ドロシーが突然倒れた日からもうすぐ3週間が経とうとしている。

 

昨日の事のような、逆にもっと前だったような、変な感覚のまま月日が過ぎていく。

 

先週日曜のイースター(復活祭)に無事ファームでドロシーのお葬式を済ませ、家族も皆元の生活に戻っていった。

 

クリスチャンだったドロシーは、クリスマスとイースターが年中行事の中で一番大好きで、元気だったころは毎年すごい量のイースターエッグを用意して、孫達に配ってくれていたんだったなぁ。

 

数年前のイースター、私にイースターエッグディズニーイースターをくれた時「このイースターエッグとゆで卵を食べてAdrianと今夜子作りに励みなさいウインク赤ちゃんがやってくるから」

 

と、かなり真剣に言って来たドロシーウインク

 

「復活祭は新しい始まり、誕生の意味があるんだから私の言う事信じなさい十字架

 

そんな事を言っていたドロシーのお葬式をイースターにする事になったのも、何か運命的なものを感じるなぁ。。。キリストが蘇った日だものね・・・。新しい始まり。

ドロシーのいなくなったシャープ家の、新たな始まりだね・・・。ドロシーの新しい世界での始まりでもあるのかな。

 

お葬式の様子はまた改めて書くとして。

 

今日は、倒れてから亡くなるまでの時間について書き残しておこうと思う。

 

クリスマス、イースター、それと同じくらいドロシーにとって大切なのが、家族の誕生日。

ドロシーは誕生日ノートを持っていて、肌身離さず常に近いところにそれを置いて、毎日家族の誕生日をチェックしていた。

 

今もドロシーのソファーの肘置きに、ドロシーが置いたままにしていたノートがそのままになっている。

 

ドロシーが突然倒れたのが3月31日。

翌日の4月1日に、エドちゃんの30歳のサプライズ誕生日パーティーを開催することになっていた。

 

エドちゃんは、パーティーなんかやんなくていいと言ってたので、私もその言葉を真に受けて何もやるつもりはなかったんだけど、タマラが「30歳は特別な誕生日だし、これまでシャープ家のために、休みなしでとにかく頑張り続けてくれているエドちゃんに感謝の気持ちを伝えたい、盛大なパーティーを開いて喜ばせたい!」と、エドちゃん以外の家族全員に提案。

そして、エドちゃんにバレないように前日まで、色々とみんなで打ち合わせて、準備をしていたのだった。

 

勿論、ドロシーも大張り切り!!!

誕生日大好きなドロシーは、サプライズも大好き!!

とにかく自分にとっての初孫であり、大大大好きなエイドリアンの30歳。

パーティーをやろう!と決めた2ヵ月位前から、ほぼ毎日のように私に「あと何日??」「エイドリアンにはまだバレてないのよね?」と聞いてきていた。

待ち遠しくてしょうがなかったんだよね・・・。

 

そんなパーティーの前日に、倒れるなんて・・・。

 

脳梗塞だった。

ヘルパーさんがシャワーを浴びさせてくれていた時に突然倒れ、意識不明のまま救急車で病院に運ばれた。

 

連絡を受けて私達が店を閉めた後病院に駆けつけると、エド妹達、タマラたち、全員既に駆けつけていた。というのも、次の日のパーティーの為、オークランド以外に住む妹やタマラ達も、オークランドに前日入りしていたので、こんなにすぐ集まる事が出来たのだった。

 

医者からは、長くは持たないであろうということ、万が一奇跡的に意識が戻ったとしても、右半身に麻痺が出ているので、半身不随、言語障害、記憶障害、ほぼ寝たきり状態になる事が予想されることを告げられる。(年齢も年齢なので、寝たきりは多分免れないから、施設に入れる事を考えないと、とも言われた)

 

こんなに元気になって、一人で歩けるようになって、記憶もしっかり蘇って、思い出話をしたり、大好きな映画の話をしたり、自分がどれだけ回復したか、目をキラキラさせて人に自慢げに話していたドロシーが、振り出しに戻る、いや振り出しよりももっと過酷な、辛い状況になる・・・ショボーン

 

