「2015年は奇妙な年だ パート15 9月」

2015 IS STRANGE Part 15 // SEPTEMBER









「終わりの兆候パート106 2015年9月の最新の出来事」

SIGNS OF THE END PART 106 - LATEST EVENTS SEPTEMBER 2015  



詳しい解説などは時間の都合上、つけていません。すいません。
映像やテロップの英語でだいたいはご理解はいただけるかと思います。)



数年前からたまに、子供が寝静まった後に旦那とこういった世界の災害・不思議な現象を1週間~1ヶ月分まとめた動画を見ています。

このような自然現象などは、見始めた当時から驚くほど数が多かったのですが、それでも毎回観る度にその量には驚いてしまいます。

これだけの出来事がこのような短い間に起こる様子をまとめて見ると、特定の宗教を熱心に信じているわけでもないのに神、あるいは母なる地球という生命体の存在や、普段はでかい顔をしている人間社会の脆弱性をも感じずにいられません。


テレビを観ていると、国内の災害や、世界の災害でも目だって大規模なものだけが繰り返し報道されることが多いようですが、これだけの現象をまとめて見ることで、またまったく違った目線でそれぞれの災害が見えてきます。





特に先月は、世界の複数のイスラム教関係の施設は大ダメージを続けて受けました。また(動画には関係ないですが)エルサレム周辺では、黙示録の実現に必死な人たちがいるようで、とても気になっています。


つい先日も、身近なイギリスのロンドンで巨大なシンクホールが住宅街にいきなりできていました。

(画像 Herts Fire Control                                                          )





アメリカでは、最近ではハリケーンが複数並んで発生するのもよく起こったそうです。

こちらの画像は、今年5月のものです。


(画像 http://io9.com


日本でも大規模な洪水が続きましたが、世界中でも同レベルの大規模な洪水が起きていました。

水に溢れている場所があるかと思えば、森林火災や噴火などで世界の各地で火も暴れていました。

世界中で、かなり大きな地震も連発しました。地震の発生に慣れていないような場所でも起きたようです。

巨大なUFO?に見える不思議な雲などもよく報道されていましたね。


どこか遠くの災害を見ているとまるで他人事のように思えますが、これだけまとめてみると、どこに住んでいてもとりあえず物質的・精神的な備えは必要だなと思います。


また何気ない平和な毎日が暮らせるだけでも、世界的な規模で見ると本当に幸運なことだと思えますね。



















AD

コメント(12)