追い出し猫のお陰様

このブログをずっと読んで下さっている方々はご存知かと思いますが、シャープサービス時代から始まり、このショップを始めるようになってからも、それはそれは次々に、「あぁ。。。なんでこんな従業員がぁぁぁぁうわー・・・」と言う、従業員問題に苦しんで来た私達・・・。

 

シャープサービス時代は、50人近い社員がいたという事もあり、しかも私から言わせると「人を見る目が全くない」と言わざるを得ないエドパパが採用してたわけですからね・・・。

ま、パパだけを責められるような事ではないんですけど・・・。

 

こっちの人達の、世渡り上手と言うのか、猫かぶり上手というのか・・・。面接時とか、雇って3カ月位はすごくよく働く、聞き分けのいい従順な社員を演じ、日に日に手を抜く、陰でずるい事する、果ては会社の在庫を使って、休日に個人で修理を引き受けたりして、副収入を得る(材料、部品代ただだからね、、、ぼろ儲けよね・・・)などなど、挙げればキリがない位、問題社員達は色々やらかしてくれてました。

 

多国籍国家NZならではと言いましょうか・・・犬?

色んな国籍の社員がいたので、それぞれの価値観と言うか、倫理観みたいなものが、まぁ全然違うのね・・・。「そんな事していいわけないでしょ!!!!がっかり」と、日本だったら小学生でもわかるような事でも、「え?なんで?!この位、皆普通にやってるでしょ?なんでダメなの??」みたいにね、、、悪気がないと言うか、暖簾に腕押し状態?!言っても通じないなんて事もしょっちゅうあった。

 

これ書いたことあったっけな?

シャープサービスがまだあった頃、中東出身の従業員(それほど長く働いていたわけではない比較的新し目の社員だった)が、国の父親が重病で、どうしても手術をしなくちゃいけないけど、治療費が工面出来ないから、なんとか給料の前借りをさせて貰えないか?とパパに頼み込んで来て、5,000ドル位だったかな?払ってあげたの。

 

それからそんなに経たないうちに、シャープサービスがなくなる事になって・・・。

 

あの前借り分はどうなるんだろう・・・って思っていたら・・・えー?

 

 

シャープサービスがなくなる最後の日、打ち上げのような会を我が家で開いたのね。

みーんなかなり飲んで、酔っぱらって・・・

そのうちに、その彼が誰彼構わず

 

「俺、彼女にプロポーズして、○○カラットのダイヤの指輪をプレゼントしたんだピース!」と言いながら、指輪をした彼女の写真を見せびらかし始めた

 

 

あきれる。

 

 

はぁぁぁぁえー

ダ、ダイヤの指輪だダイヤの指輪?!

 

 

ほぉぉ。ダイヤの指輪を買うお金はあったんだ・・・。

 

ま、ダイヤと言っても色々だしね・・・ヤレヤレ・・・

 

そしたらまぁ、自ら

 

「ざっと、$15000ちょとしたピース」(今のレートがよくわかんないけど、私の感覚では150万という感覚です。」

 

 

ショックなうさぎ

 

 

じょ、冗談でしょ・・・。

$1500じゃないよね?聞き間違ってないよね?!

 

父親の手術代にって、5000ドルも前借りしてる人が、$15000もする婚約指輪をプレゼントしたの???

 

ポカン

 

 

正確にはわかりませんよ。ローン組んで買ったのか、一括で払ったのか、そういう事までは・・・。

 

 

でもね、仮にローン組んだにしても、こういうことをね、私達の前でふつううううううに平気な顔で、しかも、さも自慢気に話しながら写真まで見せつけてくるこの神経怒る

 

結局、彼は前借りしたお金を返さないまま。連絡も途絶えましたとさ。ちゃんちゃんべー

 

 

みたいなね、こんな話一杯あったの。

あんまり書くと「なんでそんな変な人ばっか雇うの??馬鹿じゃない?」と思われそうで・・・ムムムま、馬鹿と言われても言い返せませんけど~苦笑

 

NZには、本当に多くの外国人が住んでいて、移民の中には全然英語が喋れない人もいたりするわけね。シャープサービスは国が低所得者の為に低家賃で貸している家の管理を任されている会社だったので、修理に行く先々の家はNZ人よりも移民の方が多い位だったの。

 

だから、中国人、インド人、中東、東南アジア、サモア、トンガ、等々、、、色んな国籍のエレクトリシャンを雇う事で、仕事をやりやすくしてたってのもある。(例えば、行った先のお客さんが中国人で全く英語が喋れなかったら、中国人従業員にその場で電話して、代わりに話て貰うとかがすぐ出来るわけ)

 

なので、なんて言うかなぁ・・・。

日本のような、「社員みんなで一丸となって!!!」みたいな団結力とか、助け合いとか、そういう空気は全然なくて、それぞれの文化、それぞれの常識で、皆バラバラに働いていた感じ。

 

だから、これ以上会社を大きくして、社員を倍に増やして・・・ってパパが言ってるのが、すごく嫌で、50人足らずでもこんなにバラバラで、何考えてるかわかなんい社員もいるのに、これ以上増やしたらどうなるかわかったもんじゃない・・・って思ってたら

 

 

潰れたヤッタ!

