パッショネ リトロヴォ キリコ

0767-53-3099

info@kirico.co.jp

facebook パッショネ リトロヴォ キリコ

住所 石川県七尾市府中町員外52-1

〒926-0041


場所が分かりにくい方は、動画でどうぞ。

Youtube 能登半島のイタリアン Kirico 七尾市食祭市場横 で検索して下さい。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013年03月20日(水) 12時54分56秒

時の流れとシーンから見える世界観と未来

テーマ:ブログ
能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


言葉に答えがある事ではなく。

日々の事がすべてだと思う。

何もかもホッと出来る事が、何より有難い。

思えるシーンには、嘘が無い。

友人が、連絡をしてくれた時に、始めて存在を知る空間。


精進するのは、当たり前。

忙殺する事で、時間を感じつつ、イーハートーヴなりますね。

気候も良くなってきましたが、まだまだ分からない冬の終わる季節でもあります。

ひとつ進む事は、何より大変な事ですが、頑張って行くだけですね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月17日(日) 20時28分20秒

中川一政 真意の中に見える風景

テーマ:ブログ
能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


ここには、そして、今も未来も過去も映る言葉です。

だからこそ、美しい思いだけではなく、魂の揺らぎがあるのでしょう。

言葉であって、言葉ではない。

私自身も同じように、それを思って来ました。

そして今も変わらず。

だから、それが何を言っているか?

これからも、ずっと作り続けるすべてが私の作品なのだろうと思っています。

思い違いになろうが、私は私にしかない思いがあります。

常識ではないシーンもありますが、それもまたプロデューサーとしての役割でもあります。

さて、ひとつ。

そして、ひとつ。

また、ひとつ。

思いがけないシーンが、遠くまであるように思います。

でも、それがわからないようなわかるようなシーンが、とても面白いのです。

新しいスタートに向けて、今は、展開を変えつつありますね。

切り替わった後が、一番大切であり、その前もまたしかり。

今日は今日で、ゆっくりと過ごしたい気もしますが、大車輪で時間が流れています。

時間無いですが、頑張って行きます。

中川一政の言葉が、たまには見たいと思っている私の生き方ですね。

ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月16日(土) 12時36分33秒

春風、春の海、海の空。

テーマ:ブログ
能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶



$能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


季節もいい時期になりました。

桜も咲くころに近づきましたが、なかなか険しい日々は変わりません。

新旧交代もある時期ですね。

私の役割もそうですが、それぞれにネクストで有りたいものです。

土を見る事が、多くなった最近です。

そして、今日はある方が結婚する日でもあります。

天気も晴れで、いい宴になることでしょう。

本当に、いい未来があるように願っています。

言葉ではない心で願う事が、とても大切に思っております。

日々が、いろいろと目まぐるしいようですが、頑張って行きたいものです。

海は、とても青く空は白く、鉛のような重たい自然の流れから変化する三月ですね。

向こう側に見える、新しい未来がある事は何より素晴らしい事です。

風も強い春ですが、頑張って今日も過ごすスパイラルがいい展開になるでしょう。

昨日の新しい答えが、今日の私を救ってくれているように思いますね。

感謝、有難うでは語れないモノがある今日です。

頑張って有難い今日を、しっかりと展開して行きましょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月12日(火) 23時37分45秒

珠洲焼 窯跡と陶片

テーマ:ブログ
能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


ここに来始めて、もうかれこれ20年近いですね。

いつも、見る事も体験もすべてつながっています。

奥底に見えるシーンは、何より美しいモノを生み出す穴倉ですから・・・

自然の中には、本当に少ししか見えない何かがあります。

陶片は、見たまま答えを生み出しています。

きっとそのまま何かを描くように…

焼き方も、土も、様々に残してくれています。

山を歩く事は、最近出来る機会がありません。

ですが、思い出すことはシーンに存在しています。

だから、思い出す事が簡単明瞭に出来るわけです。

理由なく、ハイスペックなモノを出して来るものです。

たわいもない話ですが、これがあるから生まれるモノづくりがありますね。

こんな窯は、全国では大変珍しいモノです。

見る価値はあります。

陶芸が関係無くてもですがね。

行かないと分からない答えのあるシーン。

今日もすべてが重なり合って始まるモノです。

ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月09日(土) 10時53分00秒

春の訪れから生まれる新しいイメージとリアル 

テーマ:ブログ
能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶



能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


シーンには、凛としたモノがあります。

すべてに美しいモノを与えるリアルがあります。

時代に啓蒙したモノづくりがいいのか。

誰とて歩む道ですが、かなり厳しい時代ですね。

正しいだけでは、難しいのでしょうか。

私にとって、このリアルなすべてがそれを変えて行きます。

納得出来る出来ない。

それもまた同じですね。

休みなく駆動する感性も、何より大事な原動力です。

それは、何もないシーンから得れるモノです。

明日も明後日も、昨日も一昨日もなく、今ですね。

螺旋する流線型のような思いが、今日もあります。

ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月08日(金) 09時22分40秒

新宮殿擂座壺と古備前と藤原備前

テーマ:ブログ
能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶

藤原備前というか、藤原啓先生が造り上げた世界を四年お世話になりました。

雄先生と言う素晴らしい国際感覚を身に付けた陶芸家の中で、たくさんの学べない現実を頂きました。

もうこの世にはいませんが、今でも本当に感謝しています。

絶対に生きていて無い現実や仕事をさせて頂き、大きな結果もお手伝いさせてもらい、未だに心から思う気持ちです。

人間国宝になる所までは、私自身は体の体調を崩し弟子として断念した事は、何より悔やみきれないモノがありましたが、こうして時間が経つと私の中にある大事な人とどう向き合うかを教えて頂いた気がいたします。

