ザンビアのショッピングセンター上に不気味な人型の影が現れ目撃者を驚愕させる

Weird human-shaped figure terrifies locals when it appears in clouds above Zambian shopping centre

3月4日【Daily Mail】

 

 

ザンビアの都市キトウェ(Kitwe)のショッピングセンターMukuba Mallの上空に突如として不気味な人型の影が現れ、目撃者たちは恐怖に駆られて逃げ惑った。

 

写真には空に引き寄せられているような巨大な人間そっくりの頭部と胴のような影が写されており、長さは100m以上あったのではないかと考えられている。

 

濃い黒色の影は雲とは異なる物質のようで、この写真の撮影角度からはこの影がショッピングセンターを見下ろしているように見える。

 

この影は30分ほど上空に観ることができたが、中には神の顕現だと考える人もいたようだ。

 

 

 

目撃者の一人:「あの人のような影を見て驚きました。30分近く見ることができました」

 

「祈りを捧げ始める人もいれば、走り出す人もいました。とても不思議なできごとでした」

 

(翻訳終了)

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

【続報】

この人型の陰については、人型の凧(たこ)の画像を加工したものではないかという説もあります。

 

日本語でも説明がありました。ご参考まで。

http://karapaia.com/archives/52235264.html

 

 

【コメント】

このザンビアで目撃された人型の影が映画ハリー・ポッターに登場するディメンターという存在に酷似していると、翻訳元の記事や下の動画に写真がありました。

 

ハリー・ポッターのディメンター

 

 

このスコットランド訛りの男性による解説つき動画では、今回の目撃された人型の影は有名なブルービーム計画の一部ではないかと考えて説明しています。

 

 

 

 

あまりご存知ない方のために簡単にまとめました。

 

ブルー・ビーム計画(Project Blue Beam)とは

 

NWOの実現のため新世界政府の基盤を構築するため、NASAと米軍の技術を用いて空に存在しないモノを映し出し、それにより反キリスト者をリーダーに新しい「神」を崇める新時代の新宗教を作り出そうという計画です。この新宗教がなければNWOは実現しないとエリート層は考えているようです。

 

第一段階

意図的に特定の場所に人工地震を起こし、それにより発見された考古学的な新事実によって既存の宗教(キリスト教とイスラム教)の教義が全世界に対して否定される。

 

この基盤として、一部の有名なハリウッド映画が「宇宙から侵略者が到来し、地球が一致団結して戦う」というアイディアを市民に植え付けている。

 

 

第二段階

地球上の各地で、その土地の信仰対象に応じて異なるモノが空中に3次元のホログラムとして音声などと共に照射される。

 

この新しい「神」はあらゆる言語を話すことができる。

 

・宇宙のショーとして

UFOが目撃され、これにより世界の終わり的なムードが盛り上げられる。

その後、新しい「キリスト」、つまり救世主が登場。

 


・人工的な携挙(rapture、ラプチャー

ベッドの上から空の母船などに吸い込まれるなどして多数の人たちが突如として姿を消す。

 

新しい世界宗教に対する反発やその後の聖戦などでは、これまでの人類の歴史になかったほどの規模の犠牲がでるだろう。

 

・古い予言の実現

 

 

上空約100km辺りの空を映画のスクリーンとして利用し、衛星やコンピュータを用いた「ショー」が繰り広げられ、奇跡として受け止められる。

 

世界各地の宗教ごとに異なるイメージが照射される(キリストやモハメッド、ブッダ、クリシュナなど)。終末論を熱心に信じる信奉者たちは予言の実現と考えるだろう。

 

この「神」が既存の宗教の教義は誤解されていたと説明をし、否定する。

 

これにより世界的に信仰の基盤が失われ、社会や信仰が大規模に無秩序となり、国同士で非難し合い始める。

 

また、現在人気の「チャネリング」に対して注意しなければならない。それぞれが神聖なガイドによるものだと主張していながらも、それぞれの内容は酷似している。メッセージの内容がNWOにとって有益になりそうな方向性にある場合は特に要注意。

 

 

第三段階
技術的なサポートの元、同計画の一環として極低周波や超長波を用い、各個人の脳内にテレパシー・電気的な信号を送信し、受信者は自らの「神」が話しかけていると深く信じ込む。

衛星から放射される光線により、人間は人為的な思考を形成し始め、それに基づいて行動し始めるだろう。



技術の進化により盲目の人が見えるようになり、耳の聞こえない人に音が聞こえ、医薬品などを用いずに痛みをなくすことが可能になっているが、こういった脳科学的な知識に基づく装備をCIAやFBIなどはすでに利用している(治療ではなく拷問や自殺に見せかけた暗殺のため)。


*-*-*-*-*-*-*-*-*

ブルービーム計画について様々な仮説がありますが、上記はその一例です。

お空から神様や宇宙人などが降りてきて、地球上の人間(あるいは信者)を助けてくれるという終末論が一部で人気になっていますが、その背景には信奉者だけではなく意図的にこのシーンを盛り上げている集団がいる可能性も考えられます。
(終末論の盛り上がりの例:アメリカのキリスト教系の一部のカルトなどでは、携挙はもうすぐだと大盛り上がりですし、一部のイスラム教でも、普通のおばちゃんさえ「もう(宗教的な意味で)世界の終わりだ」などと考えている人もいるとか)

今回の人型の影だけでなく、他にも毎日の様に世界中から不思議なモノの目撃談があります(同じくアフリカでは空中に浮かぶ都市なども目撃談が続いています)。

不思議な現象をすべて科学的に片づけるのも少しロマンに欠けますし、こういった仮説があるからと言って神や宇宙人の存在を否定するわけでもありません。ただ意図的にそういったモノの存在が利用される可能性があることを示唆しているだけです。なので、あまりそういった「救世主(メシア)」みたいな存在には容易に過剰な期待はしない方が無難かもしれません。




 

AD

リブログ(5)

リブログ一覧を見る

コメント(23)