浮いてるね。けど②や③は水と混じりあってるね。排水の状態がこんなに違うんだね!」と興味津々。さすが校長!目の付け所が違います。  そして、③の超極薄希釈液ですが、きむちん曰く「揚げ物をよくするお子さんがいるご家庭だと、この希釈液だと薄すぎると思うよ」とのアドバイス。 まさに、化学実験♡ 効率よく使うには、適量、適温が鍵です。  ワイワイやりすぎ、思いのたけを喋りすぎ、唯一私だけ30分の制限時間をオーバーしました 笑  明日の、第7回おそうじ学校ファイナルは卒業試験プチ講座です。  前回のプチ講座の反省をしつつ、改良したいと思いつつ、、これからまとめまーす┌(; ̄◇ ̄)┘もう一つの宿題である「おそうじ講座の日取りを決めてくる」はお陰様で決まりました♡ だーいすきな友が任せとけっ☆と開いてくれます。スンバラシイ紹介文も書いてくれました(涙)  次の記事でご紹介します!来てね♡

      テーマ:
    • 第5回 おそうじ学校は1期生のプチ講座を体験☆

      第5回のおそうじ学校では、1期生のおそうじ講座デモンストレーションがありました。 そうです。 この講座は、おそうじ学校という名前ですが、がんこ本舗のおそうじ講師認定講座。  単にナチュラルクリーニング的な方法が学べると思い込み、講師認定講座だなんでちっともな気づかず申込んだ事は、前にブログでも書いた通り(サザエでございま~す♪) 毎回、宿題やるのにてんてこ舞いで、講座で学んだ事をあれこれ使いながら、宿題のお陰で随分大掃除をしましたが、まさか自分で講座を開くだなんて… 一期生はいったいどんな講座をするのかしら?? くじ引きで1番を引き当てたまこちゃん。1番は、もれなく2期生への講座デモンストレーションがついて来た!という彼女。 やらざるを得ずやってきた家事。やりたくなくて、なくて、、、だった彼女は、誰にも習ったことのないおそうじを、一度ちゃんと習いたくて講座に参加したそうです。 だから、当初は重曹?クエン酸??とハテナマークだらけで、「劣等生でした」と笑います。  おそうじ学校に通ううち、自分がこれまで使ってきたものって何だろう?何でできている?何のためにどんな物が使われていて、それはどんな作用なんだろう??と疑問が膨らんでいったようです。 お子さんがいる彼女の関心は、お子さんが使うオムツや、生理用ナプキンにも向いて…デモンストレーションでは、紙オムツと生理用ナプキンの中身を見せてくれました。 単に、表面を破いて中を出したり、触れたりさせてくれました。  同じくらいの量の、紙オムツと生理用ナプキンの吸収体に、同じくらいの水を含ませてみたり。左が紙オムツの高分子吸収体。つぶつぶしてますね。うっかり洗濯機で回しちゃった事のある人にはお馴染みなコレ。 右の生理用と比べても段違いに水分吸って膨らんでいます。 まこちゃん、何でできてるの??が高じて調べた事をシェアしてくれます。 消臭や芳香の目的で随分色んな物が複合的に使われているんだそうです。  布ナプキンの汚れ落ち実験では、経血塗って実験するのは…と(ごもっとも 笑) 卵の黄身を布ナプキンに塗って乾かし、それを重曹水につけ置きしてから「海へ」ちゃんで洗うのと、水につけ置きしてから市販の洗濯洗剤で洗うマイ実験。 この実験には後日談があって、、2回繰り返したら、2度目は市販洗剤で洗った方に黄身の形に薄茶色いシミができました。 もしや、最近の洗剤に配合されている汚れをつきにくくする成分が黄身をコーティングしてしまったのでは??と。  宿題の為とはいえ、油ギトギトだった換気扇を掃除してみたら、あまりに綺麗になるので面白くなっちゃってピカピカになるまでやりました(o^^o) と。(わかるっ!)  きむちん校長や、くろちゃん先生達が、それぞれの講座ができるよ╰(*´︶`*)╯と言ってた意味がわかります。  まこちゃんには、まこちゃんのこれまでがあったからこそのマイ実験。 やってみて更にわかること。 やってみたから伝えられること。 ほんと、素敵だった! 午後は、換気扇やガスコンロ(の代わりにカセットコンロ)などのお掃除実践編。あら~こんな所がはずれるのね!  がんこクロスだけでも随分落ちるのね〜   ネジは無くさないようにしなくちゃ。どれがどこのネジだかわかるように、気をつけながら洗ったり拭いたり。他にも、濃度が異なる「海へ」ちゃん希釈液、クエン酸水、重曹ペースト、重曹、がんこクロスやスポンジ以外にもナチュラルハウスクリーニング業でくろちゃん先生が使っている細かい所を削るのに便利な細いヘラ状のアイテムなど、など、自分で自由に選んで試してみることができます。 もちろん、くろちゃん先生にアドバイスをもらう事も♪   おそうじ学校レポをしないまま、明日はすっかり最終回!卒業試験!! それぞれが、おそうじ講座をするのです。 第6回のおそうじ学校の宿題は、まさに「30分のおそうじ講座を作ってくる」でした。。 この続きは、次回のレポに。 お楽しみに〜〜♡

      2
      テーマ:
  • 06 Feb
    • ホピ物語朗読会 2月は関東4か所で開催

      いよいよ、今週末から来週前半となりました。   高崎、白衣観音の元での朗読会のお申し込み締切は、8日水曜です。主催の辰巳玲子のお知らせ文をご紹介しながら、全日程をリブログします。 宮田雪七回忌(2月14日)によせて2月11日(土)満月の日、高崎観音山・一路堂カフェにて、魂の語り部、札幌在住のWakoさんによる『生命の始まりから浄化の日まで~ホピ物語~』朗読をしていただきます。これは、ホピ伝統派長老であった太陽氏族に属したダン・カチョンバが晩年に語り残したホピの教えの口述記録です。ホピ語から英語へ、そして、日本語翻訳は、北山耕平さんがご自身でも語っておられるように“こころを込めて”翻訳してくださいました。1987年初版から版を重ね、現在12版目となります。Wakoさんは、ご自身から朗読を希望された初めての方で、この数年間、各地で朗読を続けられています。この日本語版冊子を非売品として初めて形にしたランド・アンド・ライフを立ち上げ、映画『ホピの予言』を送り出した故宮田雪(きよし)の七回忌を来月2月14日に迎えます。宮田は仏さま、法華経のご縁でホピと出会い、映画を製作しました。連れ添ってきた私は、311以後から上野国(こうづけのくに)ご縁をいただき暮らし始めましたが、高崎・観音山には、ひときわ大きな白衣観音さまが立っておられ、山川草木いのちの営みを見守ってくださっています。特別に七回忌法要を考えていなかったのですが、流れを感じ、白衣観音さまの衣の襞の下、素敵なカフェに併設した写経場をお借りして、Wakoさんに来ていただくことにしました。Wakoさんの朗読を通して、私はグレートスピリットの慈愛を感じずにいられませんでした。折しも、先頃の冬至に久方ぶりに訪れた奈良・中宮寺の弥勒菩薩さまの前でふいの落涙、声を出して泣きました。そして、この時代にもっとも大切なこと、それは、慈愛、なのでは、と。祈るように暮らし、祈るように行動する、、、慈しみ、愛を抱いて、、、ホピが語り継いできた先祖からの記憶と教え、グレイトスピリットとの約束、宇宙の計画、その約束を違えた人類のゆくえ。これから私たちはどう生き、どの道をゆくのでしょうか。縁ある方、聴いてみたい方、Wakoさんに会いたい方、どなたでもご参加ください。法要ではありませんが、大地、いのち、愛、感謝、すべての生きとし生けるものが幸せでありますように、ご一緒にお祈りする時間もいただけたら、ありがたいです。2017年2月11日(土)高崎白衣観音・一路堂カフェ11:00 受付11:20~ご挨拶、お食事12:50~16:00 全編朗読(今回は休憩をはさまず一挙朗読です!)16:30 おひらき参加費 2,000円(お昼ご飯代含む)要予約 20名 2月8日までにご予約ください。 ※前日、当日のキャンセルにつきましては、お食事代1,200円のみ 申し受けます。ご了承ください。 ★一路堂カフェ 群馬県高崎市石原町観音山09024754893http://takasakikannon.or.jp/diary/%E3%81%94%E7%B8%81%E3%81%AE%E4%B8%8D%E6%80%9D%E8%AD%B0%E3%81%95%E3%80%80%E6%9C%89%E3%82%8A%E9%9B%A3%E3%81%95/交通アクセス・駐車場http://takasakikannon.or.jp/access.html★お問い合わせ・予約landandlife1986@gmail.com08053303693 辰巳まで   ご縁のある長老、エルダー、シャーマニックな方々の通訳の機会を経てきました。言葉にのせて手渡してゆくその作業は、メッセージを発する方の存在とそれに繋がる、内包する、包む世界を手渡す行為です。 通詞と言われた人々の、その行為一つで歴史も変わってきた。  どなたの通訳でも、何でもできる訳ではありません。   神聖であればあるほど、大切であればあるほど、慎重でなければと思っています。  ホピ物語は、初めて手にしたとき、ぐっと、ぐっとくるものがありました。独り声に出して読んでみたとき、肚から胸に身体の隅々に響き渡る震動をどこかに感じながら声にのせてゆく時間がかけがえのない事に感じました。    長老のエネルギーを 部族の創生神話を 人が生きるという道のことを 今は体を持たない長老に声をお貸しして皆様へ手渡します。安らいだ場で。 どうぞおいでください。 深い記憶とつながりに。

