宮崎市議会議員 脇谷のりこ

わきたにのりこ の オフィシャルブログ 「てにゃわん」

宮崎市議会議員 2期目
「てにゃわん」は宮崎弁で「歯が立たない」という意味です。
人生には、てにゃわんことも多いけど、がんばれば夢は叶う!


テーマ:

議会のIT化について(横須賀市議会)

l  IT化を推進している横須賀市議会を視察。担当者からの聞き取りによると、議会や委員会でのタブレット端末の使用にはデメリットも多い、とのことであった。
そのデメリットをあげると、
1、資料の重要な部分にマーカーやメモが取れない
2、多くの種類の会議資料がある場合、タブレット
1台で 同時に複数の資料を見ることができない
3、長時間の会議ではタブレットの電池容量に不安がある
4、議会の傍聴者から、パソコンばかり見ている議員がいるなどとの苦情がある
・・など。議会中でのタブレット端末使用については、まだまだ課題が多すぎる点で活用にいたるのは難しいと感じた。

l  市議会ネットワークについては大変興味をもった。議員1人ずつにパソコンを与え、グループウェアを利用し、議会Lanで情報を共有するというものである。議会事務局から招集メールや定例会説明資料などを送信できる。
効果として、紙資源の節約と事務局職員の負担軽減、議員の利便性の向上にもつながるということであった。初期構築が約800万、運用経費は年600万。5年ごとに更新があるので、5年間の経費は約3,100万円。
宮崎市は
FAXで招集が届き、議会での説明資料はすべて紙である。さらに同じ内容のものも多い。予算書などの冊子以外は、ネットでの添付ファイルで十分ではないか。初期費用がかかるという経費の問題もあるが、このグループウェアはこれからの情報化社会、ペーパーレス化にむけて有効な手段であると考える。

 
 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

1、        千葉県館山市

テーマ「たてやま食のまちづくり計画」

「じのもんが一番ダッペエ(地産地消の取組)」について

l  学校給食での地場食材活用については、現状では2~3%の地産地消率を30%以上という目標を立てており、食育の推進と生産者との交流活動を展開しておられた。コストがかかり給食費が上がるかもしれないが、税金を投入してでも農家が稼ぐ金額が増えればよいという考え方であった。宮崎市においても、学校給食の地産地消の取組をぜひ取り入れたいと思う。

l  公設市場卸売市場が破綻し、その後、土地を購入した市は、拠点施設として道の駅機能や産業振興機能を含む複合施設を整備するとした。公設公営、公設民営、民設民営など比較検討したが、公設でやらなければ民間はやってくれないだろうとの考えから、市が主体となって事業に着手し、今後の運営形態を考慮したいとのことであった。やはり、人口11万の館山市として、農業は個人経営が多く、民間には無理があるとの思いからである。宮崎市は基幹産業が第一次産業であり、JAなどの大きな組織とともに、食のブランド化をさらに推し進めていくのであるから、農業後継者あるいは新規就農者でも力のある農業者になってもらうよう、市としてもバックアップしていかなければならない。
 
 
 
