若旦那オフィシャルブログ Powered by Ameba

若旦那オフィシャルブログ Powered by Ameba

2015年6月7日「バーサーズー」開催!!

若旦那 VS Especia
若旦那、Especiaとの初ツーマンイベント!
一夜限りのガチンコ勝負。
6/7(日)@原宿アストロホールに全員集合!

公演詳細はこちら

☆チケット一般発売中

⇩チケットはこちらから⇩
・ローソンチケット
・チケットぴあ

・e-plus


WAKADANNA 3 ~絶対に諦めないよ、オレは!!~
     2014年11月12日(水)発売!!

初回盤                    通常盤
    

詳細
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タイトル:「WAKADANNA 3 ~絶対に諦めないよ、オレは!!~」 
発売日:11月12日(水)
初回生産限定盤(CD+2DVD)TKCA-74164  \5,000+税
DISC-1<CD>全12曲収録予定
DISC-2<DVD>~Music Video~
DISC-3<DVD>~“バカヤロ” LIVE~
通常盤(CD)TKCA-74168  \3,000+税

DISC-1(CD)
1. 絶対腐りたくはない    7. ロカビリー ~街が俺の教科書だった~
2. このセカイは美しい    8. シェリー
3. 誰にも負けたくない    9. PLANET WALKER
4. 壁を壊す時が来た     10. 生きてると、色々あるよね ~失恋篇~
5. ツンデレ         11. Hey Brother feat. MOOMIN & 前川真吾 (かりゆし58)
6. サニーボーイ       12. 欲しいものなら (2014.5.25 下北沢SHELTER ver.)

詳細はこちら

アルバム購入はこちら

LOVERS iThune
 
iTunesはこちら

レコチョクはこちら

テーマ:
こんばんは、若旦那スタッフです。
テレビ放送をご覧下さった皆様!
ありがとうございました!!
ご覧になれなかった方のために…後半レポ!!




リスペクトする さだまさしさんと同じステージに立つ事。
嬉しくて仕方ないけども、気持ちは「対決」。
その心持ちで臨むのはミュージシャンの性。

開演時間が刻々と迫ると、若旦那だけではなくスタッフまでもがどこか落ち着かない。
百戦錬磨の若旦那と言えど、この本番前には期待と不安が行ったりきたり。

そんな折、楽屋にさだまさしさんがいらっしゃって、
「若旦那のステージなんだから若旦那が好きなようにやりなよ」
力強くも安心する叱咤激励に、一同、気合いを入れ直す。
いつものテンションで、いざ「決戦」へ。



本番は、さだまさしさんによる軽快なトークから幕を開ける。
ギターの弾き語りで、ゆったりとメッセージソングを歌い上げる。

「ライブハウスとはこういうものだと教えてあげて!」
若旦那を呼び込むと、会場からは予想外(?)の歓声が。

{9E1653FC-ED74-4697-BADC-3F30F7E54302:01}

さだまさしさんから、しっかりとタスキを受け取った若旦那は、
緊張の第一声を堂々と叫んだ。

「さだまさしさんの音楽を聴いて救われた。」常々公言する若旦那。
その感謝と敬意の念を全力で歌にのせ、オーディエンスに伝える。

{EF8D49B5-9313-40A8-873E-166AD3C9EDD1:01}

結果的に、人生の大先輩も沢山いらっしゃる今回のライブ。
「手をあげていただけませんか?」
「一緒に歌っていただけませんか?」と少し謙虚にMCしたかと思いきや、
久々の「春一番」はお馴染みのラガパンク ver.でシャウト。
「暴れろぉぉォっ!!」
気がつけば、いつも通りの若旦那ステージになっていく。

{1AE5791C-807B-4466-8F69-F5E9456071BA:01}

限られた時間の中で、ライブハウス初参戦の皆さんに、
「ライブハウスのルール」を指南。
ヘッドバンキングして、拳を上げて、コール&レスポンス・・・。

最初は弱々しくフロア一面に掲げられた手は、後半にはチカラ強く延びる。
「何かひとつ」や「愛してる」など、若旦那流定番曲を叩きこみ、
ラストの「いのち~桜の記憶~」で、
「サンキュー フォー さだ サンキュー フォー まさし」替え歌でトドメ。
「初めまして、若旦那」の皆様も含む全員参加の大合唱は圧巻の一言。

全てを出し切った若旦那は、
異様な「熱」を残したまま、さだまさしさんにタスキを戻す。



そのまま 熱いステージを引き継ぐかと思いきや、
さだまさしさんが一曲目に歌ったのは名曲「防人の詩」。

この「老獪」とも言えるテクニックには、もう脱帽としか言えない。
タダタダかっこいい。

『U-30ライブ』に合わせてなのか、さだまさしさん自身が20代の頃に書き上げた楽曲や、
「主人公」や「風に立つライオン」などのヒット曲を中心に約2時間半に渡るライブ。

ライブハウスで2時間半は長いと思われる方もいるかもしれませんが、
実際には名人芸の域のトークと、心に沁みる歌の波状攻撃で、体感時間は実際よりも遥かに短い。

「もうラスト?もっと聞きたい!まだまだ終わらないでほしい!」と、
観客側から若旦那も歓声を飛ばしました。

ステージで繰り広げられた、さだまさしワールドに
「U-30ライブ」・・・・若い世代の心に熱く深く強く突き刺さったのではないでしょうか。


・・・「試合」が終わればノーサイド。
「ありがとう、またヨロシクな!!」
固い握手と共に「再戦」を約束し、ジャンルを超えた超異色な対バンは幕を閉じました。

さだまさしさん、関係者の皆様、ご来場下さった皆様!
本当にありがとうございました!!

ジャンルにとらわれず己の道を突き進む若旦那。
次は6月に「Especia」と「対決」。

今回とは180度違う闘いは、いったいどうなるのか・・・。
彼はどんな挑戦も拒まず、真っ向勝負するのみです!

若旦那vs Especia「バーサーズー」
{7AAB67B5-7E58-402B-A018-A5FCC32DED00:01}

チケット・講演詳細はこちら

いいね!した人  |  コメント(2)
若旦那さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事  もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み