和太鼓奏者!篠笛奏者!邦楽器アーティスト”友永綾美”ブログ

女性篠笛奏者、女性和太鼓奏者として全国で活動を続け、作曲・作詞・プロデュース・舞台構成や演出も手掛ける、名古屋出身のアーティストです。

和楽&友さんの情報コーナー


─観覧、視聴可能な出演情報─────
右2017/10/07(Sat)Miyu10周年記念ライブ@ピアノバー・アドリアーナ
右2017/10/04(Wed)中秋の名月 観月会【月結】@ストリングスホテル
右2017/9/16(Sat)笠松町ファミリーコンサート
右2017/8/06(Sun)翼小学校・納涼夏祭り
右2017/7/17(Mon)浜名湖ボートレース:井伊直虎杯
右プレイランド平和2017春のTVCMに出演!ただ今放映中!


─その他の最新情報はオフィシャルサイトからもご覧いただけます─────  
和太鼓


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*
伝統音楽から最新音楽までジャンル問わず、演奏、音楽制作、コラボレーション、TV,映画、CM…他、出演ご依頼はお気軽に和楽HPよりお問い合わせ下さいませ。



テーマ:

先日、久々に東海太鼓センターの獅子頭をお借りしての獅子舞練習をしまして。

今度、獅子舞のご依頼で2年ぶりに舞うので…。

(衣装と後ろの垂れ幕は、べつにテンション上げようとかではなく、獅子舞用の写真撮影も兼ねているためですキョロキョロ)

 

重さの軽い獅子頭の場合、演奏当日にいきなり「頭(かしら)」に入っても、獅子舞をすること自体が体に馴染んでいる人なら頑張れるのですが、

本格的な重さの獅子頭の場合は、事前にこうして実際に頭(かしら)に入って動かないと、

物の数分で大変なことに。。。。

 

私が初めて獅子舞の演目を習った、およそ20年前。

東海太鼓センター演奏集団「けやき座」で「若山社中・江戸寿獅子を習得しよう」ということで、加藤ご夫妻から習ったときに購入した獅子頭が、こうして今も健在で、本当に神々しいお獅子なのですが、

ちゃんとしたお獅子なので重いのです。

 

それなりに。

 

これでも程よい重さのほうだと思いますが、時々しか獅子頭に入らない…という人にとっては、

罰ゲーム的な重量感に感じます(;^ω^)

 

腰と、肩が壊滅的に悲鳴を上げます。ゲロー

というのも、獅子を舞っているときの基本姿勢や、歩く姿勢は、これ。

腰からほぼ90度に前に倒して、ネコ科の動物と同じような足運びをします。

いかに腕を前に出して、獅子の胴体を長く見せられるかもポイントです。

 

この写真の場合、いったん自分の体に獅子頭を引き寄せかけています。

そう。最初から縮んでしまっていては、こういうことができなくなってしまうのです。。。

そして、獅子頭のうなじ部分背中の部分にへんな凹凸がでないように、

自分の頭は起こさないことが鉄則。

 

 

で、腕の高さを、自分の肩からなだらかな直線に保つよう、少し肘の位置をコントロールすることが大切。

 

これでようやく、少し猫背でありつつも胴の長さとスタイルを綺麗に見せ、獅子らしくすることができます。

 

でも・・・・。

疲れてきた「中の人」が陥りがちなのが「自分が猫背」になるケース。。。。

腰から前に倒す姿勢がつらくなると、腰が引いて重心が後ろへいき、

だんだんと自分の体が床に対して垂直になり、

それでも低くなろうとするために、「猫背でスクワットしている」ような姿勢になります。

 

これだと、お獅子の胴が短くなってしまうし、座っているんだか立っているんだか不明な動きになるばかりか、

ヒト感が出まくりですチーン

 

これはいただけない。

 

滑稽きわまりない。

 

なので、獅子舞を習い始めた人や、時々しか獅子頭に入りません、という人にとっては、

この基本姿勢は至難の業。

 

