今もまだ、メディアでも個人レベルでもトランプ熱が冷めない傾向が強いようですが、それよりもトランプの立ち位置云々(でんでん)よりも、我が国の首相の危うさにはどうも違いはないように思います。

トランプへの朝貢額51兆円 【Katsuko様のブログより】
http://ameblo.jp/sannriku/entry-12247434158.html

 

安倍は米国に51兆円も貢ぎ金をもってゆく。何ということだ。自分の足下を見てみるがいい。ひとりひとりが赤貧洗うが如し、になってきている…暴動が起きるだろう/副島隆彦

 

[2087]安倍は、アメリカに51兆円も、貢ぎ金をもってゆく。何ということだ。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2017-02-10 05:38:58

http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

 

安倍晋三首相が、トランプ大統領に、取り入るために、明日11日(アメリカでは10日)に、持って行く日本からの資金は、なんと4500億ドル(51兆円)だそうだ。

 

これを、日本国民の年金の積立金(GPIF、ジー・ピー・アイ・エフ と言う)から、持ち出すようだ。 いくらなんでも、大抵のことには驚かない、私であってもビックリだ。(中略)

 

安倍は、トランプのお供というか、自ら進んで子分になりに、べったりと付いて、キャディ(元々は、young lad ヤング・ラッド、と言う意味で、貧しい少年たちの仕事だった)をやりにゆく。 日本は、アメリカに51兆円も、一気に貢(みつ)ぐのだ。

 

(転載貼り付け始め)

「 安倍首相のアメリカへの貢(みつ)ぎ金(がね) 一晩で51兆円 ! 」

2017/02/09 大井幸子(おおいさちこ)氏 の 文
http://www.globalstream-news.com/ohi-report/post-18456/

 

2月10日の日米首脳会談に世界が注目している「トランプへの土産」がある。米国への経済協力の原案は既に日本の新聞でも報道されているが、特に目を引くのが、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による米国インフラ事業への投資である。

 

この原案では米で数十万人の雇用創出につなげるという効果を謳っている。総額4500億ドル(約51兆円)の土産の見返りに、安倍首相はフロリダのトランプ御殿(別荘)に招待され、ゴルフも共にする。一晩の会談で51兆円を持って来てくれる日本とは何と気前が良いのだろう。

 

関連記事
日経新聞 2017年2月2日
「公的年金、米インフラに投資 首脳会談で提案へ ?政府、雇用創出へ包括策」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS01H5E_R00C17A2MM8000/

 

FT紙(英フィナンシャル・タイムズ紙) 2017年2月7日
”Shinzo Abe drums up business pledges to woo Trump”

(「トランプに求愛しようとする安倍晋三が経済的誓約で派手に宣伝する」)
https://www.ft.com/content/cdae8542-ed22-11e6-930f-061b01e23655

 

私の米国の友人は「米国にとっては良いかもしれないが、日本の将来にとっては良くないでしょう」と心配のメールをくれた。

 

私の日本人の友人は、「GPIFから、アメリカにカネをつぎ込むとは、日本にもいよいよカネがないとしか思えない。国民に将来支払われる年金が、米国のインフラに投資されて回収できなくても文句も言えないだろう。今でさえ年金受給額が減っているというのに、日本の若者がかわいそうだ」と悲嘆に暮れていた。

(転載貼り付け終わり)

 

(中略)

 

副島隆彦です。 日本の政府がやっている 日本国民の 大切な、今や、命の次の大切な、いろいろの 年金の 運用組織( GPIF, ガヴァメント・ペンション・インヴェズトメント・ファンド)から、安倍が、勝手に持ち出して、アメリカの このように湯水のごとく、「くれてやる」、「差し上げる」、「召し上げられる」、「這(は)いつくばって奉納(ほうのう)する」のが、こんなに巨額でいいのか。

 

いくら、「安倍ちゃん、頑張って」の安倍支持派の 国民でも、少しは青ざめたらどうだ。

 

