付き合ってはいけない人

テーマ:

 不満ばかり言ってる人、人の成功を喜ばない人、新しい挑戦を「無理だ」と言う人、こんな人とは付き合ってはいけない。何のプラスにもならない。即、切って、排除するべきである。

 あなたの周りにこんな人はいませんか?

 そして、あなたはこんな人になっていませんか?


 こんな人は因果応報で巡り巡って自分の所に全て戻ってくる。


 不満ばかり言っている人は他人に不満ばかり言われるし、人の成功を喜ばない人は、他人から失敗を望まれるし、「無理だ」と言う人は、他人から「無理だ」と言われる。世の中は至ってシンプルに出来ている。

AD
村上 龍
わたしは甘えているのでしょうか?27歳・OL

私の神的存在、村上龍の新刊が出ました。


女性月刊誌「SAY」の人生相談の単行本化ですが、男の自分が読んでも充分為になる、楽しめる本でした。


はじめにで、「この世の中はどこまでもお金持ちに有利になっているのでしょうか」でスタートし、一昔前は「一億総中流」の言葉に象徴される「一体感」があったが、今現在は違う、無視できない数の人々が、経済的格差による生きにくさを感じている。と進んでいく。


興味深い相談で、


「お金持ちよりそこそこのお金で満足したほうが幸せでは?収入アップへ向け転職を希望。でもホリエモンも逮捕されたし、無理して欲張ってもろくなことがないのかなと思うようになり・・・29歳・SE」


それに対して龍さんは(全文は書きませんが)「でも法律を守り、モラルを保ちながらお金持ちになった人はたくさんいます。大金持ちになると何かを失う、お金持ちはみんな強欲だというのは大嘘です」と答えています。


自分もほんの2、3年前まではそこそこのお金、その日その日が食える給料、お金があれば収入が低くてもいいかと思っていたのですが、もう「一億総中流」という幻想は消滅した現在、「そこそこ」の収入では暮らしていけないと思います。


まだ30代ならまだしも、これから歳をとるにつれ、色々と不安材料は尽きません。


そんな相談にもこの本はマジメに優しく答えてくれます。帯びには「バカバカしくも切実な悩みに村上龍が優しく答える。」とあります。


やはり龍さんも歳を取ったのか、20年前の「すべての男は消耗品である」のエッセイの頃と比べると、かなり丸くなっていて、毒がイイ意味でなくなっているように思えます。


こんな相談もあります。


「日本の男は、ヨン様と比べて下品な気がするけど?」


それに対して龍さんは何と答えているか?


続きはこの本を購入してお読みください。

AD

今日の占いで・・・・

テーマ:

携帯のサイトで「究極の姓名判断」というのを私は毎日見ているのですが・・・


今日の運勢は、こんなでした・・・・・




物事が既に成就した運気です。ある意味限界でもあるため、無理な高望みは禁物です。



この占いってたまにこんな酷いことを言うんですよね・・・・・


なんかこんなことを言われると、なにやってもダメみたいで嫌になりますなぁぁぁ・・・


なんだか今日はなにもかもがバカバカしくてなにをする気もしません・・・・・

AD

金持ち父さん、貧乏父さん

テーマ:
ロバート キヨサキ, 白根 美保子
金持ち父さん貧乏父さん
ロバート キヨサキ, 白根 美保子
金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
ロバート・キヨサキ, シャロン・レクター, 白根 美保子
金持ち父さんのパワー投資術 お金を加速させて金持ちになる

今日は私の人生観を360度変えたロバート・キヨサキの「金持ち父さん」シリーズを紹介します。


この本を読まなければパソコンはもちろん、インターネット、そして、今書いているこのブログなんて100%やってないですね。私は音楽もできればレコードで聴きたいほどのアナログ人間でしたからねェ。(笑)

私はこの本を読む前はこの手のビジネス書、ハウツーモノは胡散臭くてどちらかといえば嫌いでした。

ではなぜこの本を読むようになったかというと、2年前の34才の頃、仕事がなくなり、収入がなくなり、面接に行きたくても年齢制限で引っかかり、サラ金に手を出し、本当はやりたくも無い飛び込みの営業の仕事を仕方なくやるハメになった時、ある凄い人物との出会いがあったのです。


その人物は本当に映画や小説に出てきそうなドラマチックな人生を歩んでいました。少なくとも私の人生ではこんな山あり谷ありの落差の激しい方は知りませんでした。

私の父親ほどの年齢のその人物は、さまざまな営業の仕事を経験していて、ある時は使いきれないほどの収入があり、豪遊し、ある時は無一文になり浮浪者となり、沖縄の公園でフラフラしていました。

自殺も試みたこともあるそうですが、失敗したそうです。


私とその人物が出会った時は、その人物が浮浪者から抜け出し、再び営業職に返り咲いたころでした。

私はその人物と一緒に営業で沖縄中を回り、いろいろなことを教えてもらい、学びました。


そして、このロバート・キヨサキの「金持ち父さん」シリーズを教えてもらい、それまでお金に苦しめられ、落ち込んでいた私を覚醒させ、「なんだ、俺の苦しみなんてたいした事ないジャン!」「金持ちになるということは人生のサバイバル・ゲームに勝つことだったのか!」「お金に使われる人生を選ぶか、それとも、お金を使う人生を選ぶか」「お金の奴隷になるか、お金の主人になるか」等と、さまざまなことを教えてもらいました。


この本の話をするとよく言われるのですが、「金持ちになる方法があるならもうとっくにみんなやってるよ!」「そんな簡単に金持ちになれるわけない!」「おまえみたいなバカタレが金持ちになれるわけねぇじゃん!」と、そんな中学生並みのレベルの批判者(批判や文句を言うことは一番簡単です)の方たちの疑問にもこの本は的確に回答してくれます。


ちょっとでも興味のある方は是非一読をお勧めします。

突然ですが、人生相談コーナーを開設してみましたあぁぁぁ。


結構私、雑誌とかの人生相談コーナー好きで、よく読んでましたぁぁぁ。


一番好きだったのが、以前ホット・ドッグ・プレスで連載していた北方謙三先生の「試みの地平線」でしたぁぁぁ。

「悩める自分を誇りに思え」というのがそのコーナーのキーワードでした。北方先生のおもしろいところは、女性問題の相談がくると、「ソープへ行け!」「ソープランドへ5回行って来い!」がキメゼリフでした(微笑)


まあ、私は神でも仏でも、ましてや、瀬戸内寂聴でもないので、(寂聴さん、尊敬してます。あしからず・・・)あまりにもヘビーで難しい相談や質問にはお答えできないと思います。なにしろ、タイトルからして「無責任」ですから・・・・・・なにしろ私自身悩み多き人間ですから・・・・・・


人生相談なんて、誰かに悩みを打ち明ける事自体でも、「自己開示」になって胸のつっかえを取ることができると思います。

つたない私ですが、私なりに相談にお答えします。おふざけや、冷やかし、なんでもOKです。


「小僧ども、熱きメッセージ、コメント、待ってるぜ!!!」(北方謙三風 笑)