一般市民の犠牲者というヤラセ動画を撮影する前には、カメラの電源をチェックした方がよいかもしれませんよ

Before Trying to Fake Civilian Casualties, You May Want to Make Sure The Cameras Aren’t Rolling…

2017年2月27日

 

この動画からは、映画の撮影直前の撮影セットの雰囲気をご覧になることができます。

みんなが定位置についてはいるものの、まだ演技は始まっていません・・・

 

しかしここで紛らわしいのは、実はカメラが回っていたということなのです。

 

これがハマスのプロパガンダの様子です。万が一、埋葬の様子を撮影するのであれば、撮影後に俳優さんたちを掘り起こすのを忘れないことを祈るばかりです。この動画も、最後に「NG!」とキャプチャーをつけておいて欲しいものですね。

 

 

 

2014/08/15 に公開

 

 

 

【参考】http://www.israelvideonetwork.com/before-trying-to-fake-civilian-casualties-you-may-want-to-make-sure-the-cameras-arent-rolling/

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

【コメント】

この動画は2014年に公開されたものですが、古くて新しいというか、彼らの考えることとやっていることは何年も変わりがない、ということがよくわかりますね。

 

この撮影の「本番」をテレビのニュースで見ちゃったら私もつい泣いてしまいそうですが。死体袋の中でスタンバイ中の俳優さんたちは撮影前だからか、暑いのか、ごそごそと動き回っていてコメディのようです。

 

 

 

 

 

 

 

2017年のシリアの化学兵器攻撃は明らかに偽旗作戦だ:CNN放送の不愉快な偽ニュースについて

2017 Chemical Attack in Syria & OBVIOUS False Flag - DISGUSTING FAKE NEWS FROM CNN

 

 

 

イギリスの元在シリア大使「化学兵器攻撃の背後にいたのはアサドではない」

 

この方がBBCのインタビューに答えている動画も見ましたが、BBCの司会者が必死で「アサドがこの化学兵器攻撃を行った」という話に誘導しようとしつつも、元大使は淡々と冷静で客観的な事実を述べていました(BBCの司会者は必死になりすぎて、彼が話しているのを隠そうとしたのか、かぶせるように話こんでいました)。

 

イギリスではBBCでさえこんな懐疑的な立場の人が話しているようで、ひたすらヒステリックになっているアメリカの報道よりはずっと落ち着いてみることができます。

 

これだけ情報が明らかにされていて、いまだにアメリカ様のいう「非人道的な残虐行為」をうかうか信じている人って、どれだけいるんでしょうね?

 

世界の支配者層と言われる人たちは、一般市民でもインターネットで自発的に情報を収集できる、ということに気がついていないのでしょうか?まだ騙されるとでも?

 

 

http://www.hangthebankers.com/exposed-planned-false-flag-attack-on-israel-to-blame-syria/

 

プラカード:「シリアに対する戦争は嘘の上に作り出されている

 

 

 


・・・対シリアの戦争だけでなく、世の中のいろんなものが嘘の上に作り出されているようです┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

コメント(6)