日ごろ獅子の動きで生活したろか!と思うほど、

獅子舞に必要な筋肉を呼び戻さなければいけません。

 

さらに言えば、ここからまぁまぁにアクロバティックな動きも加わったりするし、

感覚をつかまないと、前後左右がわからなくなったり。

中の衣装と、獅子の布が摩擦で絡まるのを、動きながら直したり、

長い長い獅子の毛が、重さで左右にずれてこないように背中部分を修正したり。

 

とにかく色々と忙しくしながら色々な舞の所作をしているのであります。

 

すっかり中の人の様子の暴露をしていますが、

獅子舞は縁起物。

 

着ぐるみでもなければ、ゆるキャラでもないので、

「着ぐるみの中の人」…の感じで書いてしまってスミマセン…という感じですが…真顔

 

ちなみに、この獅子頭には友永家オンリーの名前がついていますラブ

当時、舞を練習することになった私含めた4人のメンバーが、

自宅練習できるようにと交代で持ち帰らせていただき、

我が家に来た時に、まるでペットのようにMINAが名前を付けて可愛がっていました(笑)

 

で、我が家を巣立つ時に獅子頭を包んだ布(大判スカーフ)が、

20年ほどたった今なお、獅子頭を包むために使われているのですおねがい

 

東海太鼓センターの、物持ちの良さ(笑)!!

そして、使ってくれていることに、なんだかいつも嬉しくなる友永親子でしたドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!(^^)!

あ~…また久々にバンド編成でライブしたいな~♪と、いろんな名曲や思い出の曲を整理していると心が躍ります♪

 

昨年は、それに近いライブを久々にさせていただきました。ちょうど昨年の11月でした。

 

ここのところ太鼓を打っている写真が、こういったものしかないことに気づきましたし…

 

それよりも…!今日、嬉しいことがいくつかあって、

そのうちの一つ…。30年前のシンガー仲間の姿を発見したのです♪感激です!!

 

私が18歳のころ、シンガーとして歌ったり踊ったりしていた時の仲間の、30年前と変わらぬ姿に、「絶対マリコ(彼女のシンガーネーム)だ!」と思ってSNSも拝見しました。

 

間違いない!

 

現在の歌のパートナーさんが書いていた投稿「唐揚げが大好きなマリコのために」を読んで、「絶対そうだ~~ちゅー」と確信(笑)

私たち唐揚げが大好きで、当時唯一あったコンビニ、ローソンで毎日「からあげクン」を買って、

ステージ前に楽屋で食べていたのよ♪

 

今でも唐揚げが好きなんだ~(^^♪…って微笑ましく思いました。

 

本当に色々な思い出がある友人なのですが、今も歌手活動を続けている様子で、

それがとっても嬉しかった!

 

(…っていうか、青春時代の話って、いつも、「30年前」あたりだというのが地味に恐ろしい)

 

あの頃のシンガー仲間それぞれのレパートリーは、たぶん皆心に残っていて、その曲を聴くと思い出すはずなのです。

中でも、私がマリコのレパで大好きだったのが「Greatest Love Of All (ホイットニーヒューストン)」。

今も、篠笛で吹きたい曲であり、時々聴いている曲です♪先日はカラオケでこの曲を吹いて98点でした((笑))

 

 

本当に歌のうまいマリコちゃんで、それはそれは美しく可愛い人でした。

私よりも2歳年上にもかかわらず、妹みたいなところもあって💛っていうか、いつも私が傍若無人にマリコを引っ張って遊んでいた記憶も…。

 

マリコが結婚して東京に行ってしまってから1度あったきりですが、また再会できる日を楽しみに

私もまだまだ頑張らなくては!と、幸せな気持ちになれました♪

 

この場を借りて…。

 

マリコ!応援してるよ♪

お互いこれからも大好きな音楽を続けていこうね(#^^#)

そして、再会を楽しみにしています!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月の話にさかのぼりますが(;^ω^)、新聞折り込みの冊子(地区ごとに入っている冊子)の取材を受けまして、掲載していただきました。

