大瀧詠一 - びんぼう

テーマ:
 大瀧詠一/大瀧詠一
¥1,529
Amazon.co.jp


 まだロン・バケがヒットする前の大瀧さんの曲。確か山下達郎のサン・ストで始めて聴いたかな。

 当時は結構貧乏していたみたいで、その実体験をジェームス・ブラウン並みのシャウトとファンキーな明るさに昇華してしまう大瀧さん、好きです。


大瀧詠一 - びんぼう

AD

Michael Jackson-Wanna Be Startin' Somethin'

テーマ:
スリラー(紙ジャケット仕様)/マイケル・ジャクソン
¥1,890
Amazon.co.jp

Thriller-25th Anniversary Edition (CD/DVD)/Michael Jackson
¥1,540
Amazon.co.jp


今WOWOWで「THIS IS IT」を見てるけど、やはりスリラーの一曲目Wanna Be Startin' Somethin' はいつ聴いても盛り上がるねぇ。イントロのスネアのカウントやワンパターンなベースライン、シンプルだけどとてもグルーピーでイイねぇ。

 結局マイケル・ジャクソンはスリラー以上のアルバムは作れなかったのかもしれないね。


Michael Jackson-Wanna Be Startin' Somethin'

AD

アサダチよりは夕立

テーマ:
二色の独楽/井上陽水
¥2,100
Amazon.co.jp

二色の独楽 (紙ジャケット仕様)/井上陽水
¥2,500
Amazon.co.jp


 朝から街頭演説する事をアサダチと言うらしいです。

 男なら朝立ちと言えばすぐに解ると思いますが、井上陽水の曲に「夕立」なんて曲がある。あまり有名な曲じゃないから知らない人も多いんじゃないだろうか?「氷の世界」の路線を狙ったファンキーな曲で、アルバム「氷の世界」で大儲けしたからか、ライナーには確かロス・アンジェルス録音でアメリカ人ミュージシャンを使っていた記憶がある。

 この歌は何が言いたいのか?そんな事を考えるのは野暮である。

 歌詞はただの風景描写でしかない。その風景描写をファンク・ロックのビートに載せて歌うというのが凄いのである。

 井上陽水はただのフォーク・ミュージシャンではない事がこの曲を聴いただけでも解る。陽水をジャンル分けする事自体間違っているのである。

 だいたい「二色の独楽」ってわけわからんでしょ?このアルバムには「ゼンマイじかけのカブトムシ」なんて曲もある。かなりひねくれていて、シュールだねこの人は。



井上陽水'夕立'<'82年>


ゼンマイじかけのカブト虫 井上陽水