ワイシャツの解説ブログ②

テーマ:
引き続きワイシャツの解説ブログをお送りします。

みなsんは普段どのようにワイシャツをいていますか?

僕はもっと新しいワイシャツの着方がないか日々考えています。

ワイシャツを破いてみたり。

ワイシャツにペンキを振りかけてみたり。

ワイシャツをはいてみたり。

ほかにもワイシャツを破天荒な感じにきてみたいですね。

こんなkんじに僕とワイシャツライフを送りましょう。

これで今回のワイシャツはおわり。

次回のワイシャツもお楽しみに。
AD

ワイシャツの解説ブログ①

テーマ:
ワイシャツは、主に男性の背広の下に着用するシャツである。

ワイシャツは一般的に、このシャツの上にネクタイを装着する。

ワイシャツの素材は最も一般的なのは、綿、麻、ポリエステル、ポリエステルブレンドなどで、絹が用いられたりもする。

ワイシャツの色には主に水色、ピンクの薄い色が使われることが多いです。

ワイシャツ」という言葉は、英語の“white shirt”(白いシャツ)から生まれたといわれている(正しい発音では「ホ」と「ト」の音が消える)。 ホワイトシャツは、明治末期に一般化したものであるが、その後、大正初期にかけて、この語はワイシャツとなって一般に定着した。このため「ワイシャツ」という言葉は、日本固有の単語であり海外では通用しない。

ワイシャツは体形の違いやデザインの趣向の違いにより、様々なサイズの既製品が発売され、またオーダーメイドによる販売も行われている。

ワイシャツに装着するアイテムとしてネクタイ、カフスボタンなどがある。
AD