人の手を煩わすのが何よりも嫌だったドロシー。

2年前、認知症の症状がひどく何をするにも介助が必要だったとき、よく私に

 

「早く死にたい。年を取りたくない。衰えていくのが辛い。自分が自分でなくなっていくのが怖い。」

 

と、しょっちゅう泣きながら話していたドロシーを思うと、一命を取り止めても利き手である右手も右足も動かせず、せっかく出てくるようになっていた言葉もまた出なくなるような状態になってでも、それでも辛いリハビリに耐えて頑張ってなんとしてでも生きて!!と祈る事は正直私には出来なかった・・・涙

 

いや、でもまたドロシーの事だから奇跡を起こすかもしれない!一度は奇跡を起こしたんだもの!!!この2年の間のドロシーは、家族の誰もが予想もしなかった回復を見せたんだし花

そう思えなくもなかったけど、でも、家族皆思いは一緒だった・・・。

 

「天に委ねよう」と。

 

そして、とりあえずは安定したということで、全員返されることに。

 

 

別れ際、皆口々にエドちゃんに向かって、「See you tomorrow!」と言うのにはびっくり苦笑い

 

明日?何で?ってなるよね。何も知らないエドちゃんは。

 

しかも、こんな状況で明日予定通りパーティーをやるつもりなの?この人達???ありえないでしょガーン

 

帰宅して即パパに、「明日のパーティー中止だよね?やらないよね?こんな状況で」と聞くと、「メアリーも同じこと言ってるんだけど。。。」と。

 

そりゃそうでしょ。

それが普通でしょ。どう考えても。ドロシーの心配しながら楽しめるわけがない。

 

「でもね、僕はこんな時だからこそ皆で集結して、パーティーを予定通りやる方がいいと思うんだよ。僕はドロシーは中止にしてほしいと思ってないと思う。皆でドロシーがあれだけ楽しみにしていたパーティーをちゃんと開いてお祝いしてあげて、同時にドロシーにみんなの気を送ろうよ。なにも飲んで歌ってどんちゃん騒ぎするって言ってるわけじゃない」

 

って・・・

 

うーん

 

これを読んで、そんな状況で信じられない、ありえないがーん!!どういう神経?!と思う方は沢山いると思うけど(私も思ったし)きっとねパーティー楽しもう!!ってそんな気持ちよりも、なんて言うかなぁ・・・家族で集まって同じ空間に一緒にいたい、そんな気持ちだったんだと思う。

 

翌、土曜日。

私とエドちゃんは通常通り店を開けた。

 

うちの店は入り口のドアからお客さんが入って来ると、センサーが感知して「ピンポーン」と音がするようになっている。

 

その朝、店を開けてちょっとした頃。

 

ぴんぽーんと音が鳴った。

私のオフィスの席から店の入り口は丸見え。

ぴんぽんの音は鳴ったものの、入り口には誰もおらず。

駐車場にも誰もいない。

人の気配は全くなし。

 

その時、瞬時に思ったんだよね、「ドロシーだ」ってキラキラ

 

ドロシーはこの店に来るのが好きだった。

リサイクルガーデンの花を見るのが好きで、お店の中を見学するのも好きで、「いつも綺麗に整頓されてて気持ちいい!あなたたち本当によく頑張ってるわね」と、褒めてくれた。

 

 

「でも、働き過ぎはダメよおーっ!!きついときはエイドリアンにちゃんと言ってゆうこは休ませて貰いなさい!」と、私の様子を見ていつも気遣ってくれていた。

 

 

「今ね、コスモスがすごい事になってるんだよ!!!コスモスで店が隠れちゃってるくらい!!」と話してあげていたので、きっとドロシー見に来たんだよ!で、来たよって私達に知らせてくれたんじゃない?と、エドちゃんと話す。

 

Image may contain: plant, flower, tree, sky, outdoor and nature

 

その夜。

予定通り、家族、友人たちが予定通り集まってくれて、エドちゃんの30歳の誕生日パーティーが開催された。

エドちゃんももう事前に気付いてしまっていたけれど、みんながこうしてこういう時だけれど集まってくれた事がとても嬉しかったと思う。

 

