At the decision.

テーマ:

夏生まれのアタクシ、7月・8月がなんたって好きで、8月下旬になるとどうにも淋しくて、でもまだ夏なんだって言い張ったり、9月になってちょっと涼しくなってもTシャツ着てたりしたもんだけど、この年になってやっとどーでもよくなってきた(遅)


でも、だまってりゃもう涼しいじゃないの?

もう夏終わったの?


うちの暑がりじったまはクーラー掛けろ!ってまだ言ってるけどね。


ぐぅぐぅ…



さて、メラノーマという悪性腫瘍と戦っているクーじぃ。

6月に放射線やって丸1ヵ月後の7月にメラノーマ消失を確認 したんだけど、その後また1ヶ月で残念ながら、同じ場所に再々々発、つまりは再生が確認された。


やっぱり放射線でも根は消えてなかったわけで、まぁ再生はあり得ますと言うことは最初から先生に言われていたんだけど、でもあまりにも早くねーか?


 「何の呪いですか…?」


思わず先生に言ってしまったんだけど、先生だって困るわなぁ…。



この先、どれだけ安楽な延命ができるかに全力を注ぐことになるんだけど、口の中の腫瘍なので、まずここで決断しなければならない。


 もっかい切るか、そのままにするか。


んなこたぁ即答できるわけがないんだけども、とにかくそんなことになったので、幸い仕事も合間だし、しばらく放棄して介護に専念することにする。


このBLOGは、コメントするのに困るような、つらいだかなしいだは極力書きたくないと思ってきたので、今後も介護日記にはしない。

しかし、こんな状況で脳天気なことを書くのもどーかと思うので、当面お休みになるかなぁ。

ま、書ければ書くけど。


つかね、自己中日記とはいえ公開している以上、読者様に読んで頂いてコメント頂いてありがたく嬉しく成り立ってるのでね、いくら自分のものと言えど、勝手に止めたり無期限に放置したりっていうのは私はすべきことじゃないと常々思ってるんだよね。

だから、なるべく書こうとは思うんだけどね。


その状況、心境がどうだろうか?は今は計れないので、なんとも。


もしずっと書けない様なら閉じますね。

その際はお知らせします。



んじゃ、そゆことで、またあとで パー


AD

【猫バトン】

テーマ:

メインクーンというデカくて毛が長~い立派なにゃんこをダブル飼いしてる「bun&rico 肉球日記 」のりくさんから【猫バトン】頂きましたー(^.^)


いざっ!


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


Q1a. にゃんこの名前の由来を教えて下さい。


 なげーすよ?いい?

 うちの黒猫わぎの名前は「かしわぎ」。


 わぎは、私行きつけの整骨院からやって来た。
 1990年の6月、整骨院のとある患者さんの家の軒下でノラが子供を
 産んじゃったそうで、そらー困るので貰い手探してーと、黒猫2匹