      3
      1
      テーマ:
  • 28 Jan
    • 温める

      ほんの繋ぎのつもりで高時給につられて始めたコールセンターでのお仕事。おそうじ学校に2回/月、全7回通うのに、シフトの希望も叶うのでとても都合がいいと思って。     新しい環境入ると、全身がセンサーになります。早く色々覚えなくちゃ、できるようにならなくちゃ!!!と。    初めてだらけで、そんなに急にできるようになるはずもないのですが、スイッチが勝手に入るのです。    パソコンも車も、動けば良し!で使ってきたのに、急にお電話口で「OSとIEのバージョンはお幾つですか?」なんて確認しなくてはならず、分からない方にはパソコン操作を誘導して確認頂かなくてはなりません。とうぜん、OSのバージョンが違えば画面の見栄えも操作方法も違う。  更に、コールセンター用語、お客様にご案内する多岐にわたる内容、最低限確認すべき事項、、、と、まぁ覚える事の多いこと。 保留が長くなったり、回数が多くなると、お客様に申し訳なくて更に焦る→訳がわからなくなるという悪循環。   ミスをしないように、、、と思えば思うほどミスしますよね  笑からだは正直 極度の緊張の日々。 過緊張。   そうなると、内臓の動きが鈍くなる・硬くなる→押してもわかる塊→消化不良、巡りも不良→代謝落ちる、冷える、浮腫む、筋肉硬くなる、衝撃吸収しない=踵が痛い、腰痛になる、、とどんどん体調が落ちます。     気分も上がらない。  朝起きるのがツライ。   プラス、私は冷え歴が長いのです。  幼い頃から靴下がキライ。 家に戻ると先ず靴下を脱ぎます。 どんなに足が冷たくなっても、何もはきません。  築年数が私と同じ年の我が家は、父の言葉でいう「安普請の建売住宅」。トタン屋根直下の私の部屋は、もう断熱材が全く機能しておらず、夏はサハラ砂漠のように(行った事ありませんが)暑く、冬は外気と変わらなさそうな程冷え込みます(今も、ストーブ焚いてないのでダウン着込んで書いてます。ストーブ焚いても厚着はします)。  湯たんぽは、お布団の中で朝までにしっかり冷えています。 なのに、いつの間にか腕は万歳しており、朝目覚めると肩肘腕はキンキンに冷え切っています。積年の冷えで、冷たい廊下を数歩歩けば足はアイスノン並み。お布団に入っても自力で温まるまでに1時間以上はかかります。 お布団の中で丸まっても、朝方、肌寒くて目覚める事もしばしば。  冷えすぎ!という自覚と、お布団が寒い!!という自覚が出た今年は(遅い…)、ベッドマットの上に敷布団+純毛ベッドパットシーツ、麻のシーツ、タオルケットと重ね、そこに湯たんぽ2つ。掛けは、タオルケット、羽毛布団、純毛毛布。時折、寝袋用の筒型シルクのシーツもインして潜り込みます。  それでも、それでも、朝方には万歳しがちな肩肘腕は冷たく、太ももやお尻も触れるとヒンヤリ。  さすがに湯たんぽ2つ入れると、朝までほんのり温かい事が多いのですが(ぐっと冷え込む夜が来ると冷たくなってます)、そのほんのり温かい湯たんぽを、肩や腰、太ももや内もも、お腹に当てます。 冷えているので、ほんのり温かい程度でも昇天しそうな温もりに感じます。  目覚めてから起きるまで、最近はこれが朝の日課。 湯たんぽと同時に自分で自分の肘に手を当て、お手当てとダブルでしています。  太もも、臀部、お腹の辺りに、全身の血液の1/3程があると先日TVで湯たんぽ推しのお医者さんが言ってました。  なので起きている時も、太ももや腰に湯たんぽを当てるのを勧めていました。血液を温めて、それを全身に送るのが効率的だとか。     温めると、起きるのも楽になります。 コールセンターのお仕事も、多少慣れてきたので全身センサーではなくなり、伴って身体の緊張も減ってきました。     全身センサーの時って、私のイメージでいうと、追い詰められて全身の毛を逆立てているコヨーテ。 あらま、臨戦態勢じゃないですか。 そりゃ疲れます。      気持ちの余裕が先か、 温めたりして緩むのが先か、 どちらでも良いけれど、できるところから。    冷え歴も長いし 家のお風呂がキライだし 全身センサーには、よくなるし  と、気がついたので、 できる事を、できるだけから始めています。  湯たんぽ2個と寝るのは暫く続きます  笑        オマケ 先日、久しぶりに銭湯にいきました。 体が冷えていたので、お湯に長くは入れず。 そんな時は水風呂に入ります。 冷えて麻痺した時に、お湯の湯船に浸かり、少しずつ温めます。水風呂と交互に入るのですが、水に入った時に体感が変わっていきます。中が温まるにつれ、水風呂が辛くなくなる。しっかり温まってからの水風呂は、熱い喉の辺りにスーッとヒンヤリする感覚が出てきます。  今回は、水風呂から出て、身体のあちこちを触れてみました。カァッと火照っている部分と、冷たい部分があります。 何度水風呂に入っても、火照らないパーツ発見。 それはお肉(脂肪)たっぷりの内もも。  脂肪は冷えやすいと聞きますが、まぁ冷たいこと。子宮や内臓に近いので、内ももあっため作戦を立てたいと思いました。  お手当ての時も、冷えているの方には内ももに柔らか湯たんぽ当てて頂きながらお手当てします。身体があったまるの早いんです。  韓国発のヨモギ蒸しは、内ももでなく、お股にダイレクトに熱やヨモギ成分を当てますよね。近年は、生理用ナプキンのような形の、温めるヨモギパットなどもありますものね。   体温めて、身心元気に。 気持ちが落ち気味、とか、朝起きるのツライ方はお試しあれ〜(^^)

