世界の裏側ニュース

日本であまり報道されていなさそうなニュースで、おもしろい視点の英語の記事を翻訳した記事がメインです。

いろいろな情報がありますので、判断はご自由にどうぞ (・∀・)


テーマ:
NATOに備え、核兵器と10万人の兵士の配置命令をプーチンが下す

Putin Orders 100,000 Troops With Atomic Weapons To Prepare For NATO

1月12日【your news wire】http://yournewswire.com/putin-orders-100000-troops-with-atomic-weapons-to-prepare-for-nato/ より翻訳


ロシアのウラジミール・プーチン大統領が、西部最前線に核兵器の装備と共に10万人のロシア人兵士を配置することを許可する命令に署名を行った


これはスイスのCERN(サーン)に対してロシアが核攻撃を行ったことに対して予期されている、NATO勢力による反撃に備えることが目的だ。

ロシア政府によると、CERNは「次元を超えた通信および移動」の解放に成功しており、ロシアはCERNの地下実験施設を完全に破壊しようと試みたが、NATOがそれに対して反撃することが予想されているというのである。

Whatdoesitmean.com の報道より:


以下は、ロシア国防省による報告書で伝えられている内容。

昨年11月にスペインの地方で、不可思議な「デススター」風のオーブが墜落した。その件について、その真相を追究する任務を与えられたロシア対外情報庁(SVR、ロシアの諜報機関)の「スパイ」がスペインで諜報活動を行っていた。そしてCERNがナチスのこの秘密兵器を「解放した」ことを証明する証拠を、このスパイが入手したという。



スペイン上空に不可思議なオーブ群が墜落するのが目撃される


この諜報部員らは、CERNから出現した同様の「デススター」風のオーブの動画を関連付けているようだ。



CERN・奇妙な雲の渦巻きと光るオーブがそこに引き込まれる様子


しかしCERN職員によると、スイスにある研究機関CERNから形成され、先述の「デススター」のオーブを生み出しているミステリアスな雲の層は、銀河宇宙線と雲の形成の関連性についての研究が原因であるという。

CERNで西側の化学者が本当に行っていることに関して最も真実に近いものは、2009年のCERNの研究および科学計算部門の部長
Sergio Bertolucci氏による衝撃的な発言から明らかにされている。

「このドアから何かが出てくるかもしれません。あるいは、これを通じて何かを送ることが可能であるかもしれません」



「デススター」風オーブの存在が、歴史上で初めて確認された記録は、1561年4月14日の早朝、ドイツのニュルンベルグ市の上空で、同市の地方紙ガゼット(The Gazette)が報道したもので、「巨大な複数の円筒形のものから、黒や赤、オレンジ、水色の球状のもの(オーブ)が飛び出し、すべてのものがまるでお互いに戦いあっているようであった」と空中戦のようなものであったと説明がなされている。

そして有名なドイツ人の印刷家、ハンズ・グレーザー氏(Hans Glaser)の手によって、この奇妙な出来事は有名な木版画となって後世の人間のために残されている。



世界第二次大戦ソビエトの記録保管所からの情報によると、1920~30年代にナチス体制がドイツの政権の座にあった間、ナチスの研究機関で最も「秘密主義・神秘主義的・悪魔教的」な組織であったアーネンエルベ(Ahnenerbe)による「調査・探索」がドイツのニュルンベルグで始まったという。

アーネンエルベが同市の地下にトンネルを掘り始め、古代の「電気を使用した機械」が発見された。彼らはこの機械こそが「デススター」のオーブの発生源であると信じていた。そしてこの発見によって、ナチスはニュルンベルグ全体をアドルフ・ヒトラーの「最大の聖地」に変え、ヒトラーはそこで、数十万人規模の熱狂的な信奉者に対して彼の政権が来る1,000年の間支配するということを初めて告げた。

ナチスは1561年にこの「デススター」のオーブがドイツを救ったと信じているばかりでなく、当時もこれらの「超次元装置」が同盟軍に対する敗北からドイツを守ってくれるはずだと信じていた可能性が高いようだ。

そして1944年までには「古代の装置/機械」が再び復活させられ、ドイツ上空に数百もの「デススター」風オーブが送り出され、同盟国の戦闘機パイロットらから「未確認飛行物体(foo fighters)」として説明された。



