若狭勝オフィシャルブログ「法律家(Lawyer)、議員(Legislator)、そのL字路交差点に立って」Powered by Ameba

若狭勝オフィシャルブログ「法律家(Lawyer)、議員(Legislator)、そのL字路交差点に立って」Powered by Ameba


テーマ:

本日も自民党の会議において、いわゆるテロ等準備罪を創設する組織犯罪処罰法改正案に関する議論をしました。

その議論を通じて、私の主な考えは、オリパラに向け、大規模テロを防ぎ、多くの国民の命を守るということに尽きます。

まずこの法案に対する私の立場を明らかにしておきますと、私は、この改正案を成立させること自体は賛成の立場です。それは、私の経験でも今までスムーズにいかなかった、「外国との捜査共助及び国際組織犯罪の犯罪人の引渡し」について、極めて大きな効果(成果)が生ずるからです。

しかし、他方、もう一つ明らかにしておかなければならないことは、今回のテロ等準備罪を創設しても、テロ未然防止の効果が極めて乏しいということです。

会議の議論を通じて、同僚議員は、「今回の改正案では、テロ防止を大きな目的にすべき」と主張します。同僚議員は、捜査の実情や裁判官の令状がどのような証拠がある場合に発付されるかをよく知らないため、テロ等準備罪を法律上創設すれば、それだけでテロの防止に役立つと思ってしまっているようです。

しかし、これは間違つています。

私は、法律家であるばかりか、この種の捜査の責任者として、実際の捜査を知り尽くしている立場にあります。

間違っている主な理由としては、例えば、オウム事件でも、麻原こと松本死刑囚などが計画に関わり、共謀が認められるに至ったのは、数ヶ月にわたる関係者の詳細な取調べなど、捜査を尽くしたからです。

であれば、未だ誰も逮捕もされていないテロ等準備罪の場合、その成立要件である、「テロを計画した」という証拠を収集できる見込みがありません。計画に加わった者が反省悔悟して、警察に出頭して詳細を自白すれば計画に関する証拠か得られますが、そのようなことは現実的でありません。

要は、今の法制度のもとでは、証拠収集手段が乏しいため、計画・共謀の立証が困難です。証拠が収集できないのであれば、裁判官が逮捕令状を発付する事態もあり得ません。

従って、テロ等準備罪は、テロ未然防止としては、効果が乏しく、殆ど絵に描いたよう餅のようなものです。

ましてや航空券を購入したなどの実行準備行為が犯罪成立のもう一つの要件ということですから、犯罪の成立自体がテロ実行の直前になることが想定され、犯罪成立に伴う令状の発付自体(仮に証拠が収集できたとしても)がテロの実行の直前となり、テロの実行に間に合わず、一層絵に描いた餅となってしまいます。

それにもかかわらず、いかにもテロ等準備罪を創設すれば、テロ防止に役立つような印象を与えるのは、国民をミスリーディングないし騙すことになるので、一番捜査の実情を知っている私としては、このことを明らかにしておかなければならないと思っているのです。

国民に間違った印象を与え、ミスリーディングすることは、もとより私の政治信条に反するので、党の会議でも、こうした私の考えを述べています。

そして、テロに特化したテロ未然防止のための法律を作らなければ、到底、大規模テロを防げないと思います。

政府が、今回の改正案(いわゆるテロ等準備罪)を成立させることだけで終わり、テロに特化したテロ未然防止のための法律を作らないとすれば、オリパラの際に多くの人々の命が奪われる危険をそのまま放置することになり、政治の責任として由々しき問題です。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

若狭勝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース