arawashi高校野球

私の地元・京都を中心に近畿地区の高校野球観戦レポ、その他諸々アップしていきます。


テーマ:

黒飛、加地、入江、時井-松村 (玉田、西成-藤原

【本塁打】 太田) 【三塁打】 長谷川) 【二塁打】 長谷川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花園1回表の攻撃

 

1番・小瀬が試合開始のサイレンが鳴りやまぬうちに初球をレフト前に弾き返して出塁

 

 

続く2番・松村のピッチャー前へのバントは2塁封殺となり走者入れ替わって1死1塁となり

 

 

3番・貫井の打席でバスターエンドランを仕掛けるも空振り三振、1走・松村は盗塁成功の形で2死2塁としますが

 

 

4番・板谷は外角に沈む変化球に崩されてショートゴロ、先制ならず

 

 

立命館宇治1回裏の攻撃

 

1番・長谷川がセンター前ヒットで出塁

 

続く2番・西が送りバントを決めて1死2塁とすると

 

3番・井上は四球を選んで1死1,2塁となるも

 

 

4番・藤原はキャッチャーフライ

 

 

5番・中村はセカンドゴロに倒れてこちらも先制ならず

 

 

花園は2回表も1死から1死から6番・木村友がファースト強襲ヒットで出塁、7番・黒飛の送りバントで2死2塁としますが8番・秋田はサードへのハーフライナーに倒れて無得点

 

 

立命館宇治2回裏の攻撃

 

この回先頭の6番・太田がレフトへ先制のランニングホームランを放って

立命館宇治対0花園

 

 

:その後花園は5回表まで毎回得点圏に走者を送るも無得点、6回表の攻撃も

 

この回先頭の5番・稲葉がセンター前ヒットで出塁するも、後続続かず無得点

 

 

立命館宇治も5回裏まで毎回走者は出すが得点には至らず、迎えた立命館宇治6回裏の攻撃
 

 

1死から6番・太田がファーストゴロエラーで出塁し

 

続く7番・寺田が送りバントを決めて2死2塁とし

 

8番・大住は四球

 

9番・玉田も四球を選んで2死満塁となって

 

迎えた1番・長谷川のカウントが1-1となったところで

 

 

花園は140キロ右腕・加地に投手交代

 

 

しかし加地は長谷川に四球を与えて押し出し、

立命館宇治対0花園

 

 

なおも2死満塁から2番・西も押し出し四球で

立命館宇治対0花園

と点差が広がる

 

 

花園7回表の攻撃

 

この回先頭の9番・毛戸がセンター前ヒットで出塁すると

 

 

1番・小瀬もセンター前ヒットで続いて無死1,2塁とし

 

 

続く2番・松村の高いバウンドのショートゴロが進塁打となって1死2,3塁となって

 

 

3番・貫井がライト前へタイムリーヒットを放って

立命館宇治3対花園

なおも1死1,3塁というところで

 

立命館宇治は2年生長身本格派右腕・西成に投手交代

 

花園は続く4番・板谷の打席で1走が盗塁を決めて1死2、3塁とした後

 

板谷は空振り三振に倒れて2死2,3塁と変わりますが

 

5番・稲葉が四球を選んで2死満塁となり

 

 

6番・木村友も四球を選んで押し出し、

立命館宇治3対花園

と1点差に

 

なおも2死満塁でしたがここは7番・加地が空振り三振、立命館宇治・西成投手が踏ん張る

 

 

立命館宇治7回裏の攻撃

 

この回先頭の4番・藤原がセンター前ヒットで出塁

 

続く5番・中村が送りバントを決めて1死2塁として

 

6番・寺田がレフト前へタイムリーヒットを放って

立命館宇治対2花園

となったところで

 

 

花園は3人目の投手、入江をマウンドに送り後続を断つ

 

 

花園8回表の攻撃

 

1死から9番・上山(7回表に代走で出てそのままサードに入っていた)がセンター前ヒットで出塁し

 

