まず 自分の正体を知ろう そして明確な成功のイメージをもてば たいていの夢は実現します サイコサイバネティクスより=
AD

量的緩和とは

テーマ:
日本銀行は3月21日に量的緩和を実施しました。量的緩和というのは聞き慣れない言葉ですが、これまでの金融緩和とどう違うのでしょう。 日本の金融政策は日本銀行の金融政策決定会合で決められます。今回の量的緩和は3月19日に開催された同会合で決定されたものです。日本銀行の金融政策の変更方法には①誘導金利の変更と②量的変更があります。これまでの金融緩和は誘導金利の変更によって実施されてきました。つまり、コールレート(金融機関が相互に短期間の資金を貸借する時の金利)の誘導目標を決定し、それを達成できるように日本銀行が金融市場へ供給する資金の調節を行うという方法です。 一方、今回の量的緩和は誘導金利の目標は設定せず、金融市場に供給する資金の量を増やすものです。つまり、日本銀行は、金融市場が必要としている量を上回る資金を供給することを決定し、実際にそれを実行しました。結果的には金利は低下し、コールレートはゼロ%付近となりゼロ金利政策に復帰したというわけです。
AD

長期金利と株価

テーマ:
長期金利上昇(国債価格は下落)により、債券に人気がシフトし、株価は相対的に売られやすくなる。また、金利上昇=企業活動の妨げでも株価の下落要因となる。 お金の流れが長期国債から株式に向かったためであるが、株価の回復は企業や金融 機関の含み損を軽減し、信用不安の解消に役立つことが期待されている 景気回復⇒⇒[長期金利上昇させすぎ(バランスを取る) 国債価格下落]                 ①資金調達に困る⇒企業活動の妨げ⇒   ②株が下がる?(資金が国債にシフト、しかし景気回復の影響であがる?)  ③債務残高が増える つまり 株価が加熱しすぎないように 金利を上昇させ 調整する
AD