 

その記事の発行日に、

笛の生徒さんが記事をたまたま見つけてくださって、

喜んでその写真をLINEで送ってくれました♪

 

ああいった冊子は、目を通す人、通さない人がいて、以前、同じく中日新聞の冊子「Nat's」に掲載いただいた時も、数人の方からご連絡いただいたこともありましたが、

今回の生徒さんと同じく「見ましたよ~♪」って連絡をくださる方々の存在って、とっても嬉しいなと思います(#^^#)

 

さて、秋は学校公演、芸術鑑賞会などが多いのですが、先日公演に伺った小学校では、

教頭先生と司会担当の先生が、偶然ですが夏に教育関係の方が集まる催し物で

私たちのコンサートをご覧いただいておりました。

 

学校公演のあと、「あの時と、編成も雰囲気も全然違うから最初気づかなかったんですが、

途中から”あれ?この方たちって…” と思いつつ、今日のMCの最後の ”親子”の話で、あの時の方たちだ!と確信しました(^^♪」

 

と興奮の中声をかけてくださいました!

 

確かあの時は、和太鼓は音量的にNGで、カホンとシンセと箏と篠笛、という、

私たちの4人編成の人気のパターンで、カバー曲を多く演奏したのですが、

今回の学校公演は「和太鼓」中心で、友永親子と宮井さん(男性)の3人ユニット。

雰囲気も楽曲も、180度違います(;^ω^)

 

 

3人の出演とは思えない太鼓の数、と驚かれますが(子供たちもこの日は驚いていました)、

和太鼓の世界でいうと、今はだいたいこんな感じです。

圧倒的に

「楽器のほうが多い」

ように見えます。

 

太鼓の伝統曲、オリジナル曲に加え、リクエストプログラムの「カバー曲(ただし太鼓と篠笛のみで)」、そして恒例の体験コーナー!

 

色々楽しんでいただけるという意味では、変幻自在でカラーがない(笑)というのも

それはそれで美味しいメリットなのではないかと。。。

 

色々なスタイルで皆様に音楽をお届けできるよう、今後も頑張ってまいります♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、当選運があるのか、コスメの現品プレゼントやサンプルプレゼントが続々我が家にやってきます。

その中で、当選者5名の現品プレゼントという、私にとって数少ないラッキー当選したのがこのコンシーラーちゅー

 

最近また粉ファンデの復活を計画したため、ミネラルファンデに再挑戦しているんですが、

それに合うUV下地やUVコンシーラーを探しているのです照れ

 

で、このAMPLEURのラグジュアリーホワイトコンシーラー。

正直な感想を書いちゃっていいでしょうか(;^_^Aいいですよね…?

 

使用感はとっても使いやすいタイプです。

というのは、リップグロスのように、チップでつけるタイプだということ。

シミ隠しコンシーラーというアイテムなので、小さくピンポイントで塗ることができるのは大切!

 

リキッドやクリームのようなとろみは無くて、ベタっとしています。

リーフレットでは、まるでクリームタイプファンデやリキッドファンデみたいなとろみがありますが、

悪く例えると絵の具やペンキのような質感というのでしょうか(笑)

 

でも決して厚塗り感ではなく、フラットに伸ばせて、薄いシミなら綺麗に隠れます。

 

塗るとサラッとしていてべたつかないので、そのあとに粉タイプのファンデなどを乗せても

よれない!