 

 

いや、その時はほんとにもうガーンガーンだし、明日からの生活どうなるの・・・って、目の前真っ暗だったけど

 

2年経って今言える事。

負け惜しみでもなんでもなく、心から言える事。

 

 

会社がもっと大きくなる前になくなって良かった苦笑

 

 

でね、前置きがとんでもなく長くなってしまったけれど、今日書きたかったのはこのような幾多の困難が次々に降りかかっては来たものの、ようやく落ち着いてきて、今毎日穏やかに、信頼できる従業員達と力を合わせて頑張っていられるのは、このお陰だと私は信じているって言う事を書きたかったのさ。

 

このお陰って言うのがね・・・

 

 

これ。うちの店の神棚的存在の一角なんだけど。

この一番右にある、猫ちゃん見て。

 

IMG_20161209_175835031.jpg

左の招き猫(かんちゃんママさんが、わざわざ日本から持って来てプレゼントしてくれたもの)と、真ん中の達磨(この店を買ったときに、母が日本から送ってくれたもの)は、この店の商売繁盛を、ものすごーく後押ししてくれていると、心から感謝しています。

 

 

で、一番右の猫ちゃんね。

この子、桜ちゃんと言います。(桜模様が入ってるんだよ!)

 

これは、母の友人から贈られたもので、福岡の若宮という町で作られている有名な「追い出し猫」というもの。

 

IMG_20161209_175834869.jpg

普段は、この可愛い笑った面を前向きにして、商売繁盛祈願して貰ってるんだけど・・・

 

どうにもこうにも自分の力じゃうまくいかないとき。

どうしてもその存在を消したい時。

私はこの子にお願いしたのです。

 

「どうにか桜ちゃんのお力で、あの人やこの人を私達の周りから追い出して貰えませんでしょうか・・・押す

 

と。

 

追い出し猫なんですもの。本当にここには必要ないもの、人だと思ったら、追い出してくれるよね??と。

 

この店をクラークさんから買い受けてから、本当に何人もの問題従業員とのバトルが繰り広げられ、スーパーポジティブエドちゃんですら「はげるんじゃないか・・・」と心配した程、無駄な心労を重ねる日々が続いたこともあった。

 

元事務員R然り、去年一年店を任せていたJ然り、洗濯機の修理を頼んでいた修理工のおっちゃんD然り・・・カオww

 

エドちゃんが目指すお店作りに共感出来ない従業員達は、悉く反発し、エドちゃんのやり方を否定し、経費の使い方にまで口を出して来たりした(ガーデンにお金使いすぎとかねべー

 

本当はね、時間をかけてでも自分達の思い、目指すところ、じっくり話して伝えて、わかってもらう努力をするのが一番いいのかもしれない。

 

でも、私はね、、、性格上一度「この人無理!!」と思ったら、もうほんとに無理なんですスカル汗

 

嘘つく人、自己中な人、自分は常に正しいと思っている人、裏表がある人、こういう人達と一緒に、理想のお店を作っていく自信はない。

 

だから、なんとかその人に変わって貰おうとするよりも、天に委ねる事に神経を集中させてみた。

 

彼らが私達の人生に必要な存在だと言うのならば、何か別の解決策をお示し下さい。

必要ないのならば、どうかさっさと追い出してください。

 

と。

 

嫌いだから、とにかく追い出して!って祈ったわけじゃない。

嫌いなものや嫌な事からも、学ぶべきことが合ったり、そこから得るものがある場合もあるじゃない?

 

だから、学ぶべきものがない事、もの、人、そういう災いでしかないものを追い出して欲しいと言う時に、

 

IMG_20161209_175834711.jpg

こちら(さっきの笑顔の後ろの面がこれ)を前向きにしておいて、毎日お願いしていた。

 

そしたらね、、、

 

本当に、一人去り、また一人去り、そうしてまた一人去り・・・・・・・・

 

 

sao☆

 

 

どうしても必要で、残って欲しいと思っていたガスとコリンだけがこの店に残った・・・すげ~

 

 

恐るべし追い出し猫ですよ。ほんとにわーい

 

まあね、そんなのよく信じるよねぇ。思い込みだよ~と思われる方もいるでしょうね、きっと。

でも、思い込みでもいいんです。思い込みって時には大事よ。

暗示って言うのかな。。。

 