      4
      テーマ:
  • 22 Jan
    • トイレ掃除 重曹と「森と」ちゃん&巻きまきがんこクロス

      次回のおそうじ学校に向けての宿題は、自分なりのおそうじ講座を作ってくる。30分の講座を作る。何を伝えたい?・・・     日にちばかりが迫る。。洗濯槽をきれいにしたら、次の気がかりはトイレ。 見て見ぬふりをして、ずっと向き合っていないお手洗い。    恥ずかしながら、掃除が嫌いな人ばかりが住んでいる家は、清潔とは程遠い。どうやら、水洗レバーの使い方にコツがいるらしく、私以外は全量のお水を流せないもよう。飛び散りも匂いも汚れも気にならないのか、気が付かないのか、許容範囲が違うのか。静観しているけれど、その許容範囲の違いは異星人かと思う程違う。     前置きが長くなりました。お手洗い掃除のビフォー写真は、静観しすぎでしょ!という位閲覧注意の写真だらけです。 霧吹きは、「海へ」ちゃんの希釈液。霧吹き容器の底に高さ1ミリ程「海へ」ちゃんの原液+それにたっぷりとお水。角張っている辺りまでお水を入れたもの。手前の容器は、「森と」ちゃん3:重曹2の重曹ペースト。白いのは、お馴染み巻きまきがんこクロス。 今日はね、寒かったんですよ。お手洗いの温度計は5度。  本気で閲覧注意↓マイルドめな写真を選びましたが、、、、、これでも、、、、、   こんなになるんですよ。便器って。という教材にしてください・・水溜まり部分には、お湯を注ぎ重曹とクエン酸を入れてシュワシュワ発砲させました。汚れはちっとも取れませんでした。楽して綺麗!な方法はこの放置トイレにはないようです・・      先ず、水あかくっきりの蛇口はクエン酸水スプレーしておきます。     トイレのタンク、便器、便座などは水洗いと水拭き。 トイレブラシは前からある物を使います。(水はねするんだなぁ、これ)。  おそうじ学校で、くろちゃん先生は素手でトイレ掃除していました。お仕事でどのお宅に伺っても素手で掃除のようですが・・私は手袋しました。あんまりにも汚れているので、タオルではなく、トイレットペーパーで水拭きしたところもたくさんあります。便座裏、便器のふち、ふち裏はトイレットペーパーで水拭き。そして、水拭きとブラッシングで、あっという間に綺麗になりました。    ウォシュレットは、「海へ」ちゃんの極薄に希釈したものを霧吹きして、歯ブラシでシャカシャカ。あっという間にこの泡立ち。「海へ」ちゃんの底力はここでも如何なく発揮されます!霧吹きの水が垂れた、水だまり部分も泡立っています。ささっと拭き取っておしまい。水洗もしました。いよいよ、便器全体へ。おそうじ学校で習った通り、水だまりの水を抜くのですが、先ずは以前テレビで見て普段する方法。ブラシを勢いよくグルグル動かし、水を揺らしていくと、水位が半分位まで下がります。掃除をさぼりすぎたせいか、水がどんどん白濁してくるので一旦水洗。おそうじ学校、くろちゃん先生方式ですることにしました。それは、、スポンジで水を吸い出す!くどいようですが、くろちゃん先生は、これを素手で行います。お客様のお宅ででも、、私は手袋しました。まだちょっと手袋ナシでできる覚悟がありませ~ん。はい。水抜き完了♪「森と」ちゃん重曹ペーストをスポンジへ。(重曹は、水溶き片栗粉すぐ分離するので、直前によく混ぜて使います) スポンジを揉んで少し泡立てから、全体を洗います。くろちゃん先生直伝「やさしく」「円を描くように」。こっちも。積年の黒ずみはとれませんが、良しとします。(削ればとれるとの事)水が流せる部分は流しますが、そうでない所は拭き取ります。そして、いよいよ、ウォシュレット便座をはずします。くろちゃん先生が講座でいとも簡単に便座をはずしていた記憶を頼りに、、あった!押せそうな箇所。あれ?片側にしかないの????カチッ。あれ?動かない?あ!動いた!!閲覧注意↓                 ウォシュレットがあると、手が届きにくい部分の汚れに、やっとリーチできます♡♡♡ここも、あまりの汚れっぷりに、、霧吹きとトイレットペーパーに活躍してもらいました。便座がないと、この部分の掃除がとっても楽進化形ぞうきんとTVで紹介されていた、巻きまきがんこクロスを水で軽く湿らせ、プラスチック部分や周辺を撫でます。 すっきり  そして、また、講座の記憶をたどり、ウォシュレット便座の接地面を立てて・・あれ?色水が便器のふちに出てきたぞ・・・本気で閲覧注意↓           初めてですから、当然ですが・・・        便座、今までごめんなさい          注意書きシールが、こんな部分に貼ってあるのも初めて知りました・・電気製品なので、むやみに水洗いしないよう書いてあります。が、霧吹きとトイレットペーパー活用!あらかた取れたところで、コビリツキは「がんこクロス」!つまようじに巻き付けて、隅々こすりましたよ閲覧注意↓     ずいぶん綺麗になりました。変色してしまった部分はどうにもならず、、キュッキュッという音がするので、綺麗になっていることにして終了!水拭きと乾拭き。がんこ本舗から届いた、ノロノットを吹き付け除菌もしました。 水拭きと乾拭きで仕上げ ぴっかぴか主要部分はこれで終了  パーツもやりましたよ~。がんこクロス大活躍 こんな風にも♪ お水だけでピカピカです ノズルも、水だまりも、便器も、便座も こちらはビフォーホコリと水あか。。水あかが層になってますね。下の方は結晶化してるのでしょうね。水の落ちる穴も汚れの付着が見えます。アフター蛇口ピカッ根本もずいぶんキレイおそうじ手順①クエン酸水スプレーして放置、水拭き。②重曹ペーストを泡立てたスポンジでくるくる撫でる。③水を流せる部分は流し、全体を水拭き、乾拭き。 水あかの結晶は削らないと取れないんだそう。今日はそこまではしませ~ん。水の落ちる穴は付着汚れが落ちています最後は便器の根元。閲覧注意↓飛散を放置するとこうなります。日課の晩酌で、飛散は拡大。。 水拭きで大概は拭き取れました。水拭き後、「海へ」ちゃんの希釈液を霧吹きして更に拭きました。 汚れ上部にあった親指の爪大の汚れは拭いても取れず、防水紙(紙やすり)でくるくる円く削りとりました。水拭きして、乾拭き。  掃除始めて3時間。準備はじめてからは4時間(気乗りせず、のろのろ準備)ある程度やりきりました。トイレ掃除。ウォシュレット便座も、初めて外しました。そして磨きました♡芯まで冷えた!けど、やり切った!気持ちがスッキリ! もうね、最後は「いつかは終わる!」と呪文のように繰り返しながら拭いてました。いつもありがとう! こんなに放置してごめんね! きれいになりたいよね!!とも言いながら。素手で、ほぼどこでも触れられるお手洗いになりました便器のふちの裏側は、削り取るしかない頑固汚れが・・まだ手つかずです。でも今日はこれで充分頑張りました 