いちぢく観光農園より

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
経歴


1957年9月22日 佐土原町下田島に生まれる

小学校入学から新富町に引っ越し、

新富町立富田小学校 → 富田中学校 → 宮崎県立高鍋高校

中学、高校時代の部活は、新体操部。 どちらもキャプテンを務める。

高鍋高校時代は個人、団体で、3年連続インターハイに出場。

高校卒業後、上京し、神田外語学院国際ガイド科に入学

その後、海外旅行代理店に勤務。

カナダバンクバーに3か月ほど語学留学も体験。

1984年 帰郷して、MRTラジオ、ラジオカー“スクーピー”に採用され、1年半勤務。

このレポーターを経験したのをきっかけに、フリーアナウンサーとしてメディア業界に入る。

1985年、結婚して、仕事をしながら2児を育てる

1999年~男女共同参画社会について勉強会などに参加し、

「男女(ひとひと)ネットワーク」や「女性政策研究会」の立ち上げ時のメンバー。

ニューヨーク女性会議と同時に開催された研修会に参加したあと、

地域の公民館にて、若いお母さんのための自分磨き講座などを主宰。

また、エアロビクスインストラクター資格を取り、5年間ほどエアロビクス教室を主宰。

フリーアナウンサーとしては、テレビやラジオに多数出演、

そのほか、お祭りなどのイベントや式典などの司会。結婚式の司会は1200件ほど。

また、仕事を続けながら、PTA役員や、長女の吹奏楽部役員を務める。

地域まちづくり委員会では、部会を立ち上げ、学校と地域の連携事業に着手。

自治会では副会長として活動し、地域でのボランティアに積極的に参加。

2006年 武蔵野大学 通信教育部人間関係学部心理学課程に入学

2010年 大学卒業と同時に、日本心理学会認定心理士取得

2011年 宮崎市議会議員に初挑戦して、1期目

新人議員5人で会派「みやざき未来」を結成。4年間、代表を務める

その間、総務財政委員会副委員長や、議会改革特別委員会副委員長など歴任。

2015年 宮崎市議会議員 2期目

会派「市政同志会」に入る

議会運営委員会委員

地方創生特別委員会副委員長

自由民主党宮崎市支部 女性局長

自由民主党宮崎県連 女性局次長

現在、夫と2人で小松台在住

子ども2人は、長男29歳(京都勤務)、長女24歳(福岡勤務)



フリーアナウンサーとして

*国民健康保険提供「オレンジタイム」番組司会約17年

*ラジオパーソナリティ「日向かぼちゃでこんにちは」「吼えろ!90歳」など

*宮崎ケーブルテレビ「五時生テレビ!」「市広報みやざき」「団塊倶楽部」など

*CMナレーターやイベント司会など




講師として

*公民館講座「心に響く話し方講座」や「若いお母さんのための井戸端会議」

*小・中学校保護者向けの家庭教育学級 「明るく元気に自分らしく」など

*企業向けの研修講話「心をつなぐコミュニケーション」




社会貢献活動として

(2011年3月まで)
宮崎県社会教育委員
宮崎県生涯学習審議会委員
第二次宮崎県教育振興基本計画策定懇話会委員
宮崎県立美術館協議会委員
健康みやざき市民プラン推進市民会議委員
宮崎市男女共同参画社会づくり推進審議会委員
小松台地域自治区地域協議会委員

(2015年 11月現在)
小松台地域まちづくり委員会「教育・文化・スポーツ部会」部会長
国際ソロプチミスト宮崎 奉仕プログラム委員長

自由民主党宮崎県連女性局 局次長
自由民主党宮崎市支部女性局 局長




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日のNHKの番組「あさイチ」で取り上げられたのが、
「女性と政治」というテーマでしたので、
ちょっとだけ書かせていただきます。

女性同士で政治の話しをすると、なんとなく雰囲気が気まずくなる・・
政治に関心はあるが、話しにくい女性が多い・・
という話題でした。

今回の安保関連法案については、ご存じのように
メディアで反対派のデモの様子が大きく取り上げられています。

私は、ある女性から
「あなたは女性議員だから、デパート前での反対派のデモに参加したんでしょ?」
と、当たり前のように言われました。

ある友人からは、Facebookのメッセージで
「私は息子を戦争に行かせたくない。
あなたはFacebookで、ノーテンキなことを書いている。恥ずかしくないのか」
と、書いてあり、すぐに友達削除されました。
私は友人だと思っていたのに、一方的に削除されましたから、
悲しかったですね~。