自分で自分に暗示をかける。

 

「追い出し猫が助けてくれた。だから、この先も何かあったら追い出し猫にお願いして委ねてみよう!」なんてねえへっ

そういう思い込みでも自分の心が少しでも軽くなるのなら、それでいいと思うの。

 

この追い出し猫は、400年もの間、語り継がれてきた民話が由来なんですって。

 

ある若宮のお寺に、猫が大好きな和尚さんがいたんだけど、ある時お寺に大きなネズミが住み着いて、近隣を荒らすようになったとか。そして、和尚さんにまで危害が及ぶようになり、見かねた飼い猫が、数百匹もの猫仲間を集めて大ネズミを退治してくれたんだそうな。

でも、戦いの末この数百匹の猫たちも無残な姿に・・・カスパー11

それで、和尚さんがお墓を作りこの猫たちを手厚く供養し続けたんだって。

 

この民話を元にこの「追い出し猫」は災いを追い出し、福を招く縁起物として作られたそう。

 

この由来を聞くと、益々この追い出し猫の力、ご利益を信じちゃうわ~笑う

 

また今日も長くなってしまったわ・・・イシシ

 

 

そんなわけで、我がショップの守り神。追い出し猫の桜ちゃん。

これからも、どうか優しい微笑みで我々をお見守り下さいね。(今はもうずーっとこの笑顔の商売繁盛面を前向きに置いてます!)

 

このままずっと災い退散面を前向きにする必要がありませんように・・・^-^;

 

そして、この追い出し猫を私達に贈ってくれた母の友人にも心から感謝です。

 

興味が沸いた方は→若宮追い出し猫

色んな種類の猫ちゃんグッズがあるみたいでーす!

 

 

では今日の一枚。

 

今日は、従業員男子3人で写真を撮る必要があって、昨日から「明日は3人のショットを撮るからね!」と一応言ってたの。

 

で、朝みんなが揃ってる間に、、、と思い

 

「はーい、集合。写真撮りまーす!」

 

と集合をかけると・・・

 

 

コリンがすぐ来ない。

 

 

なにやってんのコリン?

 

 

びっくり

 

 

一足遅れて我々のところにやって来たコリン

 

 

 

真っ白な麻のシャツに着替えてるーーーーーわっはっは

 

なんで~~~?!?!

 

 

いつものTシャツのままでいいのに、なんでそんなわざわざシャツまで持って来て、着替えてんのーーーーー苦笑い

 

 

コリンという人は、とても個性的な人で、なんていうかなぁ、、、天才?秀才?頭が良過ぎて、ちょっと普通じゃないってわかる?(笑)あぁ、なんて表現すればいいんだろう・・・。

 

脳の作りが人と違うっていうか、私生まれてこの方こんな人に出会った事ないってくらい、特別な感じ?ものすごーーーーく生真面目で、曲がった事が嫌いで、自分が納得いかないと、どんなにお願いしても拒否するし、電話や接客中でもそれは変わらなくて、「おいおい、お客さんにその態度はないだろう!いくらあっちが失礼な態度とっても・・・」って、びびっちゃう位ストレートな人。

 

それで最初の頃はエドちゃんとも結構バトルがあった・・・えっ・・・

嫌なものは嫌。忙しい時、コリンに出張修理に行って欲しいと頼んでも、そんな簡単な仕事、僕の技術は必要ない、僕はもっと自分の才能を知識を「僕しか出来ない仕事」で役立てたいから他の人に行かせて、なんて平気で言うので、エドちゃんもキぃーーーくっそー!!っとなったりして、衝突したりもしてたけど・・・

 

他の去っていった人達と違うのは、コリンはエドちゃんの思い描く、理想のお店作り、これからどうしていきたいか、どうなりたいか、という思いを馬鹿にすることなく、否定することもなく、一緒に叶えて行こう!と賛同してくれた事。

 

自分の持ってる力、才能、技術を惜しみなく活かして、店の為に頑張りたい!と言ってくれているコリン。だからこそ、この店で一番賢くて何でも直せる自分が、簡単な他の誰でも出来るような仕事に行かされて時間を無駄にするのは勿体ないなんて、正直に言っちゃうんだよね・・・。

 

それはごもっとも。

コリンに店にいてもらって、ここで沢山の商品をどんどん修理して貰う方が、店の利益に繋がることは間違いない。

 

だからね、今ではコリンにはコリンにしか出来ない仕事。ガスは外仕事、力仕事全般。そしてエドちゃんはオーナーとしての仕事全般を、それぞれがそれぞれの仕事に対する責任感を持って取り組んでくれている。

 

 

