FDNY

テーマ:

N.Y.に行ってた友達Mが帰って来たので、土曜に下北沢で軽く飲んだ。

お店探しも面倒なので、駅前にいつの間にか出来てた「坐・和民 」へ。


ヤツは昔のバンド仲間。

バンド解散後に渡米、13年間いろいろ試行錯誤の上、向こうで大学も出、3年前に犬連れで日本に帰って来た。

今は演劇の脚本を書いていて、その公演のために先月からひと月ほど行ってた…先月、英語のメールやりとりを私が必死でやっていたのは、この公演のWebサイトのため。


ヤツは他事で忙しいってことで、私が向こうのプロデューサーと直やりとりする羽目になったっつー…話が違ってえらい災難だったわけだが、ま、公演も成功し、サイトもチラシも超評判が良かったそうなので、ひとまず祝杯。



NYみやげ


おみやげに敬愛する FDNY のTシャツ と チョコ…でにっこにこだけど、でぶまっしぐら!にならんように、ちょっとずつ食べないとなー。


  FDNY ― 9.11での救助活動で世界に広く知れ渡った

        アメリカの消防士さんのN.Y.CITYの隊だ。



何で私が FDNY が好きかって、もちろん9.11の件で感銘を受けたのもあるけど、更に!の事件が実はある。


友達MがN.Y.に住んでいる間、私は数回遊びに行っているが、ヤツが日本に戻る時のアパート引払い大引越しの手伝いにも行った。


その荷物の移動中、私はなんとアパートのエレベーターにひとり閉じ込められた。


詳細は、なっげぇーことなるので次回に続く(いつだ?)にするけど、そのエレベーターは電気的な故障で止まったのではなく、乗ってる箱が歪んで引っ掛かったが故に止まったと言う、超恐ろしい状況で、ドアが歪み、小手先の対応じゃぁスーパーマンでも現われない限り、どうにも脱出できない事態に陥った。


場所は6階と5階の間。


実際、いつ箱が落ちるかわからないし、しかしここになす術も無く座ってるのも暇なので、私はダテにアクション映画観とらんわぃと思って、トム・クルーズになったり、ブルース・ウィリスになったりしてエレベーターの天井を開けようと試みたんだが、外からネジ止めされてて蓋はビクともしなかった。


ちぇ。 映画はしょせん映画なのか…。


こういう時、私は全然慌てない。

トータルで1時間半ぐらい中に居たことになるが、暇だなー…タバコ持ってくりゃ良かったなー、ぐらいの神経である。(※当時、タバコ吸ってました。)



外ではレスキューを呼ぼうとする友人Mと、騒ぎを大きくしたくないと言い張るアパートの管理人が英語で怒鳴りあっている。


私とは、歪んだ隙間数センチから会話が出来たので、中の状況を伝え、とても人力のみでは開きそうも無いことを伝え、すったもんだの挙句、結局 FDNY のレスキュー隊のお世話になったのだった。



ということで以来、 FDNY は命の恩人、あこがれの皆様であり、背中に "200フィート離れとけ!" って書いてある、男らしーいTシャツ…ちょっと今寒くて着れないけど…ずっと愛用中。



外に出られたときの感動は言うまでも無いが、無事に終わってみれば笑い話。


そしていまだに酒の肴話だ。


お陰さまでこうしてしょーもないBLOGも書け、お仕事も出来るわけである。



AD

夏生まれ定例会

テーマ:

伝説のバンド仲間、みんな夏生まれで暑苦しい。しかも全員同い年。


なので、毎年の合同誕生日飲み会。


バンド名は記憶力のいい人が見ると色々まずいので言えないが、若い頃にひとつの目的に向かって昼も夜も、もしかしたら家族と過ごすより多くの時間を共有した仲間との縁は、切れることなく今でも続いている。


大晦日のロックフェス後に飲んで騒いで家に帰ったら日付が2日になってたり、ライブのリハと本番の間に大学の後期試験受けに走ったり、レコーディング明けの朝方に路上で大喧嘩したり。


若気の至りを超えて、バカ気の至り。そらー縁切ろうったって、切れようが無いわぃなー。


今はもう他のメンバーは音楽はやってないけど、それぞれの道で自分の居場所を切り開き、イイ顔して頑張ってる。


「そのうちあっちが痛いの具合悪いの、どこの医者がいいだの悪いだのとか、飲みながら話すんだろうなあ」と冗談まじりに言ってるけど、そうなるに違いない。


とりあえず次は冬かな。


…しかし、ザクロ生レモンサワーってのは、ヴィックスコフドロップ味なんでつか?



