神戸市中央区東川崎町1の市総合児童センター外壁に9日、色とりどりのハンカチ1万枚を使って神戸の街を表現した巨大モザイク画(縦約10メートル、横約15メートル)が登場した。ハンカチ一枚一枚には「地震のないこうべ!」などと防災・減災への願いが書かれており、阪神大震災から15年を迎える17日まで毎日(12日を除く)、掲揚する。

【写真特集】被害の様子まざまざと 阪神大震災

 親子で震災を語り合う機会を提供し風化を防ごうと、同センターなどで作る実行委員会が企画。09年11月中旬から12月末まで、訪れた親子ら約3000人が計10色の不織布のハンカチ(約15センチ四方)に「たんすなどを固定する」「まくらの横にくつやスリッパを用意しておく」などの教訓を書いて緑や赤、黄色など色ごとに張り合わせポートタワーや六甲山、神戸港に浮かぶ船などの絵を完成させた。

 モザイク画は、午前9時半~午後4時ごろに掲げる。【植松晃一】

【関連ニュース】
【写真特集】関東大震災
阪神大震災:288のモニュメントを地図に CDで紹介
阪神大震災:直後の写真、消防が公開 800点展示へ
阪神大震災:今も被災者と年賀状 東京の元ボランティア

「酒に酔って魔差した」巡査長がアイス5個万引(産経新聞)
電子書籍、iPhoneで読めます モリサワが携帯向け閲覧ソフト(産経新聞)
「気負わず、職責全う」=白木新判事が就任会見-最高裁(時事通信)
心のケア担当教員、今年度限り=被災世代が中学卒業-存続求める声も(時事通信)
広い範囲で強風、積雪=低気圧接近、交通に影響-警戒呼び掛け・気象庁(時事通信)
AD