数か月前までは、ここまで状況が変わるなんて、想像も出来なかったよ~・・・泣き1

 

だから、私、どんなに忙しくても、どんなに帰りが遅くなっても、疲れてても、毎日仕事に来るのが楽しいの。

 

優しい空気。明るい雰囲気が、店中に流れている気がして、それがお客さんにも伝わってると信じてる。ガーデンで咲き誇る花の香りと共にねキラキラ

 

色んな人々(従業員、お客さん、友人、家族、猫、達磨含め)に支えられ、今年1年を無事乗り切る事が出来た、いやまだ終わってない!!!もう何も起こりませんように・・・・・・、乗り切る事がなんとか出来そうで、良かったぁ・・・にへ

 

信頼出来る従業員達と一緒に仕事が出来る喜びを噛み締めながら撮った一枚

 

IMG_20161209_201022421.jpg

 

いい写真じゃない??

コリンの白シャツが眩しいきらまぶしい

 

この3人が並ぶと、エドちゃんが小さく見えちゃうからすごいよね・・・

私がここに加わったら、子供だよ(笑)

 

 

この後、コリンに「ナイスシャツだったね!シャツ着たとこなんて初めて見たよ!」と言うと、

 

すんごい悔しそうな顔で歯を食いしばり始めたコリン・・・(ほんとに、漫画みたいに歯をギリギリするんだよ♥akn♥

 

・・・

 

ど、どうした?!

 

 

「あの後Tシャツに着替えるとき、白シャツを床に落として、丁度そこに油がこぼれてて・・・

僕のナイスシャツの背中にシ、シミが・・・激怒

 

 

叫び

えーーーーー!!なんかごめんね・・・。写真の為によそ行きシャツわざわざ持って来てくれたんだよね・・・。

 

と、申し訳ない気持ちになる私・・・。でも、Tシャツじゃ駄目だなんて言ってないけど・・・。

 

 

で、後でわかったのは

 

エドちゃんが昨日コリンに、「写真撮るから正装で頼むね」って言ったんだって顔

 

そしたらコリンが「ネクタイなんて持ってないからね」と答えて、この白シャツが彼の精一杯の正装だったと言う・・・ぱんだ_好き

 

「完全なる冗談で言ったのに、白シャツに着替えて出て来てびっくりしたうひゃあー

 

ってエドちゃん・・・えー?

コリンはほとんど冗談が通じないの知ってるでしょぉ・・・。

 

 

生真面目で素直で全く冗談の通じないコリン。

可愛いよねぇ~笑

 

シャツのシミ、落ちますようにべぇ~

 

ぽちっとよろしくね!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

お店をやってると、いろんなお客さんがいる。

 

リサイクル家電屋だし、電気関係の部品なんかを買いに来るお客さんの大半は男性。

なので、男性客の方が圧倒的に多いんだけど、冷蔵庫とか洗濯機を見に来るお客さんは、女性もいるかな。

 

今日も、沢山のお客さんにご来店頂いて、ありがたい一日だったんだけど、夕方近くに30代くらいかなぁ、、、ミニスカートを履いたグラマラスな女性が入ってきた。

 

入ってくるなり、店内にいたガスにものすごくフレンドリーな感じで話しかけた。

 

私はオフィスの中にいて、パソコンの陰に隠れた状態だったので、彼女からは見えてないと思うんだけど、彼女の大きな声は私の耳にまでしっかり聞こえてきた。

 

 

で、「あぁ、ガスの知り合いか。」と思ったのね。

 

そんな話し方だったからさ。

 

「How are you?」から始まり、今日の出来事、たわいもない会話から、店のガーデンの話になり、

 

「すんごいきゅうりが生ってるけど、なんで採らないの?盗まれちゃうよ。早く採らないと」

 

とその女性。

 

そこでガスは、「え?昨日でっかいの3本も収穫したけど、まだ大きいきゅうり残ってた?」と聞き返してた。

 

「生ってるよ~。すごいおっきいの!見せてあげる!」

 

と言って、ガスを店の外に連れ出す彼女。

 

 

この間のやりとりを見ていて、私は「相当親しい間柄なのかな?」と感じる程、彼女の話し方、接し方が馴れ馴れしいというか、しなだれかかるようなというか(笑)私の苦手なタイプの、女アピール半端ないタイプだったのね苦笑

 

その後、ちょっとして店の中に再び入ってきた二人。

今度は、エドちゃんのところへ。

 

この時エドちゃんは、裏の作業場で洗濯機の修理かなんかしてたのかな。作業中で、私からは全く見えない位置にいたのね。

 

その後、10分位経ってたかなぁ。。。

私、もうその彼女帰ったと思ってたら、まだいたのね。

 