 

これはポイント高いですウインク

 

SPF50+ PA++++なので、UV予防もできますね♪お肌のきれいな人なら、部分的に綺麗に伸ばして、

あとはルーセントパウダーでもよいくらい綺麗に肌に乗ります♪

 

そもそも、こちらのメーカーは、ドクターズコスメなので成分は肌に優しいか、効果の高いものをラインナップとして揃えているようで、このコンシーラーもUV防止効果が高いのに、

 

ただ一つ…気になって仕方ないことが…。

 

 

リーフレットやキャッチコピー、ちょっと見てください↓

 


まるで「美白ができて、ハイドロキノンの効果でシミが消える」ように受け取る人もいるのではないかと

心配さえしてしまう表示内容です。

 

これはあくまでコンシーラー。

 

 

よく見ると小さな文字で、書いてありました。

「シミが消える」→ ※メイクアップ効果でシミを目立たなくすること

「安定型ハイドロキノン配合」→※製品の抗酸化成分

「ビタミンC誘導体」→※製品の抗酸化成分

 

そう、ビタミンC誘導体の効果は、美白ではなく「製品の抗酸化を防ぐため」なのです。

ご注意くださいね( ˘ω˘ )

 

これ、こちらの商品のみならず、ビタミンC誘導体などや日焼け止め、UVなどに関する表示法の決まりに

一応乗っ取って、他メーカーのコスメでも書かれています。

化粧品公正取引委員会

 

この中での、ビタミンC誘導体についてのルールは、

1 基本的な考え方
   注)13「全成分表示を行った場合は表示できる。」の解釈については、「ビタミンC及びその誘導体」を製品の安定剤(抗酸化剤等)として配合し、全成分表示の中に「ビタミンC(表示名称アスコルビン酸)及びその誘導体」の成分名が表示されている化粧品にあっては、消費者に「ビタミンC及びその誘導体」の配合目的を説明するために、当該配合目的を併記した場合に限り「ビタミンC及びその誘導体」の成分名を特記して表示することができる。ただし、その場合消費者に誤認を与えない方法で行うものとする。

(引用:化粧品公正取引委員会:「『紫外線吸収剤・散乱剤』及び『ビタミンC』を配合した商品の表示基準」の「2『ビタミンC』を配合した商品の表示基準」における「注)13全成分表示を行った場合は表示できる。」の運用について )

 

 

というように、「製品の安定剤」として配合していること、とあります。

そして、消費者に誤解を与えないように、その旨を「同サイズの文字で」書くよう示しています。

 配合目的(製品の抗酸化剤等)の文字の大きさは、「ビタミンC及びその誘導体」の文字と同等とすること

(引用:化粧品公正取引委員会:「『紫外線吸収剤・散乱剤』及び『ビタミンC』を配合した商品の表示基準」の「2『ビタミンC』を配合した商品の表示基準」における「注)13全成分表示を行った場合は表示できる。」の運用について )

 

でも、残念ながら小さな文字で書かれていますよね~~(;^_^A

この点だけが何だか残念でした~。気づかずに、「美白できる」と勘違いされる方が出ないようにと思いまして、

あえて書かせていただきましたm(__)m

 

ただ、使用感はその後のメイクアイテムとの相性をシビアに選ばなくてよいので

結構好きな商品ですよ♪

 

ただし、このサイズで5000円弱とはお高い…(アラフィフですがスミマセン、日々コスメの基本はプチプラです…)

 

あと一つ上げるならば…

 

メイクの上からも使えるアイテムなのですが、乾燥のひどい方、たるみ毛穴などが目立つ方…などは、

ファンデの前に仕込んでおくことをお勧めします(;^_^A

リキッド系などやクリームタイプの方なら大丈夫と思いますが、私のように粉ファンデの場合、

メーカー記載では「パウダーファンデなどの場合は、最後にコンシーラーを」とありますが、

粉の上に塗ると、肌悩みが目立つ恐れがあります…。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Cool Style Japan様主催の、中秋の名月満月観月会【月結2017】が、

10月4日、ストリングスホテルにて開催され、多くのお客様がお越しいただきました。

お写真とともにレポートいたします。

 

見事に月も姿を見せ、この日はお天気にも恵まれましたね♪

パフォーマンスとお茶のお点前はガーデンテラスで行うため、天候がよくないと…と、冷や冷やしましたが。

 

大和流のお茶を献茶される水野礼子さんは、お天気までも操る方でした★

 

ストリングスホテルの宴室の外にはガーデンテラスがあり、そこからは、ホテル併設のチャペルがセンターに位置し、抜群のロケーションです。

 

 

この日はディナーコースも楽しむことができ、皆様、中秋の名月に合わせたお料理を楽しんでおられました。

 

おもてなしは、受付、会場内、テラス…そしてお土産に至るまで、美しかった!

