THE CHERRYレコ発@JUNK TAKASAGO

テーマ:
昨日のライブも最高でした!
自分たちも最高だったし(自画自賛)、共演バンドも最高だったし、特に昨日の主役のTHE CHERRY最高だったし、なんといってもお客さんが最高でした。すごい盛り上がってくれて、こっちも気分高まったよー。暴れまくったよー。

次のライブはまだちゃんとは決まってませんが、もしかしたらカウントダウンライブに出るかもです。
いい年越ししようー!
AD

高校の頃

テーマ:
唯一、自分の書きたいことをぶちまけることができた日記は、高校生になっても続けて書いていた。たまにレコードの感想やらライブレポートなんかも書いたりして、「音楽ライターってこんな感じ?」とか思ったりして。
(※その日記帳は、今回実家の引越しに伴い、ばっさり捨ててきたが)

その一方で数学がとても好きだった。化学も好きになっていった。大学も行きたいと思うようになって、行くんだったら理系の大学って思ってた。
でも将来の夢は音楽雑誌の編集や音楽ライター。

夢と現実の狭間で揺れる。

高校2年から3年に上がる時、本格的に進路に向けての選択科目を決めることになる。
提出書類には、国公立理系大学受験用の選択科目を書き、将来の希望職業のところに「出版社」と書いた。

後日、担任に呼ばれた。
「出版社に行きたいなら、文系にするべきじゃない?」

そうか、大学と将来就きたい仕事って別に考えちゃいけないんだ。大学って就職のために行くんだ…。
選択科目を変えた。国公立文系大学受験用に。

それを知った当時の数学のW先生が
「なんで変えちゃうの? 理系だって出版社行ける可能性あるよ。教科書とか参考書とか技術書を出してる出版社だってあるんだから」と。
でも私がやりたいのは音楽誌だし…。所詮、W先生は担任じゃないし…。

なぜそのとき、理系の選択科目に戻さなかったんだろう。
文系の選択科目のまま、3年に進級した。

しかしどうもしっくりこない。古文なんて超苦手だったし、数学は共通一次用の数Iだし、化学は相変わらずとってたけど、そっちのほうが断然面白かった(そういや選択クラスで女子一人だった…)。
やっぱ理系の大学行きたいよなーって思うようになって、独学で微積の勉強を始めた。W先生に相談したら、校内模試で微積受けさせてくれたり、選択とってないのに補習も受けさせてくれたりした。
受験に関係なくなった古文の時間は、数学の内職してた。
数学、面白かった。化学も面白かった。

某国立の理系大学を受けた。

落ちた。

合格発表の数日後、母親が亡くなった。
AD
11月28日の初ライブもいい感じに終わり、手応えをつかみました。評判も上々で、次のライブを楽しみにしてくれてる人もいるようです。
そんなアナタへThe Country Hunchbacks次のライブのお知らせ!

ストレートなビート系パンクを聴かせるTHE CHERRYのレコ発ライブへの出演です。

---ライブ詳細---
「THE CHERRYレコ発ライブ!」
日時:12月19日(日)18:00open/19:00start
場所:JUNK TAKASAGO(前島アートセンター6F)
料金:前売り800円
出演:THE CHERRY、ザ☆サンピナーズ、亜我ー、ノンブランド、BELL、The Country Hunchbacks
AD

おきなわJOHO 12月号

テーマ:
担当記事:角松敏生インタビュー、葉加瀬太郎FAXインタビュー、FLOWインタビュー、KEY GOT CREWインタビュー、クリスマスディナー特集、忘新年会特集、その他店紹介何件か。
コラム「お酒落30・30」今月のゲストは、ナオキ屋! 「劇団ひとり」ならぬ「ロックバンドひとり」、「ギター侍」ならぬ「ギタースナイパー」、貴女のハートをわしづかみにする、パフォーマンスロックンローラー。11曲(+1曲)入りCD-R「THE 宅 ROCK 音」(500円)、絶賛発売中!

ナオキ屋語録
「表現方法はなんだっていいと思う。ワクを超えろ」
「パンクとはスタイルじゃなくてスピリッツ。自分はパンクだと思ってる」
「人に迷惑をかけない。物を壊すのはロックじゃない。自分の物だったらいいけど」

http://www.okinawa-joho.net/joho/