滋賀県守山市 国内随一のふくさ(袱紗)ブランド 和奏-wakana-のブログ

和奏は「ふくさ」から生まれたブランドです。ふくさの語源である「ふくさめる」とは、ふんわりとやわらかく包む、ということ。日本人のやさしさや思いやりの気遣いに育まれた袱紗(ふくさ)の文化。和奏は『ふくさめる』ことで暮らしをゆたかに楽しく彩りたいと願っています。


テーマ:

こんにちは。

ふくさの和奏の清原みどりです。

 

3連休、いかがお過ごしでしたか?

私は最終日に琵琶湖の近くのホテルで

ひたすら作業作業!

 

集中するために使っているホテルがいくつかあり、

今回は地元滋賀県のホテルを利用しました。

 

…って案外この話すると

「詳しく聞きたい!」ってなります。

 

意外!

とはいえ、私も人の「集中ポイント」「儀式」には興味深々なので。

また詳しく書いてみます。

 

さて、本日は人気の「カードケース」のお客様の声。

 

お客様の声のご紹介です。

☆使いやすくてかわいい

どんなお店でもポイントカードを作っている今、とてもお財布には入りきれません。このポケットの数でも足りないのですが、一つのポケットに複数枚入れてしまっています。でも、ジャバラで広げて全体が見れるので、とても探しやすいです。なかなか市販では見かけないデザインで気に入ってます。
meguさん(39歳・神奈川県)

☆贈り物に

義母への誕生日プレゼントに購入しました。
落ち着いた色味で高級感があります。
えこりんごさん(34歳・宮城県)

あなたが見て、贈りたい人の顔が浮かぶのと同じように
私たちはいつも「届けたい人」のことを感じながら
ご提案をしています。

この商品について詳しくはこちらをご覧ください。


ブランドマネージャー 清原みどり

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

ふくさの和奏の清原みどりです。

 

あなたのお念珠は今、どこにしまわれていますか?

すぐにきちんとした形で使えるようになっているでしょうか。

 

お悔みの時だけではありません。

お墓参り、お仏壇に手を合わせる…

そういったときも、さっと用意してきちんと伺いたいもの。

 

 

人がお念珠を手に入れるタイミングはあまり多くなく、

お嫁入りの際にご両親からもらう(譲り受ける)か、突

然葬儀にいかなくてはならなくなり慌てて買うという方が大半を占めるのが現状です。

 

ちゃんとしたお数珠を持とうと想うことは

自分と自分の周りの人たちを大切にすることと同じかもしれません。
関わった人の人生の節目にきちんとした形で寄り添うための道具、

お念珠を想いごと包めるふくさをご提案します。

 

 

生地の柔らかさとやさしい色目、自分の気持ちに寄り添うものは

上質で「丁寧につくられたもの」に収めたい、

そんな想いを形にしました。

 

広げると正方形になり、「座具」としても使用できます。
その昔、お念珠は今以上に神聖で、

大切なものを直に置いたり手に持ったりするのではなく、

専用の小さな正方形の座布団のようなものに置かれていました。
大切なお念珠の居場所、特別なお包みとしてのふくさです。

 

名入れも可能ですので、大切な方への節目の贈り物にも。

 

 

詳しくはこちらから。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。袱紗の専門ショップ和奏の清原みどりです。

 

こちらのブログでは、主に商品のご紹介をしておりますが、

それとは別に個人メルマガを発行しております。

 

何について書いているかといいますと…。

 

詳しくはハッシュタグに^^

 

ワンクリック解除できますので

お試しで一度読んでいただければ嬉しいです!

 

現在読者様900名様。

続けて読んで下さる方が多く、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

お役に立つ記事を書いておりますので、

よろしくお願いいたします^^

 

ご登録はこちらから

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

ふくさの和奏の清原みどりです。

 

今日から、NHKの朝の連続テレビ小説が

新しくなりました。

 

まだ初回なので、はっきりわかりませんが

どうやらこの物語は「四つ葉のクローバー」が重要なアイテムのようです。

 

日本では、三つ葉は「希望」「信仰」「愛情」の印。
残る1枚は「幸福」のシンボルと言い伝えられてきました。

四つ葉のクローバーのモチーフのデザインは結婚式や、

お祝い、プレゼントなどによく使われています。

 

和奏では、お手頃なふくさとして

四つ葉のクローバー金封があります。

 

自分用に、プレゼントに。

色違いでいかがでしょうか?