マークもBBQマシーンを家から運んで来てくれて、せっせと肉を焼いてくれたし、タマラも私と二人で案を出し合って考えた、30歳スペシャルバースデーケーキを作ってくれた。

 

IMG_20170418_123036048.jpg

 

IMG_20170418_122751192.jpg

 

IMG_20170418_123035890.jpg

 

IMG_20170418_123036036.jpg

 

料理は今回もメアリーが腕を揮ってくれて、私はお寿司だけ。

 

IMG_20170418_123036012.jpg

 

IMG_20170418_122751141.jpg

 

今回のタマラの作ってくれたケーキ。

これは、エイドリアンの作るリサイクルガーデンがみんな大好きだよ!と言う思いを込めて作ってくれた、最高傑作だと思う。

 

 

IMG_20170418_122641416.jpg

 

わかるかな?

これ、冷蔵庫ガーデン!!!

店の冷蔵庫を使った花壇をモチーフに、冷蔵庫に咲き乱れる花々花花花花

 

そして、裏にも細かい細工(笑)

 

IMG_20170418_122751163.jpg

冷蔵庫にちゃんとFisher&Paykelって書いてある!!イシシ

(うちの店はFisher&Paykelの冷蔵庫しか売ってないのです)

 

忘れられない誕生日ケーキになったよね・・・くま

 

皆心の中でドロシーの事を想いながらパーティーも終わり。

サマータイムも今日で終わりだから、時計の針を1時間戻しておかないとね、、、明日は1時間長く寝れるね!!と話しながら帰路に着き。

 

いつベッドに行ったのか覚えてないくらいくたくたになって、眠ってしまっていた私のところに

「今病院から連絡があって・・・」と泣きながらメアリーが入って来た・・・。

 

夏の終わりと共に、旅立ってしまったドロシー。

「パーティー中、ドロシーここに一緒にいたよね絶対。いつものソファーに座って。そしてエイドリアンのパーティーが終わって、皆無事に帰り着いたのを見届けてから逝ったんだね・・・。ドロシーらしいなぁ・・・泣き1」と、皆同じことを思っていた。

 

パーティーの前でもなく、途中でもなく、終わったほんの1時間後・・・。

 

Image may contain: cloud, plant, flower, sky, tree, outdoor and nature

 

ドロシーは生前、本当によく神について、死について、この宇宙について話していた。

エドちゃんやエドパパは、小さい頃からそういう話を聞かされて育っている。

 

「死ぬのは全然怖くない。」

 

そう言っていた。

 

姿がなくなっても、この世にはいなくなっても、人の魂、そして存在はなくなる事はない。

だから、自分が死んでもずーっといつも傍にいることを覚えていなさい。

そして万物に神が宿っているとも。

妖精だって見た事あるんだもんね、ドロシー!!

 

今日も、私が店のガーデンの手入れをして、店の中に戻ったら肩の上にモナークバタフライがとまっていた。外に逃がしてあげようとしても全然動かないのにへ

 

見守ってるからね。

傍にいるからね。

 

そんな声が聞こえた気がしたハート(夢かわver2)

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

 

AD

しばらく更新出来ずにいました。

 

私の更新が滞る=シャープ家何か事件が起こった?

 

と想像させてしまうようで・・・ご心配のコメントや、メッセージ送って下さった方々、すみませんでした。

 

私の体調が悪いんじゃ??と思われた方もいらっしゃったようですが・・・

私はすこぶる元気です。大丈夫です。

 

ただ、少し心を落ち着ける時間が必要でした。

またこれからも明るく賑やかないつものシャープ家の毎日を書き続けていくために、この事を湿っぽく悲しくどんよりした文章にしたくなかったので、心の整理をしてました。

 

4月2日。

サマータイムが終わり、日本との時差が3時間になったその日。

夏の終わりと共に、ドロシーが天に召されました。

 

あまりにも突然の出来事で、あまりにも突然の別れで、悲しいとか悔しいとかそういう気持ちよりも、どうして・・・なんで今・・・なんでなんで・・・

 

と、暫く混乱していました。

現実の事として受け止めるのに少し時間がかかりました。

 

