Buddy Guyで人生を乗り切れ。

テーマ:
ストーン・クレイジー(紙ジャケット仕様)/バディ・ガイ
¥2,294
Amazon.co.jp

Heavy Love/Buddy Guy
¥1,198
Amazon.co.jp


Damn Right, I’ve Got the Blues/Buddy Guy
¥1,726
Amazon.co.jp

Slippin’ In/Buddy Guy
¥1,149
Amazon.co.jp

ア・トリビュート・トゥ・スティヴィー・レイ・ヴォーン/オムニバス
¥2,345
Amazon.co.jp

今日はブルースマンの中で一番好きなバデイ・ガイについて書いてみよう。


バディ・ガイのギタープレイはブルースと言うよりもほとんどロックに近い。いや、曲によってはほとんどハード・ロックと化している曲もある。

常人には理解できないブルースマンらしからぬ水玉模様のストラトというセンス。血管がぶち切れそうなハイテンションプレイ。たまらないものがあります。


まずはジミ・ヘンのカバーから。

こちらをおちょくるようなお得意のロング・トーンで思いっきり引っ張り、ふざけたようにあっさり終わるエンディングがたまらない。


V→Buddy Guy - Voodoo Chile



次はサンタナを招いての「レッド・ハウス」。後半戦から「あんたたち、頭は大丈夫か?」と言いたくなるほどのぶち切れギター合戦がたまらない。



V→Carlos Santana et Buddy Guy - Montreux Jazz Fest



人生、嫌なことばかりだけど、バディ・ガイを聴いて憂鬱を吹き飛ばして頂きたいものです。



オマケ




映画「デンバーに死す時」にちょっとだけ出ていたのはビックリしたね。


AD

また無残な事件が起きている。→<闇の職安>制限なき犯罪の温床 すぐ返信「女の子襲う」



人間は(金銭的、精神的、肉体的に、)追い込まれたら、何でもする。だから犯罪はこの世から無くならない。


一億総中流という幻想は消え、格差社会の格差がどんどん広がってゆくき、追い込まれた人間たちが溢れ出すと、この手の事件は益々増えるだろう。


追い込まれた人間たちにも普通の人間のように社会的常識や良心はあると思う。

しかし、追い込まれると、常識や良心を見失い、それしか選択の余地がないように思い込み、犯罪に手を出すのだろう。


そして、そんな幼稚な大人たちは犯罪を起こした「その後」の事を考えていない。


人間は自分がやったことには責任を持たなければならない。しらばっくれて知らんふりとはいかない。


この世は全て因果応報で成り立っている。

良い事をすれば、良い事が自分に返ってくるし、悪い事をすれば悪いことが自分に返ってくる。そんな単純な事を知らない幼稚な大人達、人間達が多すぎる。「闇の職業安定所」はそんな奴等で溢れている。



格差社会が広がっていく日本。被害者になるのはもちろん、加害者にもならないように気をつけた方がいいかもしれない。


この手の犯罪者は何も特別な人間ではない。普通の人間が追い込まれて、自分を見失うのだ。


人間は誰もが「善」と「悪」の境界線を綱渡りしているのだから。

AD

3Dバーチャル・ワールドの「セカンドライフ」に行ってみました。


行ってみたのはいいけど、登録はややこしいは、アバターの設定は複雑過ぎて時間はかかるは、真っ直ぐ歩けないは、会話はチャットでやるんだけど、日本語でどうやるのか一苦労するは、ログインした後の最初の島「オリエンテーションアイランド」(オリエンテーションアイランドはスキップして飛ばすこともできるそうです。)は英語だけしか通用しないので何がなんだかわからないは、昨日の夜中から朝型までやってましたが、疲れました(´・ω・`)


でも、凄い世界ですね。

あれだけ複雑なCGのバーチャル・ワールドが存在するというのはビックリしました。


何より嬉しいのは、まるでエスパーの様に空を自由を飛べる事。

自分は昔から空を飛びたいという願望があったのでこの機能はとても嬉しいです。


もし、セカンドライフの世界を体験してみたいと思うなら、まず「セカンドライフの歩き方」というサイトを教科書代わりに読みながら入ってみるのをお勧めします。ここを読むとかなり助かりました。(何しろ「セカンドライフ」は英語がメインのバーチャル・ワールドなので)


こちら→セカンドライフ日本語版の歩き方



今日はしばらく寝ていますが、もし「セカンドライフ」の中で「aeyo」というヤツを見かけたら声をかけてみてください。それが私です(^∇^)


しばらくはOKINAWA(沖縄)に居ると思うので、テレポートしてみてください。



まだ慣れないので挙動不審だと思いますが| 壁 |д・)


セカンドライフ内で遭遇した際には何卒よろしくお願いしますm(_ _ )m



何しろなんやかんやとややこしいので、登録する時は、時間がたっぷりある休日などにじっくりとやることをお勧めします。

AD

Brian Eno 「Apollo」

テーマ:
Apollo: Atmospheres & Soundtracks
¥1,489
Amazon.co.jp

今夜は満月ではありせんが、綺麗な月が出ていますね。


こんな神秘的で綺麗な夜にはBrian Enoの「Apollo」が聴きたくなります。


とても穏やかな宇宙の深遠さを感じ、イメージできるアンビエントのインストアルバムです。睡眠ミュージックとしても最適です。


Brian Enoのマイスペースでも試聴できます。→Brian Eno マイスペース