世界の裏側ニュース

日本であまり報道されていなさそうなニュースで、おもしろい視点の英語の記事を翻訳した記事がメインです。

いろいろな情報がありますので、判断はご自由にどうぞ (・∀・)


テーマ:

かなり昔の記事なのですが、今またフランスで動きがあるようですし、今の日本現状とも重なるところもあるかと思い再掲載させていただきます。






テーマ:


NWOに選択権と主権を奪われたフランスより一部引用


 以下、インタビューの一部を掲載します。翻訳が変なところがあったらすいません。また、一番下のリンクでは動画も見れます。

******************************************************************************

RTはフランス人作家・活動家のAlain Soral(以下、「アラン」)にインタビューを行った。彼の視点のほとんどは現体制に挑戦するものであり、またタブーとされている議題も取り上げているため、フランス国内で話題の人となっている。 


 RT:反対するほど、フランスの現体制が嫌いな理由はなぜですか。


アラン:まず現在、私たちは政治的な「右翼」と「左翼」という偽りの仮装が信じられなくなってきています。ドイツやアメリカさえ含めたアングロ・サクソンの国とは異なり、フランスの政治には長い年月に渡り、本当の意味での選択肢がありました。つ まり、フランスには共産党があり、また経済的自由主義への全体的な運動があったのです。フランスには本物の政治的多様性というものがあったのです。

しかしながら、最終的にはいわゆる「左翼」は徐々に経済的自由主義、つまり右翼に近づいていきます。

左と右の間に唯一残った相違点と言えば、それぞれの倫理的・ 社会的な立場が多少異なっているだけに過ぎません。

一番わかりやすい例を挙げると、現在、フランスにはフランソワ・オランド(社会党)ニコラ・サルコジ (現大統領)がいます。左と右の間で、対立関係はありません。どの政治家もほとんど全員が経済自由主義者、自由主義者なのです。


フランスについて申しますと、目に見える形で自由主義への最初の一歩となったのは欧州連合(EU)への参加です。

EUに参加しているということは、国境がなくなり、商品や資本、右や左といったイデオロギーや、国際結婚というイデオロギーが自由に移動できるようになったことを意味します。

フランス国内では左翼・右翼のどちら側に立つ人でも、このようなイデオロギーが支配的です。

相違点があったとしても、それは単なる美学的思想に過ぎません。

そしてまた、このような主流のイデオロギーに反対する人たちもいます。

彼らは国境、国家の回復を目指し奮戦しており、国際結婚というイデオロギーに対して批判し、文化的アイデンティティなどを保護しようとしています。


現代の闘争とは、経済や文化などの分野においてグローバリズム(世界支配主義者)に抵抗しようというもの
です。私たちは、左翼と右翼の間の闘争というものはもはや存在しない、ということを見せつけなければなりません。今日の闘争の両極は、世界支配主義者とそれに抵抗する人たちなのです。  


RT:あなたの目的は、単に反対派の意見を述べることだけなのでしょうか?  


アラン:そうです。この新しい反対派を一つにまとめることが私の活動の動機です。また、この新しい反対派には一つの重要な特徴があります。

つまり、この反対派は今日の制度化されたシステムの中に居場所を持っていない、ということです。

その一方、以前は、歴史的な理由のために政治組織内に反対派がいました。ところが現在は、テレビの中でさえ、自由主義者、世界支配主義者、人権原理主義者、アメリカ支持者、ザイオニスト支持者以外の人たちは、遠心分離器にかけられて取り除かれ、あるいは過小評価されていますその様子ははっきりと目で見ることができます。

最近では政治組織内には反対派が存在していません。フランスのテレビ局のゴールデン・タイムの番組で話すように招待されたのは、ひょっとしたら私が最後になるかもしれません。撮影中に変な方向に行ってしまいましたので、私を招待した人たちは問題を抱えることになってしまいました。


 RT:多極的な世界を支援していらっしゃるのですね。それは単にさらなる均衡を求めているためなのでしょうか?

あるいは大国に対して根本的に反対しており、また政策や個人的な人格に賛同しているため、そのような大国に反対しようとする政府組織に対しても賛同しているのでしょうか?


 アラン:私は昔と変わらず、自分はフランスの主権やフランスのアイデンティティの擁護を目的に戦おうとしているフランス愛国者である、と自認しています。ですので、私の立場は常に、どんな時でもどんな立場にあったとしても、フランス人的視点に立ったものです。


90 年代に私が共産党員の共産主義者であった時と全く同じです。いろいろなものがフランスの国益となるためには、強力な勢力は二つなければいけないことに気が 付いたためです。例えば、ドゴール大佐が理解したようなフランスが存在しえたのは、アメリカ・ソビエト間のバランスが原因でした。そのため私はソビエト支 持者であった、といえるでしょう。その理由はソビエトが非常に優れた国であったためではなく、ソビエトはフランスやフランスの国益にとって有益であったと 考えていたためです。  


 私が新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー、NWO)に抵抗しているとすれば、その理由はこの新世界秩序のために、
フランスからすべての善い物が失われてしまうと信じているためです。


フ ランスが関心を寄せているのは、多極的な世界です。私見になりますが、現在のフランスは、強力で成長しているロシアに関心を寄せていると思われます。しかしその一方で、私はセルビアも支援しています。セルビアはバルカン半島に住む優れた人々だと思われることが一つ、そしてフランスとセルビアに伝統的な関連性があることがもう一つの理由です。

今日、支配的なイデオロギーは妄想的といってもいいようなもので、「私はフランスの国益を最初に最優先するフランス人です」と言うと変なことを言っているように思われます。フランス国内では、このような発言をすると、「ある国を優先すること」が禁止されているという明確な規定はないのですが、ほぼファシストとしてみなされてしまうでしょう。


RT:もうすぐフランスで総選挙が行われようとしていますが、特に最終決戦がどのような結果になることを予想されていますか?最終的に立候補する二人の候補者は誰になるでしょうか?   (後略) -->

http://rt.com/news/france-robbed-choice-sovereignty-947/



***

【コメント】


最近、右翼や左翼の分極化が激しいですね。日本だけでなく、イギリスやその他多くの国に共通して見られるように思われます。


世界中、右も左も、東も西も、どこの国もそれなりに国としての機能に破綻が出てきていて、将来の見えない不安などで一般市民が両極端な方向に行ってしまうのかもしれません。


ではそう考えると、右と左で大した違いはなかったということなのでしょうか。


私には、右や左よりも、ヒエラルキーの階級制をもつ組織の構造こそが、つねにバランスの悪さを作り出している原因のようにも思えます。もっと水平型で、各自が独立した状態に近いアナーキーな社会構造に近づけることで、多くの問題は解決されるのではないか、と思いますがどうでしょう。


とにかく、無駄な争いは避けたいものですね。





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ココヘッドさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。