1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-05-21 01:23:46

高度経済成長期

テーマ:ブログ
{385EF0E9-4C3E-4C13-A5B4-3A46F6D0AF95:01}

ぶっとんでるなぁ。
出てくる車がことごとく可愛いなぁ。

しかしぶっとんでるなぁ。

{316A14E6-7046-444A-821A-0EF750B2FAC2:01}

{248C8C2A-2DE0-4D34-AA0A-7A59BE4E4177:01}

憧れの向田さんのエッセイに登場する「菊家」さんの水羊羹。
分かりにくいが、小さいのと大きいの。
違いはサイズと賞味期限です。
女将さんがたくさんお話してくださって、とても嬉しかったです。

クレイジーキャッツも向田さんも、高度経済成長期を逞しくユーモラスに駆け抜けた世代。
ずっこけてるのに、背筋がピシッとしてる感じがかっこいい。

由利徹さんの凄さを今更思い知った五月のある日。


いかがお過ごしですか?
私は元気です

明日も良き一日を


ごきげんよう



酒井若菜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-05-16 21:45:17

音源

テーマ:ブログ


言葉の達人、向田邦子さんの貴重な音源がある。
亡くなる前に開かれた講演の様子をおさめたものだ。
タイトルを「言葉が怖い」という。
これが非常に面白い。
言葉は武器で、言葉は凶器。
そんなお話。
森繁久弥さんのスピーチに関するエピソードは、メデイアの人間なら一聴の価値があるだろう。

でも気に入りのくだりがある。
向田さんが渋谷から自宅のあった祐天寺に帰るときに起きた出来事。
向田さんは、渋谷駅で切符を買う際、駅員さんに「祐天寺まで」と言うべきところを、焦っていたため、間違えて「渋谷まで」と言ってしまった。
すると、駅員さんは穏やかな口調でこう返したと言う。
「タダですよ」
向田さんは言う。
「ここだよ」と言われてもおかしくなかった、と。
が、「ここだよ」ではなく「タダですよ」と答えがきたことに感動した、と。

ピンとくるだろうか。
この違い、気がつくだろうか。

現代社会では、言葉のディテールにこだわらず、ここだよ、と、タダですよ、が同じニュアンスて伝わりがちな気がする。

ちょっとした言葉のディテールに今一度こだわりを持ってみるのはどうだろう。
ささやかな言葉のニュアンスを今一度自分で見つける感受性を磨いてみるのはどうだろう。

言葉を凶器にするのはあまりにも簡単だから。

言葉と心は、密接に繋がっている。
どちらかを磨けば、どちらも輝く、と、私は信じている。

お互い、精進してまいりましょう。


明日も良き一日を


ごきげんよう
酒井若菜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-05-16 20:13:20

溺愛

テーマ:ブログ


Twitterを始めたときは、情報がそれ以前よりも多く入ってきたような気がしていたが、いざやめてみると、情報こそ入ってくるものの、むしろ視野が狭くなっていたことに気がつく。
縛られていたんだな、と。

先輩からのメールで目が覚めた。
またまたあらぬ情報が流されていたようだ。
以前ならば傷ついていたが、もはや現在の私はTwitterのタイムラインに振り回されることもなく、へぇーと他人ごとのように流せている。
「ほぼ毎回、台本が面白くないので、読むと具合が悪くなる」
といったような内容のことを私がtweetしたとされているが、そんなこと書いたら現場に行きにくくて仕方ない。笑
自分のためにも書くわけがない。
くだらないよぉ~
書くなら何の作品にも入ってない時に書く、というか、私は、そんな内容のことを書く機会そのものがない。
何故なら、私は、具合が悪くならないような、面白い作品にしか出ないと決めているからだ。
“ほぼ毎回”を文章のどこにかけるかで、意味はかなり変わってくる。
ほぼ毎回面白くない、ではなく、
「面白くない台本を読んだときはほぼ毎回具合が悪くなってしまうので、生意気だが、面白いと思った作品にだけ出させていただいている」
ということ。
私は、文章を書く仕事を他の俳優に比べ多くしている方だと思うので、文章を書くという事がどれほど骨の折れる作業か、多少の心得はあるつもりでいる。
例えば、私の文章を、誰かが朗読してくれる機会や演じてくれる機会があったとしよう。
あんまり面白くないなぁ、と思いながらやられるより、面白いなぁ、と思ってくれる人にやってほしいと思うだろう。
それを踏まえた上で、だからこそ俳優側に立つ場合は、面白いと思った作品だけをやる。
それが私の作品に対する礼儀なのだ。
文章を書くということへのリスペクトが、並じゃないからこそのこと。
無論、本の段階で100%の面白さが見込めなくても、面白くできそう!と思えばやることもある。
そういう感覚は、再度申し上げると、生意気だと思う。
が、20年この世界にいて得た私なりの必然がそこにはあるわけでもあり、また、元来の潔癖の症がそうさせているところもあるのだろう。
かつそれは、私自身が書き仕事をしていなければ得なかった感情に違いない。

そして、
酒井程度が仕事を選ぶな、と言われそうだが、私がなんでもやりますタイプではない理由は、これも過去のメルマガに書いているが、体が弱いためである。
そのためあまりハードに作品のかけもちなどができない。
それは、私が一番哀しんでいる。
片っ端からやれたらどんなにいいだろうと思う。
が、いかんせん体が弱い。
そうなると、体力的に、なんでもやります!と言って片っ端から全部やるわけにはいかない。
やらないではなく、やれないのだ。
体と相談してできる範囲で仕事をやるならば、より面白いと思える作品を選ぶのは当たり前ではないだろうか。

そんな理由もあり、私はいやいや作品に参加することはないのだ。

そして、面白い作品にしか出ていない現在の私は、関わる以上、その作品、役、現場に全力で全てを捧げる。

先輩からきたメールは、
「若菜ちゃんの出演作品に対する溺愛っぷりは、現場を一緒に過ごしたことがある人は知ってるから、落とし入れようとしても無駄なのにね」
だった。

そして、私がアカウントを削除したのは、まるで「ヤバいtweetをしたから逃げるように」、
アカウント削除後、ブログを更新したら「慌ててドラマを褒めてセルフフォローした」、
的なことにされているが、5月2日には既にTwitterをやめる旨を文章に起こしていたことはメルマガに書いてある。
そして、私は元々、出演作品はいつも公の場で絶賛してきた。
当たり前だ、出演作はいつだって自信作なのだから。
それに、Twitterをやめてブログを久々に更新したとき、近況報告をすることの何がおかしいのか私にはよくわからない。

ただ今回は、私があまりにも頻繁に、本質とは掛け離れ捻じ曲げた形でネットニュースに取り上げられ、明らかに執拗な目のつけられかたをしていることをさすがに訝しく感じはじめた一般のかたたちもおいでになるようで、「また嘘ニュースだ」「一部を切り取り、前後を書かないのは汚ない」「書き方一つでこんな印象を植え付けさせるのか」「元々出た作品は褒める人だよ?」等の意見も多く出ているようで、有り難く感じている。

そして、これまで私が作品を溺愛してきたことは、伝わっていてほしい人には伝わっているのだと、実感する。

今回はたまたま先輩からのメールで知ったが、本来であれば説明するのもバカバカしいと思っている。
今後は、私はそういう情報過多な世界から切り離した生活をするので、自分に対する意地悪に気がつくことすらないと思うが。

ただ一つ、よかったことがある。
Twitterをやめることが少し不安で、寂しかったが、これで微塵の未練もなくなった、ということである。
サッパリーー


酒井若菜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み