ドロシーと同居を始めてこの四月でちょうど丸2年が経ち、ここまで元気になった、認知症から奇跡の回復を遂げたドロシーとの日々を、ほんの数日前までブログにも書いていた(ネイルをしてあげた記事は亡くなるほんの1週間前に書いたもの・・・)のに・・・。

 

自分の名前すらわからなかった、歩行器なしでは歩くことも出来なかった、立つ、座るも一人では出来ず、いつもトイレの介助が必要だったドロシーが、今では誰の助けも要らずトイレに一人で行けて、ハエ叩き片手に部屋中ハエを追い回してるなんて、2年前には想像も出来なかったし、だからこそこの先ももっとどんどん元気になって、1年後には小走りなんかしちゃってるかもよ!なんて話していたのに・・・。

 

 

3月31日の朝、シャワーを浴びている最中に脳梗塞で倒れ、意識が戻らないまま二日後に静かに息を引き取りました。

 

倒れてから今日までの2週間。

飛ぶように日々が過ぎていきました。

 

これもまたシナリオがあったのか?物語の一場面なの?と思うようなドラマが色々あって、少しずつドロシーの生きた軌跡として、書き残していきたいと思います。

 

このブログを通して、会った事はないけれどドロシーファンです、ドロシーの話が好きです、と言って下さる方がとても多く、もうドロシーとの新たな日々をこの先綴っていくことが出来なくなった事は寂しいですが、まだまだ沢山ドロシーとの思い出、教え、エピソード、聞いて欲しい話があります。それも少しずつ、書いていけたらいいなぁと思っています。

 

家族も皆、ドロシーが亡くなってすぐは呆然としていましたが、さすがはシャープ家。

立ち直りが早い!!!いや、立ち直りというのとはちょっと違うかもしれません。

何があっても、生きているものは後ろを振り返ることなく前だけを見て生きていかなければいけない事を知っていて、そしてドロシーの肉体は滅びても、魂はこれからもずっとずっといつも我々の傍にいて、見守ってくれていることを強く感じているからこそ、明るくいられるのかなぁと思います。

 

 

received_1018187124979721.jpeg

 

 

人生で初めて、モナークバタフライの孵化の瞬間も見る事が出来て、毎日嬉しそうに「今日は何羽孵ったよ!」と報告してくれたドロシー。

 

 

そして、最後のネイルになったけれど、今までで一番好き!と言ってくれたピンクの塗り立てのネイル。この写真が、ドロシーと一緒に撮った最後の一枚になってしまいました。

天国で、おじいちゃんと再会して「ほら、見て!綺麗でしょ~??」ってこうやって見せてあげてる気がします笑顔

 

IMG_20170415_160553490.jpg

 

ふと気付いた後ろに飾っている掛け軸。

 

Yesterday is history

Tomorrow is a mystery 

Today is a gift

 

昨日という日は過去(歴史)

明日という日は謎、神秘

今日という日はギフト、贈り物

 

ほんとにそうだ。

 

過去は過ぎ去ったので変えられない。

明日は何が起きるか誰にもわからない。

だから、今日という時はギフト、天から与えられている贈り物なんだ。

 

今日を生きよう。

誠実に。

懸命に。

悔いのないように。

感謝して。

そして、大切な人、愛する人に、ありがとう、愛していますと言葉にしてきちんと伝えよう。

いつか言おう、いつかやろう、と思っていてもその「いつか」は来ないかもしれない。

 

明日、ドロシーのお別れの会がファームで開かれます。

それが終わったら、ドロシーの最期やNZでの葬儀のことなど、また少しずつ書き残していこうと思います。

 

沢山の家族、知人が集まってきっととても賑やかな会になるんだろうなぁ。。。

 

(既に数日前からうちにはオーストラリアのエドパパ姉ファミリーが滞在中で、連日大賑わい)

 

 

最後に、更新を突然ストップしたので、コメントやメッセージの返信も滞っています。ごめんなさい。これから返信していきます。今後ともシャープ家を見守って頂けると嬉しいです。

ご心配頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

 

AD

コリンが3Dプリンターを手に入れて、なんだかんだ作ってくれてるって以前書きましたが。

 

今日も、いきなり仕事中にぽんと手渡してくれたのが

 

これ↓

 

IMG_20170330_161055640.jpg

 

なにこれ??