 

主催の堀さんです♪

 

お月さまに見立てたお料理の数々。

 

今回私たち2人の演奏パフォーマンスは、月をテーマとした4つのシーンを構成しました。

まずは、人々が月を心待ちに、唄い踊る【夜祭】。

さんさ踊りの太鼓踊りを、少し神秘的に表現し、2人で太鼓踊りを披露。4月の能楽堂バージョンでもご披露させていただきましたね!

 

 

祭りの後は、【祈り】です。さんさ踊りや、鬼剣舞などをモチーフに、アレンジやソロを加え、

祭りとは違う、厳しく厳粛な祈りを表現。

そして次へのシーンのつなぎは、MINAと私、それぞれ、月をテーマにしたヤマト唄を一つずつ唄いました。

 

3つ目のシーンは、【宵闇】です。月光や希望の光は、闇があってこそ輝くもの…。その暗闇のシーンなので、悲しみや絶望のイメージです。

涙がしたたるような雫にも聞こえる綺麗なピアノをBGMに、私が踊ります。

民舞の要素とピアノをコラボさせました。

 

最後のシーンは【森羅万象】。文字通りの意味合いでもありますが、今回は特に、祭り~祈り~闇~と流れて、最後、雲が晴れて月光が射し、月が神々しく姿を見せるシーンです。

最近私たちではお馴染みの豪華な楽曲【森羅万象】を、MINAの舞と私の笛&踊りで。

 

大和流の茶道は、一つ一つのお茶の動作の「なぜ?」がよくわかる流派といいますか、

おもてなしの心など、神や相手に対しての心あっての所作だということを、礼子さんが説明されます。

 

 

美人なお弟子さんも、お点前を披露。

 

この日は、お食事中までは外が強風で、寒かったのですが、ガーデンでの演奏とお茶の時には風が弱まり、それでも体が少し冷える気温でした。

お茶が心身ともに染み渡りました。

 

お釜が、富士山の形です。大和流ならではのもの。

 

 

一つ一つのものに、美が満載!

 

最後に会場に戻り記念写真♪

この写真、3枚撮影したのですが、後ろのほうの男性が、3枚ともに工夫を凝らしていらっしゃいます(笑)

3枚揃ってごらんになりたい方は、友永綾美Facebookでの投稿記事をご覧ください( *´艸`)

 

主催、関係者の皆様です。

 

ちなみに、ホテルのチャペルは、こんな感じになっています。

ささしまライブの敷地に、こんな場所があるとは。

 

私たち(和楽)というのは、いわゆる「何でも屋」風情。

 

ジャンルも問いませんよ、メンバー構成もフルオーダーですよ、というスタンスが一つのウリではありますが、その分、それぞれの芸のみを長く専門でやっていらっしゃる方に比べると、色々と未熟だと思います。

本場の芸、生粋の芸をリスペクトし、私たちならではの視点で表現し、気軽にまずは伝統芸能に触れていただくパイプのような存在となれればと思います。

 

とはいえ、私たちの得意芸の一つは「空間演出」「ストーリー」など、世界観を音と体で表現する構成をご披露できること。できる、、というか、好きなのです(#^^#)

 

演奏する、というのとは少しまた違い、表現する、ということ。

今回は、4つのテーマを堀さんにお伝えしたところ、堀さんや礼子さんも、そういったイメージを持っておられる方々なので、

堀さんが私たちのパフォーマンスの間にそのストーリーをナレーションしてくださり、

より、お客様に伝えることができたと思います。

 

通常のステージでも、こういったストーリーを、時には半ば無理やり作って、バラバラのジャンルや時代背景のものを繋げるのですが、

そこにはMCやナレーション、語りや唄など、もしくは文字情報など「言葉」で伝えることも大切にしています。

 