いろんな意見があっていいと思うのですが、
女性で子どもがいたら、反対するのが当たり前のように言われるのは
ガッカリです・・・

デモをする女性議員はほとんど民主・社民・共産党の議員です。

私は、自治会の役員をし、まちづくり委員会の部会を立ち上げ、
地域ボランティアをして、地域のため、子どもたちのために
学校と地域の連携事業をしてきました。
その延長上に議員という仕事があり、市民のみなさんのために
働きたいと思って選挙に手を挙げたのです。
ですからわが子のことより、地域や市民や国のことを考えたときに
どうあるべきか・・ということをいつも念頭に置いています。

今回は、自衛隊の隊員や幹部、さらに国会議員の話などを聞いて
総合的に判断しました。
海外で危機的状況の時に、人道的に助けるかどうかの判断を
自衛隊員にさせてはいけません。
自衛隊員に感謝こそすれ、非難されるようなことになってはいけないのです。

安保法案が成立しても、それを運用するときが一番大事です。
だれも戦争なんてしたくありません。
私たちが選んだ国会議員に託し、今後、見守っていきたいと思います。

いろいろな意見があると思いますが、
他人に流されず、自分の目や耳で聞いて確かめ、
自分の意見をしっかりと持ちつつ、
他人の意見も尊重していけることが、
男女共同参画社会ではないでしょうか。

政治に関心のある女性が、もっと議員に手をあげてもらえたら
さらに、社会が醸成していけると思います。






いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
議員ほど、セクハラの意味をわかっていない人はいない。

またもや、どこかの議員が女性職員へのセクハラでニュースになりましたね。
しかも、自分はやっていない・・などと、
ぬけぬけとよく言うわ!
ホントに、市町村議員はレベルが低い!!

お酒が入ったら、膝をさすったり、たたいたり・・
下ネタだけならまだしも、触ったり、くっついたり、
「やめて!」と言っても、ヘラヘラ笑ってるだけ。
手で変な動きをしたり、いやらしく名前を呼んだり・・
気持ち悪いっ・・・

会社員とか、まともに仕事をしている人のほうがよっぽど理性があります。
そういう研修やセミナーを受けているから・・。
議員なんて、もともと勉強のできない人が議員になったら、
それでも議員をやっていけるのですから、勉強しませんわね。

倫理観もなく、知り合いの要望ばかりを議会にあげて、
セクハラっていう意味もわからない・・
そんな市町村議員が、行政の職員のセクハラについて
あーだこーだ言うのは、ちゃんちゃらおかしい。
そんな議員が選挙では当選してくるのです。

セクハラを受けている人が、「なかなか他人に分かってもらえない」
と、表に出さないのがよくわかります。
だって、男性が男性を擁護しますから・・
議員にいたっては、
セクハラ議員でもまた当選してくるのですから・・

女性活躍推進法が成立しましたが、
男性の意識が変わらない限り、本当に女性が輝けるのか
とても疑問です。






いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 岐阜県岐阜市BRTを導入した都市交通対策について」 

(1)概要

  幹線・支線・コミュニティバスが連携したバスネットワークの構築

  幹線バス路線の岐阜市型BRTBus Rapid Transit

  バスの走行環境、利用環境の整備は自治体が担う

  交通事業者がバス車両の購入、整備工場を負担する

  効果は、駅前のバス停における待ち時間が減少、利用者数の増加、運行の効率化

  連節バスは岐阜市のシンボルの1つとなり観光振興にも効果あり

  市民協働型のコミュニティバスの導入
 

(2)考察

市民協働の手作りコミュニティバスについての取組が大変参考になった。それは、地域住民が主体となった運営協議会(地域住民、行政、交通事業者の3者)を設立して、地域住民が計画段階から参画し、自らが経営感覚を持って運営していることである。宮崎にもコミュニティバスを運営している地域があるが、住民からの要望でバスの運行を決定したが、現在は、徐々に利用者も少なくなっており、赤字となっている現状である。岐阜市のコミュニティバスは、手を上げた地域から2年くらいをめどに住民同士で話し合いをしてルートや運賃を決めている。地域住民による利用促進活動や広報活動なども積極的に行い、コミュニティバスを廃止してはならないという住民の意識の統一が存続している所以である。現在、岐阜市では交通事業者がタクシー事業者1社ですべての地域を担当し、各地区の車両の調達と運営を協働している。どの地域も住民がコミュニティバスの必要性を感じ主体性を持って運営に参画しているところが大変参考になった。宮崎市においても、この地域住民主体が重要であることをもっとアピールすべきであると考える。

