世界の裏側ニュース

日本であまり報道されていなさそうなニュースで、おもしろい視点の英語の記事を翻訳した記事がメインです。

いろいろな情報がありますので、判断はご自由にどうぞ (・∀・)


テーマ:

★枕とクッションと優しさで埋め尽くされたスパイクゾーン

 

マンチェスターでも増加する一方のホームレスの人が繁華街の店頭などで休んだりすることを防止するため、ホームレス対策用のスパイクが埋め込められました。

 

それに対し、多くの市民が激怒。その一人ジェニー・プラットさんは、ニュースでこの件を知るとすぐに10歳と11歳の息子さんを連れて現場に向かいます。そして町で枕やクッションを買い集め、そのスパイクの上を枕とクッションで敷き詰め、サンドイッチや軽食も並べ「 一休みして、一口食べて行ってくださいね(Take a seat and have a bite to eat.)」と書いた段ボール紙を置いて行ったそう。

 

 

(画像 http://www.manchestereveningnews.co.uk

 

ジェニーさん

「(ホームレス対策のスパイク埋め込みは)とても根性が悪く、守銭奴的なことだと思いました。本当に必要ないですよ」

 

「これは(ホームレスの)人たちが寒さを避け、一時滞在する場所です。あそこまで根性の悪いことなんてしなくてもいいのに」

 

「私たちが一体何をしているのかと見ていく人もいましたが、中にはホームレスの人もいて、後でこの場所に戻ってくると言ってくれました」

 

「ホームレスの人がそこにいたからといっても、誰かに迷惑のかかるものでもないでしょう」

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

★セメントで埋めるなどの抗議活動によって撤去されたケース(ロンドン)

 

2014年6月、ロンドンの中心的な繁華街(リージェントストリート)にある大手全国チェーンのスーパーTesco(テスコ)はスパイクを設置しました。

 

 

 

 

しかし早朝に作業服を着た活動家らがスパイクをコンクリートで埋め尽くしたり、

 

 

 

 

https://www.vice.com/en_uk/article/activists-vandalised-the-anti-homeless-spikes-this-morning

 

Facebook上でも同店舗前での抗議デモを行うと宣言され、さらに署名サイトにも撤去を求める人が13万件の署名を行ったため、同店舗はスパイクは撤去すると宣言する結果になりました。

 

当時の関連記事

シンプルで間違いのないホームレス対策

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

使用していない公共建物がシェルターとして開放される

 

しかし昨年の11月には、同じマンチェスター市では、市役所が現在使用していない古い建物をホームレスの方たちが夜間に休息をとるシェルターとするために開放する、というニュースもありました。

こちらは元図書館でしたが、この建物がホームレスの人たちのために解放される一つ目の建物になるということです。


http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-manchester-34835788


*-*-*-*-*-*-*-*-*

★イギリスで増加し続けるホームレス
 

保守党政権の下、イギリスではホームレスになる人の数は増加の一方です。

 

http://www.homeless.org.uk/facts

 

 

上:路上で生活する人の数

下:前年度からの減増の割合

 

 

地域別のホームレス者の減増の推移

 

 

我が家の近くでも、目に見えて増加していますが、数か月前にロンドンに行った際はこれまで見たことのなかったような数のホームレスの方がいました。

 

しかもこの数字は実際に路上で生活していることが確認された人の数字にすぎず、家はないけども子供が居るからと簡易宿泊施設を割り当てされている人などの数は含まれておらず、実際にはもっと多くホームレスな人がいますし、もうすぐそうなりそうなギリギリの家族も増えているそうです。

 

と、活動家や一部の地方団体が必死で対策をしていても、ホームレス問題は深刻になる一方です。

 

関連記事

日本も他人事じゃない、イギリスで飢餓に苦しむ子供達 (2013年)

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

そのため、とりあえず目の前のホームレスの人に撤去してもらいたいという資本家と、活動家のいたちごっこは以前として続いています。

 

 

2015年 ロンドンのホームレス対策用スパイクを無効化させるため、マットレスと本棚で抵抗する活動家ら【動画】

https://www.theguardian.com/society/video/2015/

 

 

動画は上記リンク先からご確認ください。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

★資本主義の醜悪な部分を晒すため、高級マンションを不法占拠しホームレスの人のために開放する運動

 

イギリスでは、何らかの理由で空き家になっているところに勝手に住み着くこと(スクワット)は一定の条件の下で不法とはされておらず、一定の要件を満たすことでその住居がスクワッターのものになる、というケースもありました。