そうすることで、奏者も表現が変わってきます♪

 

ガツガツの和太鼓も、温かい和太鼓も、ほっこり民謡も、イケイケ、おしゃれなライブも…

そして今回や5月の檜舞台「美神プロジェクト」も。

 

全くタイプの違うそれぞれの世界を表現できる楽しさに、日々、心が躍ります♪

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お知らせが全体に行き渡っておらず、ご迷惑をおかけしております。

 

あと数日に迫ったセレブリティーかつ、優雅な観月会【月結】の残席がわずかだそうですので、ご検討中の方はぜひ急いでアクセス下さいませ♪

 

美を追求し、空間演出を追求し、神秘的で幻想的な世界観をお届けすべく、私たちも頑張ります!

 

大和流茶道のふるまいも大変優雅ですよ( *´艸`)

そしてそして、私も今回のために準備したプログラムもあり、楽しみでなりません。

 

お食事とフリードンリンク、お土産もご用意されており、お茶も楽しめます♪

そして、ささしまライブにオープンした素敵な【ストリングスホテル】でのひと時を堪能できるのもおススメポイントです。

 

1年の中で最も美しい月が楽しめると言われる中秋の名月に、
月を愛でながら、日本人ならでは感性を研ぎ澄ませるひとときを過ごす「月結」が今年も開催されます。
3年目となるこの観月会は、水野れい子さんの素晴らしい所作によるお点前披露をはじめ、Guestに、和楽のお二人にお願いいたしました。

直感でお月さまのもとにはお二人がお似合い・・・
創造する事の大好きなお二人は、中秋の名月 観月会の為に
Specialな内容をお届けくださいます。そんなお二人の奏でる神秘的な時間もイベントの魅力です。満月の元、神秘の世界へと誘います。


どうぞ、お楽しににいらしてくださいませ。

月明かりの下、芸術の秋を楽しむ時間を過ごしてみませんか。


中秋の名月 観月会 「月結」
■日時:10月4日(水)19:00開宴(受付18:30~)
■会場:ストリングスホテル名古屋
■問い合わせ先:TEL:052-228-9644
mail: info@cool-style-japan.com
■会費:1万5000円(食事・フリードリンク・お抹茶・お菓子・お土産付き)※9月25日(月)まで早期割引価格 1万3000円※

※お食事、お土産の関係上、締め切りを早める場合もございます。
■申し込み:電話・メッセージによる申し込み後、事前振込みにより参加費支払い
※予約完了後は連絡があります。
■出演:大和流 水野宗礼
  :篠笛・太鼓・舞…友永綾美(和楽)
  :太鼓・舞…MINA(和楽)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先月のお話となりますが、笠松町主催のファミリーコンサートが盛大のうち終了いたしました!

入場無料のコンサートで、数年間では久々の和楽器コンサートだったようです。

 

出演は、さとねさん(津軽三味線、唄)、奈緒美ちゃん(シンセサイザー、和太鼓)、わたし(篠笛、和太鼓)、MINA(和太鼓)という、4人で揃っての出演は何と初めてという顔ぶれ★

 

いつもはそれぞれの組み合わせの違う状況でご一緒していますが、4人でのバージョンは大変レパートリー豊富となりました。

 

90分休憩なしというプログラムを、いかに飽きさせず、疲れさせず、広い年齢層の方に楽しんでいただくかを考えると、削るものも多く、いつもながらのことですが、楽曲構成に時間を割きました。

 

幸い、さとねさんも私も常々MC担当人員なので、和楽の得意とする「ストーリー性」を存分に盛り込み、

90分間、色々なジャンルの楽曲をお届けできたかと思っております。

 

お囃子あり、民謡あり、三味線や篠笛、和太鼓のオリジナル曲あり、現代曲やポップスなどのカバーあり。楽器紹介に盆踊り♪

 

皆様には大変ご好評いただいたようで、ほっと一安心でした♪

 

そもそも、和太鼓楽曲もがっつり演奏する和楽ですが、私が培ってきた伝統芸能コレクション、洋楽器とのコラボレーション、そして、今回のように三味線が加われば、それはもう、「余すところなく!」という内容っぷりになるのです!(^^)!