   
 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
18歳以上に選挙権が与えられたことで、
宮崎日日新聞がこの10日間ほど、選挙について特集を組んでいましたね。
読まれた方も多かったと思います。

私の周りの議員の中では、ほとんど話題になっていません。
なぜでしょうか。
それはいつの時代も議員活動と選挙運動は違っているというのを
知っているからです。

4年前、私が当選したあと、新人議員5人で会派を作り、
みんなで意気揚々と、若さを武器にいろんなことに取り組みました。
Facebookやブログをやっていない仲間には
率先して発信するように、お互いに情報を共有して、教えあいました。
先輩議員に「議会だよりをなぜ出してないんですか?」
と聞いたら、「効果がないから」
と答えられましたが、それでも、私たちは市民から付託を受けたのだから、
議会で何をやっているか議会だよりを発行して発信すべきだと
みんなで話し合いながら、毎年、発行していました。
新人議員ながらも切磋琢磨して、一般質問もすぐに行いました。
しかし、メディアはどこも取り上げてくれませんでした。

私はと言えば、議員定数削減などを訴えて議員に当選させていただいたので、
改革に燃え、議会改革特別委員会に入り、
議会の様子・中身を市民に伝えることが私の使命だと、
議会だよりを毎年発行し、自分の議会報告会もこまめにやっていました。
さらに、議員になる前からやっている地域ボランティアも続け、
各地域の課題は何かを知るために
市が開催している地域懇談会も積極的に参加していました。
それでも市民の方からは、何をしているかわからないと言われ、
セミナーに参加して勉強しようと顏を出したら、
「なんでこんなところに議員が来るんだ」と煙たがられ、
本当に政治家は嫌がられる存在なんだな~と悲しいやら・・
どうしていいか分からないやら・・(T_T)
そして、この4月の統一地方選で、
ようやく先輩議員の言われたことがわかりました。
いくら活動しても有権者にはわかってもらえないんだということが・・。

市町村議員は、地元で活動してなんぼ、
しかも地縁血縁での選挙だから、親戚が多いほうが当選です。
だから、選挙前に一生懸命に顔を売ればいいのです。

結局、日ごろの議員活動と、選挙の結果はつながらないのです。
ですから選挙に効果のないことは議員がやらないようになるのです。
いくら議員が発信してもメディアの力には勝てません。

メディアが日ごろ取り上げてくれるわけでもないので、
有権者も議員が何をしているかわからない、
有権者が知らなければ、議員も効果がないことはやらない、
議員が発信しなければ、メディアも取り上げない・・・
と、負のスパイラルになっているといえます。

そんなことを考えていたら、いったい何のために議員になったんだか、
やる気が失せてしまいます。
議員なんて魅力のある仕事じゃないんですよね。
女性議員を増やそうと思っても、お勧めしない職業なわけです。

だからと言って、そのままでいいんでしょうか。
少しずつでも変えていかなければならないと思っています。

私たちもやる気を失せず、積極的に発信してまいりますので、
ぜひ、有権者も、私たちがいったい何をしているか
少しでも目を向けていただけると幸いです。
そしてメディアも、県域版には載せられないでしょうから、
市町村の地域版を生かして、議会と一緒になって
発信していただくよう、よろしくお願いします。
みんなで宮崎を良くしていきましょう(^。^)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
5月1日に2期目に当選して、2ヶ月が経とうとしています。
あっという間に・・と言いたいところですが、
今回は、いろんなことが議会で起こり、
ものすご~く長い2ヶ月間でした。

