国連のイスラエルに関する議決の後、トランプが国連に警告「もうすぐ状況は変わるでしょう」

12月23日【the HILLS】Trump warns UN after Israel vote: 'Things will be different' soon

 

日本語でも関係の報道がありました。

 

イスラエルの入植停止求める国連決議、米が拒否権行使せず(Bloomberg 日本語)

 

「 国連安全保障理事会は23日、イスラエルが進めるヨルダン川西岸などでの入植を停止するよう求める決議案の採決を行い、オバマ米政権は拒否権を行使せずに棄権した。イスラエル政府は中東で最も関係が深い同盟国を米国が見捨てたと批判している。 」

 

このブルームバーグ紙では、いつもであればアメリカは政府としてイスラエル側に立って保護していたのに拒否権を否定するなんてアメリカがイスラエルを見捨てたようなものだ、ということです。しかしどうやらトランプ氏はオバマ政権の決定に対して不満があるようで、この決議の直後、ツイートを発していました。

 

ツイート:国連については、(私が大統領に就任する)1月20日以降に状況は変わるでしょう。

 

以前の記事「トランプの素顔・少女への強姦容疑/イスラエル・ネオコンの走狗/911との関連」では、トランプ氏とイスラエルのつながりが指摘されていました。そしてこのイスラエル政府側が不法な占拠を拡大している問題についての今回の決議の前には「トランプとイスラエルのネタニヤフ首相、アメリカの一部の国会議員はアメリカが国として決議に対する拒否権を発動するよう求めていた(the HILLS紙)」ようで、改めて親イスラエル的立場を明らかにしました。

 

トランプ氏が拒否権を発動させるよう要求した発言:

 

トランプ氏の声明文:「アメリカ合衆国はイスラエルとパレスチナの間の平和を長きに渡り維持していますが、これは両当事者間の直接的な交渉によってのみで、国連による強制という形でではありませんでした」

 

「これによりイスラエルは交渉の場で非常に不利な立場に立たされ、すべてのイスラエル人にとって非常に不公平になります」

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

この決議を受けて、ネタニヤフは「復讐」を宣言しています。

 

「狂気の」決議案に対する復讐として、ネタニヤフが国連機関に対するイスラエルからの資金提供を停止する

12月25日【David Icke】Netanyahu halts Israeli funding of UN bodies in revenge for ‘crazy’ resolution

 

 

「ネタニヤフはいつも被害者。

パレスチナ人の大虐殺へ向かい、罪のない人たちを大量に殺戮している冷血な人間としてとらえられることはない」

 

上記の国連決議を受け、イスラエルのネタニヤフ首相は国連の機関に対する億単位の資金提供を停止すると発表しました。

 

24日のネタニヤフの国内向け声明:

「一か月以内に、イスラエルと国連の関係を再評価するよう、外相に指示を出しました。

国連機関に対するイスラエルの資金提供や、国内の国連代表などが含まれます」

 

「特にイスラエルに敵対的な姿勢の国連機関の5つの組織に対し、3,000万シケル(780万ドル)の資金停止を指示しました・・・その対象はさらに広がる予定です」

 

 

・・・イスラエルの言うことを聞かないなら、お金をやらないぞ、ということですね。

 

世界を教室で例えると、パレスチナ君にかなりひどいいじめを公認で続けてきたイスラエル君に対し、学級会(国連)で「イスラエル君はパレスチナ君の持ち物を取り上げるのを止めてください」と言われ、イスラエル君が、「それなら今まで学校に寄付していたお金を取り戻す」と逆ギレし、アメリカ君は「いつもなら助けるところだけど、今回はパス(拒否権を発動せず)」と逃げたというところでしょうか。

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

これは別件ですが、国連つながりで。

 

フィリピン大統領 今度は「国連を燃やす」と脅迫
12月24日【Sputanik 日本】 https://jp.sputniknews.com/life/201612243176543/

 

「こうした暴言は、国連付属の人権保護機関が、麻薬取引に関与したとされる容疑者殺害について調査を求めたことに、大統領が不満感を抱いていることから来たものである」

 

・・・世界の平和を実現するためにということで設立された国連ですが、実際問題大して役にも立ってないのは明らかですし、そろそろその存在意義がまともに問われてもよい頃かもしれないですね。

 

 

 

 

AD

コメント(29)