 

 

こういった記念写真を撮ると、まずチェック…そのあと無言…で、「もう一回いきましょか」。

という流れは、お姉さま年齢の私たちに必ず起こる状況。

みんなそれなりに、「・・・・・・。」と悩みを抱えているのでございます(笑)

 

美しくてフワリとしたさとねさん、いつも明るくて可愛い奈緒美ちゃん、これからもお付き合いのほどよろしくお願いいたします♪

また名古屋の皆さんにも、この4名での演奏をお楽しみいただける機会がきますよう、頑張ります(#^^#)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも~♥いきなりMINAの浴衣姿でご挨拶。

今年も郡上八幡へ徹夜踊りに行ってまいりました!

今年は飛騨高山で一泊してからの郡上です♪

 

飛騨高山への道中は、今年の大雨の影響をモロかぶりで、2日間とも降ったり止んだりでした。

しかも降るときは土砂降り!!

何より、高山へ向かう途中の【日本一の橋桁高】といわれる鷲見橋…霧がかかって、下が何も見えず、先もほぼ見えず…まだ工事されているための巨大クレーンの先が見えるだけで、

このまま天国へ向かっているのではないかと思う状況でした…(;^_^A

 

怖かった~~

 

さて、飛騨高山は、都市と古都がちょうどよい範囲に密集しているため、その魅力をあますことなく楽しめまして、1泊ではちょっと時間が足らず…

 

まずは日本で唯一現存する代官所、高山陣屋をたっぷり堪能します。

 

 

ここは羽生名人の名人戦も行われた場所。

 

 

広大な建物は見ごたえありすぎて…でも、これでも、いつもより時間短縮して廻ったのですよ…。

時間が迫っているので。

 

今でいう警察署とかお役所の役割だった代官所。こんな場所もありました。

処罰を受ける場所ですね。

今時な【AR】アプリを使うと、こんな風にスマホに画像が映し出されます(笑)

 

古い町並み地区も色々あり、とても素敵♪

ここは三之町だったと思います。

 

酒屋さんを入ると、こんなおしゃれスペースが。

レストランもあるのですね☆

伊勢のおかげ横丁にも、こういう場所ありましたね♪ 調和が良いですね!(^^)!

 

おしゃれな飲食店や地元ならではのご飯屋さん、居酒屋に屋台…!

食欲もそそられる街です☆

 

そして、明治40年に建てられた美の極み、吉島家住宅。

ここはもう、フォトジェニックな場所でして、どこを切り取っても美しく、そして広い!!!

 

部屋の中の蔵!蔵をとりまく部屋のつくりがとても不思議でした…。

 

こうして襖をあけ放つと、広々。

御簾がいい味醸し出しています。

 

中庭を囲むような場所も、とても和みます。

 

今時のキッチンを奥に備えた台所には、昔のままの竈。

近代の赤壁とのコントラストがおしゃれです。

台所の向こうはギャラリーになっていて、近代建築の本なども置いてありました。

 

ここでは紹介しきれないほど写真を撮ってしまいまして、ご興味ある方は

飛騨高山アルバムをご覧ください(#^^#)

 

翌日も高山を堪能し、夜、郡上八幡へ向けて移動します。

目的は【徹夜踊り】です。

 

もちろん、翌日の仕事のことを考えて、私たちは23時には退散しました(笑)

そのあたりは、もう若くはない友永親子です…。

 

今年は本当にうれしいことがありました。

MINAにとっては念願の「お免状」を二人そろっていただけたこと!

