Bruce Springsteen
Born in the U.S.A.

またまた80Sの洋楽に戻ってみましょう。


ブルース・スプリングスティーンのこのアルバムも大ヒットしましたね。

ヒット曲連発でMTVでもよく流れてました。


PVはこちら→Bruce Springsteen - Born In The USA


あと、なんと異色のデュエットでスティングと一緒にスプリングスティーンが「見つめていたい」を歌ってたんですね。

PVはこちら→Bruce Springsteen with STING - Every breath you



AD

                      猫ひろし


猫ひろし・・・・・・


すんません、もう猫ネタががありましぇん・・・・・・・・・・・


やると思った?




そんなヒロシにだまされて・・・・・・・・・・


AD
TOM・CAT, TOM★CAT
TOM★CAT
TOM・CAT, TOM★CAT
FENCE

YOUさんのリクエストで今日はTOM★CATを紹介。(あれ?文字がでかくなっちゃった・・・)

紹介つっても完全に一発屋でしたが・・・・「ふられ気分でロックン・ロール」をあのデカイグラサンでちっこい女の子が早口でまくしたてるのが印象的でした・・・

今はどこでなにをやってるんだろうか・・・・・

でも、FENCE のジャケは意外とカッコイイなぁぁぁ(あれ?文字が戻った・・・なんじゃ?)



AD

猫つながりで BLACK CATS

テーマ:
BLACK CATS
HEAT WAVE
BLACK CATS
VIVIENNE
BLACK CATS
GO! CAT GO! -BLACK CATS in U.S.A- CREAM SODA PRESENTS (CD+DVD)

第3倉庫

第3倉庫


前回のストレイ・キャッツの猫つながりで今日はブラック・キャッツを。


80年代にクリーム・ソーダというロカビリー系のショップの店員たちが作ったバンドで、正直ファーストの頃はつたない演奏とヘタな歌がイマイチですが、「ヒート・ウェーブ」(ジャケのお姐さん、腋毛が出てますよ)や「ビビアン」はけっこう好きです。

あと、怖いもの知らずで、アメリカでもライブ・ツアーをやっちゃったんですよね。


一番好きなアルバムは「第3倉庫」ですね。ジャケもカッコイイし、演奏も歌もファーストから比べると格段に上手くなってるし歌詞もハード・ボイルドぽくてカッコイイ。



あと、どうでもいいけど、ジョニー・サンダースのギターにブラック・キャッツの猫ステッカーが張ってあったのがとても気になるなあぁぁぁ。(画像を探したけど見つからなかったにゃぁぁぁ。)

追伸・ボーカルの高田誠一さんが最近亡くなられたようで、ご冥福を祈ります。

Stray Cats - Sexy & 17

テーマ:
ストレイ・キャッツ
セクシー&セヴンティーン(紙ジャケット仕様)

vladimirkush さんに洋楽をやってくれとリクエストがあったのでまたまた80Sの洋楽に戻ってみましょう。


そうそう、このネオ・ロカビリーの旗手ストレイ・キャッツの「セクシー&セブンティーン」を忘れていましたぁぁぁ。

この古き良き時代のロカビリィーの音、これこそアメリカって感じでとても好きですねぇぇぇ。とてもキャッチーなサビのおかげで大ヒットしました。


PVはこちら→Stray Cats - Sexy & 17



ストレイ・キャッツを解散したあと、ブライアン・セッツァーはオーケストラバンドという予想もしなかったバンド形態でロックしてくれました。これがまたカッコイイ!!!!

The Brian Setzer Orchestra
The Dirty Boogie
Brian Setzer Orchestra
Vavoom!

ブライアン・セッツァーのロカビリィー・ギターはなんともカッコイイなぁぁぁ。


意外なところでこんな人ともセッションしています。


ポール・ロジャース
マディ・ウォーター・ブルーズ

今となってはクィーンのメンバーになってしまったポール・ロジャースのマディー・ウォータースに捧げるブルース・アルバム。

ブライアン・セッツァーもめちゃカッコイイギターを聴かせてくれますが、ジェフ・べックやスラッシュやデビッド・ギルモアなどの豪華ギタリストが参加してますんで、ロック・ギターが好きな方なら必聴盤ですよ!