 

詳しくはこちらをどうぞ。


 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。袱紗の専門ショップ和奏の清原みどりです。

 

さて、男性のお客様より
「ふくさを使う場面で、内ポケットに入るサイズのものがなかなか見つかりません」とお問い合わせをいただくことがあります。
結婚式、お悔み、急な場面で
コンパクトにスマートに収納できるもの、というのは
男性の小物選びにはマストな条件です。

折りたためるソフト金封ふくさは
当社が最も得意としている縫製を使ったものです。
初めて世に出てから20年以上たちますが
素材などの変化もありながら、超ロングセラーとして
愛用していただいています。

先日、ご購入いただいたお客様より写真とご感想をいただきました。

 

「ふくさ、7日に届きました!ありがとうございます!
最高です!見た目、質感、手触り。
想像以上の出来に感激です。
私、実は、小物にはこだわりがありまして
使用頻度にかかわらず、上質の物を大切に所有したいんです。所有欲ですね
と言っても、限度がありますが、その点、この様な小物類は、最高級でも手が届く範囲にあるかなと。
大切にします。
ありがとうございました。」
(東京都 海老原様 男性)

 

高級ブランドには上を見ればキリがありません。
ふくさはエルメスやグッチ、シャネルやヴィトンなどのラインナップには全くないジャンルなので、その分野の最高級を維持していくことが、当社が担う大きな役割なんです。
また、こちらの素材は西陣織のネクタイ素材を使っていますので、男性のスーツとの相性もいいです。
シンプルな中に、存在感もあり、一生ものとして愛用いただける品質です。

 

小物にこだわる男性は多いですが

まだまだ袱紗(ふくさ)においてのこだわりは

浸透していません。

優先順位も高くありません。

 

だからこそ!贈り物にぴったりなのです。

 

商品について、またお客様の声
記念品実例などは随時Eニュースレターにて配信いたします。
是非ご登録くださいませ。

 

袱紗(ふくさ)お念珠入れ

急な時でも安心の和奏オンラインショップはこちらから。

別途名入れもお受けしますので、ギフトにもふさわしい逸品です。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。袱紗(ふくさ)専門ショップ和奏の清原みどりです。

 

もうすぐ9月。

秋は結婚式ラッシュ。
そんな季節が迫ってまいりました。

和奏のオリジナルのふくさに「ソフト金封ふくさ」があります。

贈りものにも好評の大変使いやすいふくさ。

もともと、言葉に表せない気持ちに寄り添うものとしての「ふくさ」 
ふくさは元来、結納・婚礼祝・出産祝・初節句など、人生の節目の贈答の際に使われてきたものです。

その語源は“ふくさめる”。物を柔らかく、優しく包むという意味です。 
イメージとしては、そうですね、包装紙にピシッと折り目をつけて包むという感じではなくて、シフォンの生地のようにふわりと掛けてそのままくるみこむ、というイメージでしょうか。
〇でも□でもないカタチ。
人の気持ちの表現もそんな感じだと思うのです。
ありきたりでもない、形式ばってもいない、でも嬉しくて伝えたい気持ちがあること。

行為としても、大切なものだからきちんと包みたいけど、カタチにとらわれず、そのものの呼吸を感じるようにくるみたい、というような。
大切なものを思う「心づかい」を形にした新しい“ふくさ”がこのカタチになりました。
 

お祝いごとに最適な柄と鮮やかな色。 伝統柄の高級絹織物ではあるものの、生地の色などはモダンにアレンジされているので、伝統的でありながらも現代のスタイルにしっくりとはまります。そして中身(水引)を出したあとは畳んでしまえるので、小さなバッグにもすっぽり。また男性のスーツの上着の内ポケットにも収納できるという便利さです。

(色は全4色。朱以外は慶弔どちらでもお使いいただけます)



華やぐ場面にこそ、洗練された状態でいたいものです。
そんな願いをこめて。

 

袱紗(ふくさ)念珠入れ

急な時でも安心の和奏オンラインショップはこちらから。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

ふくさの専門ショップ和奏の清原みどりです。

 

色って重要ですよね。

見た目だけではなく、色の持つエネルギーってあなどれません。

 

赤い下着はやはり女性にとって良い影響をもたらすようです。

赤は心拍数を高めて血行を促進したり、血圧を上げたり、

体感温度を上昇させたり、免疫力をアップさせる効果を持っています。

厳しい寒さになると冷えによって体が弱まり、

体調が悪くなりやすいので、

冷えを防止するため、赤い下着を身につけるのは、有効な手段なのです。

下着は直接肌に触れているので、良い気を得やすいといわれています。

そして日本では、赤は昔から魔除けの効果があると信じられてきました。

例えば神社の鳥居は、赤がよく使われていますよね。

 

下着とふくさ、関係ない!と思われると思いますが、ここは色の話。

 

東京にあるインポートジュエリーの商社様。

顧客様へのお土産に、和奏のジュエリー袱紗をお選びいただきました。

 

パーティーのお土産だったのですが

ゲストが誰もが知っているスピリチュアルの!あの!おなじみの!

男性…(女性?)いや、とにかくすごいオーラのあの方だということで

イメージとしては「黄色!」もしくは「ゴールド!」とのご要望。

 


ゴールドのサテンで、アクセサリーをおさめやすいように
真ん中にリボンをつけて。

こういったスタイルのふくさが広まっていくことは
とても嬉しく思います。

袱紗(ふくさ)はお金だけではなく、大切な想いを包む道具ですからね。

また色違い、素材違いもご相談に応じます。

 

ふくさ(袱紗)お念珠入れ

急なときでも安心の和奏オンラインショップはこちらから。

 



 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

袱紗の専門ショップ和奏の清原みどりです。

 

「ふくさ」ってそもそもどういう意味があるんだろう?
お金を包むためだけのもの?

