うっわおもしろ

テーマ:
東京湾岸バレエ団☆ 1 (1) (講談社コミックスキス)/朔田 浩美
¥410
Amazon.co.jp

東京湾岸バレエ団☆ 2 (2) (講談社コミックスキス)/朔田 浩美
¥460
Amazon.co.jp


最近まんが読みをさぼっていた。こんな面白いまんがを読まずにいたなんてバカバカと自分に言いたい。

コンテンポラリーバレエ団のお話なんだけど…いや…あれ?バレエ団のお話だったっけ?

いわゆるスポ根な「バレエもの」ではない気がする。おそらくテーマは人生哲学。

濃い青春野郎どもの寄り集まり。確実な画力に支えられたリアルな「踊り」。そして絶妙なバランス感の笑い。さらに熱い食欲!!

ミュージカル「ゴルフのおにいさま」(略して「ゴルにい」。笑)の舞台で「ゴルゴルゴルフのおにいさま♪」とゴルフクラブ構えて踊る主人公の佐藤君が、ツボに入ってどーしよーもないです。

読むと満腹になるよ!

AD

ピンぼけですが

20080903053025.jpg
しょうごさんは元気です。
相変わらずツンデレです。

もう展示終了しちゃいましたが、先日、東京国立博物館「六波羅蜜寺の仏像展」に行ってきました。
おもに平清盛の像が目当て。まあ「たぶん清盛と言われている像」ですが。
かっこよかった!
カリスマのオーラだった。
堪能した。

源頼朝派(派というか…何?おっかけ?)の私ですが、清盛も大好きです。
書きたいなー。

じつは今度の「すばる」に載る作品は、平家物語を素材にして、好き勝手に自己流に料理して書きました。
またしても頼朝の出てくる話でして。(「ゆめのつるぎ」の頼朝とは違う人です)
メガロ・オーファン2巻に出てくる人もヨリトモです。(これも違う人です)
ふたつ同時に著者校正のゲラが来て、どっちを見ても頼朝なので、我ながら「何なの?」と思いました。
懲りねえ作者ですな。

六波羅蜜寺にはミステリアスなものを感じるので、もっと勉強してみようと思います。
AD

秋台風

テーマ:

進路を曲げてまで来てくれるとは困った台風だ。

いやだなあ。

と言っても大自然には逆らえない。人間にできる範囲のことをするばかりよ。

皆様も、いろいろ気をつけてくださいね。


お仕事のおしらせを少し。詳しくはまたメルマガ出します。


10月6日発売の「すばる11月号」(集英社)に、読み切り新作がのります。今回は小説すばるではなくてすばるです。小説すばるにもまた書きます。

「なにもせぬ」というタイトルの話を書きました。


11月1日に、『メガロ・オーファン』2巻(角川書店ビーンズ文庫)がようやく出せそうです。雑誌掲載分プラス書き下ろしを収録です。

2巻のサブタイトルは「家に帰らない子供たち」です。


11月発売の「SFJapan」(徳間書店)にオーラバスター・インテグラル新作を書きます。連載予定です。


書き下ろしのほうは、ハイスクール・オーラバスター新作と、グラスハート最終話の準備をしています。

真イズミの4巻が延びていて申し訳ありません!

作者がまだ拓己という名前を書くと泣くので(おーい…)かくも遅れてしまっておりますが、猫のせいにするのも猫に申し訳がたたぬだろう。書かんでどうする。書かんとね。


よろしく読んでやってくださいませ。

AD

ひさしぶり

テーマ:

「ひさしぶりの新刊」の作業が大詰めに入っております。

こんなにひさしぶりにする予定ではなかったので、いろいろ申し訳なくてたまりませんが……

一歩一歩前進で出していこうと思います。


それとは別件で、すごくひさしぶりに里見十九郎の今後の生き様について編集氏と語ったりしました。

何このひさしぶり感。

とても待たせちゃったなあ。

すみません。

しぶとく書きます。


昨今のマイ癒しまんがは「よつばと!」新刊と「ピカピカ家畜」1巻。方向性が真逆っぽいですが、どっちも非常に必要です。

ピカピカ家畜 (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)/厘の ミキ
¥580
Amazon.co.jp

よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)/あずま きよひこ
¥630
Amazon.co.jp