きょうの『和菓子の玉手箱』

京都で活動する、和菓子ライター・和菓子ライフコーディネーターの小倉夢桜-Yume-が『今だけ』『ここだけ』『あなただけ』をコンセプトに毎日お届けする京都の素敵な和菓子たちの世界!


テーマ:

こんにちは!
京都で活動している和菓子ライフデザイナーの小倉 夢桜-Yume-です。
こちらのblogへご訪問くださりありがとうございます。
 
本日ご紹介する素敵な京都の和菓子はコチラです。

 
【きょうの『和菓子の玉手箱』】
如月の京都。
節分で賑わっていた10日ほど前、須賀神社では江戸時代に存在していた懸想文売りを再現した二人組に会うことができました。
懸想文とは、ラブレターのようなもの。
江戸時代には貴族達が副業として、このラブレターを代筆していたそうです。


その貴族たちは、身元が分からない様に烏帽子に水干姿で顔を隠して梅の木の枝に懸想文を挿して売っていたそうです。

 

本日はバレンタイン。
懸想文売りが持ち歩いていた、梅の木の枝に挿していた懸想文を表現した白小豆の羊羹製のお菓子です。

 

「懸想文(けそうぶみ)」
宝泉堂
京都市左京区下鴨西高木町25
(075)712-1270

 


【連載のお知らせ】
和菓子ライフデザイナー・小倉夢桜執筆の和菓子歳時記。(毎週水曜日に更新予定)
【月刊京都版 きょうの『和菓子の玉手箱』】が白川書院さんより更新されました。
今回は、春を告げる鳥に関する和菓子のご紹介です。
https://www.facebook.com/gekkankyoto/photos/a.342576932604067.1073741828.336672439861183/592729034255521/?type=3&theater

 


京都の素敵な和菓子を毎日ご紹介!
まるで和菓子図鑑のよう。。。
オフィシャルHP【きょうの『和菓子の玉手箱』】はコチラ。
http://wagashi-no-tamatebako.kyoto-lovers-forum.com/

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

Yume Oguraさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。