そんで、店を出ていく寸前に、もう一回ガスを呼んで

 

「きゅうり、欲しいんだけどくちびる

 

と。

 

 

「おー、おっけー・・・苦笑自由に採ってったらいいよ・・・」

 

と答えるガスに、「どれ貰っていい?一緒に来て見て」と。またガーデンに連れ出されるガス。

 

 

 

わぁ。。。久しぶりに、ああいうタイプのお色気ムンムン、上目遣い系女子見たなぁ~と思っていたら。

 

 

仕事を終えての帰り道。

エドちゃんが、「今日のあの彼女、すごかったね・・・。サドュースしてきたよ」

 

 

さ、さどゅーすびっくり

(seduce=誘惑する)

 

 

ぷっ笑

だ、誰をseduceして来たって??

 

 

「僕とガス」

 

 

 

がびょーん

 

 

あれ?彼女、ガスの知り合いじゃなかったの??

 

 

「違うよ。全然知らない人。シングルマザーだって」

 

 

 

犬?

そ、そうなんだ・・・

 

 

ぴっちぴちのミニスカワンピース着て、こんなリサイクル家電ショップに入って来て、若い衆をseduce!?ほんと~?!?!(エドちゃんとガスの勘違いだろうと思ったけど)

 

 

ガスにもエドちゃんにも体を摺り寄せてきて、胸の谷間を見せつけたり、もっと(書けないけど)セクシーアピールしまくったんだってべー

 

コリンもその場にいたらしいけど、ドン引きで(コリンは女性に興味なし)身震いする仕草をしながら場を離れたらしい(笑)

 

 

いるんだねぇ。。。こういう人。

っていうか、この店に若い男子がいるって知ってて入ってきたのかなぁ?

それとも、手当たり次第?!?!

 

エドちゃんは既婚だし、ガスは子持ちだし、コリンは女性×だし、うちの店にそんな恰好でやってきても無駄だよ~♥akn♥

 

 

それにしても、ほんと、彼女一体何しにうちの店に入って来たの??

 

 

きゅうり採ってっただけじゃんあんぐりうさぎ

 

 

今日の一枚。

店内緑化計画の一つ。垂れ下がり植物が、ここまで成長していまーす!!

 

8月末時点がこれで、、、

 

IMG_20161208_195231382.jpg

 

 

今日がこれカナヘイハート

 

IMG_20161207_115339167.jpg

 

3か月ちょっとでこんなに成長するとはびっくり

いい感じだな~ラブ

 

 

 

 

今日もぽちっとよろしくねつながるうさぎ

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

AD

昨日は8時に寝ました昼寝

 

日頃12時に寝て6時過ぎに起きる生活の私は、予想通り夜中2時過ぎにすぱっと目が覚めちゃった・・・。あはは、やっぱり6時間。6時間睡眠に体が慣れ過ぎている。

 

でも、朝起きるまであと4時間ちょっとある・・・

もう一回寝ないと・・・。と思ってもね・・・エドちゃんのイビキがうるさくて、なかなか寝付けずじ~

 

エドちゃんは、酔っぱらってる時とものすごーく疲れている時にすごいイビキをかく。

 

昨日はね、相当疲れてたんだよね・・・ぐったり・・・”

久しぶりのハードワークで、店に戻って来た時はもう疲れ過ぎて口数も少ない、もんのすごい不機嫌な人になってたもん・・・むっ

 

エドちゃんは通常、接客からクリーニングから仕入れ、その他諸々沢山やる事があるので、基本的には店に常駐しているんだけど、仕事の内容によっては外に出て作業することも。

 

昨日の仕事は、エドパパ&ガス&エドちゃん3人でやらなきゃいけないような、大掛かりな仕事で、何がハードだったっかって言うと、すごーく狭い屋根裏でずーっと腹ばい状態での作業だったとか。

 

きっちり写真も撮って来てくれたよべぇ~

 

IMG_20161207_145814641.jpg

さ!今から屋根裏に上って作業開始~行ってくるぜ~とびだすうさぎ2

 

 

IMG_20161207_145814836.jpg

一旦降りて来て一休み中。

狭い屋根裏で立ち上がることも出来ず、ずっと腹ばい。埃、クモの巣、その他もろもろで空気も悪い為、マスク着用。ろくに息も出来ないらしい。

 

 

 

IMG_20161207_145814500.jpg

 

作業終了時・・・ドロドロじゃん・・・SMILE

 

見積時点では所要時間3時間で見積を出してたのに(エドパパが)、何時間かかったと思う?!

 

7時間あんぐりうさぎ

 

 

パパ、見積誤ったの?!

 

あんな立派な防塵マスク?してたのに、エドちゃんの鼻からはこの後数時間黒いものが出続けてたよ・・・えー?

