先日、当院が公認トレーナーとして活動をさせて頂いている旭区バドミントン連盟の大会に久しぶりに参加をさせていただきました。


そして、今回は植野杯の20回の記念大会です。



植野さんとは、植野 恵美子さんの事でバドミントンの元世界チャンピオンなんです!



今回は本院の治療主任の繁野と参加をしました。
そして、繁野の前職の後輩もお手伝いに来てくれました。

植野杯20回旭区バドミントン連盟大会


植野杯20回旭区バドミントン連盟大会

300人近い選手が参加され、熱い戦いを繰りひろげました。



植野杯20回旭区バドミントン連盟大会




途中、シャトルが眼球に当たり、眼球に出血が起こり、一時的に視力を消失してしまった選手を眼科医のいる救急病院に搬送をしました。



それ以外に大きなケガは発生なく無事に救護活動を終了することができました。



スポーツの現場というところは、時々、予想をしていなかった事が発生します。

そして、その度に

”予想をできていなかった自分”

に気付き

まだまだ、勉強をしなければ!

まだまだ、たくさんの経験をしなければ!!

と感じます。


そして、この気持ちこそが、当グループがスポーツの現場での活動に力を入れている根本なのです。


普段、鍼灸整骨院の現場では体験できないような事がスポーツの現場ではたくさん起こります。

そして、それらの経験は、日々の鍼灸整骨院の現場で大きな糧となります。


これからも、休日返上でスポーツ現場での活動に力を入れてゆきます!!



当グループのその他のトレーナー活動記録はコチラ!
 





AD