世界の裏側ニュース

日本であまり報道されていなさそうなニュースで、おもしろい視点の英語の記事を翻訳した記事がメインです。

いろいろな情報がありますので、判断はご自由にどうぞ (・∀・)


テーマ:
イギリスのアンドルー王子が「未成年のセックス奴隷」を利用していたとして告訴

Britain’s Prince Andrew accused of using 'under-age sex slave'

1月2日【RT】http://rt.com/uk/219419-prince-andrew-child-abuse/


イギリスのエリザベス女王2世の息子であるアンドルー王子が、未成年の少女と性的関係を持っていたとして金曜、アメリカの裁判所に訴えが提訴された。

(写真 アンドルー王子 Reuters)




フロリダ州内の裁判所でこの事件の関連者の女性 (匿名)は、アメリカの億万長者で不祥事を起こしたジェフリー・エプスタイン(58歳)によって、アンドルー王子と複数回に渡り性的行為を行うよう強要されたと裁判所で証言している。


この陳述は、エプスタインに対するより広い事件の一部として行われたものであり、彼は「ティーネイジャーを自分の友人や知り合いに」「貸し出していた」として告訴を受けている。


【関連記事】:イギリス国会の小児性癖者に対する内部告発を行った者が死亡した件に対する調査が再開される」国会議員


2008年、エプスタインは未成年の少女と性的関係を求めた罪で、18ヶ月の禁固刑が言い渡されている。

しかしながら、同氏が収監された後も、いずれも身元は明らかにされていないが40名の女性がエプスタインによって性的虐待を受けていたとして告訴している。

ガーディアン紙が確認したとされている裁判所の文書より:「かかる有力な個人であるエプスタイン氏が(その女性を)性的関係を持つことを強要した相手は、イギリス王室の一員であるアンドルー王子(別名:ヨーク公)でした


バッキンガム宮殿は、しかしながら、その申し立てに対して「真実ではありません」と反論している。

「これはアメリカ国内で長年に渡り、かつ現在進行中の民事訴訟に関連していますが、ヨーク公はこの事件の関係者ではありません」と宮殿の広報担当者は話している。

「しかし疑惑を避けるために(付け加えますと)、成年に満たない未成年者と不正行為を示唆するものはいずれも全面的に真実ではありません」

この情報は、70年代および80年代の間のイギリスでの児童に対する虐待事件について、公的調査を実施するためには十分なリソースが入手できない可能性がある、という国会議員からの警告から発信さられたもの。

先週、労働党の国会議員、ジョン・マン氏は、児童虐待に関する証言を与える可能性のある「何万人もの」人間に、警察および社会サービス職員らは対応できない可能性がある、と話している。その中には、高位の政治家などから構成されているエリートの「VIPの」小児性癖者グループが含まれている。


【関連記事】:「児童虐待の隠蔽が主張される中、イギリス国会議会内の緊張感が高まる


政府の公式調査は、その長官が二人が「利害の対立」を理由に離脱し、その後に中断されている。一部の大臣は、適切なリーダーが間もなく選ばれない場合は、同委員会は解散を余儀なくされる可能性があると予測している。




(翻訳終了)



****

【コメント】

そして、イギリスのMirror紙に掲載されれ、今Facebook上を駆け回っている写真がこちら↓


「私たちは、断固としてすべてを否定します(上記本文中の広報担当官の言葉)」



「私ではありませんでした」








【関連記事】


2014年2月 
バチカンも女王も魔力を失った? カラス事件2連発

6月  
イギリス王室の黒い歴史 第二部 チャールズ皇太子の秘密

12月  
英国王室に迫る児童性的虐待の調査と女王のアルツハイマー














AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。