 

しかし2012年には法改正により、スクワットが刑法で取り締まり対象となっています。

 

【関連記事】

2年前までイギリスで居住用建物のスクワット(無断占拠)が違法ではなかった理由

 

 

しかしそれにもかかわらず、最近では、ロンドンのアナキスト系活動家らがバッキンガム宮殿近くの高級マンションに不法占拠して住み着いています

 

2月1日のニュースでは、彼らが1500万ポンド相当(約21億円)でロシア人オリガーキが所有する建物から強制退去させられていましたが、下の写真のように少し移動し、3度目として別の建物(約1400万ポンド相当)を新たな不法占拠の拠点にしているとのこと。

 

 

https://www.theguardian.com/society/2017/feb/24/serial-squatters-face-eviction-from-14m-london-mansion

 

この活動の主催は Autonomous Nation of Anarchist Libertarians というアナキスト系団体で、ロンドン中央部の高級な建物を標的に不法占拠する活動を行っています。

 

彼らによると、ホームレスの人の数が急増しているのに、使用されていない空の建物が多いのは恥ずべき事で、この活動によって最も裕福な層と最も貧しい層の間のギャップを浮き彫りにすることが、この活動の目的だということです。

 

ちなみに2016年9月の時点で、イギリスには空き家の状態の家が20万軒存在しています。

 

 

同団体は不法占拠した建物をホームレスの人のための一時的な滞在場所や、炊き出しを行う場所として利用しています。

 

 

しかし関係のないファシスト系(極右系)市民が、その活動に対して無駄に攻撃を仕掛けてきたりもしています。(下の動画)

 

 

こういう人たち(ファシスト)は、路上で人が死んでいようとも、法律の側に立ち、自ら進んで権力の番犬になることを選んでいるんですよね。私にはまったくもって理解不能です。

 

 

★私の住んでいる町のホームレスの状況

 

私の住んでいる市内にもホームレスの人は多いですが、うちのお向かいのおばあちゃんが毎朝サンドイッチを作って手渡しに行っていたり、アノニマス系の友人が中心になって毎週末に炊き出し活動を行ってます。クリスマスにはイスラム系の人たちが代わりに炊き出しをしてくれていました。その他、暖かいご飯を提供して洗濯のできる施設もありますし、路上でもいつ見ても誰かが話をするために寄っていたりして賑やかな人も結構います。(それでも冬は過酷な寒さのため、死者がでることもありますが。。。)

 

一方、ロンドンでは暖かくて煌びやか、おしゃれな店舗の前にも多くホームレスの人がいてそれぞれが孤独に座り込んでおり、そのギャップになんとも言えない気持ちになりました。

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

★カナダのバンクバーでは

 

これも2014年6月にロンドンのホームレス対策のスパイク関連で出回った古い情報ですが念のため。

 

https://mic.com/articles/92463/

 

昼は公園のベンチですが、夜になると雨風が少しはしのげるような形に変化するベンチ。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

★ホームレスの人のために小さな住居を建設する9歳の少女

 

http://www.boredpanda.com/helping-homeless-shelter-9-year-old-girl-harvest-hailey-fort/

 

 

写真の少女はアメリカのワシントン州在住のヘイリー( Hailey )ちゃん(9歳)ですが、5歳の時に母親にホームレスの人のために何かしたいと相談。その時にはサンドイッチを購入してホームレスの人に手渡したそうですが、その後はもっと本格的になりホームレスの人のためにと大人のサポートの元に簡易宿泊施設を建設。上記リンクにはもっと写真が掲載されています。

 

庭の小さな一角ではホームレスの人のために野菜まで育てているということです。

 

 

彼女の最新の活動はこちらのFacebookページから。

https://www.facebook.com/Haileysharvest/

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

★ダブルデッカーバスを改造し、可動式の簡易宿泊施設を作る運動

 

最近、Facebookで仲良くなった人は、イギリスのレディング(Reading)でダブルデッカーバスを入手し、それをホームレスの人が夜に寒さを凌いで休むことのできる移動式簡易宿泊施設にしようという活動をしている人でした。

 

 

https://www.facebook.com/TheArkProjectReading/

 

イギリスでは今週は昼でもかなり寒い日々が続いています。せめて夜だけでも暖かい場所で休むことができたら、死亡ケースもかなり削減できるかと思います。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(8)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。