 

フォークの先っちょ?フォーク

 

穴が二個開いてるけど、、、うーん・・・カピバラ

どうやって使うの??

使い道は???

 

と思ったら・・・(私は本当に想像力が乏しいもので・・・犬?

 

 

IMG_20170330_161123830.jpg

バレエ

 

なにこれ・・・

お箸の先にフォークの先っちょ???

 

・・・・

 

なんのため顔

 

・・・・

 

 

ええ!!あーーーーーーーーー

 

わかったかも~~~!

 

 

お箸が苦手な外国人向けの、取り付けタイプのフォークの先っちょてこと~(Θ_Θ)

 

 

大正解マッチョ

 

 

 

すごーーーい!!!お寿司とか日本食(中華とか韓国料理とかも含めたアジア料理全般もね)とか、NZでもとっても人気で、お箸使って食事する機会も結構あるものね~。

でも、やっぱり上手にお寿司とかお箸で掴むのが難しそうな人もいるし、親指と人差し指の二本を使ってお箸持ってたりする人も見かける!!

 

そういう人が、このフォークの先っちょ常備してたら(ポケットの中とかに入れてさぁいひひ)レストランとかでお箸出されても、さっとこのフォーク先っちょを取り出してすぽっとはめて、使ったらスマートじゃーーん!!(そうでもない??^-^;

 

 

「コリン、すごーーい!!これ、すごいアイディアじゃんイシシよく思いついたね~わーい

これ、売れるよ!!!うちの店で売ろうよ!それか、お客さんにプレゼントしようよ!」

 

 

と、褒めそやしながら、エドちゃんやみんなに見せびらかす私に

 

 

「いや、それもう売ってるから。商品化されてるから」

 

 

と冷静に言い放つコリンカチン

 

 

え?

どういうこと??ぼーぜん

 

 

 

「そんな商品が売ってたから、マネして3Dプリンターで作ってみただけ」

 

 

 

ひょえー

 

 

 

 

デレデレ

なーんだ。

天才コリンが思いついて、自分でデザインして作ったのかと思った~・・・。

売ってんだって。便利グッズの類でえへっ

 

 

 

そして、もう一つ。

 

これ。

 

IMG_20170330_161210338.jpg

うちの店のじょうろ。

ノズルが失くなったまま使ってたのに気づいて、作ってくれたこれ。

 

IMG_20170330_161210502.jpg

可愛い!

お陰で植物に勢いよく水が突き刺さるようにかかる事がなくなりました~ウインク

 

 

いやぁ。。。

こんなもんが、プリンターで作れるんだよ・・・アセアセ

ついていけない・・・。

作ってるところ見ても、どうしてこんな事が出来るのか、私にはちんぷんかんぷん。

 

ほんとすごいなぁ、コリンは・・・。

 

次は、何作ってくれるのかなぁ~わーいわくわく

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

AD

昨日ちょっとだけクルーズの様子を船上からアップしましたけど、まさか私があんな短いブログでクルーズ話を終わらせるわけがないのを、皆さんはご存知ですよね笑う

 

スマホからブログをアップするのが嫌いな私が、昨日はどうしてもお天気に恵まれて最高ー!!!という気分を昨日中に呟きたくて更新したけど、今日はしっかり写真も一杯載せて、とってもスペシャルな思い出に残る一日になった記録を残したいと思いますキラキラ長くなるよ、多分ぷぷ

 

昨日は、本当に本当にラッキーな事に、天気予報(雨、雷マークまで出てた)が見事に外れてくれて、、、(いや、きっと天が我々に味方してくれたんだと思うにへ)3時の乗船からすんばらしい晴天ハート

そして、夜11時位からだったかな、、、眠りにつこうとしたときに雨が降り出し、今日も一日中ずーっと雨パンダ今朝は9時に下船だったので、一日雨が降っても関係なーい!寧ろ、「私たち、なんてラッキーだったのかしらラブラブ」というものすごいラッキー感に浸れて良かったいいねぇ~

 

このクルーズ。Graboneというクーポンサイトで購入したと書きましたけど、とっても人気Voucherみたいです。他の乗客達も皆このVoucher利用でしたよ!