 捕まえてなんと!整骨院に持ってきちゃったのだ。

 持って来ちゃう方もびっくりだけど、受け取る方もびっくりだ。

 しかし整骨院も病院。受け取ったはいいが、さすがに動物は

 困るってことで、3階のスタッフ休憩場所にとりあえず置くことに。
 が、なんたってまったく馴れてないノラ猫。
 ごはんを与えるときに1匹が暴れて飛び出しちゃった。

 で、あっという間に開いてた3階の窓から飛び降りちゃった。
 先生が慌てて外に飛び出し、心臓マッサージしながら原チャリで

 動物病院に駆け込んだけど、残念ながらその子は助から

 なかった… それが、わぎのお姉さんか妹。

 その事件があって、やっぱり3階はキケンだということになった

 けど、診療する2階1階には置けないので、近所でジーンズ屋を

 やってた私のところで日中預かることになったわけ。

 黒猫1匹、夜は先生宅→昼間はジーンズ屋、というパターンを

 何日かやったけど、ネットも無い時代に馴れてない黒猫、

 そうそう里親なんか見つかりゃーしない。
 
 さて、そろそろ猫もキャリー暮らしじゃ可哀想だよねってことで、
 仕方なく私が引き取ることに。

  その辺りの苦労話はこちら → 「にゃぃ♪ちびわぎです♪


 いよいよ引取りに整骨院に行くと、黒猫が入ってるペットキャリーに

 名札が… 「かしわぎ」

 先生のひとりが休憩時に自分の名札を外してちょっと置いとくのに
 そこにあったキャリーに付けたらしい。

 そして丁度そこに入ってった私。


  「ふーん、この猫、かしわぎって言うんだ?」


 以来、かしわぎ。


 最初の病院では私の苗字が「かしわぎ」だと思われ、
 「ネコちゃんのお名前を教えてください」
 「かしわぎです」
 「いえ、ネコちゃんのお名前を…」
 「はい、かしわぎです」
 「…。えぇと、この猫のお名前は…?」

 すっかり日本語ワカラナイ人扱い(笑)


 源氏物語からとったのね♪って感激する人、この16年に数人あり。
 (光源氏のカタキですね。)

 説明がめんどくせーので「ええ。」って言ってるけど、ぎょめんね、

 うそでつ(笑)


 そして当時のバンドのVocalが
 「うちの猫、"ミック"にしたから、あんたんとこのは"チャーリー"ね」
 ってFirst Nameを賜り(笑) ええSTONESですけど。


 んで、"チャーリーかしわぎ"っていう、コメディアンか手品師か、

 しかもダメそうっていう名前が出来上がり。

 つまりヤツは "チャーリー・かしわぎ・○○"

  (○○はうちのLast Nameの漢字)

 どうだ、まいったか?


(@_@。。。

 (何でコイツいつもびっくりしてんだか…;)

Q1b. にゃんこと暮らしてて一番印象に残っている強烈な

   出来事といえば?


 うちに来て間もない、まだ馴れてない頃、ちょっと買い物に出たら

 わぎが部屋から居なくなった。

 は?出られるところは無いはず。どうした?

 それほど家具も無かった部屋で、猫紛失。
 どうしたもんかとタメ息ついてみたところ、目の端に黒いものが…!


 げ。天井に留まってる…!

 何だこの猫!

 そう、当時天井に布を貼ったりしてたんだよね。
 で、ヤツはカーテン登ってそのまま天井に…で降りられなくなった

 らしい。

 また爪引っ掛けて踏ん張ってるので、取るの大変だったで(笑)
 


Q2 次に回す人へ質問を考える


 …つかさぁ、りくさんからのこの質問に冒頭で答えるものなんじゃ?
 …りくさん?
 名前の由来とかはりくさんへのQだったんだね?

 …ま、書いたもんで消すのヤだかんねー、そのまま気づかないこと

 にするけどねー(笑)

 ほ? 私が何かを勘違いしたのか?
 ま、いいやなー(^.^)



Q2a. お宅のネコちゃんが突然人間の言葉を話すように!

  『なんでも相談にのるよ』と言ってます。何を相談しますか?

 Web 2.0時代を迎えて今後の経営戦略をどう執るべきか、
 黒猫的視点から意見を聞きたい。
 …とか書いときゃいいすか?
 
 なんかしたいことある?とか食べたいものある?とか聞いてみても

 いいけど。
 クーと喋ったりする?とか(笑)



Q2b. ネコちゃんと生活を始めて、一番変わったことは?


 もちろん猫に振り回されて猫中心の生活になるので、
 しまいにゃ猫のアパートに住まわせて貰ってるような逆転意識に

 なったなぁ。
 まぁファミリーが増えたっていう責任感は生まれたかなぁ。
 例え破産しても猫だけは食べさせなきゃみたいな(笑)


で、改めて「次に回す人へ質問」を考えるのね。

 a. 物言わぬ猫に聞いてみたいことは?

b. あなたが猫になったらやってみたいことは?

 c. あなたの猫はあなたをどう思ってると思いますか?



