若狭勝オフィシャルブログ「法律家(Lawyer)、議員(Legislator)、そのL字路交差点に立って」Powered by Ameba

若狭勝オフィシャルブログ「法律家(Lawyer)、議員(Legislator)、そのL字路交差点に立って」Powered by Ameba

NEW !
テーマ:
昨日5/28(土)、宮城まり子さんが主宰する「ねむの木学園」主催の
    「ねむの木学園のこどもたちとまり子美術展」
に行ってきました。

ねむの木学園は、48年前に、日本で初めて肢体不自由児のための養護施設として
設立されたものですが、今回の美術展覧会では、こどもたちの描いた絵が展示されて
いました。一昨日は、皇后陛下がこの美術展を鑑賞されました。

こどもらが描く絵は、私にはとても真似できないような極めて繊細なものをはじめ、
感受性豊かな作品等がたくさん展示されていて、感動ものでした。

この美術展を出た後、改めて、障がい者の課題を考えておりました。
「障がい者」と言っても、身体障がい、知的障がい、精神障がいなど
様々な分類があります。

いろいろな困苦を超えて、こうした絵を描くことができる今回のこどもらにも、
それ以外の人にも、一つ一つの状態に応じて、きめ細かくその課題と施策を
考えていかなければならないところです。

また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、
障がい者に対する施策を一段と進めなければならない
と思っております。
 
そして、宮城まり子さんの言葉、
   やさしくね やさしくね やさしいことはつよいのよ
は、障がい者の課題を考える際の一つの大事な視点であると思っております。

ねむの木学園展_2016.05.28_R


また、私がよく言う「愛人心(あいびとしん)」も、
その底流になければならないと思います。
いいね!(1)  |  コメント(0)
若狭勝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
昨日5/27(金)、首相官邸の菅義偉 官房長官にお会いし、
差別解消に向けた施策の積極的な推進を求めてきました。

私は、自民党の「差別問題に関する特命委員会」の
事務局次長をしております。


この委員会は、先日成立したいわゆるヘイトスピーチ法の制定に関与し、また、
雇用における年齢差別の問題や部落差別法案の制定に取り組んでおります。


2016.05.27_差別特命委申入れ_R 

ところで、「差別」と一口にいっても、いろいろなパターンがあります。
自分らができるだけ優位な立場でいたいとの心理から、あるいは、
一定のグループの人たちを自分らよりも下位に置きたいという思惑から、
差別化が始まったり、様々な目論みのもとに一定の人たちを悪意をもって
差別したりするなどです。

いずれにしても、差別は許されないことであるに決まっています。
そして、その対応として心掛けなくてはいけないことは、
差別化の動きをいち早く把握し、そうした差別行動が
活発になる前に、その芽をいかに摘み取るかということです。

差別をそのまま放置すると、気付いた時には、多くの人が
特別の罪悪感を持たないまま差別に加担している実態が
広がってしまうからです。

先日、最高裁判所は、長年にわたって、裁判所がハンセン病患者に
差別的取扱いをしていたことを謝罪しました。
冷静・客観的に判断する資質を有する裁判官においてでさえも、
差別を助長する側に立ってしまったというのは、差別というものの
構造・実態を象徴的に表しているものと思います。

この例でも、最初に差別の芽を摘まなかったものですから、
裁判官においてでさえ、特別の罪悪感を感じずに、自然と
心の中で差別的取扱いが肯定されていってしまったのです。

とにもかくにも、差別化の芽を早期に
摘み取るということが大事なのです。
そのためもあって、今回、菅官房長官へ
申し入れをしてきたのでした。

いいね!(7)  |  コメント(0)
若狭勝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
本日5/27(金)夕方、G7を終えたオバマ大統領が被爆地 広島を訪れ、
原爆ドームを背に
スピーチをしました。歴史に残る画期的なことです。

オバマ大統領は、就任以来、「核なき世界」を訴えてきました。
しかし、核の廃絶はそう簡単なことではありません。

至近な例でいえば、夫婦喧嘩です。
喧嘩の始めは、互いに理性を保って言い合いをしていますが、
そのうち、激情が理性を少しでも上回ると、ターニングポイントを迎え、
互いにカッカし、やがては激情が理性に勝り、夫婦喧嘩は悲しい結末を迎えます。

核管理も同じです。
平時においては、核をコントロールすることが可能であっても、
ひとたび、ステージが激情の段階(戦時)を迎えると、激情が理性に勝ります。
だからこそ、核廃絶を追求しなければならない本質がここにあります。

激情が理性に勝るというのは、ある意味、人間心理としては起こり得る反応です。
それは、激情は、人間の防衛本能と背中合わせであるからです。

核管理ないし核廃絶は、言うは易しです。
それは、本能と背中合わせの激情が、
時として、理性を上回ることを
皆が潜在的にも感じているからです。

とすれば、核廃絶は、簡単な道ではありません。
しかし、地球上の人類という、かけがえのない価値を
失わないための試練を乗り越えなければなりません。
いいね!(7)  |  コメント(0)
若狭勝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み