AD

にゃぃ♪ちびわぎです♪

テーマ:

ちびわぎ

わぎは突然やってきた。

行きつけの整骨院の患者さんが「庭で生まれちゃった野良猫の貰い手を探して」と、なんと整骨院に子猫を持ってきちゃった。


で、整骨院も病院なので、さすがに猫は置いとけないってことで、すぐ近所でジーンズ屋をやっていた私が店で預かることに。


昼間は店、夜はうち、が数日続いたが、やはり貰い手なし。


「うちのアパート、動物禁止なんですよね~」と言い続けたものの、もはや誰も聞いてない。


「猫飼ったことないし~」の訴えも無駄。


悩む余地なく、当然のこととして、やつはうちに居候することになった。


何が困るって、野良だったもんで、やっと目が開いた手のひらサイズだったにもかかわらず、人に馴れてない。


ケージを開けるだけで「シャーッ!」とか「フーッ!」とか、顔全部を口にしていっちょまえに威嚇する。


更に、夜鳴き疳の虫のすさまじいこと…(T_T)


動物禁止なんだから静かにして!なんて聞く訳もなく、連れて帰った瞬間から午前4時まで


 「ピャー…ピャー…ピャー…ピャー…」


文字通り休みなく、一定の間隔で、ずーーーーーっと鳴いてる。


 午前4時まで休みなく、だ。


声が響いたらバレちゃうので、なんとかカモフラージュしなくちゃと、でも何の手だても思いつかず。


暫く考えて、閃いたのが、何故か「レゲエのテープを延々掛け続ける」だった…。甚だしく猿知恵。


 ンッチャカ♪ンッチャカ♪ンッチャカ♪ンッチャカ♪


そんなこと、3日もやってりゃいい加減、気が狂いそうになってくる。


だって毎晩


 ンッチャカ♪ピャー…、ンッチャカ♪ピャー…、


ですよ。


5日目。


このサイズの体から、どうしてこんな大きな声出るの?あんた、セミですか?レベルの鳴き声。一向に止まず。


バレたら追い出されるドキドキと、耳をつんざく鳴き声に、さすがに寝られるはずもなく、7日を過ぎる頃には私のお腹も壊れ、身も心もげっそりだった。


「何とか馴れてくれ!そうしないと飼えないよ!」となだめ続け。


でもヤツは、どっからそのパワー沸いてくるの?と感心するほど、元気で鳴き続け。


11日目。


ぐったり疲れて家に連れて帰って猫を見て。


「もう無理だ。これじゃこっちが参っちゃう。飼えないや…」と言い、「明日獣医さんのところにでも貰い手探しお願いしよう」と決心したその日、ヤツはぴったり鳴かなかった。


そして初めて登ってきた膝の上で、そのまま寝た。


 …(T_T) じ~ん…感動…


心が通じた瞬間だった…わけじゃないよ、全っ然!

この感動は頑張った私自身へのねぎらいだよ。ほんっっっとに苦労したよ、このクソ頑固猫!


まさに


 …勝った…!!!!!


だよ。


今じゃ、あんた犬ですか?くらいベッタベタ。


だったら最初から抵抗すんじゃないよっ!ったくもう(-.-)


画像はやっと馴れて、ドラマーになるべく修行を開始したちびわぎ。

(おもちゃが何もなかっただけっす…。)

AD

吹き溜まりが煮詰まって…

テーマ:
行って来ました、本年最後の忘年会。今年は、また新宿かよ?ってくらい通いましたが、やっと最後…。今日もだいぶ燻されてきた。

しかも最後が一番濃かった(^_^;)某社のOB忘年会。

03年4月一杯で辞めた某社、元々色んな畑から来た人種が集う吹き溜まりだったところから、よく言えば巣立った、悪く言えば弾き出された、20名ぐらいが何故か毎年集まって飲んでいる、世にも珍しいけど、恐ろしい忘年会。