Q3 バトンを回してくれた人へのメッセージ


 「bun&rico 肉球日記」のりくさん
 http://bunrico.exblog.jp/

 ブログ始めたころからお付き合い頂いてまして大変お世話になって

 おります。ありがとうございます。
 じつは当時りくさんチの "りこちゃん" を男の子だと思ってまして、
 さらに種類は "メイクーン" だと思ってまして、
 友達に「じゃがいもじゃないから」って怒られまして。
 "メインクーン" でつね。
 すみません、カタカナ読めないんでつ…。
 こんなアホですが、ブログ繋がりも何かの災難だと思って
 今後とも宜しくお願いします(笑)



Q4 そして最後に3人に回す


 このブログの猫繋がりの方へ
 つまり、猫飼ってる人、全員です。
 黒猫倶楽部の方も全員です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 


改めて、猫バトンは…↓


******************************************

1.バトンを回してくれた人からの質問に答える

 a. 物言わぬ猫に聞いてみたいことは?

b. あなたが猫になったらやってみたいことは?

 c. あなたの猫はあなたをどう思ってると思いますか?

2.次にバトンを回す人への質問

3.バトンを回してくれた人へのメッセージ

4.バトンを回す3人

******************************************


です。

はい、おねがいしまーす!


えーと。

「みんながやるからあたしはいっかぁー」とか思っちゃってる方、ちっちっち。

猫飼ってる方、全員です、全員。


にゃんぞうさん?

ぽっぽちゃん?  …するーしちゃダミだよ? (^.^)



AD

快晴の空に想ふ…

テーマ:
元旦2日とも東京は快晴ー。気持ちの良いお正月だ。

電線や電柱がどうしても写るのでビジュアル的に許せず、撮影しなかったが、屋上からは富士山が見えた。そして初夢は案の定さっぱり憶えていないが、折角お正月だから一年の計を。

「今年は地道に仕事する」

…当たり前?やっぱり?
いや、いつもまじめに地道に仕事してるけど、改めて思っとかないと。

でも「来るものは拒まず」ではない。自分の考え方をご理解頂き、一時的にでもパートナーとして共に歩める方とのお仕事でなくちゃ、受けない。

偉そうでしょ。でも結果それが相手のためでもあり、だと思うからね。

規模は小さくてもOK。でもしょぼい考えの、何のためにするのか判らないような仕事ならNG。

何でもいいから仕事ください、なんてどうしたって言えないね。

はい、2005年もイイ仕事しますよ。
AD
うちには1月で12歳になる"じっつぁま犬"がいる。室内犬のシーズーなので、大型犬よりは長生きするはずだが、ここ半年でめっきり老け込んでしまった。まぁ年を取れば誰しも老いるように、足腰が弱くなり、動きが鈍くなってきたということなんだが。

心臓病で毎食薬を飲んでいる上、元々目の病気+白内障も発症状態で、殆ど見えないせいもあり、散歩の時の歩く速度は半減、一緒に歩くもう一匹のシーズー・奥様犬が「んもー早くしてよ。」と仏頂面で振り返るくらい。

それでも食欲は超旺盛!お友達犬大好き!な生きる気力漲っちゃってる、愛嬌溢れるじっつぁま犬なのである。

彼は"食う"ことに関して、なにしろマメである。そのたゆまぬ努力には敬服する。

 ・起きてる時はとりあえず「なんかくれ」とねだる、ごねる、脅す、
  鳴き落とす。
 ・一本でもひとかけらでも何でもいいからおやつを貰おうと、
  隙有らば台所に並ぶ。
 ・自分のご飯を食べ終わった後は、必ず奥さんの食器をチェック、
  ひとかけらでも残っていれば全部食う。
 ・何か貰ったらその場で食べて更に「おかわりくれ」ととにかく言う。
 ・が~が~大イビキで寝ててもビニール袋がパリパリ言えば、
  目を覚ます。

一日2回、適正量のご飯を食べての上である。
片や奥様犬はそんなことはない。「もうないよ」と言えば「あ、そう。」、「寝なさい」と言えば「は~い。」だし、ご飯などは自分の食べたい分だけ食べて、もう要らなければ残す。

同じに育てているのに、なんだってこんなに違うのか。じっつぁまだけどうして食い魔になってしまったのか?