 

クルーズ内容としては、シティーから3時に出航してHauraki Gulfまでクルーズ。

そこで、ボートで遊覧したり、カヤックやシュノーケリング、泳いだり出来たりする時間あり。

その後、夜7時からディナー。翌朝朝食ビュッフェの後、9時にシティーに戻り下船。

宿泊、アクティビティー、ディナー、ブレックファースト込みで通常一人$299。

通常料金で考えると、個人的な意見としてはちょっと高いかな?

 

でも、、、Graboneのクーポンではこれが一人$189だったので($110引きね!!)これならとてもお買い得と思いましたらぶ1

 

特に私達のような生活をしている人、ご夫婦、カップル、

毎日仕事しかしてない。家と店の往復しかしてない。家には同居家族がいて夫婦二人水入らずの時間があまりない。せっかくNZにいるのに、なかなか自然の中でゆっくりのんびりする時間もない。どこにいても灯りや音に囲まれているetc,,,こういう人達にはお勧めピース!

 

前置きはあまり長くならない程度にして、とにかく御覧頂きたい写真の数々を、だだーっと載せちゃいますWハート

 

1時半まで仕事をした我々は、従業員たちに見送られ「ユウコ主催サプライズミステリーツアー」へ出発ウインク

勿論エドちゃんは目的地も何も一切知らず。エドちゃんを助手席に乗せ、私が運転して到着したのは港近くのパーキング。

この時点でもまだ詳細は伝えておらず。

 

ワイヘキ島にでも連れて行く気か?と思ったらしいけど、ワイヘキは千代と行くところなので、エドちゃんとは行きません(笑)

 

そして、黙ったままトランクから泊り用の荷物を取り出し(泊まりということすら隠していた!!!)スタスタ先に乗船場へ向かう私の後を、てくてく黙ってついてくるエドちゃん苦笑

 

そして、着いたのがここ!!我らが乗り込む船でーすあげ

 

3時乗船時

空は雲に覆われて若干どんより気味でしたが・・・

IMG_20170329_221001223.jpg

 

出航直後から青空広がりまくり~~ヤッタ!

 

IMG_20170329_204912347.jpg

澄み渡る青空。

真っ青な海。

優雅に舞う鳥たち。

 

出だし最高チュー

 

今回は5組のカップル合計10名の乗船者。

乗ってすぐ、皆自己紹介&握手。

最高齢は80歳のご夫婦。

エドちゃんが最年少!

そんな80歳ご夫婦とエドちゃんが、後に一触即発の状況に陥りそうになるとはね・・・滝汗

 

はい。次。

部屋の様子を。

IMG_20170329_225421014.jpg

クルーズのHPに「部屋の中は誰からも見られることのない(イルカ以外は)オーシャンビュー」

と書いてあったけど、まさにその通りキラキラ

 

IMG_20170329_225639217.jpg

 

トイレ、シャワーもとーっても清潔ぴっかぴか!

 

IMG_20170329_204139309.jpg

私たちの部屋の前はこんな寛ぎラウンジも。

 

IMG_20170329_225639390.jpg

ここは共有デッキ。

 

IMG_20170329_225639050.jpg

エドちゃんは、ずーーーっと写真撮影に夢中いひひ

鳥を激写中。

 

 

そうこうしているうちに、Hauraki Gulfに到着。

希望者のみアクティビティーへ!

私たちはカヤック!他の人たちは小さなボートで遊覧へ。

 

IMG_20170329_204140175.jpg

 

IMG_20170329_204912067.jpg

ビーチで一休み。

 

IMG_20170329_204911721.jpg

ほかの乗客たちが泳いだりビーチを散歩したりしてる間、私達はひたすら石ころ積みあげいひひ

 

received_10211859594552955.jpeg

1時間位カヤックを楽しんで、船に戻ります。

水がとーっても透明で、綺麗な色の魚が泳いでるのが沢山見えたよ!!

