イマジナリー・デイ・ライヴ [DVD]/パット・メセニー・グループ
¥4,499
Amazon.co.jp

Pat Metheny Group Imaginary Day Live 【UA-34】 [DVD]/PatMethenyGroup
¥1,580
Amazon.co.jp

このライブでパット・メセニーはピカソ・ギターという変てこりんなギターでアドリブを弾いています。

このギターが日本の琴のような、はたまたオリエンタルな不思議な音を出すのです。

満開の桜並木の下で聴くとバッチリとハマルと思います。


V→おもしろギター[entertaining guitar by Pat Metheny]


次の曲は春というイメージではないんですが、このアルバムの中で一番好きな曲なので載せておきます。メセニーがプログレ風に爆発しているのが最高です。


V→Pat Metheny [the roots of coincidence ]...!!!


AD

Chuck Mangione - Feels So Good

テーマ:
チャック・マンジョーネ, クリス・バダラ, グラント・ガイスマン, チャールズ・ミークス, ジェームス・ブラッドリーJr.
フィール・ソー・グッド
Chuck Mangione
The Best of Chuck Mangione

フュージョンと言えば夕暮れ時にこの曲も聴きたくなります。


この曲、スタジオ盤は凄いテクニックの応酬です。小技が多いですがとてつもなく緻密な構成と演奏ですね。


このVはちょっとテンポアップしてますが、ビールでも飲みながらオリジナルバージョンを聴くと疲れが取れてリラックスできます。


V→Chuck Mangione - Feels So Good - Live!

AD

Shakatak - Nightbirds

テーマ:
シャカタク
ナイト・バーズ

昨日ウォークマンを聴いていると、懐かしい曲が出てきた。


シャカタクのナイト・バーズ。


ユーチューブにPVあるかなぁ?と思って探してみるとありました。さすがユーチューブ。


80年代はこんな都会的でバブリーなフュージョンがよくテレビやラジオで流れていたものです。


PV→Shakatak - Nightbirds


この曲はやはり夜に聴くのがハマリますね。

AD

Kenny G - Songbird

テーマ:
Kenny G
Duotones

切ない系をもう一つ。


ケニーGのこの曲はちょっと洒落た夕焼け空に聴くとハマルかもしれない。


PV→Kenny G - Songbird


たしか息継ぎをしないでずっと音を出しつづけるギネス記録保持者ですよね。詳しい記録は忘れましたけど、24時間以上吹きつづけていたような気がします。

John Mclaughlin Industrial Zen

テーマ:
John McLaughlin
Industrial Zen

今日はジャズ界のスーパーギタリスト、ジョン・マクラフリンの新譜「Industrial Zen」を紹介。


今日このアルバムを買ってきて今聴きながら書いてるんですけど、一言で言って、このオヤジ、やっぱり凄いですねぇ。

超絶的な早弾きのテクはもちろんですが、もう60過ぎてると思うのですが、進化を止める事を知らないところが凄い。

このアルバム、ジャケは穏やかな感じですが、とんでもない!!!ギターはもちろん、色んな楽器が縦横無尽に暴れまくってます。テクノ・ジャズと言うか、フューチャー・ジャズと言うか、DTMと生楽器の融合、「ディア・ダライ・ラマ」という曲を今聴いてるのですが、インドの打楽器タブラとギターの掛け合いが凄まじいものがありますね。とにかく、凄いスピード感です。


アルバム全体的に音色がとても高音が効いていて、爽やかですので、この晴れ渡る青空の夏の季節にも合うと思いますよ。


彼のホームページもなかなか面白く、まるでちょっとしたロール・プレイング・ゲームみたいなので、興味がある方は覗いてみてくらはい。


こちら→ジョン・マクラフリンのホーム・ページ


マハビシュヌ・オーケストラの頃の映像があったので貼っておきます。ヤン・ハマーも一緒です。


V→You Know You Know" Mahavishnu Orchestra


↓こっちの方が凄いかもです。画像悪いけど。


V→Mahavishnu Orchestra: One Word