 

 

「エドちゃん一人で屋根裏作業したの?ガスやパパはその間何やってたの?!」

 

と聞くと、二人は外で他の(もっと楽な)作業に従事。

 

なんでエドちゃんだけ、7時間も這いつくばって屋根裏作業???

 

 

「僕しか出来ないんだって・・・」

 

 

そうなの??

 

 

「パパもガスも太過ぎて無理」

 

お腹

 

あ・・・そういうこと・・・デブ

 

 

狭くて床も薄い場所での作業は、ガスには無理。

130kgあるんだもんね・・・。

 

パパはそこまでないけど、それでも100kg超え苦笑いしかも、エドちゃんよりもだいぶ厚みがある(腹が出過ぎダイエット

 

私からしたらエドちゃんも充分大きいけど、それでも100kgもないし、お腹もそこまで出ていない。

 

それにしても、この巨体で狭い場所での腹ばい作業はきついだろうねぇ~*カオ

 

力持ち揃いでいいんだけど、でもこういう仕事もあるし、みんなでちょっと痩せた方がいいんじゃないのぶー

パパなんてメアリーに出会って、美味しい料理食べ過ぎて数十キロUPしたからね・・・。

エドちゃんも禁煙して随分ふっくらしちゃったし・・・顔

来年は、みんなで食生活改善と運動で、シェイプアップだーーー頑張る

 

とまあ、こんなクタクタ状態だったので、この後家に帰って晩御飯をしゃしゃっと食べたら即就寝zzz

 

7時過ぎまで眠り続けたエドちゃんは(11時間!!)朝はすっかり元気になっていましたニコニコ

 

今日はおニューのシャツでご満悦ウインク

(私がリサイクルショップで5ドルで買ったやつsao☆

 

IMG_20161207_115339484.jpg

すぐ汚すし破るし、仕事着は古着で充分ぷぷッ(笑)

 

 

 

そうそう!!モモがどうやら数日前のブログを読んだみたい(笑)

IMG_20161207_115339635.jpg

今朝の一枚。

ベッドに飛び乗って来て、すりすりした後、私の腕に前足乗せてすやすやピース!

 

ツレナクしてごめんねぇ。嫌いになったわけじゃないんだよ~笑顔

って言ってるみたいでしたテヘ

 

たまーにでもいいから、ほんの数分でもすりすりしてくれるだけで嬉しいなぁ・・・。

 

 

いつもぽちっとありがとうキノコ

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

 

 

AD

股関節どう?と心配して下さる方々、ありがとうございます。

痛いよ痛いよー、と心配させるような書き方しといて、その後は一切股関節話に触れないままにしてすみません・・・ペコ

 

今のところ、まだ痛みと闘い中です。

闘い中ではあるんだけど、前みたいに「痛過ぎてどうしたらいいのかもうわかんない・・・泣き1」という状況は少し脱したかな、という感じです。

 

日本のように、総合病院に行ったりすぐに出来ないもんだから、この国ではどうしたらいいの?と尋ねたところ、本当に沢山のアドバイスを頂き、現在何種類かの治療を併行して受けているところです。もう少し改善して、色々と書けるようになったら、今受けている治療や取組中の事を、書き残していけたらなぁと思っています。

 

とは言うものの、、、この痛みは本当に消える日が来るのだろうか・・・なんて気弱になってしまう日も・・・日によって痛みに差があるもんですからね・・・。

 

昨日もね、夜痛くてねぇ・・・チーン

痛み止めを飲むか、飲まぬか、、、(ま、飲んでもあんまり効かないんだけどね・・・。)迷っていたら、痛みに苦しむ嫁を日頃はあまり甘やかさない夫が、あまりにも可哀想に見えたのか、、、お茶を煎れて来てくれたのね。

 

「おーーー、珍しいフッお茶煎れてくれるなんて!!」

 

飲んでみると、すごーく濃く煮出したカモミールティーかお

 

あぁ。私、疲れた時なんかにそっとハーブティーなんかを作ってくれるような人が憧れだったのよ~ラブしかも、痛みに苦しむ私に「神経を鎮めてリラックス効果を与えてくれる」カモミールティーのチョイスピース!