「いくらなんでも、ここまで、アメリカの属国をやるとは! これじゃ、もう、奴隷じゃないか」 と、 日本の右翼たちは怒らないのか。 これだけ貢がされても、それでもなお、、チャンコロ、ロスケ(ロシア)、朝鮮人、からの攻撃がコワイから、アメリカさまの 軍事力に守ってもらわなければいけないから、だから、言われたとおりにお金を差し出す、というのか。

 

日本国民の 地獄の暮らしの 実態、実情 が、すでに、あちこちに、ボロボロと露見しつつある。

 

私、副島隆彦が生きている、出版業界、書店、出版社も、すでに、地獄の状態になっている。どんどん潰(つぶ)れつつある。私クラスの一番、本が売れる書き手、作家でも、自分が食べるのが精一杯になってきた。本当だ。「まさか、そんな」は、通用しないのだ。

 

みんな、自分の足下を見てみるがいい。 まさしく、ひとりひとりが、赤貧洗(せきひんあら)うが如(ごと)し、になってきている。 私は、大げさに、誇張で書いているのではない。

 

すでに決意した餓死者( 職と収入口をあきらめて、食を、自ら断つ、ことでの衰弱死をする者)たちが、どんどん出ている。 福祉が、どうの弱者救済が、どうの、の段階では無い。健康な日本国民までが、死につつあるのだ。51兆円も、トランプに、お土産で、自讃する、安倍晋三、という、こういう“ザ・カルト・オブ・靖国(やすくに)”の男を、日本国民は、一体、いつまで、のさばらせて、首相をやらせておくつもりか。

 

国民の方が、先に死んでしまう。いくら、トヨタ以下の、日本の優秀な輸出大企業3000社の、経営者、社員、技術者、労働者たちが、いくら、必死に働いて、死ぬほど苦労して、貿易で利益を出して、外貨を稼いで、それが税金になって、日本国民を食べさせている、と言っても、もう限界だ。こんなアメリカに、毎回、毎回、そして、年金のカネまで、ふんだくられるようになっては。もう、他には何ものだ。

 

日本で、貧者たちの、飢えた若者たち、年金がどんどん減額になっている老人たちも、による 暴動が起きないのが、不思議だ。 このままだと、暴動が起きるだろう。

 

(引用終了)

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

さらにこちらの記事には、この件に関する具体的なニュースの情報源もありました。


2月初めに報じられたGPIFの米インフラ投資計画

http://www.johoseiri.net/entry/2017/02/08/073624

 

 まず、端緒になった日経電子版の記事(「公的年金、米インフラに投資 首脳会談で提案へ  政府、雇用創出へ包括策」2017/2/2)では、日本からアメリカに提案される「日米成長雇用イニシアチブ」(仮称)の骨格が報じられています。

 

 GPIFは130兆円の資金運用の5%を海外インフラに投資できるとされ、これを用いて米企業等が公共投資の資金調達のために発行した債券を購入します。そして、債券をGPIFが購入し、米国インフラに投資したり、日米両国で第三国のインフラに投資したりするわけです(投資プロジェクトとして、ロボット、人工知能、サイバー防衛が挙げられている)。

 

 朝日デジタルの記事(「首相『米の雇用70万人創出』 日米首脳会談で提案へ」2017年2月3日)では、その規模が報じられています。

 

(引用終了)

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

【リテラ】安倍政権が年金数兆円をトランプに献上! 国民には運用失敗のツケを押し付け年間14万円も年金カットしておきながら

 

 

【世界の裏側のぼやき】

(注意:ここからはかなり毒舌なので苦手な方はスルーしてくださいね!)