ラッキーなことに、たぶん踊り関係の方が横にいらして、踊りのポイントをレクチャーしてくださり、

審査員に見てもらえるように声をかけてくださり、GETすることができました♪

このときの審査演目は「げんげんばらばら」です。

 

大きくて立派なお免状(賞状?)を額縁に入れていただき、大感激♥

今度は違う演目でもGETすべく、通わなければ…( *´艸`)

 

郡上八幡といえば、その前の年に撮った写真が「日本の風景100選」という本に掲載されるという

嬉しい事件もあり、何かと縁の良い土地のようです♥

 

今回のお土産は、大きなお免状と

ちょうど期間最終日というラッキーな日の、しかも時間の終りに近いとき、

知らずに立ち寄った飛騨高山の「山櫻神社」で紙絵馬市に遭遇し、

奉納、購入した紙絵馬。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

宮井さん3連発の最後は、WAGAKU4名、燦3名、計7名による志摩での演奏でした。

 

あのサミットが行われた志摩観光ホテル・ザ・クラシック

 

この間に、燦のメンバー2名とは浜名湖ボートレースで無事、演奏も済ませたし、リハもやったばかり!春海さんや奈緒美ちゃんとは、いつものお馴染みの楽曲!

ということで、和楽としては新曲もありましたが、気持ちにゆとりをもって演奏ができました。

 

本番までの待ち時間も沢山有ったので、ホテルを散策♪

まずは…ここで撮るよね~

 

これもやるよね~

 

記念写真といえば、これも撮っておくよね~

※写真は春海さんのFacebookからお借りしました。

 

とにかく素敵な場所!

 

思い出すのがちょうど昨年のサミットの前日だったか前々日だったか、

各国の要人が中部国際空港に降り立つ日、私たちはちょうど演奏で、こちらの方面へ車を走らせていました。

見たことのないほどの数の警察車両が目の前をちょうど走っていくところで、今でも強烈に印象に残っています(^▽^;)

 

そんな志摩観光ホテル、お客様も大変喜んでいただき、体験コーナーでも多くの方が太鼓を楽しんでいかれました。

 

そして、この日は初めて、新:和楽号に楽器と4人のメンバーが乗り込んでの移動です。

 

納車の日から、結構な頻度で楽器を色々な積み方で積んできましたが、後部座席に人間を載せたうえで楽器も載せるのは初めて。

どれくらい乗せることができたかは、次の記事でのお楽しみです(笑)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

カムリの特別内見会の2日後は、別のホテルで某生命保険会社様のサマーセミナーでの演奏でした。

 

少し前に某企業様のパーティーで演奏させていただいた時に、列席されていた方が「ぜひ今度、わが社のパーティーで演奏してほしいのですが」とお声をかけて下さり、

その時の演奏で参加してもらった宮井さん(和太鼓燦、代表)にはぜひ、出演してもらわなければと、友永親子と宮井さんとの3人で出演したのです。

 

帰り際の写真しかなくて申し訳ありません…(^▽^;)

 

 

そして、この日から2日かけて急きょ、宮井さんの曲を1曲覚えるというギリギリのスケジューリングを組む私が挑んだのは、この3日後の浜松でのイベントです!

 

浜名湖ボートレースで演奏させていただいたのですが、この日はそもそも「女性の和太鼓奏者4名ほど」というご依頼があったので、宮井さん率いる和太鼓燦から女性2名をお願いし、

宮井さんには現場で色々お手伝いをしていただくという形で、宮井号・キャラバンハイルーフに5人で向かいました!

とても広いボートレース場の、これまた広いアトリウム。

この日は2ステージの演奏で、燦のお二人と、私達、ともに、初絡みの曲も。

鎧と被る友永。

 

並ぶMINA

 

1回目はこんなにお客様が。暖かいご声援もいただきました★

鎧3体が、まるでメンバーのように…(^▽^;)

 

ここまで全身で激しく太鼓が打てる女性って私は大好きです(#^^#)

 

三宅も。久々かも。

 

7月に入り、この日までに、宮井さんとは5回も会っております。7月の前半はとにかく日程が詰まっていて、カムリのイベントもですが、メンバーが違う演奏も続き、

全てがバタバタの作業でしたが、この日を越えればあとは準備万端!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。