たまには優しい事してくれるじゃないのsei

 

と、ハーブティー夫に感激していたら

 

 

 

「いや~、やっぱり自分で育てたカモミールは、市販の物とは全然味も香りも違うよね~ペロリ」と、自分で育てたカモミールを大絶賛しまくりフッ

 

 

IMG_20161206_135830182.jpg

ほぼ毎日のように、収穫出来るカモミール。

摘み立ては青りんごのような、とーっても爽やかな香りで、初夏の味というか、すごーく清々しくて、これもこれですごく美味しい。

乾燥したドライカモミールは、もっと深みと言うか味わいが濃くなって、ほっとする味に。

 

ま、自分で育てたカモミールは特に美味しく感じるよねえへ

愛情も籠ってるし、毎日成長を見守って来てるし、自ら摘んでるし。(摘むのは私の仕事だけどね)

 

そんな、愛情たっぷり込めて育てたカモミールティーを弱った妻に飲ませてくれてありがとう・・・うえ~ん

 

そんな嬉しい気持ちでベッドに入ったものの、やっぱりカモミールの鎮静作用くらいじゃ、私の股関節痛には太刀打ちできない・・・号泣

 

頻繁に寝返りを打って、痛くない体勢を探したり、時にはうーーーとか、ちっとか舌打ちしたくなったりで、エドちゃんの安眠を妨害しかねず。

 

エドちゃんは、全然気にならないし一度眠ってしまえば、どんな音でも聞こえなくなってしまうと言う人なので、気にすんな。と言ってはくれるものの、、、それでもやっぱりバタバタ動くのは気になる・・・。

 

というわけで、枕と布団を抱え、私はラウンジで寝ることに。

ラウンジのソファーは、すごーく寝心地がいいので、たまには一人で寝るのも気楽でいい!

 

ラウンジでかれこれ1時間位かな、痛みに耐えゴロゴロ体勢を変えたりして、眠りに落ちたみたい。それからは朝まで目が覚める事無く(超超超珍しいこと!!!!)ぐっすり眠れた。

 

この快眠は、カモミールティーと人が横にいないお陰に違いない!!と悟る私。

 

普段、朝まで一度も目が覚めないなんてありえない私。

痛みで目が覚めることもあれば、痛みがなくても数時間起きに目が覚めちゃうのが普通なのに・・・。こんなにぐっすり眠れるなんて・・・すげ~

 

でも・・・。

エドちゃんは、一人で寝るのをものすごく嫌がる人。

 

「夫婦が寝室とかベッドを別にするなんて、ありえない。そうしたいって言うなら離婚ね」

 

と、すぐにディボーーースと言う言葉を使うムキーッ

 

 

はぁ・・・私は出来れば、同じ部屋でいいけど、別々のベッドにしたい派・・・涙

 

日本では、ベッドとか布団が別とか、夫婦別室とか結構普通でしょ?

でも、国際結婚でそれはあんまり聞かなくない??

(国際結婚でもそうじゃないですという人もいるとは思うけど・・・)

 

なんて言って、エドちゃんに今日のこの快眠の喜びを伝えよう・・・。どんな風に、たまには別々に寝たいって切り出そう・・・

 

 

と考えながら、寝室に戻った私が見たものは・・・

 

 

 

・・・

 

 

うわー・・・

 

 

うっそーーーーーーーー気合いピスケ

 

 

 

ぐっすり眠っているエドちゃんの横に・・・

 

 

ぴったり寄り添って(しかも布団の中に入り込んでまで!)眠るモモーーーーーーーーーショックなうさぎ

 

 

 

どゆことーーーーーーsao☆

 

 

モモーーーー!!!!私の側には寄り付かなくなったくせに、なんて事!!!!

な、なんで私がいない時に、しかも布団に潜り込んでまで(これも珍しい)エドちゃんに寄り添うって、なんでよーーーーー大泣きうさぎ

 

 

ショッキング・・・ガックリ

 

 

目を覚ましたエドちゃんに、すごくよく眠れた事を告げると

 

 

「僕も!モモが布団に入って来て、ずっと横で寝てたんだよテヘ

 

と、超自慢げに言われるむ

 

 

エドちゃんねぇ、モモが機嫌のいい時、布団に乗って来て私の側で寝ようとしたら

 

「ノミがいるかも!」と言って、ほぼ毎回モモを布団から突き落としてたんだよ顔 ブーブー

 

そんなあなたが・・・モモにぴたりと寄り添われて、嬉しそうにぐっすり寝てたなんて・・・。

 

 

「じゃ、たまには別々に寝るってのも、新鮮でよくない?」と提案してみると

 

 

 

「うーん・・・ぶーたまにならね」

 

 

 

叫び

 

 

モモマジックか?!?!

 

 

モモが一緒に寝てくれたら私は横にいなくてもいいっぽい!?

 

 

モモー!!!エドちゃんの横で寝てあげて~!!

