こんにちは、奈良市のわかくさ整骨院です。

 

<治療事例の紹介>

4ヶ月前に右アキレス腱を断裂して手術を受けた70才代の女性。 術後 しばらくのリハビリ期間を経て退院したものの患部の痛みとこわばりが強く残って歩行が上手く出来ないと訴えてのご来院でした。

 

断裂後に放置期間が有ったため断端の離開が大きかったのか非常に縫合がしっかりとされていてこわばりが強く足首の背屈(反らせる)が殆ど出来ていない状況でした。当然歩行はしにくいはずです。

 

当院で行ったことはシンプルに足関節の可動域を広げて動きを改善するリハビリです。

電気系と手技による治療の反復。地味に丁寧に繰り返す。

入院先ではあまり丁寧なリハビリを受けられなかったとの事なので、その分を当院で。しかし術後相応の期間が経った患部は効果が出るのにも少し時間が掛かります。

 

週に2回、時により週1という通院頻度もあって約4ヶ月間の治療期間を経て、足関節の可動域は徐々に改善。歩行の具合も良くなってきました。 ずっと控えていた旅行にも出かけられて気持ちも前向きになって来られたようで嬉しいです。

 

畑仕事や米作り、お茶も作っておられるおうちで、「身体を使った仕事はいくらでもあるから足が動いてくれんと話にならん!」と明るい表情で話しておられました。

 

また収穫した美味しい野菜のおすそ分け、おねがいしま~す(^^)v

 

こんにちは、奈良市のわかくさ整骨院です。

 

<治療事例の紹介>

首から両肩、肩甲骨周辺にかけての痛みを主とした辛さが永年続いている。他にも右膝の階段昇降時の痛みが4年程ある。

として、50才代の女性がご来院になりました。

 

身体の状態を診ますと、胸部脊椎のねじれ・頸椎の歪み・頭蓋骨と頸部のズレなど様々な問題がある状態でした。

右膝については軽度の腫れがありますが関節軟骨や関節の構造上の問題は無さそうです。

 

初回の治療は頭頸部の調整に絞りました。

最も根が深いと感じた部位が頭頸部であったからですが、治療が済んでお帰りになる際のスッキリした表情と驚いたリアクションにこちらもニコニコ(^^)。

 

その後、約2週間で4回の治療を実施して頚部・肩などの症状も大きく改善。

右膝の腫れや動作時痛もみるみる良くなっていったところで残念ながら通院が途絶えてしまった状態になっています。

 

私とすれば、もうひと押し患部の状態を安定させるべく施術させていただきたかったのですが、諸々ご事情もおありでしょうし致しかたないといったところでしょうか....。

 

50代といえば、今までのように 放っておいても寝てたら身体がちゃんと回復してくれるほどの復元力はありません。

若かりし日の自分はちょっと横に置いて、自分の身体に少しづついたわりの気持ちを持って付き合って行かれることをお勧めします。

 

身体のお手入れ、必要ですよ(^.^)/~~~