エプソン販売とエプソンダイレクトは13日、デスクトップパソコンの「エプソン オフィス」シリーズなどの6機種で発煙・発火の恐れがあるため、無償で点検・修理を行うと発表した。

 対象台数は2001年12月から04年1月まで販売した約11万5300台。電源内のはんだ付け部分で異常発熱し、本体背面の排気口付近から発煙・発火する可能性があるという。

 問い合わせはエプソンの特別対応窓口(0120・948・334)へ。

モウリーニョ:「セリエAで何が起きているかは言わない方が良い」
学校医不在で市長と医師会長が会談―山梨・上野原(医療介護CBニュース)
台風の目「第3極」…政権与党を利するケースも(読売新聞)
<海洋土木業者>政治団体が公益法人と一体化か 会計を兼務(毎日新聞)
<自民>参院選岩手で県議を公認(毎日新聞)
AD