【北京・米村耕一】デザイナーのコシノジュンコさんが15日夜、北京の人民大会堂でファッションショーを開いた。85年に北京で開いた初めてのショーから25周年を記念したもので、日中のファッション関係者ら約200人が集まった。

 25年前のショーは、まだ人民服が多く見られた時代の中国で強い印象を残した。当時は北京にはモデルがおらず、募集をすると軍や警察関係者からも応募があったという。コシノさんはこの日の会場で「この25年間の(中国の)ファッション界の発展ぶりは大変なもの」と感慨を語った。

 また、北京市の798芸術区のギャラリー「東京画廊+BTAP」では、コシノさんの中国などでの活動25年を振り返るパネルや、夫で写真家の鈴木弘之さんの作品を展示した写真展を30日まで開催している。

登記翌年の提案に、小沢氏「そうしてくれ」(読売新聞)
医療法人社団博美会が破産手続き―レーシックの神奈川クリニック眼科など運営(医療介護CBニュース)
TBS社員をかたり詐欺(スポーツ報知)
携帯ゲーム中毒の主婦、中学生に売春させる(読売新聞)
「全日空商事」元社員ら、8600万円の詐欺で逮捕 架空業務発注(産経新聞)
AD