人間不信になりましたよ。

政治は生もの。
一寸先は闇。
昨日の友は、今日の敵。

そんな言葉が身にしみてわかりました。

改革といいながら、結局は旧態依然。
どこに大儀があるのでしょうか。
どこに市民にメリットがあるのでしょうか。

定数を40にするために、議会をまとめたのは誰なのか。
改革は、議員一人ではなにもできません。

今思うのは、温故知新(故きを温ねて新しきを知る)

誰のための議会で、自分は何のために動いていくのか、
今回、何度も確かめています。
夜に寝れないこともしばしば・・
でも、人間不信になっても、しっかり自分の大儀を果たさねば・・・
と奮い立たせています。







いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
毎年、自民党本部で開催される「全国女性議員政策研究会」
に今年も参加してきました。
自民党の女性局が主催者となって、
地方の女性議員むけに、様々なテーマで研修会が開かれます。
2日間にわたって、研修も10コマほどあるのですが、
大臣や幹事長などの先生方が直接お話してくださるので、
本当に旬の話題で、大変勉強になります。


↑ちょっとボケててすみません(^-^;
とても気さくにお話しされる元厚生労働大臣の田村憲久議員です。

今年のテーマの一つであった
児童虐待防止については、現状のお話しに胸が痛みました。
7月1日から児童相談所全国共通ダイヤル「189」が開設されます。
虐待かもと思ったら、189(いち早く)にお電話ください。
虐待には複雑な背景があり、発達障害との関係もあるとのこと、
今後の市の施策にどう生かしていくかを考えていかなければなりません。

その他、農政関係、地方創生、教育、平和安全法制など、
今、聞きたい話しばかりで、とても実のある内容でした。
明日から始まる6月議会の私の一般質問の内容にも取り入れていきます。

↑ちょっとした懇親会もあり、女性局長の三原じゅん子議員から、
谷垣幹事長や森まさこ大臣などをご紹介されました。


毎回120名ほどの自民党の女性議員が全国から参加してきますが、
他の優れた女性議員とお会いすると、
自分はまだまだだなぁ・・と大変刺激を受けます。
さらに、一番思うことは、
現在、自民党には41名の女性国会議員がいらっしゃいますが、
九州からは沖縄を除けば、1人も選出されていないということです。
比例ではおられますが、小選挙区ではどなたもおられません。
寂しいですね~。
九州は女性が国会議員として選出される土壌ではない
ということが、身に染みてわかります。

自民党は、女性の活躍を推進していますが、
前回の統一地方選で当選した地方の女性議員は
他の政党よりずいぶん低い割合です。
新聞にも書いてあった通り、旗振り役なのに主要政党の中で最低なのです。


私は今まで、無所属で選挙活動をしてきましたが、
自民党に入って、自民党の中から、
政党が提唱する女性が輝く社会を作っていきたいと思います。
この度、自民党宮崎市支部の女性局長に就任しました。
さらにパワーアップして、宮崎のために頑張ってまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いします<(_ _)>


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

平成27年5月1日に、宮崎市議会議員に就任した40名です。

私、脇谷のりこは、前列の右から4番目です。

1期目の時に新人議員5人で結成した会派「みやざき未来」の
代表を4年間務めましたが、改選により、3名となりましたので、
会派は解散し、各々考えるところに入りました。

私は、名門の市政同志会に入らせていただきました。
国や県との太いパイプをもっていらっしゃる先輩議員から
いろいろと学び、今後に役立てていきたいと思ったからです。
心機一転これから頑張ってまいりますので、
どうぞよろしくお願いします。

市政同志会の議員は6人です。
 日高義幸議員(前列一番右)
 金丸万寿雄議員(前から3列目の左から2番目)
 日高貞次議員(前から3列目の一番右)
 日高あきひこ議員(前から2列目の右から4番目)
 森 太議員(一番上段の一番右)






いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。