「スポーツの秋」ですが、スポーツにはケガがつきものです。高校生の患者様が体育の授業でハンドボールをキャッチする際に小指の骨を骨折され、当院で治療を受けて頂き、先日無事に治療を終了しましたので紹介させて頂きます。

初診時の外観です。
受傷して数時間しか経っていない為まだ内出血が 現れていません。
力を抜くと小指がやや外側を向いているので骨折を疑い近くの病院にレントゲン撮影を依頼しました。     


初診時のレントゲン写真です。
矢印の部分に骨折が認められます。骨の外側に圧迫力が加わり、骨の軸が少しずれてしまっています
         

ずれた軸を元に戻す為に「整復操作」を行ないその力が持続的に加わるように、小指と薬指の間にパッドを挟んだ状態でアルミの副子で固定しました。
指を曲げているのは骨がねじれてくっつかないようにする為です。


受傷から二日後の外観です。
かなり内出血が現れてきました。
整復操作と上記の固定のおかげで、骨の軸のズレはずいぶんと改善されています。ここまでくれば、あとは骨がくっつくまで固定を継続するのみです!
3週間でアルミの副子ははずしテーピングのみの固定にしました。

治療終了時の外観です。
指のねじれや動きの制限もなく、球技なども許可致しました。
                          


骨は固定すれば人間の自然治癒力によってくっつきます。
ただ、骨をくっつけるのではなく、いかにケガをする前の状態に近づけて治すかが私たちの腕の見せ所なのです!
AD