集合場所は劇場って事で!

テーマ:


キノコ島。
そういえば公演案内してなかったのでココに書いておきます。今回もとびっきりに暑い作品になってるんで、カメハウスを知らない人は是非!知ってる人はもっと濃ゆいのご賞味あれ!大人も子供もお姉さんも!!以下詳細↓





ここには愚直に肉体のみが発する表現を求道する若者がいる。(石原正一)

石原正一ショー主催より一部抜粋。続きは下へ。



亀井くんとは昨年9月の茶ばしら、『怪獣使いと少年少女』の現場で、役者と演出の立場で出会った。

若かりし志村けんに似たルックス、台詞回しにタダモノでないことを見抜いた。己が周辺に笑いを散りばめる術を手にしていた。当時狭かった劇場の舞台袖では開場中にさだまさしの曲を頑張れと共に歌い、共演者を困らせた。

そして。カメハウスを見た。彼の好きな音楽と振付けと演技が遠慮なく披露されていた。共演者も若い仲間たちで、遠慮なく情熱を燃やしていた。

彼らのダンスと芝居の中間に立つ表現は、プロレスと格闘技の狭間で燃えていた前田日明率いるUWFのようだ。強さを求める故に衝突も少なくなかったがそれも時間の問題だった。カメハウスが演劇界のUを目指す事を願う!

ここには愚直に肉体のみが発する表現を求道する若者がいる。


願わくば、大バコより狭い小屋でより濃密なものが見たいが贅沢だろか?



石原正一





カメハウス第弐回公演

「僕らのノルマンディー上陸作戦、」

叫び系エンタメ集団カメハウス初の単独公演!戦う水泳部員たち!世界を救う水泳部員たち!
今回もパフォーマンスてんこ盛り。真剣に素晴らしくアホな私達を体感しに来てください。


●作・演出
亀井伸一郎

●出演

亀井伸一郎
米山真理
宮崎真澄
プリン松
星村彰

井上誠
土屋甫(sputnik.)
坪坂和則
前田ひとみ
城之内コゴロー(男肉 du Soleil)

●日時
2009年11月
13日(金)
19時
14日(土)
13時/19時
15日(日)
13時/17時

※開場は開演の30分前、受付開始は開演の1時間前となります。

●料金
前売:2000円
当日:2300円
学生:1800円(要学生証提示)

※日時指定・全席自由席・整理番号つき

●場所
アトリエS-pace
(京阪野江駅より徒歩5分、地下鉄谷町線野江内代駅より徒歩15分)

詳細は随時更新!
チケットは10月13日10時発売予定!!


連絡先
kamehouse0806@gmail.com

ブログ

http://kame-house-b.jugem.jp/

AD

肝っ玉先生。

テーマ:

さっきつい一時間くらい前に金縛りにあった。つい五分くらいうとうとしてしまい気が付けば女のうめき声。

「花と人間」と連呼されてました。そしてうめき声がピークに達した時、僕の目の前に女の人の顔がドン!!って出てきました。初めて幽霊っぽいものを見た。幻覚にしろびっくりします。




久しぶりの金縛りが結構ハードコアでびっくりする。



外はこんなに気持ちがいいのになんか不気味に写ってしまう。

あーこわ。

AD

肉食系恐竜男子。

テーマ:

夜になるとお腹がすくサイクルをどうにかしないと太る。

っていうかここまで来たらどれだけ食べれるか挑戦したいです。あ。わかった。秋だからですね。きたるべき厳しい冬を乗り切るために体が貯蓄しようとしてるんですね。まいった。そりゃあ太ってキングスライムみたいに可愛くなるならいいですよ。だが人間は太ると醜い。服を着ている状態じゃあ可愛いとかマスコットみたーいとか言うけど服脱いでもそんな事が言えるのかー!!!


なので、食べるのはしょうがないので動こう。


多分食べる欲を抑えるとものすごいストレスで禿げると思うから。それは嫌だから。デブで禿げは嫌だから。もうそれは順位が無くなった運動会ぐらい嫌だから!アレ嫌。何のために走るのかわからん。勝ちたいから頑張るのに皆一等賞じゃだめだ。社会主義か。そんな事しとったら皆働かんくなって競わんくなって馬鹿!ほんまとんだ農耕民族やで。草食系男子って何ぞ?肉食え肉。










ああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!肉食いたい!!!!!!!今目の前に牛がいたらそのまま被りついてしまう。もう駄目。肉の楽園に連れてって。

AD