あなたがマトリックスの奴隷である16のサイン

16 Signs That You’re a Slave to the Matrix

2014年5月2日【the Mind Unleashd】http://themindunleashed.org/2014/05/16-signs-youre-slave-matrix.html



現在の世界はおかしな場所です。私たちは人生の早い時期から、特定の道を歩く(生き方をする)ように促され、その道すがらでは、群集がしていることや考えていることとは別の選択肢をしないよう、目隠しを作り上げているのです。

人生はあまりにも複雑なものですが、もし私たちが時間のある時に注意を払っていれば、人類の経験がどのようなものになるか、無限の可能性があることに気がつきます。

そして、この世界で火が燃えたようになっているのは、なぜ物事がそのようになっているのかとそれぞれの個人が疑問視することが少なすぎ、もっと知的で常識にかない、継続可能な存在のあり方を推進するために考え方や行動様式を調整する必要性に気づかないでいるからです。

次に挙げる「あなたがマトリックスの奴隷である16のサイン」は、誰かのライフスタイルの選択や個人的な状況について公然と批判的になろうとしているわけではありません。

これはあなたの人生に他の誰かが施した自己破壊的な設計から、あなた自身を自由にする機会の中で、あなたが見逃しているかもしれない人生の領域がどこなのかを特定する助けとなるようにと、純粋な観察に基づいた対処法を示すことが目的です。

お読みになられた後は、このリストに追加したいことや異論があればこの下のコメント欄にご記入ください。


1.刑務所に閉じ込められるといいのに、と思う人間に税金を支払っている。

私たちがマトリックスの奴隷であるということを示す最大のサインは、おそらくこれではないでしょうか。奴隷に対する昔ながらのイメージでは、プランテーションの所有者の助けとなるためにプランテーションで強制労働させられている手かせ・足かせをされた人のイメージを思い浮かべられます。

現代版の奴隷とは、税金がどのように遣われているのか私たちが認可するかしないかを問わず、私たちがそのお金を見るのよりも前に自動的に私たちの収入から差し引かれる強制的な税金制度のことを指します。




「奴隷制度


彼らが自分が奴隷である事に気がついていないほうが、能率がよいものだ」



2.医者に行っても病気のまま。

現代の医療的ケアは、その科学的な進歩にもかかわらず、残念なことにヘルスケアではなく「シックケア」になってしまいました。

そこでは、よいものを食べ、私たちの精神および肉体の健康に気を配るようにアドバイスを受けることは稀で、その代わり、利益を目的としたヘルスケアのマトリックスによって推薦されている高価な医薬品や治療法を消費・実行するよう、決まり文句のように助言されます


3. 民主党チームか共和党チームのどちらかを選択して、友人や家族、同僚と政治について口論している。

「分断統治」というコントロール戦略は、私たちの社会ではこのように顕現しています。二大政党は根から堕落しきっていて、独立系の候補者は、公の議論に参加することさえ認められていません。

こういった政党を信頼し、他の普通の人との口論にあなたの個人的なエネルギーを費やすことにより、あなたは自分の魂をマトリックスに譲り渡すようなものであり、そうすることで「私たち人間」が堕落(したシステム)に対抗して団結することを阻止していることになります。




「選択の自由・・・

という名前の幻想」




4. 不換通貨(筋の裏付けのない通貨)を稼ぐために、大嫌いな仕事を一生懸命働いている。

仕事は大事ですし、生活費を払うためにはお金が必要です。しかし、あまりにも多くの人たちがお金のためだけに大嫌いな仕事をして人生の最高の時期を失っています。

現在のお金に関する真実とは、私たちはお金は持っていないということです。あるのは私有で民間団体がコントロールしている、インフレを誘発する不換通貨であるということです。

それでもこの世の中ではなんとか生計を立てる必要がありますので、あなたが楽しめることをしたり、あるいは軽蔑していない人と働くようにし、ご自分の時間を過ごすのにふさわしいものにするのが最高でしょう。

私たちが必要だと考えているよりも少ないお金で生活するのは、思っているより簡単です。これに気がつくためには、慣習に逆らおうとする意志さえあればよいのですから。



「あなたは奴隷ではありません」




5. 消費主義的なライフスタイルを獲得するための資金を得るために、望んで個人的な借金を増やしている。

クレジットカードが使われる度に、銀行の貸借対照表に数字が作り出されますが、これが今日の世界の金銭的な略奪に最も深く関係しているものです。

この数字は、部分準備銀行システムにより、電子商取引として増殖されますが、それによりこれらの機関は幾何学級数的にその力を増大させることになります。

一定のライフスタイルを維持するために、このお金のゲームに参加し、この偽物のお金に利子をつけて返済する同意をしている場合、あなたはマトリックスの主な教義である消費主義に束縛されていることになります。




