世界の裏側ニュース

日本であまり報道されていなさそうなニュースで、おもしろい視点の英語の記事を翻訳した記事がメインです。

いろいろな情報がありますので、判断はご自由にどうぞ (・∀・)


テーマ:

問題作の反体制映画「グレイ・ステイト(Gray State)」の作者・監督が死体で発見される
Controversial ‘Gray State’ Movie Writer/Director Found Dead


(映画のスクリーンショット)


1月20日頃【your news Wire】 http://yournewswire.com/controversial-gray-state-movie-writerdirector-found-dead/#sthash.yTQsW8Db.dpuf



「Gray State トレーラー 第一部」



支配者集団に反対する立場を取った「警察国家」「戒厳令」を描いた問題作の映画、「グレイ・ステイト」の執筆者で監督の男性が、妻(28歳)、娘(5歳)と共に、一家心中の様相で死亡しているところを発見された。


グレイステイトの監督とその妻)



クリスマス以来、脚本家のデイビッド・クローリー氏と彼の妻は消息を絶っていた。

警察は、声明はいまだに発表していないものの、複数の法執行機関は彼らの死亡の原因について捜査を行っている。

Mail Onlineによると、当局筋はこの死を「疑わしいもの」として取り扱っているという。


InfoWars の報道より:
彼らの死の状況が不審なだけでなく、クローリー氏制作による「グレイ・ステイト」というタイトルの最新の問題作は非常に期待されていた独立製作映画であった。

この作品では、残虐な警察国家や戒厳令による弾圧、バイオメトリック(生体)認証、完全監視国家、そしてFEMAの突撃隊が反体制活動家らを一斉検挙しキャンプに収容する様子が描かれていたのである。

グレイステイトのトレーラーに登場する役者の一人、チャールズ・ハッベル(Charles Hubbell)氏は、Pioneer Pressのインタビューに対し、クローリー氏は分別があり、成功は間違いないように思われたと話している。

「彼はカオスなものに自らを手渡すような人ではなく、足が地についたようにしっかりとしていて、集中した人のように見受けられました」

「クローリー氏と一緒に働いていた間中ずっと、攻撃的なところやカオスなところ、あるいは奇妙なところや普通と違った様子は一切ありませんでした。

彼は私が信じる人たちの中の一人で、また、生きていれば成功していたでしょう」

この映画は、2012年の10月にインディゴーゴー(Indiegogo、アーティストなどが、自らのプロジェクト制作等のために一般人から募金を求めるサイト)上でのキャンペーンで目標金額を獲得し、「制作前の必要経費」として$61,332(約700万円円)が集められていた。

Facebookのページによると、クローリーはまた、「抑圧や奴隷制、そして独裁政治を超える自由の美しさを賞賛するドキュメンタリー作品」である、「グレイ・ステイト:ライズ(Gray State: The Rise)」というタイトルのノンフィクション映画にもまた着手していたようである。



Gray State のオフィシャルサイト
http://graystatemovie.com/

(翻訳終了)



******



映画の説明(上記のIndiegogoサイトより)

https://www.indiegogo.com/projects/gray-state より翻訳


世界は戦争の不安や地質学的災害、そして経済崩壊の恐怖におののいているが、その一方ではアメリカ人は自分たちが安全で(災難から)免除されているという幻想の中に身を浸し続けている

安全性を確保するために権利が売り渡されている中、権力で肥大した連邦政府は、ニューワールドオーダー(NWO)をもたらす目的で、システムとして自由の奪取を始めた。

軍事的な区域に隔離されたアメリカ人は、専制的コントロールのための準備が整った集団になった。

恐怖政治、テロリズム、警察国家、戒厳令、戦争、逮捕、捕虜収容、飢え、迫害、暴力、レジスタンス・・・今やこのような言葉が、アメリカ人が自らの存在を定義する新しい用語となった。

ドルの価値がゼロ近くに急落し、食料の供給が激減した上に全員がテロリスト容疑者となる中、近所の人同士で敵対しあう。

逮捕があり、行方不明者が出て生物テロ攻撃がある。(体制に対し)異議を唱えているという容疑があるだけの者でさえ、公開処刑される。アメリカの国土に強制収容所があるという噂だけでも。。。

これが次々と明らかになるレジスタンスの話の背景だ。アメリカの市民軍はゲリラ戦に備えている。

本物の愛国者チームは憲法支持チームの味方について自由を援護しようと試み、連邦政府勢力に反対する全国的な内乱を準備する中、軍部からは大量の離脱者が出ている。これが、抑圧されている者たちにとって、レジスタンスを組織化することが可能なのは、これが歴史の中でも最後になるであろうことを熟知しながら。

これが、変遷の時であり同盟の変化の時、そして多くの者が目覚め、多くが処刑される時である。

これが迫り来る嵐であり、何十年にも渡る過度な快適さや自己満足が効果をあらわす灰色の鉄のような朝で、アメリカ人が国土が占領されているということに気がつくのである。

そしてこれは、リストの時代でもある。ブラックリスト、ホワイトリスト、そして未だに中間にはさまれた者たち。自らの自由意志のために肉体的な死というリスクを選択する者たちに、浅はかな思想や気軽な快適さを維持するために自らの魂を売り渡す者たち。

人間の自由の永続化が争われることになるか、あるいは潰されることになるのか。それはこのグレイ・ステイトの中での話である。

これは近未来なのか、それとも現在なのか?

グレイ・ステイトが来ようとしている・・・意見の一致、あるいは征服によって。これがバトルフィールド・アメリカだ。


(後略:ここに集められた資金の使い道についての説明)



(翻訳終了)


AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。