      7
      テーマ:
  • 21 Jan
    • ホピ物語朗読会 2月は関東4か所で開催

      す各会場の情報は随時アップデート中です横浜Umiのいえで久しぶりに朗読した後、おそうじ学校の同級生たちが聞きたい!と2/13(月)ご自宅スペースへ、2/14(火)ご自分のカフェで朗読会を企画して下さいました。その後、この冊子『生命の始まりから浄化の日まで~ホピ物語~』を発刊されたメンバーのお1人、映画『ホピの予言』監督、故 宮田雪さんの7回忌の法要に変えて、朗読をしてもらえないかと打診を頂き、2/11(土)は群馬で朗読させて頂くことになりました。気がつけば、朗読ツアーになりました。2月の上京は、元はと言えばおそうじ学校最終日のためでした。この時はすこし長めに滞在したいと、当初から思っておりました。10月に講座に申し込んだ当時に格安航空券のバーゲンはまだ2月分を販売しておらず、2月の帰札分のフライトはずっと予約せぬままでした。1月にやっと2月からの春のフライトセールが始まり、いつ帰ろうか具体的に考え始めましたが、どうも心が決まりません。安いフライトが無くなる前に!と遂に予約を決めた時、14日に飛ぼうと思っていたのに何故か土壇場で15日のフライトを予約しました。その時は、朗読会は横浜Umiのいえでやろうね~というお話だけしかありませんでした。1週間あるし、いつにしましょうか?なんて話していたのです。それが、それが、あっという間に3か所に増え、最後には7回忌の法要に変えて、、、という。故 宮田監督の命日は、2月14日。その日も朗読会です。法要に変えて、、と初めに打診頂いた日程は13日。すでに横浜で朗読会が決まっていました。なので、群馬は11日です。先日、横浜Umiのいえで朗読させて頂いた後、参加された方が湧き上がる思いをシェアしたいと、こぼれる言葉を綴ったメールをくださいました。ご本人のご快諾を得てご紹介します。「終わった後、すぐに言葉にできなかった感想ですが、あのあとからずっとジワジワと感じるものが続いていて、お伝えしたいという想いが出てきたので、麻紀子さんの投稿からブログを辿ってきました。感じたことを言葉にする、に慣れてないので、箇条書きのようなものになってしまいますが、読んでいただけると幸いです。感じました。何を。響きました。どこに?これが、魂?分からないところに。揺さぶられました。何か?分からないけど、こうやって書いていても、なぜか、涙が出て来る。これはなんだろう?会場を出た後、大きな満月が目に入って、感じました。何を?何かを。「Mother Earth」「Father Sun」「Way of Life」「言葉の奥の、その意味を」ずっと頭の中にこだましています。聞けてよかった、というよりは、聞かないといけなかった、聴くことになっていた、という感じが出てきました。自分のことで精一杯、人のことまでかまってられない、小さな何もできない私。どうせ、の箱。何度も出ようとして、何度も戻ってみて。でも、感じました、ホピの長老さんのお話にこんなに感じる私。私、が、持っている。共鳴するものを。それが、嬉しくって。涙がでます。   あ、それで涙が出てるんですね(笑)書いてみて分かった(笑)実は、朗読会の事、当日の朝に偶然知りました。午前中もUmiのいえに用事があって、その内容の確認をFBで見ていたら、たまたま麻紀子さんの告知投稿がトップに出てきたんです。出かける直前だったので、サラッと見ただけでしたが、なんか気になり、昼間に麻紀子さんに内容確認して、「行けたら行きますでもいいですか?」という状態で一度家に戻りましたが、すべてが出かけやすい状況になるよう巡ってきて、参加することができました。」(*麻紀子さん:横浜Umiのいえの女将のことです。)2月朗読会の全会場について、このページでまとめて掲載したいと思います。(詳細頂いた順に、順次更新していきますので、まだの会場はもうしばしお待ちください)「ホピ物語」朗読会 ~生命の始まりから浄化の日まで~ 全14章の物語を声にのせて。 2月10日(金) 横浜Umiのいえ18:30 開場 19:00 開始 約3時間 参加費 2500円お申込み:わこへ。amo.motherwing♡gmail.com (♡を@に)お知らせください。・お名前・当日のご連絡先電話番号・参加人数ホピ物語について、詳しくはブログ記事をご覧ください。こちら 2月11日(土) 高崎白衣観音一路堂カフェ11:00 受付11:20~ご挨拶、お食事12:50~16:00 全編朗読16:30 おひらき参加費 2,000円(お昼ご飯代含む)交通アクセス・駐車場★お問い合わせ・予約landandlife1986@gmail.com 08053303693 辰巳まで定員は20名ほどでしょうか。ご予約は2月8日までにお願いします。尚、前日、当日のキャンセルにつきましては、お昼ご飯代(1200円)のみ頂戴いたします。どうぞご了承ください。  2月13日(月) 横浜住育の家®(相鉄線鶴ヶ峰駅より徒歩8分)10時~14時くらい参加費:¥2000アクセス:申し込みのあった方に詳細お知らせします。★お申し込み&お問い合わせ miho3gou☆gmail.com(☆を@に変えてどうぞ♪)おそうじ学校同期生が、お子さんが幼稚園に行っている間の時間帯に行います。住育の家という、暮らしと住まいを提案するお宅での開催です(^^)  2月14日(火)カフェ福堂 満員御礼♡18:00 開場 18:30 開始 約3時間 参加費 2500円(フリーソフトドリンク)定員:  満員御礼です♡お申し込みは、カフェ福堂ホームページのお申し込みフォームよりお願いします。http://cafe-fukudou.com/contact アクセスJR稲毛駅東口徒歩2分千葉市稲毛区小仲台2-5-12 2階(りそな銀行ATMの上)TEL:043-307-7376HP:http://cafe-fukudou.com/FBイベントページ:https://www.facebook.com/events/2214095465482692/「念願の朗読会の開催です。1冊の本を朗読で聴く、という体験をしてみませんか。わこさんの朗読を聴けば、きっとこころの奥に響くものがあるはずです。ぜひ魂の声を聴いてください。」こちらも、おそうじ学校同期生が聞きたい!と主催してくださいます。小さなカフェなので、8名のお申込みに達し次第締め切りです。追加情報があれば、随時追加していきますね。こんなにたくさんのご縁を戴けて、ありがたいやら、とまどうやら。読みます!って、この間、語り残したダン長老のお写真に、確かに宣言しましたけれど、こんなに急にそうなるとは。こころして読ませて頂きます。 どうぞ、シェアして下さいね。心惹かれる方、どうぞいらしてください。お待ちしています。

      3
      1
      テーマ:
  • 17 Jan
    • 洗濯槽のクリーニング 過炭酸ナトリウム&「海へ」ちゃん

      前回のおそうじ学校で、1期生のおそうじ講座のデモンストレーションがあまりにも感動的で、素敵で、感涙。来週、私はどんなおそうじ講座をしたらいいのか、考えあぐねています。が、気を取り直して、おそうじレポ。今回は、冒頭から閲覧注意の写真ですよ~↓           以前おそうじ学校の授業でオマケとして見せてもらった、(おそうじ学校会場の)洗濯機のヨゴレ。 きゃ~~~~まじ~~~~!と思いましたが、ナチュラルクリーニング業を営むおそうじ学校講師のくろちゃん曰く、これはあまり汚れていない方だそうです。にわかには信じがたい。この洗濯機では生分解する洗濯洗剤「海へ」ちゃんを使っているので、一般的な洗濯洗剤を使っている洗濯機より断然キレイなんだそうです。(クリーニングで様々なお宅の洗濯機をみてきているくろちゃんが言うのですから間違いありませんよね。っていうか、一般的な洗剤の洗濯機ってどんなに汚れているんだろう?それをお掃除しているんですよね!)これも大概きったな~い感じですが。。、このタイプの洗濯機は、ねじがはずせるとの事でした。わが家の洗濯機も、何年か前に洗浄剤で綺麗にした記憶がありませすが、気になりながらも以降放置。。先日、わが家の浴室の蛇口が凍り付き、やかんのお湯を片手に奮闘していた父が、うっかり洗濯機置き場を水浸しにしてしまうという珍事件が起きました。新聞紙とぞうきん・バケツを総動員して高齢の両親と3人でおおわらわ。腰が痛いという母、あ~~!!と自分のボケに落ち込む両親を横目に、洗濯機のある床がきれいになって、この際良かったのでは?と内心思っておりましたその時、ふと、わが家の洗濯機はの汚れはどの程度?と疑問がよぎり・・はずしてみました。閲覧注意の写真ですよ~↓一応、わが家の洗濯ではセスキ炭酸ソーダがメイン(母が洗濯機を回すのですが、目の前に置いてあるものをざ~っと入れる習慣なので、目の前に置いてあるセスキをザ~っと入れてます)。私が洗濯するときは、「海へ」ちゃん単独や、セスキや重曹などと併用します。何年か前までは、粉石けんを使用していたこともありましたが、ここ2~3年はもっぱらセスキとほんの時々「海へ」。   いや~ん!!! それでもこんな感じ! いちめん茶色い! ネジも~~~~ この厚く乗っているのは・・・  確認したので、綺麗にするのはまた今度。と思ったのですが、横から覗いていた父が「うわ!汚いな!!洗うか!」と。父に任せると、市販の○○用洗剤で洗うのは目に見えています。それはちょっと・・・・という事で、「私が洗うから大丈夫」と大声で宣言するはめに。(今から~~~とは心の叫び。すでに20時近く。)  過炭酸ナトリウムを50度以上で溶かせば、発砲しつつ、除菌もしてくれるし、使ったあとは炭酸ソーダと酸素、水に分解するので生分解の必要がなく、環境にもあまり負荷をかけません。この時、過炭酸ナトリウムは、わが家にはそれ程残っていませんでした。洗濯洗剤「海へ」ちゃんは、数敵しか使う予定がないので十分です。(参考サイト:石鹸サイト 過炭酸ナトリウム)     洗濯槽にお湯張りするときに、少し温度が下がる事を見越して給湯温度は60℃にしました。 もうこうなったら、やるしかありません(半ばヤケ) 過炭酸ナトリウムを適当にザーーーーッと入れ、洗濯洗剤「海へ」ちゃんは6滴。(60リットルで6滴だったような。)で、お湯を張ります。もうこれだけで泡がぶくぶく。 汚れも浮いてきます。     閲覧注意の写真ですよ~↓携帯カメラで色々なアングルで撮ってみると、ヨゴレがあちこちに・・   洗濯機を回してみます。    しばらくして思い出しました。過炭酸ナトリウムは20分以上置く方がいい。熱々のお湯を入れているので、それなら長く置いてよりたくさんの汚れを柔らかくしてはがせばいい。過炭酸ナトリウムは、蛋白ヨゴレ・油脂ヨゴレを分解します。「海へ」ちゃんも油汚れを細かく分解してくれるんだし、「海へ」ちゃんサイトでも浸け置き(洗濯)をおススメしているし、断然おいておく方がいいに違いない!のに、気づいた時には、脱水が終っていました      閲覧注意の写真ですよ~↓15分洗ったくらいでは、こびりつき汚れはおちていませんでした。   泡の上に浮いて来ていたヨゴレと思しきものが、洗濯槽の上部についています。↓     でも、底部分はけっこう綺麗になっていました。 15分の洗濯だけですよ! 残りはくらげちゃんスポンジで擦ってみます。白い面は、プラスチック消しゴムと同じゴム素材でわずかな水で汚れを滑らせて取ってくれるという機能を持ちます。       閲覧注意の写真ですよ~↓       歯ブラシも使います。 やる気で始めたお掃除ではないので、すぐに息切れ 笑特に、ネジではずれたこの底カバー(と呼んで良いのかしら?)は、どうしても洗濯槽からは取り出せないのです。洗濯機の中に腕と頭を入れてゴシゴシ・・細かい所まで擦る気力がありません。もう、これ位で良しとする!     あらかた擦り終わったところで、底カバーをしっかりネジ止めして、脱水3分。あらためてお湯を張り、「海へ」ちゃん6滴と、わずかに残った過炭酸ナトリウムを入れます。        40gあったかどうか・・・ 1度目の方が過炭酸ナトリウムが多かったので、心なしか、泡立ちが少なめです。。洗濯機のゴミとリネットとカバーもはずしておきます。   この後、15分洗浄を3回行いました。 1回目。当然泡立ちます。お水が濁ってきました。しばらくすると泡が消えます。 2回目。回すとまた泡立ちます。 2回、15分ずつ洗濯槽を回しても水温は44度位。 3回目。また回すと泡立ちます。 3回目回し終わった直後でも41度。この後、小一時間放置。 洗濯15分設定(15分回す設定にしても全体の時間は21分と表示されます)×3回。そのまま放置小一時間。  その後、脱水して、すすぎ1回。結果は↓すみっこ部分以外は、キレイになっています!!  ね!つるぴか!とはいえ、磨き残しのある歯みたいですね 笑   底はこんなにピカピカです  ↓これは、スポンジで擦った直後の写真(再掲)なので、これより、キレイニなっている気がします♪    中心部分も、そこそこキレイになりました。十分です♪ スポンジで擦ったがありましたね。力は入れてません。 このあたりもさっとこすりました。狭い部分は擦れていませんが、けっこう綺麗そうです。本当は、このパーツも外せるのだったら外して洗いたかったなぁ。無理でした。 ここもスポンジでこすりやすい部分だけさ~っとこすりました。ぴかぴか♪    洗濯ネット、洗う前。  洗濯機にず~っと入れっぱなしで3回洗われた後。 どうしても残っていた角だけ、ほんの少しスポンジしたかな?(記憶が・・)   結論:お湯を使おう!(50度くらい)過炭酸ナトリウム+「海へ」ちゃんで3回洗ったら、泡は毎回ぶくぶく。泡が汚れを落とすそうなので、何度も泡立つって良い!洗う度、水の汚れた色が濃くなったので、より汚れが落ちていたように思います。次回するとしたら、この方法かな?①底カバーのネジをはずして、ヨゴレチェック。(それほど汚れていない予定 笑)②50度くらいのお湯に、過炭酸ナトリウム+「海へ」ちゃんを入れ、満水にする。③すぐに最長時間の洗濯をする。④1時間位放置。⑤スポンジや歯ブラシで汚れを落とす。⑥ ③④をあと2回繰り返す。必要なら⑤も。⑦お湯の温度がまだ35~40度位あれば、更に1時間放置。⑧脱水、すすぎ1回で完了。 底カバーが(想定外に 笑)汚れていたら、⑤~⑦のどこかで一度脱水してから、カバーを外してスポンジなどで汚れを落としましょう。石鹸と違い、「海へ」ちゃんは石鹸カスが出ないので、クエン酸を入れて中和しなくても大丈夫です。               