「こんなくだらないものは、どれも必要じゃありません」




6.テレビ番組で進行中の出来事についてリアルで他の人たちと会話している

使用可能なものとしては、テレビはマインドコントロール(洗脳)や「プログラミング」のツールとしては最高のもので、そのおしゃれさやおもしろさ、あるいは娯楽性は大衆に特定の行動を促すことを目的に作られています。

エゴ(自我)の重要性を劇的に表現し、あらゆるものを必要以上にセックス化させ、暴力を賛美して、まやかしだらけの権力に服従することを教え込むことが現代のテレビの主な特徴です。

スクリーンの上で起こっていることを受け止め、自分のリアルな生活の一部にすることによって、私たちは現実の性質について私たちを混乱させようというマトリックスの望みを支援するという役割を行っていることになり、人々に現実だと感じさせるためには実際に何かが起こらなくてもよいということを証明していることになります。




7.(政府による)全面的監視から隠す必要のあるものがまったくない。

どこかで誰かのために働いている人間が、あなたを監視してあなたの会話を聞き、あなたの動向を観察しているとしても、あなたを困らせない場合は、あなたはマトリックスにとって望ましいどれいであるということになります。

目に見えない監視は陰湿な形質の思想のコントロールの一種であり、「私には何も隠し立てすることはありませんから、監視されても私には害にはなりません」という論理を使うことにより、あなたは世俗的な所有主を持ち、あなたの思想および身体に対して自分が主権を持たないということを、知らずに認めていることになるためです。


(注:  よい子のみなさんは真似しないでくださいね)




8. もし政府だけが銃を持っているなら、この世界はずっと安全な場所になるだろうと考えている。

この世界は暴力的な場所であり、犯罪者は社会のあらゆるレベルの誠実な人々に対して犯罪行為を行っています。また、(その犯罪は)政府の内部からも行われています。

もちろん、理想的な世界では誰も武器を必要としないでしょうが、悲しいことに私たちの住む世界は完璧からは遠くかけ離れたもので、拳銃は実際には、一般的な犯罪者やそれと同類の虐待的な政府から非常に有効に身の安全を守るものです。
望んで自分の自己防衛の権利は遠慮しようという考え方は、あなたが個人的な責任を他人に委託しているという証です。

大衆をコントロールする最も重要な点は、大衆に個人的な責任を放棄させることです。

マトリックスの世界へようこそ。



9. 知っていながらフッ素入りの水道水を飲んでいる。

現在、健康に関してはあらゆる議論がなされていますが、フッ素入り水道水は、産業的プロセスから生まれた毒性のある副産物、つまり毒物なので、フッ素関連のトピックは最も簡単に理解できるものではないでしょうか。

水道にフッ素が混入されているのは、歯の健康をサポートするためとされています。その点自体に異論のあるところですが、たとえもしそれが正しいとしても、公共用水に選択の余地なくフッ素を混入することは、あなたの同意なしに薬物治療を行っているようなものであり、それは一種の奴隷制度のようなものです。

こういったことを知っていながら、フッ素入りの水を飲み続けているのは、あなたがマトリックスのための奴隷であることに満足している証拠です。

こちらからは、公共用水へのフッ素混入を終わらせるべきだという科学的に立証された18の理由がご確認いただけます(リンク)。


「フッ素は他のいかなる化学物質よりも人間のガンによる死亡を、他の何よりも早く起こす、と言うのが事実です。

Dean Burk医学博士
国立ガン研究機関に34年従事」



10.知っていながら、GMO(遺伝子組み換え食品)やアスパルテームのような毒物を消費している。

この二つの化学物質は、人体にとって毒物であることが幅広く知られています。それを知りながら、自分自身を、味はよいかも知れませんが、化学物質満載の加工食品で毒し続けているとしたら、自分の健康と将来よりも、一時的な満足にもっと価値を見出すようにと、マトリックスがあなたに条件付け(プログラミング)しているということです。





11.自分の精神衛生の管理を、医薬品産業の複合体に任せている。

私たちの社会では向精神薬の使用は急速に増加しています。それは民間企業のメディアと利潤追求型の医学界によって本来の精神衛生に関する真実が混乱させられている中で、人々が精神的・感情的な状態が病気として分類されるということを確信しているためです。

あなたが向精神薬を摂っている場合、利用可能なマインドコントロールの手段の中でも最も強力なものの元にあることになります。

このコントロールの一面は、あなた自身の精神に対し、あなたが一切の権限を有していないと思い込ませるところにあります。

マトリックスの嘘の中でも、これが一番ひどいものと言え、自ら望んでこのような向精神薬を摂取することで、あなたは奴隷制の最悪な種類のものに従っていることになります。人生の中でのストレス要因は、あなたの行動様式や習性を変える必要がある、という信号を本人に送っているのですが、向精神薬を摂ることによりストレス要因に対するあなたの自然な精神的・感情的な反応を抑制していることになるのです。