 

まず、アメリカの雇用促進のために日本が投資する意味が全く理解できません。日本の雇用市場も大変な状態ですよね?そこにお金を落としたら、わずかながらでも内需拡大にもなりそうな気がしますが。

 

そして副島様の最後の咆哮、「日本で、貧者たちの、飢えた若者たち、年金がどんどん減額になっている老人たちも、による 暴動が起きないのが、不思議だ。 このままだと、暴動が起きるだろう。」には強く共感しながらも、暴動は。。。日本では起きにくいのではないかと思います。

 

愚民化政策大成功で政治に興味を持つ大人の絶対数が少なく、また「デモは無意味だ」「やらせだ」「後ろで操作されている」という論調ばかりが人気で、あるいは(こんなタイトルの記事に目を通される方にはいないと思いますが)バシャールなどのスピ系の人たちは「政治なんてネガティブなものは忘れて、高い意識に集中しましょう」という論調も人気で、さらに「日本人はデモなんてそんな野蛮で暴力的なことはしないわ~」といういつ、どこから始まったのかわからないような洗脳っぽい「国民性」が一般論としてできあがっているようにも見受けられます。かといって暴動を起こせ、デモに参加しろとは思いませんが、少なくとも他の政治的努力もしないで、必死でその他の政治的な抗議活動をしている人たちを容易に批判するのは止めて欲しいものです。

 

この調子では最後まで、日本国民の大多数が苦しい生活に耐えながら耐え続けようとするかもしれません。

 

 

(画像 https://twitter.com/hiromi19610226/status/830197063522476033

 

このツイートが一言「お手っ!」(笑)

 

あばたもえくぼ、とは言いますが、首相大好きな方がこんな写真を観たら、「ああ~これで日米関係も安定し、宿敵中国の手からアメリカ様が守ってくださるに違いない」と思われるのでしょうか(*´ω`*)。正直、アメリカは国内外で大荒れで、他国を守るなんて余裕はとてもなく、日本国民の血税を取り上げられて、不具合ばかりで買い手のないポンコツ兵器を宗主国から「 ぼったくり お友達 価格」押し付けられるだけで終わりそうな予感もしますが、私の予感が外れることを祈って止みません。

 

私にはこれも二か国間の関係を如実に表しているだけのように見え、左の人は永遠のポチ公にしか見えません(プーチン大統領訪問の際にも、喜んで貢ぎ金を献上していて、外交と言えばばらまきしか思いつかないのかとぞっとしました。日本人から搾取して海外にばらまく金額如何で、首相に対するパペットマスターからの評価が上がったりするんでしょうか?)

 

ここで再び、お気に入りの名言です。

 

「アメリカ大統領がトランプだからって、何ビビってんだよ。日本なんて安倍だぞ」

https://twitter.com/inabawataru/status/796190552333041664

 

 

 

 

 

【BF1】云云々云々云云々云々(デデンデンデデンデン)
安倍晋三のテーマ【訂正でんでん】

 

・・・精神のバランスを保つためにも、たまには笑った方がいいかもとも( ´艸`)

 

 

追記:前から言われていることですが、イギリスでも全く同じような状況です。

つい先日、ガソリンスタンドで見かけた新聞の一面。

 

「保守党による財政削減により3万人が死亡」

 

 

新聞の見積もりが3万人であれば、実際の数はもっと大きいでしょう。

さらに翌日の新聞には、「NHS(国営病院)の産科を廃止することを検討」という見出しがありました。産科は私も二回ほどお世話になっていますが、その時点でもかなりの人手・財源不足であることが見て取れました。人口削減するやる気で満々のようです。

 

でもくだらない核兵器への投資などに回すお金は、けた違いにあるようです。

 

日本の首相がポチなら、イギリスの首相も国民に選ばれてさえいない(選挙を経ていない)メイ首相です。アメリカやフランスなどの欧州では暴動などで大荒れです。

 

と、少しでも日本の方の気を軽くしたいとイギリスの例も挙げましたが、あまり効果はないかも・・・(爆)

 

 

 

AD

リブログ(15)

リブログ一覧を見る

コメント(19)