エドちゃんは、釣りをしたくてしょうがないみたいでした。

もう少し暑い時期だったら、シュノーケリングも楽しそうにへ

 

船に戻ったら、ディナーまで自由。

 

この時間から、刻一刻と景色が変化し始めます。

もうね、この美しい景色の移り変わりを見てるだけで、涙が出そうでした泣き1

この美しい地球の中で、自然の中で人間は生かして貰っているのだなぁ、、、とか、壮大な自然の中では(特に夕日が沈んでいくときとかね)なんだかセンチメンタルな気分になるよね。

 

IMG_20170329_204817523.jpg

 

IMG_20170329_204416984.jpg

最上階デッキで一杯(あ、エドちゃんは二杯!)

 

IMG_20170329_204416737.jpg

 

IMG_20170329_235008418.jpg

この雲。犬とか羊とか、なんか動物の親子が向かい合って笑って戯れてるみたいじゃない?

 

ずーーーっと日が沈むまで、眺めていました。

こうやって一日が終わり、そしてまた明日と言う日がやってくるんだねぇ。。。

 

どんどん空のオレンジ色が濃くなって・・・

 

空が燃えてるみたい。

 

夕日の中のお互いを撮りあっこ。

この写真お気に入り!

IMG_20170329_204735097.jpg

 

 

IMG_20170329_204253896.jpg

 

IMG_20170330_000620668.jpg

後光が射してるみたいいいよ1

 

IMG_20170329_204142189.jpg

この状態になった時点で、ディナーのお呼びが!!

 

いい感じにほろ酔い~にへ

 

IMG_20170329_204253481.jpg

 

 

ディナーは、Entree、Main,Desertのコース。

それぞれ3種類のセレクションの中から選べます。

 

食事は他の乗客の方たちとみんなで一緒に準備されたテーブルで食べるようになっていました。

 

Entree

IMG_20170329_204142668.jpg

Main

エドちゃんはサーモン

IMG_20170329_204141786.jpg

 

私はアイフィレステーキ

IMG_20170329_204141281.jpg

 

デザート

エドちゃんはチーズ盛り合わせ

私はブラウニー

IMG_20170329_204140778.jpg

そこまで食事は期待してなかったんだけど、全部すっごい美味しくて大満足!!

しかもお腹ぱんぱんになるボリュームでしたパンダ

 

このクルーズで一つだけマイナスポイントをあげるとすれば、、、食事を他の乗客と同じテーブルで一緒にしなきゃいけなかった事かなぁ。。。

 

私たちと他4組のカップルだったんだけど、なんと言うかなぁ・・・気が合いそうな人達ではなかったと言うかなんと言うか・・・苦笑

自分達の事をこっちは全然興味ないのにひたすら話てくるタイプ?!とか、政治とか国際情勢の話とかし出して熱くなるタイプ?とか・・・

 

で、このディナー中に、あの老夫婦との間に緊張が走ることに・・・滝汗

 

この80歳のおじいちゃんの方が、最初から私とすごい話をしたがってたのがわかってた。

どうやら彼は競馬馬の買い付けで何度も日本に行ったことがあるらしく、その話をしたかったのよねぇ。。。いるよね、そういう人。日本のどこどこに行って、あれしてこれして、って話したがる人。

 

で、そのおじいちゃんが私の隣に座って来て、食事の最初からずーっと延々と日本に行った時の話をするわけ。おじいちゃんの隣にはおばあちゃん座ってたけど、おばあちゃんは他の人たちとずっと会話してた。

 

そしたらね、おじいちゃんが日本人の佐藤さんという人にパチンコに連れて行かれた話をし出したら、、、おばあちゃんが突然会話に入ってきて

 

「パチンコ店は、客を見て台を操作して、玉が出るようにしたり出ないようにしたりするんだよね」と言い出した。

 

私も詳しくはないけど、そういうこともあるのかもね、、、くらいの気持ちで聞いていたら、エドちゃんが「そんな事日本人はしないと思う。何を根拠にそんな事言ってるの?」と。

 

すると、「佐藤さんが言ってた。佐藤さんはそのパチンコ店の店主と知り合いだもの」と言ってそれを、他の乗客たちにも話始めたのね。所謂パチンコ屋はぼったくりだ、みたいな話を。

(因みに後でわかったんだけど、これは40年も前の話らしい・・・顔

 

