世界の人口削減政策「スロー・キル」に関連している一般的な健康疾患11種

11 common health symptoms hint at global depopulation 'slow kill'

5月26日【Natural News】http://www.naturalnews.com/049846_global_depopulation_slow_kill_new_world_order.html より翻訳


(画像 truth11より )

「善良な世界市民になって、

私たちの惑星のために死んでください!


アジェンダ21」




(NaturalNews) ご自分の周りを見渡してみると、現代の人間は劣悪な健康状態という非常に明確で、前例のない危機に直面していることがお分かりになるでしょう。

そして真実を見つけること望み、かつその能力のある者は、世界の人口を削減し、一般市民がずっと少ないエリート層のための地球上の楽園を作り出そうという隠された秘密の一部として、平均的な男性・女性の間で大流行のように拡がる様々な健康疾患が、表面化では増加していることに気がついています。

次にあげるものは、派手なファンファーレを演奏することなく、静かに大衆を間引きするよう作り出された「スローキル(訳注:じわじわと殺すこと)」アジェンダを示唆する一般的な健康疾患の11種類です。


1.消化器官・胃腸の問題


消化管は免疫機能の約80%以上が集中している、人間の免疫システムの指令センターとしての役割を担っています。

そして食品に含まれている遺伝子組み換え生物(GMO)や農薬、抗生物質、砂糖や化学物質などによって、このシステムに対する攻撃は悪化する一方です。


2.慢性疲労と元気のなさ

コーヒーやその他の刺激物がないと、毎日の普通の仕事ができないという人を周りに何人、ご存知でしょうか?

慢性的に汚染物質に接触し、また絶え間なくストレスを受け、他にも電磁波や精神的な攻撃、その他の環境的要因に打つ手もなくさらされることにより精力が不足する原因となっています。政府が取り組んでもよいようなものですが、政府は意図的にそうはすることはないでしょう。


3.肥満、糖尿病、その他の食餌条件


現在の「食べ物」は、本物の食べ物からあまりにもかけ離れたものから作られており、ほとんどの人はそうとは知らずに、日常的に文字通りの有毒物質を消費しています。

その一方で、生の牛乳やカンナビス(マリファナ、大麻とも)のような本当に治癒力のある食品やハーブ(薬草)は禁止されたままです。

こういったことがすべて、肥満や糖尿病、代謝異常などの要因として関連しているのです。


4. 見当識障害(自分が現在おかれている環境を理解する能力に障害のある状態)や頭にもやがかかった状態

明晰に、かつ認識的に考えることは、多くの人にとって徐々に難しくなってきていますが、なぜでしょう?

共通の直接的な原因の一つとして、葉酸のような毒物やその他の健康を害する「食品」の含まれた「強化」食品としての小麦粉や生成された砂糖を消費による、消化器官内でカンジダ菌の異常増殖があげられます。


5. 慢性炎症

近頃、食品として商業的に販売されているもののほとんどは、炎症を引き起こすものばかりです。つまり、そのような食べ物を食べることで、その食品が外部からの異物であるかのように免疫反応を引き起こすということです。

このような免疫システムへの連続的な攻撃により、健康が損なわれた状態を引き起こす原因となりえますが、先ほどと同様、政府は一般市民の健康を犠牲にして意図的に無視しています。


6.アレルギー

以前の世代は、今ほどまでにアレルギーに関連した疾患に悩まされることはありませんでした。

環境内の化学物質や、ワクチンやケムトレイル、その他の要因が原因で弱くなった免疫システムなどがすべて、アレルギーの増加に関係しています。


7.自閉症

自閉症発症率は1970年代と比較すると、なんと30倍にも増加しており、これは非常に重要な問題となっています。

メディアが主張していることとは異なり、ワクチンや遺伝子組み換え生物(GMO)、家庭内で使用されている化学物質やその他の近代的な技術の「発達」のいずれも、自閉症の原因として排除はされていません。