12.いまだに地方版・全国版のニュース番組を観るのをやめていない。

.大手のニュースメディアは、コントロールおよび人心操作のツールであり、あなたの注意をそちらに向けることで彼らの考え方や世界観を指示し続けることにより、あなたはこのどちらかというとわかりやすい精神のプログラミングに対して、自発的に奴隷になろうとしているということになります。

全国向けの地方のニュースでさえ、出来事に関する私たちの意見を形成する任務が与えられた、ごく少数の大企業の職員によって脚本が書かれているのです。




13. 自分の周りの自然環境の質よりも、テレビのスポーツやその他の愚かな娯楽の方が気になる。

石油掘削施設ディープウォーター・ホライズンでの爆発事故や、カナダのアルバータ州のタールサンド(原油を含んだ砂)の発掘、シェールガス発掘の増加やアマゾンでの森林の犠牲、そして福島の事件などはすべて、地球という惑星での私たちの将来に大きな影響を与える重大なできごとです。

こういったことすべてには関心を向けず、一方で、終わりのないスポーツの雑学的知識の流れや娯楽を中心にした生活に関心を向けているということは、あなたの自己保存の感覚が盗み取られ、取るに足らないことに関心を寄せたり、現実逃避癖に衝動的に動く傾向を変わりに埋め込まれていることを示しています。




「想像してみてください。


もし皆が、本当に大事なことに対してこれだけ情熱的になったとしたら?」




14. 現代の科学によって「証明され」、あるいは正当性が立証されていない人生のあらゆる領域に関して懐疑的である。

科学のまさにその核心とは未知のものへ対する探求であり、その点には科学が何かを掴むまでは、その事項は説明がつかないというニュアンスが含まれています。
他の人間が経験した、科学的な説明がいまだなされていない事象、例えば臨死体験や鍼(はり)治療、あるいは人生を変えるアヤワスカの効果などを信用できないものとし、あるいはバカにすることで、あなたは奴隷のように、世界に対する理解をごく狭い幅の可能性に減らしていることになります。

既成概念に捕らわれに考えようとしない、自発的な門番(ゲートキーパー)の努力によって、マトリックスの存在が可能になっているのです。



15. 一般的に普及したバージョンの古代の歴史や私たちの文明の源について、一度も疑問視したことがない。

私たちが学校で習ったのとは異なるバージョンの人類の歴史をさし示すような、未だ答えの見つからない人類の起源についての疑問点は数多くあります。

私たちの歴史がハイジャックされた多数の方法の一部について掘り下げたい方には、学校では絶対に教えてくれない20の歴史上の疑問点(英語)を読まれることをお勧めします。

人類の起源について教えられたことを一切、疑問視しないことで、マトリックスが促す、強制的な信念システムや人間の可能性に対し幅を狭められた考えに黙従していることになります。





16.自分が、人間としての経験を生きている霊的存在であることに未だに気がついていない。





***


上記項目のいずれかが自分に当てはまると感じる場合、あなたはマトリックスに捉えられています。そして今、自分を解放することにもっと深く取り組むことがあなたの任務です。


このリストに何か追加したいこと、あるいは異論がある場合は、下のコメント欄に残してください。そして友人とシェアするようにしてください。


著者について:Sigmund Fraud 氏は現代の精神医学の生き残りで、熱心な精神的な活動家です。WakingTimes.comの常勤ライターで、人類のための未来に関する心理学的な認識への、大規模なシフトの可能性に熱心に取り組んでいます。

クレジット:この記事が最初に投稿されたのは、WakingTimesです。





(翻訳)


*****


【コメント】

注意:
・翻訳元の記事には、各用語などに詳しくリンクが付けられていますが、ほとんどを省略しました。気になる方は翻訳元のリンクでご確認下さい。

・本文中の画像は一番上のものを除き、いつも通り管理人の私が勝手につけたものです。




要は、自分自身の権威に気がついて取り戻したらよいということでしょうか。権威なんて、合意の上にしか成り立ちませんから。

私のブログにも、たまに、「科学的根拠が~!ガー!」と叫ぶようなコメントを残されることがあります。科学はたしかに、宗教団体の上部の人間があらゆる物事の善悪や法則などを勝手に決めていた暗黒時代と比べると、客観的に物事を見るもので便利なものではありますが、科学だけを絶対視して、その他の事象を一切受け入れないのも逆に宗教のような絶対的な信仰と同じようなものになっている印象さえ受けます。

科学も毎日のように進化して、昨日の常識は明日の非常識になってますしね。


私も、個人的な批判をしたいわけではありませんが、

1%の最富裕層、2016年までに世界の富の半分以上を独占へ=調査

こんな記事のコメントに、「それが資本主義というもの」「仕方ないじゃないか」というような意見が多いのを見ると、なんだかな~と思ってしまいます。



AD

リブログ(3)

リブログ一覧を見る

コメント(30)