 

なので、エドちゃんが「そんな事言ったら、どんなギャンブルだってわかったもんじゃないよね。NZのLotto(宝くじ)だってどんな操作されてるかわからないじゃない?」と反論。

 

すると、おばあちゃん。

 

NONONO。NZ人はそういう事は絶対しないむっNZではそんな事はありえない

 

って言ったの・・・がびょーん

 

=日本人はずるして客を騙すけど、NZ人はそういうずるい事は絶対しない

 

って言いたかったのかしら苦笑

 

あぁぁ、、、やばーい。エドちゃんの機嫌がぁぁぁぁ・・・

もうこれ以上言い返したりして、口論とかやめてよーーー。せっかくの楽しいひとときなんだからぁ・・なく

 

テーブルの下で、エドちゃんの足を蹴って落ち着け~と合図涙

エドちゃんは相手が誰でも、例え年配者でも、自分の意見をぶつける。

相手が明らかに間違っている事を言っていたとしたら、間違いを正して教えてあげるのが優しさ、礼儀と考えているし、特に日本人のこと、日本のことで勘違いや間違いった事を言われたりすると、黙っていられない人。

 

結局、この時は私の「これ以上その話を長引かせるな」オーラを感じ取ったエドちゃんが、それ以上反論することなく、食事が終わると挨拶もなしで、その場を離れた事で終了・・・

 

今朝のブレックファースト時に、彼らはまた私達の席の隣に座って来ようとしたけど、エドちゃんは席を移動(笑)あからさま~がびょーんと思ったら。。。

 

わざとではなかったらしい。

 

船長さんと話がしたくて、先に食べてた船長の隣に移動しただけだった。

 

船長さんには、うちの部屋が昨日の雨(夜寝るときから大雨が降りだして一晩降り続いてた)で、窓から水が入り込んできてて、部屋の隅のカーペットがべちゃべちゃになってる事、ラウンジの電球がいくつか切れかけていて、電球の種類を替えればコストが随分抑えられる事などを提案していたぷぷ職業病・・・。

 

その後、以前漁師をしていたと話したエドちゃんにだけ特別に見せてあげると、船のエンジン部分に案内して貰い、普段お客さんは入れない場所で、発電機や巨大なエンジンなどを見せて貰う!

 

結局、今回のクルーズで何が一番良かったって言うと、特別にエンジンを見せて貰った事だって・・・がびょーん

店に戻ってガスやコリンへの第一声が、「特別にエンジン見せて貰ったんだよ、イェイ!!」だったよ・・・ゲラゲラ

 

今朝はこんなお天気でした・・・。

IMG_20170329_204138631.jpg

 

これが昨日だったら・・・と思うと・・・

つくづく、お天気次第だなぁ、と思いました。

 

なにはともあれ、サプライズ誕生日プレゼントは思いもしなかったプレゼントで、一生忘れられない思い出になった事は間違いないらしいですチュー

 

天が味方してくれて、最高のお天気でクルーズ出来た事が本当に本当にラッキーでしたラブ

 

たまーには、仕事から完全に離れてゆっくりする時間も必要よね。

そして、二人っきりでこれからの事や色んな事をじっくり話す事が出来て、お互い感謝の気持ちを伝えられて良かった。

 

エドちゃんの30代。

どんな10年を送ることになるのかほんとに予想も尽きませんが・・・

どんな事が起こっても、これまで以上の更なる困難が待ち受けていても、二人一緒なら絶対なんとかなるね、と意見が一致しましたので、後ろでも前でもなく、横に並んでしっかり共に歩いて行こうと決意を新たにしました。

 

ワンナイトクルーズ。

何か特別な日、記念日にお勧めですWハート

 

 

今後ともシャープ家をよろしくね!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルーズ最高!

サプラーーーイズ爆笑

成功でーーーーす!!

フェリー乗り場に着くまで、全くバレず!
しかも、天気予報は見事にハズレ😚

雷マークもあったような気が。。。

最高のお天気で、最高の時間を過ごしていまーすウインク










贅沢気分でお腹も心も一杯ラブ


祝30歳笑い泣き

喜んで貰えて良かったーーーーウシシ

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村