      2
      テーマ:
  • 16 Jan
    • おいしくて やさしくて ~再会のレストラン~

      片瀬江ノ島駅からすぐ。 札幌にある自然食の店まほろばで、かつてベーカリーやカフェ、お惣菜に腕をふるっていたシェフがご夫婦で開いているレストラン。 やっと行けた。(行く行く詐欺卒業 笑) 気持ちのいい午前中、幸運にも予約なしで席があり、案内されたのは立派なお庭の見渡せる席。 ピュアな奥様と懐かしさに涙して悦びを分かち合う幸せな時間。 ひとしきり涙が乾いた後、運んできてくれたお水。 太陽と水のプリズムが眩くゆらめきくこのあまりにも美しい光景に息をのみました。まるで神様が、私たちの再会の喜びを祝福し視覚化してくれたかのような。しばし、太陽と水と光の舞をうっとりと眺めました。  和のテイストが随所に効いたお料理は、鎌倉や湘南の幅広い年代のマダムに愛されているとか。 やわらかく やさしく 素材の食感も味も香りも丸ごと調和して最後の一口まで美味しい。 平目の細造り香り野菜と淡白な平目がゴマのソースでまとめられています。隣のテーブルから、「あ~久しぶりに美味しいものを食べたわ」と年配のご婦人の声が聞こえてきます。 オニオンスープチーズもしっかり効いているのに、和なお味。  ネギのベーコン巻き・ごぼうのフッリット火の通ったネギの甘味、生の歯ごたえがシャキシャキと残る部分と両方が合わさって、ベーコンの旨みと塩気が溶け合います。ごぼうの甘味と柔らかい中にも繊維の歯ごたえが楽しめるフリット。歯ごたえとさわやかなドレッシング、すっきりあっさりな甘味は柑橘?後味が軽やかなサラダ。 イカの名前は忘れたけれど、濃厚なトマトで煮てあります。パンでもご飯でもいけそうな美味しさ。  明太子とブラックペッパー?の辛みが後味でピリッとします。キャベツとネギの甘味とのコントラストが美味しい。    ささみと梅肉、シソの春巻き。付け合わせはお大根と黄色いカリフラワーが、ほんのり梅肉の効いたお出汁の餡かけ。  食後に選んだのは、タンポポ茶。濃すぎず、薄すぎず。  ほうじ茶のゼリーは口に運ぶと消えてしまうはかなさ。渋すぎないほうじ茶が爽やかな甘みと共に身体に沁みわたります。寒天でこのはかないすっきり感。リンゴのジャムとイチゴを添えて。 ゆったりと、イタリアにでもいるかのような2時間を楽しみました。青い空丁寧なお料理温かな太陽と輝く笑顔夜の朗読会の前に、和やかで充実した時間。心の底からお料理を味わい、心身チャージされました。お店は、片瀬江ノ島駅から徒歩2分ほど。 改札を出て左へ。 突き当りのお宅がレストランです。  予約をおススメします。GIRINO  

      6
      テーマ:
  • 14 Jan
    • 2/10(金)ホピ物語朗読会の夕べ

      昨夜は、静かな空間、お手当の講師が5人。頭でなく、存在そのもので受け取ることになれている皆さんと、何となく魅かれて、、という方や昼間の講座で急に朗読会の事を知って、という方など総勢10名と小学生がお一人。頭からブランケットをかぶり、あぐらをかく人、最初からごろりと寝転ぶ人。とてもとても安らいだ場での朗読でした。私も、昼間は、古い知人のお店で再会と、繊細で美味しいランチで心身エネルギーをチャージ。その後大好きな長谷寺へ行き、阿弥陀如来さまのお堂でしばし座り、静かに、そしてぐ~っと肚へ降りてきました。会場は、お手当の師匠が心をこめて肚から掃除機をかけてくださってから、セージを存分に焚きました。焚きすぎてお部屋が白くなったので、窓を開ける程でした 笑ホピ物語を語り残した、長老ダンのお写真に向かう時間も。必要でした。こういう時間。ちゃんと向き合って、心する時間。初めて、14章、休憩挟まず通して朗読しました。途中、集中力が切れかけましたが、そんな時はダン長老のお写真を思い浮かべながら読んでいくうち、また物語の世界に入っていきます。    「最初の一言目から、森にいました。」  「言葉を無理と思って、最初から芋虫(寝転んで毛布をかぶって丸まる)だったけど、じわじわしみて来てる」  「途中で帰る予定だったのに、帰れませんでした」   「悔しかった!(理不尽な事されてる歴史の部分を聞いている時) 悲しかった!」     「初めて聞くのに、前に聞いたことがあるって思いました」     今回も、それぞれが、それぞれの体験。   来月、朗読会を開くことになりました。 じっくり、ゆっくり味わう場が良いと、静かな夜の時間帯。  「ホピ物語」朗読会 ~生命の始まりから浄化の日まで~ 全14章の物語を声にのせて。 2月10日 横浜Umiのいえ18:30 開場19:00 開始 約3時間 参加費 2500円 お申込みamo.motherwing♡gmail.com (♡を@に)3点お知らせください。・お名前・当日のご連絡先電話番号・参加人数  この朗読会は、ご自分が楽に・リラックスしながら聴きます。飲食自由(アルコールや、大きな音をたてる食べ物以外)寝転んだり大の字でも、あぐらでも椅子でも。どうぞ心地良く聞けるご用意をされておいで下さい。 会場アクセスは、記事中の「Umiのいえ」のピンクの文字にリンクを貼りました。当日、道に迷ったら会場へお電話ください(045-324-8737)。NPO法人Umiのいえ:神奈川県横浜市西区岡野1-5-3 サンワビル4FJR横浜駅みなみ西口より徒歩10分相鉄線平沼橋駅より徒歩3分 千葉でも朗読会企画中です。 2/8.11.12.13で朗読会したい!という方はメールでご相談ください。ホピ物語のことはこちらのブログ記事もごらんくださいね。