 

 

あ、たまには私の横にも来てよね~チュー

 

 

 

IMG_20161206_135906433.jpg

目隠し状態で寝るのが好きなミリーと、クリスマス仕様の首輪が好評なモモウインク

 

 

いつもぽちっとありがとうございますクラッカー

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気付けばクリスマスまであと20日・・・。
さらっと12月に突入してましたねmomi2*
 
日本とNZは季節が反対。
12月から一気に気温も上がり、夏だーーーとびだすうさぎ2という嬉しい最高の季節がやってきます。
というわけで、うちのガーデンも毎日毎日、新たな花が開花する、楽しみ一杯、喜び一杯の楽園状態カナヘイハート
 
月曜の朝はいつも、「さぁ、今週もいい1週間になりますようにラブ」という思いを込めて、店の中の気の流れをクリーンでフレッシュなものにするため、思いっきり沢山花を摘み飾ります。
 
今日はとーっても綺麗な立派な百合が咲き始めたので、カウンター用に切らせてね!と声をかけつつ(切るのが可哀想な気もして・・・)飾りました。ふわ~っと香りが漂って、エドちゃんもオフィスに来るなり
 
「うわぁ~幸せな香りがするラブ」とラブラブ
 

IMG_20161205_115058573.jpg


 
The scent of happinessにへ
ほんとにそう呼ぶにふさわしい香り。
 
ガーデンの新顔たち。
IMG_20161205_130401759.jpg

この模様!!染め物みたいWハート

 

IMG_20161205_130401264.jpg

色違い。
 どんな花が咲くかわからず買った苗。
こんな可愛いお花が咲きました花


 
IMG_20161205_130402092.jpg
目が覚めるような、そして「The summer flower」という感じのVivido色のガザニアカナヘイきらきら

元気カラーよね♥akn♥

 

IMG_20161205_130403277.jpg

エドちゃんの大好きなFox glove(ジギタリス)も、次々開花中。
 
 
そして、、、見てみてーーーーーーぬこ
初きゅうり~~きゅうり 
IMG_20161205_130403949.jpg
大きさ伝わるかしら??

 

IMG_20161205_130402735.jpg

立派なのが育ってまーす!

 

IMG_20161205_130404499.jpg

トマトもね、ちょっとずつ色づいてきました。うふふペロリ
 
ということで、庭の様子はこの辺にして・・・
 
 
 
 
今日のお題の話に入りますね。
 
今朝、部屋で朝の支度をしていると、シャワーを浴び終えたエドちゃんが戻って来て、「ドロシーがユウコに用があるって呼んでる」と。
 
今日も早いなぁ。まだ6時だよ。。。
ま、年寄りは早起きだけど、ドロばあの場合4時とかに起きて「なんか映画をつけてー!」と叫んだりもするからすごい。
 
で、今日は朝からなんの用かしら?と思って部屋を出ると、、、
 
 
廊下に立って待ってた(笑)
 
 
「あなたに見せたいものがあって。早く見せたくて待ってた」
 
と言うドロばあの手には、広告マガジンが。
 
 で、何?何を見せたいの??








デレデレ


半裸メンズモデル。。。
これがどうした?

 

 

 

 

「なにか気づかない?」

 

「え?この人がどうかした?知ってる人?!」

 

「そうじゃなくて・・・誰かにそっくりでしょ!!」

 

 

がびょーん

まさかエドちゃんに似てるなんて言うんじゃないよね・・・

 

「ユアハズバンドにそっくりじゃない!!!!!なんでわからないの?!」

 

 

え。

全然似てないけどしょんぼり

 

 

と思いつつも

 

「そう?似てる??」

 

と言う私に

 

「そっくりすぎて本人かと思って、エイドリアンに聞いたら違うって・・・」

 

笑い泣き

 

ドロばあには、この人がエイドリアンに見えるんだね・・・イシシ

 

 

これを伝えたいがために、朝っぱらからマガジン片手に私の部屋の前まで来て待ってるドロばあ(笑)かわええなぁ~sei

 

 

最近、新しい眼鏡を買ったドロばあ。

1年前、「私は誰?ここはどこ?」状態だった事を考えると、今のドロばあのこの状態が嘘みたいでしかない。歩行器なしでは立つことすら出来なかった人が、今では階段まで上り下りしちゃうわ、トイレも一人で出来るわ、新聞まで読んじゃうんだからピース

 

1年を振り返りつつ、ドロばあの認知症回復克服物語はまた改めて書くとして・・・。

 

朝からほっこり、笑わせてもらった一コマでした。

 

 

今日の3匹。

 

抱っこされるのは嫌だけど、微妙な距離を保ちつつ私の側で寛ぐのは好きなこの子達。

(ただ餌を待っているだけという説もある・・・べー

 

IMG_20161205_174308544.jpg

 

モモはクリスマスバージョン首輪で、朝ヨガ中鳩

IMG_20161205_115235725.jpg

 

IMG_20161205_180642161.jpg

 

いつもぽちっとありがとうございますとびだすピスケ2

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村