第二次大戦中の未確認飛行物体




しかしドイツのナチスが敗北した後、この「古代の超次元装置」を復活させたドイツ人科学者らをアメリカ政府は秘密裏に赦免し、アメリカに連れてきた。そして今日に至るまで、その研究はアメリカで続けられている。

この「超次元の力」に対するナチスの研究を継続させている西側の権力者の「最終的な目標」について権力者層は、「獣の刻印」である666という数字がCERNのロゴに明確に描かれているだけでなく、CERNの入り口ホールにはヒンドゥー教の「世界の破壊者」として知られているシヴァが飾られるなど、おおっぴらに全世界を嘲っているかのようである。




(翻訳終了)



****

【コメント】

まさか、ロシアの10万人の兵士配置が、CERN、ナチス、果てはオーブにまで結びつくとは思いもしませんでしたが・・・

こういう「ロシアが10万の兵士を配置!」というニュースがあればまた、普通のニュースばかり見ている人だったら、「またロシアがやらかしているよ」と思うのかもしれませんね。


でもCERNの研究については、多くの科学者らも甚大な危険を警鐘を発していますし、それを完全に潰したいというロシアの考えは、私にはとてもよく理解できます。


さらに欧州周辺のNATOの配置がこちら。

http://www.sott.net/article/302220-Locked-and-loaded-NATO-deploys-fully-armed-German-Eurofighters-to-Russian-borders



この地図は2015年のもののようです。




そしてより広範囲で見た、NATOの配置がこちら。



http://www.sott.net/article/302220-Locked-and-loaded-NATO-deploys-fully-armed-German-Eurofighters-to-Russian-borders


「ロシアがまた、戦争したがっているよ。

私たち(NATO)の軍事基地のこんな近くに国を置きやがって」


「ロシアが戦争したがっている」という部分は冗談ですが、要はNATO側がロシアのギリギリを囲むように配置しているということです。

西側のメディアでは、ロシアがいかにも侵略者として描かれていますが、どちらが本当の侵略者なのか怪しいところです。




これも2014年5月と少し前の資料ですが、対ロシアとしてのNATOのミサイルなどの配置図がこちらです。

http://humansarefree.com/2014/05/cold-war-2-has-begun-us-and-nato-are.html




2014年単独で、NATOがロシア周辺で行った軍事演習や基地をまとめたのがこちら。

http://www.sott.net/article/302220-Locked-and-loaded-NATO-deploys-fully-armed-German-Eurofighters-to-Russian-borders



2015年も、ロシアと欧州の国境で、目と鼻の先で挑発するように演習をしていたのはNATOでした。


★イギリスがNATOの軍事演習のため、グダンスク湾のロシア国境から50マイル離れたポーランドに最大級の戦艦を送り込む

5月24日【RT】https://www.rt.com/uk/261637-nato-military-drills-russia/

演習のために、50近くの軍艦、潜水艦が集まることになっていました。


★アメリカ主導の超国家的好戦派がロシア国境近くに集結

6月18日【RT】https://www.rt.com/op-edge/268066-nato-war-games-russia-border/ 

5000人前後の空・陸・海の兵士が演習を行いました。


★ロシアの国境近くのラトビアで、イギリスを中心にした大規模なNATO軍がシュミレーション演習を行う

11月18日【RT】https://www.rt.com/news/322539-nato-arrcade-fusion-exercise/


こちらはその例のごく一部ですが、プーチンは執拗なNATOの挑発に対して、ごく正論な皮肉で返しています。(2015年10月)

 


「民主主義がロシア国境近くまで攻め寄せている、というのであれば問題はありませんが、NATOが民主主義の代表だとでも言うのでしょうか?NATOは軍事同盟です。

私たちが懸念しているのは、民主主義がロシアに攻め寄せるのではなく、NATOという軍事組織が攻め寄せることです」




ロシアは西側対策として、3つの師団を新たに形成すると公式に発表しています。

1月12日【RT】https://www.rt.com/news/328648-russia-new-army-divisions/


でも核兵器だけは・・・やめて欲しいです。






****

【関連記事】

ネパール地震発生の同時刻にCERNがビームの出力を上げていた


ドイツ機墜落とCERNの関連性/ヒッグス粒子は14年も前に証明されていた?









AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。