実は彼は可哀想な幼年時代だった。彼はうちに来る前、某デパートの屋上のペット売り場で「明日で処分」の売れ残り君だったのだ。

後々、私が怒り心頭で乗込み、そこの店員の胸倉を掴んで問い詰めて白状させたところ、生後まもなく母犬から離されて連れて来られ、大きくならないようにご飯はドライフード1日10粒のみ、しかし管理不行届きのケージでダニがつき、痒さのストレスで食べても戻してしまうので、ガリガリに痩せこけ、生後4ヶ月近かったのに体の大きさは「2ヶ月半くらいですね」だった。

その状態でうちに来た直後から食べては戻しを繰り返し、翌日獣医に連れて行ったら「栄養失調&ダニつき」の診断で即入院となってしまったのであった。

そんな不幸な幼年時代のせいで"とにかく食い気"、"何しろ食い気"、"寝ないで食い気"、な犬になってしまったのだった。

まぁ食欲があるうちはちょっとボケても元気な証拠、寝たきりになったりしないだけ有り難いのだが、老化するに連れ、入れたら今度は出す「お通じ」が朝まで持たないことになった。

今まで朝9時ごろと夕方5時ごろのお散歩だったのだが、ちょっと前から朝4時に「わん!」と叫ぶ、「う○こしたい要求」が始まった。

それに対応&解決すべく、散歩時間を朝9時ごろと夜10時ごろに切り替え、大体のところはOKになったのだが、夕べのように夕方から雨だから急げ、で早めにお散歩してしまうと、やっぱり朝4時にむっくり起きて「わん!」なのだった。

彼こそモノホンの4samaである(^_^;)

そんなこともあろうかと、私は家での仕事時間を夜中~朝方に変えた。その方が猫も犬も「構ってくれ」とやってこないし、静かで捗るということもあり。"4時う○こ"にも即対応だ。

大雨突風の中、カッパを着てお散歩の大騒動。それでも漏らさずちゃんと「伝えて」がんばって短い足で必死に歩く彼を見ていると眠気も文句を言う気も寒さも失せ、彼の意思を尊重してあげたくなる。帰ってからだってドライヤーで乾かしてあげちゃう。

動物は、とんでもなく手が掛かると思えば掛かる。でも日々可愛らしい姿を見せてくれ、どんなにか慰められ、癒され、笑わせて貰って来たことを思うと、苦労も面倒も全然苦にならない。

考えたら奥様犬も猫も、そして親も、もう年寄りの域なのである。これから色々"対応"を迫られる事態がやってくるのだろう。でもそこに感謝の念を持って、できるだけ気持ちよく"対応"してあげたいと思う。

今まで好き勝手やってきた分、自分の都合は後回しでいい。介護と言わず、恩返しでありたい。

防災グッズ

テーマ:
ここんとこの異常気象振りを見て、遠くない将来、関東にも大震災がやってくると実感。

いい加減防災グッズを揃えようと、実家に格納庫を設置中。

うちは犬も猫も居るので、避難所には簡単には入れてもらえないだろうし、でもやつらをほっとくなんてできないし、どう考えても一緒に居ると思うから、犬猫の分ももちろん揃える。

偏った考えかもしれないけど、人間は助けて貰える、もしくは自力でどうにかできるから、ある意味いいんだ。

でも動物はほっとかれて後回しだから、まずケアしてあげたいと思う。

私は動物バカで結構だ。だって命の重さ、同じじゃない?

3時間前起床

テーマ:
寝ることがこの上なく好きで、目覚まし無しで心ゆくまで寝ることに無常~の幸せを感じるのだが、やっぱり仕事もせにゃー寝ても居られないわけで。

以前テレビか本かで「脳の働きは始動の3時間前に起床がベスト」というのを知り、打合せやミーティングや…とにかく始動の3時間前にはナンとしても起床することにしている。

シャワーしてコーヒー飲んでニュース見てメールチェックして…。

頭の回転の速くない私にはこれが精一杯の対策なのである。

でも多分、かなり有効。