続く1番・小瀬がライトフライに倒れて2死1塁と変わって

 

2番・松村の打席で1走・上山が盗塁を決めて2死2塁として

 

 

松村はレフト前ヒットを放って2死1,3塁となり

 

 

3番・貫井がこの日自身2本目となるライト前タイムリーヒットを放って

立命館宇治4対花園

と再び1点差に詰めて2死1,2塁、打席に4番・板谷というところで

 

 

 

立命館宇治・西成投手が投球時にバランスを崩してボークを犯して2死2,3塁と変わった後

 

 

今度はワイルドピッチで走者それぞれ進塁、3走生還で

立命館宇治4対花園

とついに同点に

 

 

なおも2死3塁から板谷がセンター前にタイムリーヒットを放ってこの回逆転に成功、

花園対4立命館宇治

 

 

立命館宇治8回裏の攻撃

 

この回先頭の1番・長谷川が左中間へ二塁打を放つ

 

続く2番・西が送りバントを決めて1死3塁とし

 

 

3番・井上はピッチャーフライに倒れて2死3塁と変わり

 

4番・藤原は四球を選んで2死1,3塁となって

 

5番・中村も四球を選んで2死満塁となりますが

 

 

6番・太田は微妙な当たりも花園・木村友遊撃手の好守に阻まれるショートゴロに倒れて追いつけず

 

 

立命館宇治9回裏の攻撃

 

後がない立命館宇治、この回先頭の7番・寺田はセカンド後方へのショートフライで1死

 

 

続く8番の代打・森山もショートフライに倒れて2死走者無し、万事休すか

 

 

しかし9番の代打・水谷が1ボール2ストライクと追い込まれながらも執念のセンター前ヒットで

1番・主将の京都を代表する好打者・長谷川に繋ぐ

 

 

ここで1番・長谷川は見事に期待に応える同点タイムリー3塁打を右中間に放って

花園5対立命館宇治

崖っぷちから一転、なおも2死3塁と今度は一打サヨナラのチャンス

 

 

しかし2番・西が放った三遊間へのいい当たりが花園・上山三塁手の好守に合いサードゴロ、同点で延長戦へ

 

 

立命館宇治は投手に代打を送った為、2年生左腕の卜部が10回からマウンドに上がる

 

 

 

花園10回表の攻撃

 

この回先頭の2番・松村がセンター前ヒットで出塁

 

続く3番・貫井が送りバントを決めて1死2塁とし

 

 

さらに4番・板谷の進塁打となるショートゴロで2死3塁とした後

 

 

5番・途中出場の小原の打席で立命館宇治・卜部投手が痛恨のワイルドピッチ、3走・松村がホームインして

花園対5立命館宇治

 

 

立命館宇治10回裏の攻撃

 

この回先頭の3番・井上が執念の激走でサードゴロを内野安打にする

 

続く4番・藤原が送りバントを決めて1死2塁としたところで

 

 

花園は4人目の投手として左横手投げの時井をマウンドに送る

 

 

 

その代わり端、5番・中村の当たり損ねのピッチャーゴロが進塁打となって2死3塁となり

 

 

6番・太田を迎えて花園・時井投手の投げた2ボール1ストライクからの4球目のスライダーが、

あわやワイルドピッチのショートバウンドも松村捕手が好捕、事なきを得て

 

 

最後は太田がセンターフライに倒れて試合終了。

四球やバッテリーエラーが得点によく絡んだ試合で、最後はどちらに転んでもおかしくない試合でしたが

4投手の好継投を堅守で支えた花園が逃げ切って久しぶりのベスト8進出。

その準々決勝では19年ぶりの夏の甲子園行きを決めた京都成章に敗れましたが、

古豪復活のきっかけとなることを期待したいと思います。

立命館宇治は大会前の他府県強豪との試合内容や福知山成美戦の力強い内容からも里井監督での初めての甲子園が期待されましたが、

ここで無念の敗退。

最後まで見せた勝利への執念は新チームへ引き継がれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

arawashiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。