8.ガン


まもない将来には、成人の3人に一人はガンの一種を発症することが予想されています。

おびただしい数の代替的で自然な治療法がガンの治療に役になっている一方で、医療システムは、何度も繰り返し効果がないと証明されている焼畑式のようにすべてを破壊する抗がん剤治療や放射線治療、外科手術を断固として促進しています。


9. モルジェロンズ病

この医療システムの大部分はその存在すら否定している疾患については議論が耐えませんが、これは明白な原因がないにも関わらず、糸のような物質が人の皮膚上に現れるものです。

モルジェロンズ病は「ケムトレイル」および地球工学計画と関連していますが、どちらも政府当局は否定しています。

(訳注:この病気の症状を示す画像は、こちらから)


10.歯のフッ素症

これは、特に(アメリカ)政府が公衆の水道水内に含まれているフッ素の量の推奨する量を削減したため、ようやく大手メディアの注目をいくらか集めるようになりました。

しかしそれも50年ほど手遅れな話で、ほとんどの公衆用水道施設は、
インフォームド・コンセント(状況を説明して相手の同意を得ること)あるいは量のコントロールもないまま公衆の水道水にフッ化物を混ぜ続けており、何百万人もの人間がフッ化物という脳に損傷を与え、健康を害する毒にさらされているのです。


11. 化学的不均衡


今日の世界には、うつ病の症状、注意力の散漫、学習障害などの問題が溢れかえっています。

そして知られている多数の原因の中には、人工着色料、栄養分の不足、ジャンク「フード」の消費などが含まれていますが、やはり政府はこれも無視し続けており、これにより、毎年、医療産業界に数兆ドルをもたらしている、製薬・手術に支配されている医療という詐欺行為により多くの人が巻き込まれていっています。






この記事の参照元:

http://www.wakingtimes.com

https://www.lewrockwell.com

http://bodyecology.com

http://www.cdc.gov

http://www.geoengineeringwatch.org

http://fluoridealert.org




(翻訳終了)



*****


【コメント】

また人口削減担当広報官のようなビルゲイツが不必要な発言をしたり、

生きた炭素菌が「誤って」世界中に送付
されたりするなど、この人口削減政策もじょじょに隠し立てすらされなくなってきているようです。

戦争や内戦なども人口削減には手っ取り早いようで、世界中で戦争の仕込み作業も絶賛進行中ですしね。



最近の家の近所のケムトレイル写真ですが、こんな空にしておいて政治家が何を言っても、もう聞く気にすらなりません。






ケムボム(ケムトレイルの爆弾版)風







昔から空を見上げるのが好きで、よく空を見ていましたが、こんなおかしな雲は子供の時はありませんでした。

そして実際、このケムトレイルが原因か、夏らしい天気になっているのに咳をしている人の多いこと!
単にその他の要因で汚染された空気が原因なのかもしれませんが。。。


ガンになっている人も身の回りだけでも相当数がいて、自分の年齢のせいかとも思ったりしていましたが・・・もうすぐ2人に1人が一生に一度はガンを経験することになると言われており、それにもかなり真実味を感じます。


日本では・・・農薬や添加物などの食品汚染もそうですが、もうひたすら放射能汚染が気になります。

アメリカでは、数年前から「(生産能力のない)年寄りには死んでもらおう」といったことがタイム誌などでも議論されていて、ぞっとします。もちろん内戦状態や警察の一般市民の殺害、FEMAなども気になりますね。

イギリスでは、保守党再選からNHS(国営病院)への予算の削減、ガン患者などを含めた障害者などへの手当ての削減などで、さらなる死者が多数出そうな勢いです。

ワクチンは中でも子宮頸ガンワクチンが不妊症と深く関連しており、先進国を中心にした不妊症の急増も合わせて、世界中で子供がまったく生まれなくなる映画「トゥモローズ・ワールド」も現実的になっているようです。


そこまで彼らが一般市民に不健康になって欲しいのであれば、逆に意地でも健康になってやるのが最高の「反逆」になりそうですね。











AD

コメント(24)