若輩で、たくさん工房に戻る事や助言された事を、すべて断ってしまい周囲の私を思って下さった方にはそぐわない生き方で、ここまで来ました。

しかし、古備前を教えてもらった藤原啓記念館に来れば、そんなことも暖かく思えます。

何かをすることは、何かが起きるわけで、潤沢に歩く道ばかりではないモノだと思っております。

江戸時代の人情も無い時代ですが、私の周りは心情熱い人が多いように感じます。

藤原備前での思い出は、少しづつ語る時期も来たかなと思っています。

今書いたとて、過去に拭い切れない事があったのも、本当に今となっては精神の糧となりました。

備前の土は、とても素晴らしい才能を持っています。

そして、何より美しい現実を与えてくれます。

ですが、猫に小判。

そのぐらい、どんな土にも答えが違うモノがあります。

大きな甕を見ると、昔、300人以上のお客様が来て接待の準備やら料理をしたことも思い出すモノです。

今は昔。

諸行無常の響きあり。

ヤキモノ人生が、ちょうど28年前の3月から始まったのも運命なのでしょう。

私に、すべての関わったこの世から旅立たれた方へ。

合掌。

ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月03日(日) 09時26分00秒

瀬戸市 角松屋思い出がたくさんある街と店

テーマ:ブログ
能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶

懐かしいお店、鈴木先生や様々な方と交流した、この瀬戸市。

本当にいいお店です。

三国うどんなのですが、これがなんともいい。

昔はここで、良くお酒を飲みました。

そして、たくさんのヤキモノ談義もしたり、様々なシーンがあります。

私にとって、ひとつ気持ちが落ち着く場所です。

友人と再会もしながら、このうどんを食べました。

だから、心から嬉しいというか、すべて重なるものだと思いました。

しかし、この街も今は大変です。

それもわかります。

どの伝統産業も同じ。

なんとかしなければならないですね。

私も、この再会と共にいろんなシーンを巡らせました。

頑張って行かないといけないですね。

今日も、春めいた日本でスタートです。

ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月01日(金) 23時10分40秒

はながらす 中川幸夫 長き時と心の中から幻影するカタチ

テーマ:ブログ
能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


この本は、1993年に生まれたものです。

先生が、上越クリスタルで作品を職人に造って頂いたものです。

しかし、それはまた大変だったようで、職人と喧嘩したりモノが出来なかったりしたようですが、先生の言う何かをわかった瞬間から、それ以上のモノが生まれたと教えてくれました。

ガラスの世界も、言葉も、カタチも、すべてにシンクロしたスパイラルがあります。

この本は、二冊あります。

大事に取って置いたものだと思いますが、他にも頂いています。

そして、まだ私の手元にたくさん残っています。

はながらす。

タイトルも、作品も素晴らしい。

まあ、この個展も一切を販売せずに終わっているそうです。

ですが、また面白い話もあります。

伝えれないリアルですね。

心から生まれるシーンは、こうした器に何かを封じ込めています。

たとえ、別人が造ったとしても、美しいモノには理由がありません。

見たままが、シンプルで美しい。

コムデギャルソンの川久保玲さんの青山店で、個展をしたときの事も…。

モノから生まれる心のシーン。

何にも変えられません。

そして、今の私にはそれが有難いと思う。

美は、理由なくシンプルで心の中を射止める。

抉るでしょうね。

負けない事も、続けることも、理不尽も、何もかもが足りないぐらい必要で、決して満り足りるモノなどない。

だから、今もそう一心に思い造るために、すべてを歩いています。

そろそろと思う感じもしますが…。

ワザも心も素材も何もかもが、この一冊にはあります。

そして、石版の技術を使ったこの本が何より先生の人生の証明だと言えるから、有難い授かりモノですね。

ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月01日(金) 09時35分43秒

三月の弥生 素晴らしい素材と未来のリアル

テーマ:ブログ
能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶
一言

能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶


能登半島の土で暮らす芸術的な日々 半陶

それぞれが、歩む道があり、そして能登というステージの中に素材がある。

人の手から生まれたモノ、大地から生まれたモノ、歴史から生まれたモノ。

何もかもが心楽になる素材である。

三月は弥生。

そして、桜が咲く季節にもなります。

昨年、私の大事な師匠でもある中川幸夫先生が亡くなって一年。

激走した時の流れが、今はひとつ進む事が何よりあるわけで、本当に語る事も出来ないまま時間を経過しています。

私たちの中に、それぞれが纏わっている事は、連綿とした字のように、しなやかで憂いでいるカタチでもあります。

本当に、赤の世界を教えてくれた中川幸夫先生が、今も私の中に生きています。

またアップすると思いますが、私にはどうしてもひとつのカタチを生み出してくれました。

生きている事は、何より厳しい事ですが、桜の花はその何かを生み出して教えてくれています。

天を仰ぐ度に、何か心にふっと思うシーンがあります。

春が近付いたとは言え、何ともいい難い春一番のスタートになりました。

日々に感謝をしつつ、頑張って行きたいものです。

有難うから始まる今日が、何かこの空を見るようですね。

ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年02月23日(土) 16時48分10秒

DASH海岸の木村さんと金沢で…

テーマ:ブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。