1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-06-16 21:14:52

メルマ旬報

テーマ:ブログ
{7BC43A54-1AE3-4539-A7B7-721556F3148E:01}

『水道橋博士のメルマ旬報』
今号は「生きる才能」
物語です
気に入ってます

ぜひ
酒井若菜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-06-15 22:27:28

ボク妻のチャップリン

テーマ:ブログ

ボク妻、最終回までご覧いただきました皆さま、ありがとうございました
参加できて本当に嬉しかった
泣いちゃうくらい

ドラマに関わった人がみんなこの作品のことを大好きだった


しかし、公式HPのスタッフブログが面白い…
私が「内村さんがチャップリンになった、って思ったカットがあった」とトークイベントで話したところ、プロデューサーさんがこのシーンかな?とそのブログで予想してくれてた
そのシーンは、私的には、チャップリン済、だから、ハズレというのも実はちょっと違うんだけど、面白かったから私がブログでハズレです、と言ったらきっちり訂正してくれてて、その言い方がもうほんとにユーモラスで、さすがシリアスとコメディが同居するボク妻をつくったかただなぁとつくづく思った
最高すぎる
そしてまた予想してくれてた
続けるんかーい
面白すぎる
ふむふむ、シンクロのシーンか
えっと…
ハズレです 笑

とか言って
えへ
たぶんどのシーンも、内村さんはずっとチャップリンだった
内村さんは、あんな域にはいけてないけど、って謙遜なさってたけど、誰かが試しに内村さんの中にいるチャップリンを探したとき、人それぞれ違うシーンを思い浮かべるのなら、それって実はものすごいことなんじゃないかなと思ったりしている
ちなみに深川監督も「どのカットか分かった気がします」と仰ってたな
「どこですか?」と聞いたら「それは言えません」と教えてくれなかったのが面白かったなぁ


私は子供の頃から内村さんのファンで、コントのDVDは全部持っている
その影響もあって、私はコメディ女優になりたかったのだが、最近でこそシリアスな作品も多いけれど、幸い女優業を始めた頃からコメディに出る機会に恵まれていた
かつてコメディに悩んだとき、例えばそれが二度見がうまくできない、という悩みだったら、内村さんがコントで二度見をしているカットを200回くらい巻き戻しては見て研究したりしてた
酔っ払いの歩き方で悩んだときも、そうやって何度も何度も内村さんの足の動かしかただけを繰り返し見て研究した

気分は上々、笑う犬の生活、ぼくが地球を救う、木更津キャッツアイ、西遊記、ご一緒したものは全部鮮明に覚えてるけど、今までまともにお話できなかったので、ボク妻で初めて、ファンだとお伝えできた
そういう意味でも、参加できて嬉しかった

脚本も大好きで、演出も大好きで、出演者も大好きで、いいことしかなかったな

楽しかった

そして、今週、Dr.倫太郎も最終回です
最終回もチラリですが出させていただきます
クランクアップのときに共演者の方にいただいた言葉は、今後の私の女優人生をずっと支えてくれるものになるだろう
共演者も最高だったし、スタッフも知り合いだらけでかっこいい人たちばかりだった
それに水田監督に再会できて嬉しかったから、また再会できるように頑張りたい

いやしかし、ボク妻も倫太郎も最高すぎて、同時にこの二作品に出ることができた、って、女優としてこんな幸福、私にはもったいないよ
感謝の気持ちでいっぱいです

この二つの作品を通し、芸能界に入ってよかったと、改めて思った20年目の夏、なのであーる

まだ非公表ですが、もう一作、撮影済みのものがありますのでそれもお楽しみに

そして、次に入る作品も面白そうなので早く言いたいけど、そちらも情報解禁までしばしお待ちを

頑張るね


明日も良き一日を
ごきげんよう

酒井若菜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-06-14 19:47:37

ボク妻

テーマ:ブログ
『ボクの妻と結婚してください』、本日最終回です

ほんわかしてます
真綿で首を~とはよく言ったものですが、真綿で心を締め付けられるかた、真綿にすっかり包容されるかた、受け止め方も様々かと思います

自分の善、正義を貫き、誰もが主役になれる時代

自分の感受性に一度クエスチョンをつけてみる、自分の善や正義に疑問を持ってみる、自分が主役のその世界を一度遠ざけて客観視してみる
このドラマがそんなことができるきっかけになるかもしれません

主人公の選択が正しいかどうか、なんてどうでもいい

監督が「テレビマンは視野が2メートルくらい」って言ってみんなワハハって笑った
私も笑って、その後、ほんとだな、と思った

人が視野が狭くなるのは、
例えば、ひどく傷ついたとき
例えば、好きなことに夢中になってるとき

テレビマンは後者だね

この二つの例えは相反してるけど
主人公は、両方同時にそのきっかけがきちゃった
とんでもなく視野が狭くなってる人が、一生懸命「選択」した

自分が奥さんだったら勝手に新しい結婚相手探されるなんてイヤだよ、って?
私もそう思ってた

でも、もし旦那が余命を宣告されて時間がなくて焦って、例えば視野が50㎝くらいになっちゃったとき、その50㎝に映るたった一つの対象が、妻である「自分」だったら?
私なら、ウレシイ

自分だけが旦那にとっての最後の、そして唯一の希望なのに、自分には旦那の寿命を延ばすことが絶対に不可能なのだという現実に直面したら?
私なら、クヤシイ

まさしく「命懸け」の人が抱くたった一つの夢を叶えられる可能性があるのが、この世に一人しかいなくて、それが自分だったとしたら?
私なら、コタエル

散々堪えたあとに、応えると思う


主人公の選択が正しいかどうか、なんてどうでもいい

結構、男のエゴだ、って思う人多いみたい
女はたぶん、一緒に闘おうよ、って思うから
好きなあなたのためなら、私の命と交換しても構わない、って
だからきっと、ズルいな、とか、女の気持ちを分かってないな、って女は思う
好きな人が死んでも、その人との記憶を食いつぶしていけば、女は生きられたりするんだよ、って

でもそれって、結局女のエゴかもな、って思ったりもするんです
あなたを救うためなら何でもするよ、の心があるのなら、隠されてたくらいなんだい、てやんでぇ、って思うことなどきっと難しくないから

いつでも誰でも主人公になれる時代
主人公の皆さま、どうぞ、ドラマの中にいる、自分じゃない主人公の選択を、尊重してさしあげてください


私はとても、好きです



追伸
先日のボク妻トークイベントにお越しくださいました皆さま、ありがとうございました
とても、愛おしかったです

そして、私が5話のあるカットについてついアツく語ってしまいましたが、そのカット、皆さんお分かりになりましたでしょうか
ちなみに、ボク妻HPでプロデューサーさんが予想してくれてますが、それはハズレです 笑


皆さんいかがお過ごしですか
天候が不安定ですから、くれぐれもご自愛くださいますよう


ごきげんよう

酒井若菜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み