グシファー2.0が米国大統領選挙を各自で監視するようにハッカーに呼びかける
Guccifer 2.0 Issues Alert For Hackers To Independently Monitor U.S. Elections

 

11月5日【We are change】
 

 

今年の夏、アメリカの民主党全国委員会(DNC)のシステムにハッキングをし、文書2万件をウィキリークスに手渡したことで悪名高いグシファー2.0(Guccifer 2.0)が、自らのブログ上に新しく投稿しました。

 

今回、グシファー2.0はFEC(連邦選挙管理委員会)システム内部から、民主党が今回の選挙を不正操作する可能性があることを示唆する情報を入手したと断言しています。

 

グシファー2.0は10月18日にトランプの納税資料とクリントンの政治活動の挑発行為について最後に投稿を行ってから後数週間の沈黙を保っていました。そして久しぶりに沈黙を破ったグシファーは、選挙管理委員会のシステム内に潜入しており、アメリカの大統領選挙を監視すると主張しています。

 

グシファー2.0が仲間のハッカーらに要請しているのは選挙をハッキングして票を盗むことではなく、選挙管理委員会のシステム内の投票活動における怪しい活動がないかを監視することです。

 

グシファー2.0「民主党が11月8日の選挙で不正行為を行う可能性があることを皆さんに警告させてください。ITの大企業がインストールしたFECのネットワーク内のソフトウェアが原因で、これ(不正操作)が可能であるかもしれません。前にもお話しした通り、このソフトウェアの品質はお粗末で、多くのホール(穴)や脆弱性があるためです」

 

グシファー2.0は以前、サイバー上のセキュリティの弱さについてのスピーチを行い、システムが侵入された場合はハッカーではなくITのセキュリティに問題があると話していました。

 

グシファー2.0「私は独立した選挙監視人としてFECの選挙システムに登録しました。そしてこの選挙が正直に行われるかどうか監視する予定です」

 

彼は仲間のハッカーに対して選挙を内部から監視し、選挙の不正行為に関する事実をアメリカの社会に提供するように呼びかけています。

 

予備選挙ではヒラリー・クリントンがバーニー・サンダースに勝つ様に膨大な量の不正選挙行為が行われましたが、ジェームス・オキーフェ主宰のプロジェクト・ヴェリタス(Project Veritas)はさらに、選挙当日に少数派の投票者にバスで投票所周りをさせ、あるいは数千の投票用紙が行方不明になり、さらに暴力行為で投票者を怖がらせるなどのその他の様々な選挙の不正行為を暴露しています。さらにアメリカ全体の複数の州ではすでに、選挙の不正行為が複数報告されています。

 

民主党が選挙の不正行為を行おうとしてるという点でグシファー2.0はおそらく正しいでしょう。そして現時点では一つの選挙期間で不正選挙が2度も行われたことが露骨に明白であり、民主党はこれについて説明責任を負っています。
 
BlackBoxVotingのべヴ・ハリス(Bev Harris)が公開した最近の動画では、GEMSの不正投票システム「フラクション・マジック(fraction magic)」の仕組みについて説明がされています。さらに詳しくはBlackBoxVotingのウェブサイトでご確認ください。

 

 

 

 

私は今回の選挙では期日全投票から独自の選挙監視を行い、予備選挙時と同様に11月8日に行われる可能性のある不正行為すべてをリストアップする予定で、彼らが選挙で不正行為を行った場合は私たちはその内容を公開する予定です。

 

 

 

 


グシファー2.0の声明文全文は以下の通りです。

 

「FEC(連邦選挙管理委員会)内部からの情報:民主党が不正選挙を行う可能性について」

 

民主党が11月8日の選挙で不正行為を行う可能性があることを皆さんに警告させてください。ITの大企業がインストールしたFECのネットワーク内のソフトウェアが原因で、これ(不正操作)が可能であるかもしれません。前にもお話しした通り、このソフトウェアの品質はお粗末で、多くのホール(穴)や脆弱性があるためです。

 

私は独立した選挙監視人としてFECの選挙システムに登録しました。そしてこの選挙が公正に行われるかどうか監視する予定です。

 

私はまた他のハッカーに対して、選挙を内部から監視し、選挙の不正行為に関する事実をアメリカの社会に提供するように呼びかけます」

 

 

 

 

(翻訳終了)

 

 

 

【参考】http://wearechange.org/guccifer-2-0-monitor-u-s-elections/より翻訳

 

AD

リブログ(4)

リブログ一覧を見る

コメント(8)