男性の脳と女性の脳

テーマ:

女性は男性を匂いで判断する   (まあ男性よりその傾向が強いってこと)


HLA(ヒト白血球抗原) が 関係あるらしい。


あまりに似ているものや違いすぎるものを避けるらしい。



AD

人口妊娠中絶

テーマ:

人工妊娠中絶について、16~49歳の女性の6人に1人の割合で経験している――そんな推計が、厚生労働省研究班(主任研究者=佐藤郁夫・自治医大名誉教授)と日本家族計画協会の共同調査で出た。3分の2近くが条件つきも含めて中絶を容認しているが、経験者の多くが精神的なショックを受けていたこともうかがえた。

 調査は昨年10~11月に層化2段無作為抽出法で実施、全国の16~49歳の女性890人が回答した。人工中絶について、全体の59.9%が「一定の条件を満たせばやむをえない」とし、「認める」(5.5%)と合わせると65.4%が容認派で、「認めない」の7%を大きく上回った。

 一方、人工妊娠中絶の手術を経験した人は16.3%。うち約3割が複数回実施し、初めて手術を受けた年齢は20歳以下が31.7%を占めた。

 最初の手術を受けた理由は、「相手と結婚していない」(22.1%)、「経済的余裕がない」(17.2%)、「仕事・学業を中断したくない」(9.0%)、「体が妊娠・出産に耐えられない」(8.3%)と続いた。

 初めて手術を決めたときの気持ちについては、「胎児に申し訳ない」(55.9%)と、「自分を責める気持ち」(15.2%)が7割を占めた。一方で、「自分の人生において必要な選択」が11.7%だった。

 

AD

目標 SMARTの法則

テーマ:

目標==GOAL


期限    10月5日までに 


500万以上 できたら1000万円を自由に運用して 毎月100万の利益をあげる。


六本木近辺に住み オープンカーを所有して クラブで友達と 楽しむ 



S    specific

M  mesurable

A  agreed upon

R   realistic

T  timely



AD

今日のおすすめ本     「超意識・・・  坂本まさみち」


まず15分での速読で 全体のイメージをつかむ。


マーフィーの成功法則 潜在意識の活用でどんな夢でも叶うのか?


思った次の瞬間から奇跡は起こることは難しい   努力がいる


ただ願望が何年後かに実現した経験を著者は何回もしている。


この著者はソニーをやめ アメリカのベンチャー企業にヘッドハンティングされている。


嫁の神奈川で農家をしながら いわゆるセミリタイアを46歳位で実現するがそれも


以前の漠然としたというか 過去に一瞬そういう願望を抱いていた。ずっと思いつづけてるわけでない。


ざっとこんな感じです。     


コメントがあれば また好評であれば  続けます・・・・(*^^*)


DHCPサーバ

テーマ:
 

DHCPを行うサーバのことを、DHCPサーバというが、DHCPサーバソフトを実行しているホストのことだ。一方、クライアントはDHCPクライアントと呼ばれ、DHCPクライアントソフトを実行する。

 

前回もでてきた、インターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティで、自動的に取得にしておけば、DHCPクライアントソフトは自動的に実行されている。


 

ホントだ。自動でスタートアップになってる。

うむ。
サーバとクライアントの関係を図で簡略に表すと、こんな感じかな。

 

結婚観

テーマ:

 I read that you should never go out with someone if you can think of three reasons why you shouldn’t.
(相手に3つ嫌なところがあったら、結婚はやめたほうがいいって、何かに書いてあったわ)


3つくらい いいんじゃないのかって思うけど


昔は3高 って言われたけど 今はどうなんやろ?

今日はとあるビジネスセミナーに参加した。Oさんという61歳の男性も一緒だった。最近50代以上の年配の男性と話しをする機会が増えた。自分でいうのもなんだが、対等な感覚があるし、向こうもそう言ってくれる。それがお世辞抜きである。


たとえば株の話でも Oさんは凄い認めてくれた。


 考え方=哲学 経済や生き方、恋愛に至るまで、幅広い人と交流できる人生に感謝してる。

まさに老若男女とつきあえる世代なのかなあ。飛躍の年になるのを肌で実感する。

毎日が出会いで刺激に満ちている。


 クラブで若い男女そしてハーフ(韓国と日本やアメリカと日本)、

そしてこないだはホームレス(正確には漫画喫茶)

からビジネスで年配の方(元ソニーで盛田会長の後輩)とも話し合える。心が一瞬通じ合う。


 そして英語でのコミュニケーションもだいぶ慣れてきた。


 そして俺って人間がちょっと好きになり 親にも感謝できる。

食べ物からお酒は何でも好き

人も老若男女 そして外国人も 好き

人とのコミュニケーションが 好き

クラブで朝まで踊り明かす・・・・・・


 そうこうして俺はあと3年(1000日)もたてば超ビッグな奴になってる。 間違いない!!




恋愛適齢期

テーマ:
タートルネックで首の皺を隠し、2度と恋することなんてあり得ない! と思っていたエリカ。しかし、年下のジュリアンに、 

You’re incredibly sexy.(君はとてつもなくセクシーだ)

と真剣に告白されます。しかも、30才以上の女性に興味がなく、

women your age(君の年くらいの女性は―)

と、エリカの神経を逆なでするようなことを言うハリーにも、最後には、

You’re a woman to love.(君は愛すべき人だ)

と言わせてしまう。

 そして、この映画は、恋愛と同時に「母と娘の関係」も心温かく描いています。エリカが娘のマリン(アマンダ・ピート)に、自分の恋について涙ながらに語るシーン。

I had the time of my life.(今までにない、最高の喜びを味わったのよ)

「女性は幾つになっても恋が必要で、そのためには傷つくのを恐れてはいけない」と娘に涙ながらに訴えるエリカと、母の女としての熱い思いを理解する娘が抱き合うシーンは最高です!

 この映画の素敵なところはストーリーだけではありません。映画の中で、エリカは常にパリを意識しています。La Vie en RoseやC’est Si Bonなどのシャンソンが、さりげなく小粋に流れ、学生時代に訪れたパリの街を懐かしく思い出しました。雪の降りしきるパリを舞台にした愛の告白が、これから流行るかもしれませんね。

女性にフラれることを恐れない

女性に声をかけれない、口説けない、という男性の多くは「断られる(フラれる)のが恐い」と考えているのではないでしょうか。
もちろん私もこの気持ちはよく分かります。
けれどこの気持ちこそが、女性が貴方を敬遠する原因になっている場合がよくあります。
女性は「自信のないオトコ、おどおどしたオトコ」を極端に嫌います。これは理屈ではなく、事実なのでよく認識しておきましょう。
話し掛けることで女性に迷惑をかけるんじゃないか、嫌われるんじゃないか、と思っていると、それは女性に伝わり引かれてしまいます。