      3
      テーマ:
  • 12 Jan
    • 第4回おそうじ学校 がんこ本舗講座の巻き

      第4回のおそうじ学校講師は、主催がんこ本舗から、アイテムの事ならなんでも聞いて!というハラケンさん。おそうじ学校長のきむちんとWで、受講生からの質問に答えてくれました。もちろん、おそうじひとしずくの黒ちゃん先生もいるし、宿題や、日々の生活に取り入れる中での疑問質問はぶつけ放題。なんとも贅沢な回でした。 ハラケン先生による、食器用洗剤『森と』ちゃんの力(ちから)デモを紹介します。動画もバッチリ撮りましたよ(アメブロには1分までしか載せられないので、切れてます)お皿に、市販の口紅で線と番号を書きます。それぞれ、別のものを垂らします。1:食用油2:市販の食器用洗剤3:がんこ本舗の『森と』ちゃん   油は油で落とす。聴いたことありますか?メイク落としもクレンジングオイルがありますね。指でこすってみます。食用油も、市販の食器用洗剤も口紅が溶けていますね。メイク落としのテレビコマーシャルで観るような感じ。『森と』ちゃんを吹きかけてこする様子はハラケン先生動画でどうぞ。     1と2は口紅が少し緩んで指で延ばされた感じですね。3の『森と』ちゃんの希釈液をスプレーした方は、口紅が細かく分解されて水のようにさらさらとしているます。 これも動画がありますよ。最後は全体に『森と』ちゃんを吹きかけて、指でなでました。動画撮影しながらなので、お皿を押えることも叶わず、それほど力強くこすったわけではありませんが、口紅で描いた数字も、食用油・市販の食器用洗剤で溶けかけたような口紅ごとすべてがサラサラの水のような液体になりましたね。これを新聞紙でふき取るとこうなります。あとは少量のお水で濯ぐだけです。お水の使用量がぐぐ~っと抑えられますね。そもそも、『森と』ちゃんのスプレータイプは、洗浄成分である植物由来の界面活性剤が0.96%。成分のほとんどは水。香り成分は天然の青森ヒバの精油。洗剤の使用量もとても少ないのです。 石鹸は油脂が1キロなら、作れる石鹸も約1キロ。手作り石鹸作る方ならご存知ですよね。洗剤は、原料の油脂から何倍もの洗剤が作れるそうです。何倍だったかな、講義メモ見ないと思い出せない・・原料の使用量も抑えながら、お水を汚す量も抑えられます。ふき取る紙がごみになる!という声が聞こえそうです。そうですね。ゴミをまったく出さないようにするには、他の工夫が必要ですね。以前、ピースウォークでご一緒した尼さんやお坊さんは、食事の後に、食器にお湯を注いで食器に付着しているものをすべて飲み干していらっしゃいました。こうすれば、より少ないお水でさっとすすぐだけで十分ですよね。油でギトギトな時だけ洗浄成分のお世話になればいいのかもしれません。みかんの皮や、野菜の皮などで天然の洗浄成分が含まれているものがありますが、そういう皮で拭くのもいいのかしら?そして素早く乾燥。えぇと、ハラケン先生の真骨頂は、受講生に送られてきたがんこ本舗アイテムの全解説。特徴、機能、使い方や誕生秘話などの濃密トーク。個人的には、ノロノットという除菌スプレーとシミを分解してくれるゼブラホワイト、色物の色落ちを防いでくれるというゼブラブラックが印象的でした。使用感も含め、いずれ書いていきますね(お楽しみに~)。 受講生のからは、こんなのあったらいいな!の声も上がります。ゴムの力で汚れを滑らせて落とす、がんこ本舗のブラシシリーズの中で、女性陣に人気のブラシ。抜群に汚れが落ちるこのブラシを靴洗いに使って好感触!という数人の受講生から、子どもの靴が洗えるサイズが欲しいとの声が上がりました。私はまだブラシ類は使っていないので、これからのお楽しみです。これは、講座のお楽しみであるランチ。この時は、それぞれの宿題を発表しながら食べたんだったかしら?(記憶が・・)食後、『森と』ちゃんをシュッシュッとして、新聞紙でふき取ったところ。(デザートはみかんでした♪)ここまでやってから、お台所へお皿を下げます。ギトギトの食器を重ねないので、お皿から別のお皿の底へ汚れが拡散することもないし、相変わらずすすぎは少量のお水ですんじゃいます。食器を乾燥させるのも、水分を拭うのもより簡単になりますね。この写真は、新聞紙で作った紙ナプキン。しわしわなのは、もんだから。戦後の物不足の時代は、新聞紙で用を足したもんだ。と聞いたことはありますか?年代がバレそうです 笑新聞紙をそのまま使うと、ちょっと硬いですよね。で、くしゃくしゃに丸めたり揉んだりして、しわしわの柔らかい紙にするんです。シミのついたお洗濯ものを部分的につまみ洗いする時に、両手で持った布をこすり合わせるようにしますよね。あの動作を新聞紙でするんです。やわらかくなると肌触りが良くなるだけでなく、水分の吸い取りもよくなります♪きむちん校長のお家では、この新聞ナプキンが食卓に常備してあって、無くなるとお子さんが「きむち~ん、ナプキン無いよ~」と教えてくれるそうです 笑余談ですが、新聞紙をつまみ洗いの要領でこすり合わせる時、力が強すぎると新聞紙が破けてしまいます。絶妙な力加減でやさしくこすり合わせると、柔らかで吸い取り力がアップした新聞紙になるのですが、、つまみ洗いする際も、このような力加減で洗うと生地が傷みにくいんだそうです。ゴシゴシこすり合わせると、繊維が毛羽立ったり、擦れてしまったり、汚れが繊維の奥まで沁みていってしまったりとあまり良いことがありません。洗浄力のある成分を、布目や糸と糸の間をくぐりやすくさせてあげる方が、汚れが落ちるようです。なので、やさしく♪因みに、今日、Umiのいえで受講した着物部のビギナークラスでも、着物の先生がお手入れ方法の基本として仰っていました。「着物に何かをこぼしたら、布で、上から押えて水分を取る。決してゴシゴシこすらないこと。帰宅したら、畳んで平らな所に置き、なるべく速やかにプロの処で洗ってもらうこと。」と。上から押えれば、水分と多少の汚れを取ることができ、押さえるだけなら汚れは表面に乗っている状態で済むそうです。ゴシゴシすると、繊維の奥まで汚れが入り込んで、職人さんが手間をたくさんかけないと取れない=手間がよりかかる=クリーニング代(手間賃)が高くなる。とオマケ付きのレポでした。おまけ2年末、ネトネトになった換気扇カバーと、これまた足の部分がネトネトしていた鍋敷きなどを加炭酸ナトリウムの温水に浸け置きして洗いました。  ゴミ袋に入れて一晩。あれこれ尖ったものを入れたので、すぐに袋に穴があき、おそらく2~3時間でお湯がなくなったと思います。朝起きたら、早起きの両親がすっかり片付けてくれていました。おそらく、さっと濯いだだけだと思います。推測の理由:1 目と耳が悪いので、ぱっと見綺麗ならすすいで拭いて終わらせる2 もともとそれほど完璧綺麗!に興味がない鍋敷きの足は、後日まだ少しこびりついていた部分を洗いました。あち!という位のお湯に加炭酸ナトリウムを溶かし、くらげスポンジと併用してゴシゴシしたらきれいになりました☆彡 というわけで、今回は浸け置き前の写真しかありませんが・・こんなにベトベトでも、浸け置きしたらピカピカになっちゃうんですよ~というのをお伝えしたいと思います。ビフォー写真↓    がんこ本舗の巻きまきクロスちゃんだと、水で湿らせるだけでこういうのも結構きれいになると聞いていますが、この日は浸け置きにしてみました。拭き取るパワーが残っていなかった年末 笑エコよりニコッ ですから 