私が在職中にぶっ飛ばしたり怒鳴ったり胸倉掴んだり首根っこ掴んで引きずったりした奴等がいっぱい居るのだ。いやあくまでも職務上のことだったんだが…刺されそうで恐いがね…。

去年は運良く!別件と重なって失礼したんだが、今年は何も…ないやんけ、でしょうがないから行ってみたが。

んまぁ、相も変わらずよく飲むわ、あんたら。
しかもろれつの回らない口でよう喋るわ、ほんと。

それぞれ同業他社に居たり、家業を継いだり、転職したり、独立したり、色々だが、みんなの大して変わらない風貌を眺めていると、数年前の社内に戻ったような妙なタイムスリップ感がしてきて、なんとも言えない妙な気分だった。

そらー懐かしい面もちったぁあるけど、私はあの頃には戻りたくない。そこで死ぬ気でやった業績を振り出しに戻すなんて冗談じゃない。あたしゃ、今までやるだけやったんだ。

って、戻るわけないやん…。

とか、喧騒の中、ひとりで考えたりしてるところに、「あんときゃーわぎさんにぶっ飛ばされてやっと目が覚めたんすよぉー」とか思いっきり絡まれたりしながら、夜は深けていく。

「えーっ!もう帰っちゃうんすか?」とか更に絡まれながら、朝まで続くだろう飲み会をやっとのことで抜け出す。こっちはこれから仕事なんだよっ!

ま、呼んでくれるってことは、私がやってきたことは間違いじゃ無かったってことですかね。その確認だけでも行った甲斐があったってもんですかねー。
辞めた会社の元同僚らがいまだに遊びだ飲みだに誘ってくれて、あっちこっちたまに出掛けるんだが、家の近所=世田谷村にあるベトナム+アジア各地料理=エスニック料理屋【サイゴン】に行くことを定例会と呼ぶ。

内容は、近況を喋って飲んで食べてって、何処に行ったって変わりゃしないんだけど、名前に村の字がつくふたり、Villagesを中心のメンバー構成じゃないとサイゴンには行かない。理由?家が近所だから(^.^)

サイゴンはもう有名。

私がサイゴン好きな理由は、アジア各地の美味しいどころを押さえた料理が食べられてその上美味くて&アジアのお酒が飲めたりするなんてのはもう当たり前。何がいいって店員さんが気持ちよいのだよ。

常にみんなが笑顔で受答えもすっきりはっきり、押付けがましくなく&動きも引きも早く、何しろスマートなんである。

そういう気持ちよいサービスで応えてくれるお店には、びんぼーな癖に「ちょっとくらい高くっても気前良く払っちゃうよ?」な私は弱い。

今日も4人でビールを好き勝手銘柄ふた回し楽しんだ後に、これまた私のお気にのワイン「DARAT」2本完飲、さらに…という具合だった。

久々に美味しかったです。また行きます、サイゴンさま。いつもありがとうございます。

さ、仕事しよ…。
あ、1個だけお願い。サイトちゃんと作ろうぜ?サイゴンさまー。

旧友と酒酌み交わし

テーマ:
超久々に電車に乗り、超久々に下北に行き、超久々に酒を飲み。

久々に(…でもないか)腐れ縁の友達とお話。

ホントはお仕事大詰めで飲んでる場合じゃないんだが、ヤツも多忙で今日しかないってんで、まぁしょうがないか?って理由つけちゃう。

ヤツは大昔に一緒にバンドをやっていて、


   青臭~い青春 & ガラスより鋭く、鋼鉄より硬く尖ってた時期



   親なんかと一緒に居る時間より遥かに長時間


過ごした仲間のひとりだ。

昔の笑い話から国際問題まで?あーでもなぃこーでもなぃと話し意見し合い。
…いやもうかれこれ22年も同じことやっとる。あー、年がバレるわけだね。

で、多分次の飲みも大差ない話するんだよね。

ま、これが腐れ縁っていうんでしょう。そしてバイバイの代わりの合言葉は、


  早く嫁に行けよっ!

  おめーもなっ!


なんだな、いつまでも…。