なかなかイメージがわきません。
でも、「機能」ではないということはお伝えしたいと思いながら色々な文献を調べていたら
こんな言葉が出てきました。

「ふくさめる」

聞いたことありません。私は知りませんでした。

「ふくさ」という言葉はモノの名前ではなく、元来形容詞として生まれた言葉でした。
硬いモノに対して「やわらかい、ふっくらした」ものであるとか
正式なものに対して「略式」であるという意味があったそうです。

たとえ話でいいますと
ハンカチやカッターシャツをぴしっとアイロンしてきっちり整えて収納することに対し
洗ったままで袖たたみして納めることを「ふくさめる」と言う感じ。

ブラウスとか、バサッとしたチュニックとかをふわっとして「しまう」と言えばわかりやすいですかね。

ふくさに使用された生地が羽二重やちりめん、綸子と呼ばれる薄手のやわらかいものであるということも
一因かもしれません。

シフォンとか、テロテロした優しい質感は女性性があると思います。
セーターもモヘアみたいな「空気感」を感じさせるもの。
そういったものはしっかり畳んだつもりでも「ピシッと四角!」にはならない。だからと言って丸くもならない。
アイロンの熱に弱い、とてもデリケートな素材でもあります。
ふくさも同じで、きっちり包んでもどこか空気感が残ります。
なんか見えない綿みたいな。それが想いとか、言葉にできない気持ち、だとすれば納得。

そういえば、小学校から中学高校までほぼ毎日のように国語の授業ってありましたよね。
でも、なかなか「言葉」と「行為」や「文化」が結びつかないこともある。
そうこうしているうちに、なくなっていく日本語も、文化も、習慣もある。
日本のものづくりに関わる人は、他のものとつなげつつ、たぶんものじゃなくて文化や言葉、習慣などを伝えるのが本当の役割なんですね。
色んな話を読んで、言葉のルールを知るのもいいし
接続詞がどうあるべきとか知るのもいいんだけど、
ものの名前のつけ方が「感性の変化」であるということを
日本の文化や美意識とともに、学生のときから学べたらいいのになあとちょっと思ったりします。

日本語って本当に深くて、美しくて、繊細な世界。
ことばを伝えることも含めて、ふくさを知ってもらえたらいいなあと思います。

 

袱紗(ふくさ)お念珠入れ

急な時でも安心の和奏オンラインショップはこちら

 

この記事に関する商品

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。袱紗(ふくさ)の専門ショップ

和奏の清原みどりです。

 

私は中国語を学習しています。

台北に2か月に一回一週間通って。

 

なにそれ?と思われる方も多いでしょう。そんなのは学習と言えるのか?

その辺りはまた追々。

このブログには「台北 中国語学習」というテーマもしっかりもうけられておりますよ。

 

ということで、中国語で琵琶湖の概略を説明いたします。

台北で会う人会う人に聞かれることの一つ。

 

和奏がある滋賀県について。

滋賀県は日本のほぼ真ん中にあります。
滋賀県は日本で一番大きな湖の「琵琶湖」を有し
水がきれいで空気の新鮮な気持ちのいいところです。日本でも有数の住みやすい場所です。
琵琶湖は滋賀県全体の六分の一。面積は670.25km2です。滋賀県全体では4,017.36km2です。
一周は約200kmです。

滋賀縣的位置幾乎可說是在日本的正中央,並且境內還有日本最大的湖泊「琵琶湖」,是一個空氣及水質都相當良好,在日本也是數一數二適合居住的地區。
琵琶湖的占地約為滋賀縣的六分之一,面積為670.25km2。而滋賀縣的總面積則是4,017.36km2。單是繞琵琶湖一周就需要走上200km。

 

あなたは自分の住んでいる場所のこと

他の国の言語で言えますか?

楽しく生きるために、自分にインストールしたいことのひとつ。

私も日々精進!

 

袱紗(ふくさ)お念珠入れ

急な時でも安心の和奏オンラインショップはこちらから

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。袱紗(ふくさ)の専門ショップ和奏の清原みどりです。

 

このブログでは、色んな袱紗のこと、色んな滋賀県のこと、

ご紹介しておりますが、やはりひとつのことに特化して詳しく書くのには

限界がありますね。

 

でも、深く深く掘り下げてストーリーをお伝えしたい!ことは

山のようにあります。

 

滋賀初心者ではなく、もっとマニアックに物語を知りたい!

そんな方に。こちらをおすすめ。

 

私の言いたいことが凝縮されており、

私からあなたにお届けしたい物語が

凝縮されております。

 

ぜひとも。

 

袱紗(ふくさ)お念珠入れ

急な時も安心の和奏オンラインショップはこちらから。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。