      1
      テーマ:
  • 11 Jan
    • ホピ物語朗読会 明後日@Umiのいえ

      明後日、朗読することになりました。  Umiのいえの女将のリクエストにお応えして、先ずはご縁のある方へ。 とっても久しぶりです。  今はもう身体を持たない長老に、声を使って頂くつもりでいつも朗読してきました。ホピの居留区は2度ほど訪問する機会がありました。一度は祈る時間も頂きました。  この本は、ヘビーな歴史を生きてきたダン長老の半世紀でもあり、クリエイター(創造主)の言葉でもあり、私にとって気軽に読むことのできない本。  ヘビー過ぎて読むのをやめていた時期もあります。   でもしかし、読むことにしました。再び。 読んで!と言ってくれた麻紀子さんの熱がイグアスの滝の如く私を後押ししています  笑       今回は、14章を休憩をはさまず一気に読もうと思います。初の試み。(いつもは、7章読んで、休憩、そして後半の7章。) 楽しみでもあり、ドキドキでもあり。   先ずは内輪へ、という事だったので告知しない予定でしたが、せっかくだから告知しよう!と急に  笑    「ホピ物語」朗読会~生命の始まりから浄化の日まで~ 全14章の物語を声にのせて。  1月13日 横浜Umiのいえにて19時より 約2時間半 参加費はドネーション・御心付け制 (会場とわこへ)  ホピ物語とは:  ランドアンドライフ 刊 北山耕平 翻訳 ホピ族の指導者が晩年に語った聖なる物語と予言。「太陽一族のダン・カチョンバ(1875-1972)が晩年に語り残したホピの人々の間に伝わる教えとこうなるまでの話とそしてこれから起こることの話」(本文より)   彼は非常に長寿である。そのため、一世紀を超えて天寿を全うしたそのダン・カチョンバ長老が晩年に語ったのが、この「ホピ物語」であるそ。こには、この世界の始まりと聖なる教え、その後に起こる迫害や世界の終末が太古の昔からの預言として記されていた。ダン長老は預言が一つずつ成就され、世界が破滅に向かっているのを警告し、多くの人が生命の道に戻ることを最期まで祈り続けたのだ・・・・。一世紀を超えて生きた一人の指導者が見守り続けたこの世界。本を独自に読むのもいい。しかし、元来こういったものは口伝で語り継がれる。その語り部も重要です。それは言霊だから。朗読は魂からの語り部・わこ。    朗読会に寄せて: 1986年映画『ホピの予言』が完成、公開されると同時に、冊子『命の始まりから浄化の日まで~ホピ物語~』を非売品として発刊しました。その後も版を重ね、現在12版目となりました。この冊子は、太陽氏族だった故ダン・カチョンバの口述記録ですが、ホピ語から英語、そして日本語に翻訳されたものです。初版から30年を経て、ようやく朗読者が現れました。 文字を「頭」で情報や知識をして受け取るだけではなく、どうぞ、耳を傾け、あなたのハートの中の「地球の子ども」に、ダンのスピリットが響くことを願っています。(ランド・アンド・ライフ 辰巳玲子さんより)     12版目で、久しぶりに再掲したというダン長老のお写真。  横浜Umiのいえでも、冊子をお分けできます。  参加希望の方はメールでお知らせください。amo.motherwing♡gmail.com (♡を@に代えてください)      追記 朗読会では、いつもご自分が楽に、リラックスしながら聴いて頂いているので、飲食自由(アルコール以外)、何なら寝転んで聴いても構いません。 今回は14章を休憩せずに読みますから2時間超え。舞台やライブみたいです(笑) どうぞ心地良く聞けるご用意をされておいで下さい(*´∀`*) 会場アクセスは、記事中の「Umiのいえ」のピンクの文字にリンクを貼りました。迷ったらお電話くださいね。

      3
      3
      テーマ:
  • 09 Jan
    • 半熟卵の作り方 沸騰したお湯に冷たい卵をイン

       たまごってご馳走になったり、七変化。 子供の頃、たまごアレルギーになってしばらくドクターストップがかかった事があります。それ以来、あまり好きではなくなりました。ポテトサラダにひっそりゆで卵が刻んで入っていても、匂いで嗅ぎ分けられるほど  笑 特に、プリンっと火の通った白身が… なので目玉焼きは苦手。卵でとじた丼も好んで食べに行くことはありません。オムレツも卵焼きにもトキメキません  笑なのに、たまごかけご飯は好きなんです。幼少期から変わらず。 羽田空港でのお楽しみはこれです^ ^      同居の両親は卵大好き。 冷蔵庫に切らした事はありません。 最近は生活クラブに入ったので新鮮な卵があります。      普段、自分で卵料理をする事はほぼ無いのですが、最近半熟たまごが気に入っています。 冒頭の写真位がお好みです♡  塩とオイルで頂き、次にお醤油を数滴垂らしました。フェイスブックでは、友人たちがトリュフオイル!とかニンニク醤油!なんてコメントしてくれました。それも美味しそう♪  きっとニョクマムやしょっつるを1〜2滴でも美味しいと思います。硫黄香る岩塩もよさそう。 パンも塩気が効いているので、アクセント程度に^ ^    半熟卵、失敗しない作り方をかつて何方かのブログで拝見。それ以来、お好みの半熟卵を気が向いたときに作ります。  用具 卵が丁度入るくらいの小鍋。 (我が家は5個入れてぴったりサイズのお鍋で毎回5個作ります)  、ボウル  作り方 卵が1/3位浸かる程度の沸騰したお湯に、冷蔵庫から出したての冷たい卵を鍋にそ〜っと入れて茹で、すぐ冷水(氷水や流水)で冷やしてそれ以上熱が入るのを止める。ポイント・お湯にはグラグラ沸騰 ・冷蔵庫から出したての冷たい卵 ・鍋に入れるときはそっと。 茹で時間   お好みで5分半〜7分位。(5分半〜7分位で黄身の硬さが変われど、どれも半熟になります。 お好みの硬さを見つけてみてください^ ^ ) ※茹で時間は5分半だと冒頭の写真位。 白身も僅かに半熟。 ※6分だと白身は固まっています。 ※お弁当のおかずに少しだけ半熟気味、でも黄身が溢れない位が良ければ、6〜6分半かしら。     下の写真は、冷えたら直ぐに殻をむいて、お醤油を垂らしてラップで包んでいます。ビニール袋に入れ、お醤油を入れたら空気をしっかり抜いて漬けておいてもよし。お醤油は少しでも、2時間もすれば味がほわんのり沁みていきます。 お店の味玉のをようにしたければ、容器に卵がしっかり浸る量の調味液と共に漬けて、卵が液から出ないようにしておけば色も均等につきますよ。   私は、ほんのり味と香りがついていればいいので、少しのお醤油を垂らしてラップかビニール袋で。色はムラになりますが気にしませ〜ん。卵そのものが美味しいので十分です♡ オマケ 卵かけご飯には、しょっつるやニョクマム、いしるなどの魚醤も本当にオススメですっ♡  前にブログったかしら?

