地球外知的生命体らしき存在からの信号を確認



 宇宙人からの信号なのかね。どんなメッセージを発しているのか気になる。

AD
絆-KIZUNA-/長渕剛
¥1,200
Amazon.co.jp


長渕剛の新曲「絆」。なんかどっかで聴いた事あるなぁと思っていたら、Rainbow のLong Live Rock'n'Roll に似ている。


 ギターリフとか、スネア連打のフィルインとか。


 長渕さん、パクりましたか?


長渕 剛 / 絆 -KIZUNA- PV


Rainbow - Long Live Rock'n'Roll



バビロンの城門/レインボー
¥4,500
Amazon.co.jp



AD

 中国で反日デモが頻繁に行われ、同時に民衆は中国政府、中国共産党への不満も抗議しているというニュースが報道されている。一党独裁や貧富の格差へのイライラが爆発しているのだろう。


 貧富の格差はいつの時代にも世界中至るところに存在し、古くは百姓一揆、フランス革命等、民衆のフラストレイションのはけ口として現れる。


 共産主義とは、富を平等に民衆に分配するという制度ではないのか?と、単純に思ってしまうが、世の中そんなに単純でも無く甘くも無い。


 2年程前だっただろうか、派遣労働者の支持を受けてか、小林多喜二の小説「蟹工船」が売れ、日本共産党への入党者が一万人増加というニュースを読んだ事がある。需要が在ると見込んでか、映画も製作された。


蟹工船・党生活者 (新潮文庫)/小林 多喜二
¥420
Amazon.co.jp
蟹工船 [DVD]/松田龍平,西島秀俊,高良健吾
¥4,935
Amazon.co.jp




 WOWOWで放送されているのを観たが、映画全般に最近の若者を意識してか「軽さ」の目だったコメディ風に演出された映画だった。

 貧困層の船員たちは、過酷な労働と不平等な待遇に、ラストは労働組合を組織して支配層、権力に立ち向かうというストーリー。感想としては、リアリティに欠け、共感できない、駄作に思えた。

 この映画では、蟹工船から脱走してロシア船に偶然にも救出された船員が、共産主義は素晴らしいという感想を抱く演出をされていたが、現実の共産主義はロシアにしても中国にしても民衆に対しては酷い体制であるというのは現実の歴史が証明しているだろう。


 原作者の小林多喜二は当時の特別高等警察、特高によって連行され、撲殺される。


 さて、この記事のテーマはここからだが、この後はつづく。

AD