      3
      テーマ:
  • 08 Jan
    • きらきら大豆

       ふっくら  大豆が食べたくなりました。 味噌用と思って買ったのに、長らく放置しちゃったペーターよしもり君の育て大豆。  色白で甘みがあって美味しいのですよ。 水にうるかして(浸水)一晩。 うっとりするようなふくよかなお豆に戻りました。眩しくて思わず撮影♡  その後2〜3時間で水が濁ったので(エキス出たかな?!)、きつとあの時がちょうど良かったんだろうなぁ。 茹でるより、蒸した豆のおいしさに開眼してるので、蒸しました。 でも、強火で1時間以上。ガス代かかるなぁ(ケチ?)。煮るなら、一旦ガスで沸かしたら、この時期はストーブの上に放置ていい訳だし。とちょっともんもんしつつ、やはり蒸し大豆が食べたいっ! 圧力鍋で蒸したりできるのかしら? でもきっと豆の食感は変わるよねぇ。 あぁ、憧れの竃。 千葉の桃源郷と呼ぶ農家友だちは、先代かその先からの納屋があって、竃で自家栽培もち米を蒸して、杵臼でついたお餅を冬に作って暮らしています。先月末、お餅つきに遭遇して餅をのす作業を手伝ったところ。   薪は裏山から調達。乾いたのがふんだんにあるので、私でも簡単に火起こしできちゃう。あ〜憧れ  お話は大豆に戻ります。 結局酢大豆にしました。 材料 太い千切りにして酢に漬けて忘れ去った(父が)酢玉ねぎのみじん切り 蒸し大豆 リンゴ酢 (濃厚でフルーティーなもの) 塩  大豆が熱々のうちに、全てを瓶に入れるだけ。液は大豆の半分が浸る位でした(適当に入れたので)。2〜30分で瓶を逆さにしてまだ大豆が温かいうちに液に浸るようにします。 粗熱がとれたら、瓶を元にもどして冷蔵庫へ。   ゆで大豆より、蒸し大豆の方が味の染み込みが良く、水っぽくならないのでお弁当にも便利です。 酢玉ねぎのシャキシャキとふっくら、でも歯ごたえも残る大豆は美味しいし♪ 呑める人なら、ワインビネガーで作っても良さそうですね。  

      1
      テーマ:
  • 07 Jan
    • 自分にお手当て

      見慣れた景色が  気持ち良かったり、暗く重苦しく見えたり、つまらなかったり、わくわくして見えたり。   世界は気持ちや心で見え方が変わる。    手垢がつくほど見聞きしたこのフレーズが、今はなんだか腑に落ちる。     朝起きれない… お弁当が作れない… メイクもできない… と  ない ない  ない  に目が向いていたの      ある朝、 ベッドの中なのに肘や肩がとても冷たい事に気がついて、手のひらでふわりと肘や肩をくるんであげました。   じわ〜っと温かくなる手のひら。 温もりが肘や肩にしみこんできます。  気持ちいい。 ほっとする。 うたた寝。 スヌーズで起こされ気がつくと、温もった肘や肩。   自分で自分にお手当て。    あぁ、自分を大事にしてなかったなぁ。 できてない、できない方ばかりに気が行って、自分を責めたりダメ出し攻めにしてたんだなぁ。   外で、他の人に責められ(攻められ)やらしないかと、いつもアンテナ張って📡、緊張感満載でいるのかもしれないなぁ。  単なる事実が、すなわち、指摘=ダメ出しや叱責 として認識していた気がする。無意識に自動化されて繰り返されているパターン。  他人からも自分からも。      ギリギリでも、電車に間に合えば マル♡ お弁当できなければ、買い食いで マル♡ メイク適当でもすっぴんでも、マスクでごまかして  マル♡    それより何より、余裕持った時間に起きれなくても、冷え切った体を私の手でお手当てしてあげれば  花マル💮     私が私を労わること そこが最優先。       お手当てで、自分以外の方へはできるのにね。    手がふわ〜っと温かくなって、やがて全身が熱くなっていくの。お手当てしてると。   自分に、存分にお手当てしよう。      そもそもお手当てをできるようになりたい!と思った動機の1つは、初めてお手当てを受けた時に「大人になってから、こんなに丁寧に優しくふわんわりと細心の注意を払って扱ってもらえた事なんてない!!」と心底感動したからです。   私自身が、そうされたかったのでしょうね。  3年も経って気がついた。 いや、気がつけてよかった♡         思考のクセというか、その辺りも関係してそうですね。       お仕事でタイピング練習の課題で、面白いものを見つけました。  だいたいこんな感じの文章。  犬:この家の人は、温かい寝床をくれるし、餌もくれるし、愛情たっぷりに可愛がってもくれる。この家の人たちは神に違いない! 猫:この家の人は、温かい寝床をくれるし、餌もくれるし、愛情たっぷりに可愛がってもくれる。自分は神に違いない!     隣の席の男子は、僕猫っす!めっちゃ猫っす(^O^)と。私は、猫のセリフは青天の霹靂レベルの衝撃。そんな風に考えられるような概念すらありませんでした。   猫のセリフは、不遜にも映る。  犬思考を読んでいると、何故か母を思い出します。何か頂いたり、して頂いたら、すぐにお返しをしないといけない!と落ち着かなくなる母を。祖母が持たせてくれたお小遣いを発見すると、何で貰ってきたの!とお小言言ってた母を。  貰ってはいけない、受け取ってはいけない。それは悪い事。 何でだろう。 もう少し掘り下げたいところです。       先ずは、自分で自分にもっとお手当て╰(*´︶`*)╯♡

      3
      テーマ:
  • 06 Jan
    • 美味しい物は元気をくれる

      ふふ。これはな~んでしょ?答えはゴボウのワイン煮、生ハム添え。ごぼうってフルーティーな味付けがあいますね。(ゴボウの梅煮も美味しいですものね)。これに生ハムの旨みと塩気が、あうわけですお供は、カルダモンとレモングラスのソーダ。香り爽やか、ソフトな甘みでとってもスッキリ。  ノンアルコールなのに、カクテルでも頂いているような気分です。飲めない私も気分だけほろ酔いどうしても、どうしても美味しい物が食べたくて、仕事終わり、まっすぐ帰宅する気にならなくて、かねごんシェフの優しい笑顔と美味しい料理を食べにBARCOMへ。 お腹空いた~!がっつり食べたいの~!と私。じゃぁ、軽く盛り合わせつまんで、パスタでもいく?とかねごんシェフ。それで!とお願いしたら先ずはこれ↓本日のキッシュ(マッシュルームと何かと何かw。濃厚で美味しかった♪)わかさぎのエスベッシュ(マリネみたいなものでした)ゴボウの赤ワイン煮、生ハム添えポテトのなんとかかんとかw(バケットの上に、マッシュポテトのような物と、粉末にしたオリーブ)自家製ロースハムパテドカンパーニュ手前の白いのは、ほんのり甘く味付けされた百合根。どれも、素材の味がしっかりしていて、芳醇な味わい。香り、食感、歯ごたえ、舌触り、噛みごたえ、味がどれもちょうど良い加減で広がります。一口ごとに愉しんで、幸せを実感していくプロセス。しばらくすると、軽くクラクラした感じがします。めまいにも似た。今日は、お仕事でミスを重ね、最後は怒り爆発の電話応対で、気持ちも頭もパンパンで職場を後にしていたのですが、おいしさに酔っていくうちに、パンパンだった頭も気持ちもす~っと流れ出したようです。なんだかくらくらするなぁ~~~~とぽわんとしていたら、できたよ~とかねごんシェフが差し出したのは↓ オイル系のパスタでお願いしたら、コレが来ました。カリフラワーとからすみのパスタ。薄くスライスされたカリフラワーは歯ごたえと甘みがあって美味。からすみの塩味とコク、香りとあいまって大人が喜ぶお味。歯の悪い両親なら「まだ煮えてない」と言われちゃう、アルデンテは久しぶりに頂きました。カリフラワーは茹でた小房をサラダで頂いたり、米国では生で頂いていましたが、美味しいと感じたことはありませんでした。青臭かったり、、ブロッコリーがあるから、カリフラワーは食べなくてもいいと思ってもう何年も食べていませんでした。人生でなくても良い物リストの上位!でも、このパスタのカリフラワーはとっても美味しかったのです。歯ごたえといい、ちょっとスナック的な感覚。かねごんシェフ曰く、カリフラワーはペーストにしても美味しいんだそう。 新発見でした  お腹は満足していたにもかかわらず、食べたいエンジンがかかっていたので、デザートも 笑(意図せず)たくさん盛りつけちゃった とかねごんシェフ。 これ、ティラミスです。かな~りの量でした、が!かねごんの言っていた通り、ふわふわの軽い食感のティラミスはスプーンがどんどん進んであっという間にお腹の中へまさに満腹!でも、重たくない。やるね!かねごん足取り軽く、元気に家路につきました。美味しいものって、本当に元気をくれます。手をかけ、心のこもった農産物、それを丁寧に調理しているからこそですよね。衣食住 そういう環境を常に整えていきたいものです。 

      8
      テーマ:

プロフィール

わこ

性別:
女性
自己紹介:
わこ(大井わかこ) 人・大地・ときをつなぐひと。 札幌出身。旧ブログはamo(天羽)。 ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ブックマーク

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。